ハブランサス・アンダーソニー、ヤノネボンテンカ、アスパラガス・スプレンゲリ、ヤナギバルイラソウ、大輪朝顔、エゴノキの実、コウホネ、アメリカフヨウ、モミジアオイ、フヨウ

 ウォーキング中に見た花です。
 雨続きですが、この日は午前中で止み、午後から出かけました。しかし、家まであと2000歩くらいの時にポツポツ降り始め、折畳み傘が役立ちました。


ハブランサス・アンダーソニー
ヒガンバナ科ハブランサス属の多年草(球根)。花期は7~9月
ウルグアイ、パラグアイ地方原産の野生種で、耐寒性あり
花期は7~9月。葉が出る前に花が咲く。こぼれ種でも増えるようだ
F2108_83.JPG
↑ 中央下に黒い種が写っている。6弁花で、外側の花弁裏は赤茶色
F2108_84.JPG

ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)
アオイ科フヨウ属の常緑草本状低木。南米原産
和名は、葉の形が鏃状で、花が梵天花に似ているから
別名:高砂芙蓉、ミニ芙蓉。花期は7~10月
F2108_100.JPG
F2108_98.JPG

アスパラガス・スプレンゲリ
キジカクシ科クサスギカズラ属の常緑多年草。南アフリカ原産の園芸品種
和名はスギノハカズラ(杉葉葛)。条件が良ければ通年開花
花は、クサスギると言うことはなく、バニラのような甘い香りがする
F2108_101.JPG
F2108_102.JPG

ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)
キツネノマゴ科ルイラソウ属の常緑小低木。メキシコ原産
別名:ルエリア・スクアローサ、コモン・ルエリア。花期は7~9月
F2108_89.JPG
F2108_91.JPG

大輪朝顔
同じ鉢から大きさの異なる赤い花が1輪ずつ咲いていました
大きい方は直径が10cmほど、曜(花弁の折れ目)が6つの大輪朝顔
F2108_93.JPG
↑ 花の右に写っている葉はえびす葉。花の下に見える葉は並葉
↓ こちらは並葉の弦から咲いている普通の朝顔で、曜の数も5つ
F2108_97.JPG

エゴノキの実
エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木。日本全国の雑木林に多く見られる
和名は、果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ことに由来
これは花柄や萼が赤くないので、白い花が咲く普通のエゴノキ
(ベニガクエゴノキは花柄や萼がピンクで、アカバナエゴノキは萼が赤い)
F2108_81.JPG
エゴノキの枝先についているものは何でしょう?
アブラムシの仲間が作った「エゴノネコアシフシ」という虫こぶです
既に成虫になってどこかに行ってしまい、抜け殻だけが残っています
F2108_82.JPG


以下は、流鉄流山線に沿って流れる新坂川の橋の上や遊歩道で

コウホネ(河骨)
スイレン科スイレン属の水生多年草。日本、朝鮮半島に分布
2年前にかなり刈り込まれたのですが、また蔓延り始めましたq
F2108_57.JPG
F2108_55.JPG

アメリカフヨウ
アオイ科フヨウ属の多年草。北アメリカ原産の改良種
午後3時頃なので、かろうじて1輪咲いていた
F2108_60.JPG
その他の木はつぼみか、実が出来ていた
F2108_45.JPG
既に、干からびた実が見られた(大きい方も花後の実)
F2108_46.JPG

モミジアオイ(紅葉葵)
アオイ科フヨウ属の多年草。北アメリカ原産
1輪だけ、萎まずに咲いていた
F2108_53.JPG

フヨウ(芙蓉)
アオイ科フヨウ属の落葉低木。中国、台湾、日本の沖縄、九州・四国に自生
花数が多いだけに、まだ開いたままのものがいくつもあった
F2108_54.JPG
 8月12日撮影。

 明朝、早くから外出するので、コメントへの返信が遅れる場合があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 209

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    これだけ花を探すとなると結構歩かれていそうですね。
    私のところは田舎なので車で廻ってます。爆
    私の目が節穴なのでしょうが、1~3枚目はあまり見ない花の
    ような気がします。
    2021年08月17日 13:00
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ハブランサス・アンダーソニー、珍しいです。実は、山野草好きなお宅の敷地角に咲いているのです。こぼれ種が道路との境目に落ち、芽を出したようです。
    2021年08月17日 14:11
  • river

    さすがに首都圏ですね。珍しい花を栽培されておられる方がいるようです。アサガオより前の花はほとんど見かけません。
    個人のお宅でしょうから勝手に入って撮るわけには行かないでしょうね。日ごろから顔なじみになるとか何か方法があるのでしょうか?
    2021年08月17日 15:50
  • eko

    ウォーキング中にもまだたくさんの花が見られますね。ハブランサス・アンダーソニーとアスパラガス・スプレンゲリなど珍しい花が咲いていますね。散歩道で見かけたことはありません。
    ヤノボンテンカは可愛い花ですね。群生している場所を見つけましたが、この土砂降りの雨の中、見に行くことが出来ません。
    ヤナギバルイラソウは何回も見ています。綺麗な花色です。
    エゴノキの虫こぶが出来ていましたね。もう抜け殻のようで、ちょっと安心です。
    フヨウ属の花たちが盛り、華やかに咲いていますね。
    2021年08月17日 16:41
  • はるる

    傘を持ってお出かけしてよかったですね。
    コウホネ、ウォーキングの間に水辺があるのですか。
    ヤノネボンテンカ、フヨウ仲間なんですね。フヨウに似ています。
    アメリカフヨウの実ですか。おもしろいですね。一度見てみたいです。
    2021年08月17日 18:50
  • nobara

    ハブランサス・アンダーソニーですか?
    何だろう?と思ってました。黒い蝶?
    種だったんですね(*^-゚)⌒☆ 面白いです。
    ヤノネボンテンカは裏側の赤い筋の好きなんですよ。
    すっごく綺麗なんですよね。蕾も。
    アスパラガス・スプレンゲリ、お花はとても可愛いですよね。
    我が家にも暫く居たのですが、いつのまにか消えました
    ヤナギバルイラソウも然りでした。
    今年はルリヤナギが咲いたから佳しとします(^o^)丿

    2021年08月17日 19:51
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    1番目のハブランサス・アンダーソニーは山野草好きのお宅で咲いていたものが、道路際に種が落ちて芽生えたようです。日本ではまだ珍しいと思います。このお宅のご主人とは面識があり、珍しい外国の植物は愛好家同士の種の交換会で入手していたと伺ったことがあります。多分、このハブランサスも交換会経由でしょう。
    アスパラガスを咲かせているお宅の奥様とも面識があります。
    その他は道路から見えるものを撮ったものです。勿論、家人がおられれば声をかけて、許可をいただきます。その際、「花好きなんです」なんて話から発展して、他の花を見せていただいたり、いろいろ情報をいただいたりします。
    2021年08月17日 20:28
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ハブランサス・アンダーソニーは2度目ですが、アスパラガス・スプレンゲリは初めて見ました。
    ヤノネボンテンカ、ウォーキング範囲内ではここだけなんです。
    エゴノキの虫こぶ、初めて知りました。
    関東は明日からお天気マークが出ていますが、御地はまだ雨のようですね。
    2021年08月17日 20:32
  • うふふ

    エゴノキに猫足ができる・・と聞いたことがありますが、家の近くの木には一度も出来たことがありません。
    どんなかなぁ~と思っていましたよ。
    これはもう空っぽなのですね。
    面白いですね。
    2021年08月17日 20:33
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    雨が降りそうな日は軽い折畳み傘を持って出ます。カメラバッグに入れても邪魔になりませんから。
    コウホネ、7,8年前から繁殖しているんです。こんな所に自生するはずはないのですがねー。
    ヤノネボンテンカ、フヨウよりはずっと小さな花です。それで、ミニ芙蓉なんて別名があります。
    アメリカフヨウの実は、基本的にはフヨウの実と大差はありません。
    2021年08月17日 20:37
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ハブランサス・アンダーソニー、珍しいですね。黒い種は3つで、上は扁平でした。種と種は外皮のようなもので隔てられており、蝶の形に見えなくもないです。
    ヤノネボンテンカ、裏側に赤い縦筋がありますよね。
    アスパラガス・スプレンゲリ、花は初めて見ました。これも、ヤナギバルイラソウも消えてしまいましたか、それは残念。
    2021年08月17日 20:45
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    エゴノネコアシ、ご存じでしたか。エゴノキに虫こぶが出来るなんて知りませんでしたから、早速、自宅で「エゴノキ 実」で画像検索したのですが分りませんでした。次に、「エゴノキ 異物」で検索したら分りましたよ。
    2021年08月17日 20:55
  • 月奏曲

    アスパラガス・スプレンゲリ…はアスパラガスが生るわけじゃないんだ???

    エゴノネコアシフシ…ちょっとキモイw

    フヨウもなかなか夏っぽいイメージですよねぇ…
    2021年08月17日 22:20
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    このアスパラガスは観賞用の品種で、食用のものとは別の種類です。
    エゴノネコアシフシ、もう抜け殻ですからね。この中からアブラムシが出てきたらちょっとキモイかも。
    フヨウはまだまだ咲き続けますよ。
    2021年08月17日 22:48
  • なおさん

     ハブランサスはなかなか見ませんが、ヤノネボンテンカは京都府立植物園に以前行った際、深泥池に行く途中で見たことがありますし、埼玉の東武東上線の線路の敷地内でも見たことがあります。

     エゴノキは武蔵野の雑木林ではおなじみですが、エゴノネコアシはなかなかみつかりません。

     アオイのなかま、フヨウの仲間は大輪のものが多く、目立ちますね。
    2021年08月18日 04:05
  • すーちん

    おはようございます
    柳葉ルイラ草さくねん
    購入しましたー
    結構大きくなるんですねー
    2021年08月18日 08:39
  • 寿々木

    ウオーキング中にいろんな花に出会えるのですね。素晴らしいです。今年はまだモミジアオイに出会っていません。雨が止まないので出かけられません。
    2021年08月18日 08:55
  • ロシアンブルー

    エゴノキの虫こぶって見たことないです。
    結構な大きさの虫こぶですね、いくつも作ってますね。
    ヤナギバルイラソウを始めて見ましたが珍しいですね。



    2021年08月18日 10:27
  • 秋月夕香

    おはようございます。長さんも雨でも歩かれますか、私もあるいています。たまのやむ時間は貴重ですね。雨もなかなか峠を越えない?様でのびています。
    アスパラガス・スプレンゲリ~このあたりではみたことはありません。植物はたくましいですね。エゴノキの虫は知りませんでしたが、真夏はあまり公園へは行かないという事もあります。
    なんだかおもしろいです。
    モミジ葵や芙蓉の累は大倫でお花の少ない今は、はなやかです。

    2021年08月18日 10:36
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ヤノネボンテンカは街中で見るような花ではないらしく、ウォーキング範囲ではここだけになってしまいました。
    エゴノキに虫こぶが出来るなんて知りませんでしたよ。
    アオイの仲間はまだまだ咲き続けそうですね。
    2021年08月18日 15:25
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ヤナギバルイラソウ、購入されましたか。草丈は1m位まで伸びるようです。
    2021年08月18日 15:27
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    街中でも、歩きまわるといろいろな花が見つかりますよ。お宅の近くでもきっといろいろ見つかるはずです。雨が止んだら、是非探してみて下さい。
    2021年08月18日 15:29
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    エゴノキはあちこちで目にしますが、虫こぶが見つかったのは初めてです。普通は葉に出来るものなので、こんな虫こぶがあるとは面白いです。
    ヤナギバルイラソウ、初めてでしたか。
    2021年08月18日 15:32
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    たまたまこの日は雨が止んだので、外歩きをしました。しかし、最期は降られましたよ。
    そちらではまだ雨のようですが、こちらは今日から晴れ間が広がっています。しかし、午後用足しに外出したら、スコールに遭ってびしょ濡れでした。
    このアスパラガスは食用のものとは異なる品種で、もっぱら観賞用です。
    エゴノキの虫こぶ、珍しいです。
    フヨウの仲間はまだまだ咲き続けますね。
    2021年08月18日 15:38
  • ろこ

    エゴノキのことよくわかりました。
    来年のことを言ったら鬼に・・・
    分かっているのですが、来年花が咲いたらしっかり見てみます。
    エゴノキの虫こぶ
    これも面白そうですね。
    見てみたいものです。
    2021年08月19日 00:08
  • 長さん

    ろこさん、コメントありがとうございます。
    来年、エゴノキに花が咲いたら、花柄や萼の色にも注目ですね。エゴノキの虫こぶ、見つかったらラッキーです。
    2021年08月19日 09:31