フクロナデシコ、ロベリア、ハナザクロ、ホタルブクロ、クレマチス、ナンテン、キキョウ、ナツツバキ

 ウォーキング中に見た花です。
 先日、ちょっと変わったフクロナデシコを見ました。園芸種名がわからず、一度お蔵入りしたのですが、まだ咲いていました。


フクロナデシコ(袋撫子)
ナデシコ科マンテマ属の越年草(一年草)。中国固有種で、地中海沿岸に分布
別名:サクラマンテマ、シレネ・ペンデュラ
F2105_418.JPG
花弁の先端が深く切れ込んでいる品種は初めて見ました
F2105_421.JPG

ロベリア
キキョウ科ロベリア属の非耐寒性多年草(一年草扱い)。南アフリカ原産
別名:ルリミゾカクシ、ルリチョウチョウ(瑠璃蝶々)
サントリー作出の園芸種、アズーロコンパクト・スカイブルーと思われる
F2106_182.JPG
F2106_183.JPG

ハナザクロ(花石榴)
ザクロ科ザクロ属の落葉小高木。別名:ヤエザクロ
地中海東部から北西インドが原産のザクロの園芸品種
オレンジのほかに、白やクリーム色、オレンジに白覆輪などがある
F2106_230.JPG
F2106_231.JPG

ホタルブクロ(蛍袋)
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草。北海道〜九州に分布
F2106_239.JPG
F2106_240.JPG
花色は、白の他に淡い赤紫色のものがありますが、これはその中間?
F2106_180.JPG

クレマチス ‘プリンセス・ダイアナ’
キンポウゲ科センニンソウ属の耐寒性落葉多年草(つる性)
テキセンシス系。1984年、イギリス。花期が5月~10月と長い
F2106_253.JPG
F2106_254.JPG

ナンテン(南天)
メギ科ナンテン属の常緑低木。中国原産
難を転ずるとして、縁起物として植えられることが多い
F2106_242.JPG
F2106_243.JPG
雌しべは白い棍棒状で、黄色雄しべは内側がえぐれている
F2106_246.JPG

キキョウ(桔梗)
キキョウ科キキョウ族の多年草
日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリアに分布
F2106_248.JPG
F2106_249.JPG

ナツツバキ(夏椿)
ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木。原産は日本から朝鮮半島南部にかけて
F2106_250.JPG
 下の写真のように、花弁の1枚に、黒っぽい斑が入っているものを見かけます。蕾のとき、一番外側にある花弁なので、紫外線によってアントシアニンができたためだそうですが、それが突然変異なのか、ウイルスやトランスポゾン(動く遺伝子)によるものなのか、理由はよく分かっていないそうです。ヒメシャラにも斑ができることがあります。
F2106_252.JPG
 6月6日撮影。

"フクロナデシコ、ロベリア、ハナザクロ、ホタルブクロ、クレマチス、ナンテン、キキョウ、ナツツバキ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]