雪割草街道の旅_2022年(6) 雪国植物園にて① ユキツバキ、キクバオウレン、ショウジョウバカマ、フキノトウ、キクザキイチゲ、ミズバショウ、ザゼンソウ、ホクリクネコノメソウなど

 3月29日、雪割草街道の旅の最終日は、これも5回目となる「雪国植物園」を訪れました。
 1枚目は東口門ですが、左手に残雪が見られます。

IMG_5423.JPG

雪国植物園とは(えちご雪割草街道2022リーフレットより)
 長岡市宮本町にある雪国植物園は、越後の里山の自然をそのまま利用し、高山植物、外来植物、園芸植物を入れずに、自然の植生を造り上げている自然植物園です。現在まで30数年に亘り、地元のボランティアが中心となって山道を開拓し、今では豊かな緑に囲まれ、山野草や野鳥などの小動物を観察できます。なお、植物園の運営は社団法人平成令終会によって行われています。
 雪割草は約50万株が群生し、白、ピンク、紫、そして中間色と多彩な群生が山斜面一面を覆う様子が見られます。


入口を入ると、右手に赤い ユキツバキ が目に入りました
IMG_5074.JPG

広い園内には要所に標識番号があり、案内図を見れば道に迷いません
IMG_5078.JPG
今回は「雪割草」と書かれた案内板に従って進みます

雪国植物園の4原則
IMG_5079.JPG

 雪割草の群落は植物園の最奥部、岩野城趾へと続く南向きの斜面にあります。そこまで行く途中の遊歩道脇にも咲いていましたが、雪割草以外の花なども撮りながら歩きました。


ヤブコウジ(藪柑子)の実
、サクラソウ科ヤブコウジ属の常緑小低木。別名:十両
IMG_5081.JPG
これは何でしたっけ? → なおさんに教えていただきました。感謝
ヒメアオキ(姫青木))
ガリア科アオキ属の常緑低木。アオキの日本海側多雪地帯型の変種
IMG_5085.JPG

キクバオウレン(菊葉黄連)
キンポウゲ科オウレン属の常緑の多年草
IMG_5094.JPG
↑ 両性花            ↓ 雄花
IMG_5077.JPG

ショウジョウバカマ(猩々袴)
メランチウム科ショウジョウバカマ属の多年草
IMG_5098.JPG

シロバナショウジョウバカマ(白花猩々袴)
ショウジョウバカマの変種で、上の品種とは別種の扱いです
IMG_5209.JPG

フキノトウ(蕗の薹)
キク科フキ属の多年草
IMG_5106.JPG

キクザキイチゲ(菊咲一華)の群落
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草
IMG_5117.JPG
IMG_5121.JPG

ミズバショウ(水芭蕉)
サトイモ科ミズバショウ属の多年草
IMG_5114.JPG
IMG_5115.JPG

ザゼンソウ(座禅草)
サトイモ科ザゼンソウ属の多年草
仏炎苞の向きが悪く、肉穂花序が見えない
IMG_5122.JPG

ホクリクネコノメソウ(北陸猫の目草)
ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草。新潟県〜島根県の日本海側に分布
IMG_5134.JPG
 2022年3月29日撮影。

 次回は雪割草の花を投稿します。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 137

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    水芭蕉やザゼンソウなどもいい感じで咲いているんですね~!
    ネコノメソウは見たことがありません。
    2022年04月07日 12:49
  • コスモス

    キクバオウレンやショウジョウバカマ、キクザキイチゲなど、雪割草以外の花もたくさん咲いていましたね。
    ミズバショウも咲いていましたか。
    ネコノメソウは一度見たいと思います。
    2022年04月07日 15:29
  • river

    雪国植物園は広いし外来植物、園芸植物などが入っていないのが嬉しいですね。植物の種類は豊富です。
    植物園の中に古城塁趾があるのは珍しいです。城好きの私はもちろん「岩野城跡」まで上がりました。
    ここは青花のキクザキイチゲもありますね。
    2022年04月07日 17:23
  • 信徳

    今晩は!
    ここのキクザキイチゲも白ですね。この辺りにはブルーのキクザキイチゲが無いのでしょうかね?今度柏崎の友人に質問して見ます。ミズバショウ、ザゼンソウも咲いているんですね。
    ネコノメソウは色々な種類が有るようでその土地に馴染んだネコノメソウが育つのでしょう。
    2022年04月07日 17:24
  • nobara

    雪国植物園と聞いただけで震え上がりそうです(^o^)丿
    標識番号があり、案内図と連動してるのですね。
    それはイイですね~♪
    カラタチバナ?(百両)ですか?
    ショウジョウバカマも不思議な花ですよね。
    佐賀の樫原湿原でよく見ていました。
    ミズバショウ、早いですね@@
    2022年04月07日 17:33
  • eko

    越後の里山の自然をそのまま利用し、高山植物、外来植物、園芸植物を入れないで、自然の植生を造り上げている自然植物園というのが素敵ですね。地元のボランティアさんの努力の賜物ですね。
    雪割草だけではなく色々な花が咲いて見て歩くだけでも楽しそうです。雪椿素敵です。こちらでは見る機会がないので一度実物を見てみたいです。白花のショウジョウバカマも見られるんですね。
    ミズバショウがもう咲いて早いですね。
    2022年04月07日 18:16
  • なおさん

     雪国植物園は良いですよねえ。ここだけ1日いても飽きずに過ごせそうです。
     ヤブコウジの下のは、ヒメアオキと見ました。日本海側に棲み分けているものですよね。
     僕が行ったのはやはり雪割草の時期でしたが、もっと後に行くと、オオイワカガミだのシラネアオイだのも見られるということで、もっと山野草を見たい場合は時期をずらしてゆくのも良さそうです。
     ミズバショウの咲く湿地では、サンショウウオの卵も見られる池もありますね。
    2022年04月07日 19:11
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ミズバショウはそこそこ見られたのですが、座禅草にはそっぽを向かれました(笑)。
    ホクリクネコノメソウは関東では見られませんが、普通のネコノメソウなら山の湿ったところで見られるそうです。
    2022年04月07日 21:42
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    この植物園ではもっと色々見る事が出来るのですが、今年は雪が多かったせいか、芽出しが遅れていました。
    水芭蕉が咲いているのは、山からの湧き水が小川になっているような所でした。
    ホクリクネコノメソウはナナの近くの葉が黄色く光って綺麗ですよ。
    2022年04月07日 21:47
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    この植物園の理念は素晴らしいですよね。ご承知のように、標識番号の所に近くで咲く花のイラストが、ちょっと描いてある程度で、名札などは一切ありません。今年は春が遅れたので、前4回より花の種類が少なかったです。
    やはり城跡まで登られましたか。
    2022年04月07日 21:52
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    キクザキイチゲは白しか見ていません。riverさんは岩野城趾の辺りで青い花をご覧になったそうです。
    山の斜面ですから湧き水が小川になったり、昔、農業用の小さな溜池みたいな所もありますから、水芭蕉なども咲いていました。
    ネコノメソウは地域変種が何種類かあるようです。
    2022年04月07日 21:56
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    雪国植物園ですが、開園は遊歩道の雪の溶けた頃ですからそれほど寒くないです(笑)。
    園内は広いので、案内図もA3版と大きいです。
    名前の分らない赤い実はヒメアオキだそうです。
    白花のショウジョウバカマは珍しいと思います。
    ミズバショウは湧き水が小川になったところで、雪解けが早いのですね。
    2022年04月07日 22:03
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    自然を生かして、その土地に生きる植物しか展示しないのですから、素晴らしい理念ですよね。
    いつもはボランティアのガイドをお願いするのですが、今年は皆さん、何やらお忙しそうなので、遠慮しました。
    ユキツバキは綺麗ですよ。園内には大学の先生から寄付されたというツバキ園がありますが、まだ花はちらほらでした。
    白花のショウジョウバカマ、ここでしか見たことがありません。
    2022年04月07日 22:08
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    今回は花が遅れていたので、雪割草の群生地まで往復しただけですが、4月の中旬くらいになると花の種類が増えるので、見て回るのは良いでしょうね。しかし、遠いのが難点です。
    ヒメアオキというアオキの矮性品種もあるのですね。ご教授、ありがとうございました。
    サンショウウオの卵は次々回に登場予定です。
    2022年04月07日 22:13
  • 月奏曲

    四原則は当たり前のことなんですが守れない人も結構多いんですよねぇ…

    フキノトウもじっくり見ると可愛いですね
    ホクリクネコノメソウ初めて見ました
    2022年04月07日 22:56
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    この4原則は、植物園を利用するものにとって忘れてはならないことですね。
    フキノトウが少し伸びてきて、白い小さな花が咲いていました。
    関東ではネコノメソウの仲間は中々お目にかかれません。
    2022年04月08日 09:10
  • すーちん

    おはようございます
    ネコノメソウ
    可愛らしい花ですね
    今頃咲くんですねー^^
    2022年04月08日 10:46
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ネコノメソウは珍しいですよね。花弁はないですが、頂点付近の葉が黄色く変化し、蛍光塗料のように光って見えます。
    2022年04月08日 10:56