井頭公園の高山植物館にて_21年7月(7) ヒマラヤトラノオ、センノウ、ソリダゴ・ウィルガウレア、マルバフジバカマ、タチギボウシ、ミソガワソウ、エゾミソハギ、エキナセア・グリーンツイスター、ゲラニウム・ジョンソンズブルー、コリダリス・ルテア、コリダリス・フレキシオーサ、クレイジーデージー、コウライウスユキソウ

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその7回目です。
 今回から、外国産の園芸種なども登場します。


ポリゴヌム・アフィネ(ポリゴナム・アフィネ)
タデ科イヌタデ属の多年草。花期は7~10月。花穂は長さが10cmほどになる
原産は中国~ヒマラヤ(標高3000~4500m)。和名はヒマラヤトラノオ
花弁のように見えるのは萼片
IMG_4337.JPG

センノウ(仙翁)
ナデシコ科センノウ属の多年草。花期は7~9月。花径は5~6cm
中国(東部~中部、南西部)原産。鎌倉時代末から室町時代初めごろ渡来
別名:センノウゲ、センノウケ、センヌケなど
(葉は写っていない。葉と花穂はポリゴヌム・アフィネ)
IMG_4335.JPG

ソリダゴ・ウィルガウレア
キク科アキノキリンソウ属(ソリダゴ属)の多年草。花期は7~10月
ユーラシアや北アフリカの草地や礫地に生える
分類状は日本のアキノキリンソウの母種とされている
IMG_4331.JPG
IMG_4332.JPG

ユーパトリウム・ルゴサム
キク科アゲらティナ属(←ヒヨドリバナ属)の多年草。花期は7~10月
北アメリカの東・中部の岩石の多い森や茂みなどの生える
ひとつの頭花に筒状花が14個以上もあるのが特徴
和名はマルバフジバカマ(丸葉藤袴)
IMG_4344.JPG
IMG_4345.JPG

タチギボウシ(立擬宝珠)
キジカクシ科ギボウシ属の多年草。花期は7~8月。花径は3~4cm
北海道、中部地方以北の本州の亜高山帯下部の湿原、湿地に生える
IMG_4347.JPG
IMG_4348.JPG

ミソガワソウ(味噌川草)
シソ科イヌハッカ属の多年草。花期は7~8月。花冠の長さは2.5~3cm
日本固有種で、北海道、本州の中部地方以北・奈良県、四国の石鎚山に分布
亜高山帯の草地や深山の渓流沿いなどに生育する。別名:エゾミソガワソウ
IMG_4353.JPG
IMG_4354.JPG

エゾミソハギ(蝦夷禊萩)
ミソハギ科ミソハギ属の多年草。蝦夷とつくが、九州以北の各地に分布
ミソハギとの相違点は、分枝する、萼の付属体が直立する、葉や
花序に短毛、葉の基部は茎を抱く、葉が波打ちやすい、など
IMG_4356.JPG

エキナセア・プルプレア ‘グリーン・ツイスター’
キク科ムラサキバレンギク属の多年草。花期は7~10月。花径は4~5cm
北米原産の園芸種。別名:エキナセア(エキナケア)・パープレア
IMG_4358.JPG

ゲラニウム ‘ジョンソンズブルー’
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。花期は6~7月。花径は4.5~5cm
ゲラニウム・ヒマライエンセとノハラフウロの交雑によって作出された
IMG_4363.JPG

コリダリス・ルテア
ケシ科キケマン属の多年草。花期は5~10月、花筒長3~5 cm
スイスのアルプス南部、イタリア原産
IMG_4365.JPG

コリダリス・フレキシオーサ
ケシ科キケマン属の多年草。花期は5~6月、花筒長3~5 cm
原産は中国四川省。別名:ヒマラヤエンゴサク
写真は栽培種の‘チャイナブルー’と思われる
IMG_4404.JPG

シャスターデージー ‘スノードリフト’
キク科レウカンテマム属の常緑多年草。花期は5~7月。花径は5~10cm
フランスギクにハマギクを交配した園芸種
別名:レウカンセマム・スパーバムなど。株により八重、半八重、糸状花弁の
花が次々に咲き乱れるので、「クレイジーデージー」とも呼ばれる
IMG_4367.JPG
IMG_4370.JPG

コウライウスユキソウ(高麗薄雪草)
キク科ウスユキソウ属の多年草。花期は5~6月。花径は3.5~4.5mm
朝鮮半島の雪岳山(北朝鮮と中国の国境)に分布
IMG_4372.JPG
 7月26日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 205

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • nobara

    ヒマラヤトラノオですか?
    花弁が重弁に見えますね。八重?
    かなり重厚ですね(*^-゚)⌒☆
    マルバフジバカマはよく目にしますね。
    特に丸葉でもないんですね(鋸歯がないだけ?)
    ミソガワソウ、インパクトありますね。
    花だけみたら、ラショウモンカズラみたいですね。
    クレイジーデージー?ですか。
    いろんな咲き方するとそんな呼ばれ方するんですね((((^Q^)/

    2021年08月22日 12:37
  • 信徳

    センノウやエキナセアも高山植物に入っているのですね。
    ヒマラヤトラノオの高山で見られる植物から色々見られる
    植物園です。
    2021年08月22日 12:59
  • なおさん

     マルバフジバカマは、神代植物公園でよく見るのですが、よそではあまり見かけないのです。まだあまりそうそう広まってはいないのでしょうね。

     国営昭和記念公園の花みどり文化センターの屋上庭園の池には、普通のミソハギとは雰囲気がやや異なるミソハギがあり、たぶんエゾミソハギだろうなあ、と思うのです。
    2021年08月22日 13:12
  • 寿々木

    珍しい花が沢山並んで楽しませて頂きました。ヒマラヤエンゴサク花色が涼しげで良いですね。
    2021年08月22日 13:13
  • イッシー

    いたいどれだけのお花を咲かせているんでしょうね~!
    行かれた時期がよかったのかいつもなのか、呆れかえるほどですね。ほんとここはコスパ高いわ。笑
    2021年08月22日 14:01
  • river

    珍しい花が並びましたね。舌を噛みそうで覚えられません。
    ポリゴヌム・アフィネはイブキトラノオに似ています。
    エゾミソハギはよくみかけます。
    2021年08月22日 17:19
  • eko

    珍しい外国産の園芸種も珍しい花がありますね。
    ヒマラヤトラノオはイブキトラノオとよく似ています。こちらの方が少しボリュームがあるように見えます。マルバフジバカマは見たことがあります。白花は清楚で涼しげです。
    エキナセア・グリーンツイスターは緑色で素敵です。緑色の花も色々出てきましたね。
    クレージデージーの乱れた花びらが面白いですね。
    2021年08月22日 17:55
  • はるる

    コリダリス・フレキシオーサ、きれいな色、ブルーですね。
    シャスターデージー、クレイジーですか。そんなふうにも見えますね。でも珍しい形、姿ですね。
    植物園ならではのたくさんの種類、楽しいですね。
    2021年08月22日 19:05
  • 月奏曲

    センノウがスイカに見えるwスイカ食べたい

    ミソガワソウ、可愛いのに味噌っぽい名前と思ったら味噌だったw

    クレイジーデイジー、名前はちょっと…ですがこれ綺麗ですねぇ
    2021年08月22日 20:44
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ヒマラヤトラノオ、一重の5弁花ですが、花が多く、咲いてから日にちが経っているせいか、重弁に見えてしまいました。
    マルバフジバカマは歯が丸くはないですね。大きな鋸歯があるし、フジバカマなどの比べれば少し幅広ということですよね。
    ミソガワソウは確かにラショウモンカズラの花に似ていますね。
    クレイジーデージー、日が経つと、細い花弁が乱れるようです。
    2021年08月22日 21:26
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    センノウやエキナセアがもとは高山植物だったようです。園芸種が流通しているので、これが高山植物?と言うものが意外に多いのですね。
    2021年08月22日 21:39
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    マルバフジバカマは仙石原で見たことがあります。強羅公園から逸失したもが箱根のあちこちに広がったそうです。
    ミソハギとエゾミソハギ、葉の付き方と分枝するかどうかが見分けのポイントだそうです。
    2021年08月22日 21:42
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    ヒマラヤエンゴサクは花色が薄い園芸種らしいです。花は在来種のエンゴサクに良く似ていますね。
    2021年08月22日 21:45
  • うふふ

    毎年今頃になると、白い小さな花がびっしりついているのを見ていました。
    何の花だろうとずっと思っていましたが、マルバフジバカマでした。
    思いがけず名前がわかって、すっきり! 
    感謝しています~♪
    昨日、その場所を通りかかりましたら、植木屋さんが入っていてきれいに刈り取っていましたよ。
    なんと言うタイミング。
    今、がっかりしています。
    2021年08月22日 21:49
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    公園では100種類と言っています。実際にはそんなにないですが、今回は、4月に行ったときと同じくらいの品種がありましたから、多いというのは確かです。
    今回は熱帯生態館を含めると、記事9回分になりました。
    2021年08月22日 21:49
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    海外原産で、和名が付いているのは良いですが、ラテン語の学名で覚えるのは無理ですね。
    ヒマラヤトラノオは花(萼)の色が白いので、イブキトラノオを連想出せますね。
    エゾミソハギ、分布域が意外に広いですね。
    2021年08月22日 21:54
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ヒマラヤトラノオはイブキトラノオに似ていますが、イブキトラノオの方がスマートというか、小振りな感じですね。
    マルバフジバカマは植物園でしか見たことがないです。
    エキナセアは色々な園芸種が流通していますよね。
    クレイジーデージーは日にちが経つと、花弁がもっと乱れるようですよ。
    2021年08月22日 21:57
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    コリダリス・フレキシオーサの原種はもう少し青みが強いようです。
    シャスターデージー ‘スノードリフト’は2枚目よりもっと花弁が乱れるそうですよ。
    2021年08月22日 22:00
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    センノウがスイカに見えますか。スイカは甘いので、もう4年も食べていませんよ。
    ミソガワソウは食用の味噌ではなく、木曽川の源流部である長野県の味噌川に由来するのだそうです。川の名の由来は「未だ曽ならず」(まだ木曽川になっていない)の未曽からきているそうですよ。
    クレイジーデージーは大きな花でした。
    2021年08月22日 22:06
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    マルバフジバカマがたくさん咲く場所がありましたか。しかし、増えすぎたのでしょうか。植木屋さんに刈り取られたとは残念ですね。根が残っていれば来年復活するかもね。
    2021年08月22日 22:09
  • すーちん

    おはようございます
    コリダリスですか
    何とも言えない
    ブルーの色ですねー
    2021年08月23日 09:09
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    コリダリス・フレキシオーサは爽やかなライトブルーですね。原種はもう少し色が濃いようです。
    2021年08月23日 10:01
  • ロシアンブルー

    お盆用の花束の中にソリダコがよく入っていますね。
    コリダりス・フレキシオーサは珍しい花ですね~、チャイナ
    ブルーですか、淡いブルー素敵です。
    クレイジーデージー、咲き乱れるなんて素敵ですね。
    2021年08月23日 10:06
  • ジュン

    マルバフジバカマはよく目にします
    クレイジーデージー
    花が次々に咲くのにクレイジーはちょっと。
    2021年08月23日 11:22
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    盆花の中にソリタゴが入っていますか。我が家の近くの花屋さんやスーパーでは見かけません。
    コリダリス・フレキシオーサは珍しい花です。花の形はキケマンやエンゴサクなどに似ています。
    クレイジーデージー、細い花弁が柔らかく、風に吹かれると「乱れ髪」状になってしまうようです。
    2021年08月23日 12:17
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    マルバフジバカマ、よくご覧になりますか。丸葉とは言えませんが、フジバカマなどより葉が幅広ですね。
    クレイジーデージー、2枚目がちょっと乱れ髪状になったものです。
    2021年08月23日 12:20