つくば植物園にて_21年6月(7) オオシラタマカズラ、コクテンギ、ヤエヤマハマゴウ、ハマトラノオ、オキナワヤブムラサキ & つくば 夏の洋蘭展にて(3)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。
 今回から、温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しようと思います。温室で見た花は、多目的温室の希少植物からです。


多目的温室の展示の様子
IMG_2512.JPG

オオシラタマカズラ(大白玉葛)
アカネ科ボチョウジ属のつる性常緑低木。小笠原諸島の固有種
付属根を持ち、林縁の樹幹や岩などによじ登る。花期は5~6月
日本各地に分布するシラタマカズラよりも全体的に大きい
IMG_2515.JPG
花径は5~6mmほど
IMG_2514.JPG

コクテンギ(黒檀木)
ニシキギ科ニシキギ属の常緑小高木。九州~琉球、台湾に分布
海岸近くの低地から山地の石灰岩地に自生。花径は1.3cm
花期は6~7月。別名:コクタンギ、チロトチュウ(黒杜仲)
IMG_2517.JPG
IMG_2518.JPG

ヤエヤマハマゴウ(八重山浜栲)
クマツヅラ科ハマゴウ属の常緑小低木。マレーシア~ポリネシアに分布
沖縄(西表島、石垣島)は台湾とフィリピンを飛び越した隔離分布で、北限
ミツバハマゴウの変種。絶滅危惧IA類(CR)
IMG_2521.JPG
IMG_2522.JPG

ハマトラノオ(浜虎の尾)
オオバコ科クワガタソウ属の多年草。絶滅危惧Ⅱ類 (VU)
日本固有種:九州南西部・奄美大島・琉球(慶良間列島の座間味島)
IMG_2526.JPG
咲き始めたばかりなので、赤い葯が残っていた
IMG_2527.JPG

オキナワヤブムラサキ(沖縄藪紫)
シソ科ムラサキシキブ属の落葉低木。絶滅危惧Ⅱ類(VU)
沖縄の山地の林内、林縁に分布。日本固有変種
花期は5~6月。花冠の長さは3mm
IMG_2529.JPG
IMG_2530.JPG
 6月22日撮影。
(つづく)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

つくば 夏の洋蘭展にて(3)
 6月20日~27日に開催された「つくば 夏の洋蘭展」(出展者は「つくば洋蘭会」の皆さん)でみた花を紹介しています。


ショエノルキス・ジュンシフォリア
Schoenorchis juncifolia 
ボルネオ、ジャワ、マレーシア、スマトラに分布する着生ラン
加藤かほるさん
IMG_2169.JPG
IMG_2170.JPG

ビフレナリア・オーレオフルバ
Bifrenaria aureo-fulva ブラジル南部に分布する着生ラン
稲葉茂子さん
IMG_2178.JPG
IMG_2179.JPG

メイラシリューム・ウエンドランディー・アルバム
Meiracyllium wendlandii fma.album
メキシコ、グアテマラに分布する着生種。 鈴木敏克さん
IMG_2183.JPG
IMG_2185.JPG

デンドロキラム・マグナム
Dendrochilum magnum フィリピン諸島の低緯度の山中に分布する着生種
倉持見永子さん
IMG_2193.JPG

ゴンゴラ・ブフォニア
Gongora bufonia ブラジル南東部に分布する着生種
小林貴代さん
IMG_2199.JPG
不思議な形の花で、白い毛が生えている部分が唇弁らしい
IMG_2200.JPG
 6月22日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 145

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    希少な植物を見られるのはこの植物園ならではですね!
    ランは本当に不思議だな~。ここに行けば世界の変わったランがみられるんですね。
    2021年07月07日 12:56
  • コスモス

    ハマゴウは以前伊豆で見たことあります。
    花の色は似てますね。
    ハマトラノオの咲き始めがきれいですね。
    2021年07月07日 14:51
  • 信徳

    つくば植物園は珍しい草花が多いですね、ハマトラノオなんてのも有るんですね。洋ランの名前、見た事も聞いた事もないものばかり良く文字を間違えないで記載出来ると感心しています。
    2021年07月07日 15:47
  • nobara

    ニシキギ科の特徴が出た?お花ですね。
    私もキフクリンマサキをアップしましたが
    かなり長い事、蕾の時期が続きましたよね。
    コクテンギ(黒檀木)も同じようだったのかしら。
    だとしたらお花の咲いた時に出逢われたのですね。ラッキーでしたね。
    ヤエヤマハマゴウはハマゴウとはあまり感じられない?
    どっちかというと原種系のトウフジウツギみたいに見えますね。
    蘭も種類が多くて~凄いですね
    2021年07月07日 18:08
  • river

    希少植物はめったに目にすることはありません。観賞価値が高ければもっと知られているかもしれませんね。
    洋ランと言えばパフィオペディルム、カトレア、デンドロビューム、シンビジューム、ファレノプシスが代表的なものですがそれでは飽き足らなくなってくると珍しいランに目が行きますね。
    ランは南極、北極、砂漠以外世界中に存在します。その数はおよそ2万5千種ですから見たことのないランが多くあります。
    2021年07月07日 18:17
  • eko

    希少植物はほとんど目にしたことのない花ばかり、ここでないと見られないのでしょうね。ハナトラノオの咲き始めは綺麗ですね。
    ランの花も個性豊かですね。それぞれに面白い花姿をしています。最後のゴンゴラ・ブフォニアは不思議過ぎます。
    2021年07月07日 18:33
  • はるる

    珍しい花を見せていただいて、なるほどと思いながら拝見しています。ハマトラノオ、いい色ですね。オキナワヤブムラサキも
    小さい花が集まってひとつの花になっているんですか。
    ランも独特な姿、驚きと美しさを見せていただきました。
    2021年07月07日 19:12
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    つくば植物園は、絶滅危惧種を中心とした植物多様性保全研究も大きな目的のひとつになっています。
    つくば洋蘭会の皆さんはラン育成のベテランですから、色々な品種に挑戦しているようです。
    2021年07月07日 20:49
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    ハマゴウは伊豆半島の海岸沿いなら自生があるでしょうね。珍しいことに、2年前、ウォーキング中に花を見たことがあります。
    ハマトラノオ、まだ花に葯が付いていて、新鮮でした。
    2021年07月07日 20:54
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    つくば植物園は希少植物の収集・保線・研究にも力を入れています。ハマトラノオ、花穂が直立していました。
    洋ランの名前は名札に表示されていますが、旧属名が書いてあったり、学名だけしか記載されておらず、その中に誤記があったりして、調べるのに時間が掛かるものがあります。
    2021年07月07日 20:58
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    キフクリンマサキ、拝見しました。珍しいです。マサキはつぼみが見えてから、咲くまでの期間が長いですよね。コクテンギは初めて見たので、よく分りませんが、花期(5~6月)からすると、咲き残りのようです。
    ヤエヤマハマゴウの花序は本来上に向かうようですが、1枚目は横に寝ていますね。
    夏咲きのランも品種が豊富ですね。
    2021年07月07日 21:12
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    希少植物で観賞価値が高いものは、やはり盗掘されているようです。
    洋ランは品種が膨大なだけに、ネットで購入できるものも多く、今回のラン展でも初めて知る品種を含め。多くの品種を見る事が出来ました。
    2021年07月07日 21:17
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    希少植物の保護育成に重点を置いているだけに、展示も多かったです。収集数では日本で一番でしょう。
    ハナトラノオは咲き始めの状態の良い花に出会えました。
    ランは実に多様ですね。最後のゴンゴラ・ブフォニアも面白い形です。
    2021年07月07日 21:20
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    この植物園は希少植物の収集・保線・研究に力を入れていますので、私もなるべく多く紹介しようと思っています。
    ハマトラノオは新鮮で状態の良い花が撮れました。
    オキナワヤブムラサキは花序の下の方から上に向かって咲き進んでいくようです。白くて丸いもはつぼみ、お皿みたいなのは花弁が落ちた痕でしょう。
    ランもお楽しみ頂けたら幸いです。
    2021年07月07日 21:26
  • 月奏曲

    メイラシリューム・ウエンドランディー・アルバム,これ面白いですね

    ゴンゴラ・ブフォニア、こっちはなんか不思議な感じ

    後半珍しいのばっかですねぇ
    2021年07月07日 21:55
  • うふふ

    珍しいお花が並びましたね。
    ほとんど見たことのないものばかりです。
    ハマトラノオだけは知っていました。
    絶滅危惧Ⅱ類だったのですか。
    アップにした赤いシャクがとてもきれいですね。
    昨日、オオシラタマカズラの名前が突然出てきたコメントをいただいて驚きましたが、ここで訳が分かりましたよ(笑)
    2021年07月07日 22:35
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    >メイラシリューム・ウエンドランディー・アルバム,これ面白いですね
     本種は濃いピンクの花で、これは白花の変種です。
    >ゴンゴラ・ブフォニア、こっちはなんか不思議な感じ
     花柄の先に真っ直ぐ咲けば良いのに。わざわざ内側に向いて咲いています。
    2021年07月07日 22:48
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    ハマトラノオはご存じでしたか。今や殆どの自生地で数を減らしているそうです。咲いたばかりで、葯が新鮮でした。
    昨日はオオシキンカラマツのつもりで、オオシラタマカズラと書いてしまいました。丁度その記事を書いていたので・・・。失礼しました。
    2021年07月07日 23:00
  • なおさん

     さすがはつくばの植物園、ラン以外にも珍しいものがこれでもかとでてきますねえ。
     ハマトラノオは、国営武蔵丘陵森林公園のボーダー花壇で見てはいるのですが、それ以外は見たことないものです。
    2021年07月08日 04:35
  • 秋月夕香

    おはようございます。希少植物のコクテンギの、これもお花なのですね。メイラシリューム・ウエンドランディー・アルバム、
    世界にはいろいろ変わった植物があるのですね。勉強になります。いつもありがとうございます。
    2021年07月08日 07:17
  • すーちん

    おはようございます
    オキナワヤブムラサキ
    紫式部と又違った咲き方ですね
    2021年07月08日 08:50
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    この植物園は希少植物の収集・保線・研究に力を入れているので、珍しい植物が多いです。
    ハマトラノオがボーダー花壇に植えられたことがありましたか。
    2021年07月08日 09:21
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    コクテンギはニシキギ科ですから、生垣に使われたりするマサキの花に似ています。
    メイラシリューム・ウエンドランディー、花としてはまともな方です。
    2021年07月08日 09:26
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ムラサキシキブ属の花は葉腋から花が咲くのが普通ですが、オキナワヤブムラサキの場合、花序が出来るのが異なりますね。
    2021年07月08日 09:30
  • ロシアンブルー

    ハマトラノオは咲き始めたばかりでしょうが清らかで
    美しい花ですね。
    希少植物、中々普通には見られませんね、植物園はあ
    りがたい存在ですね。
    着生ランも珍しいものばかり、デンドロキラム・マグナム
    長い花の穂で見ごたえありますね。
    2021年07月08日 10:11
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    ハマトラノオは咲き始めです。葯が残っていて新鮮な花ですね。希少植物は生育環境が異なると上手く育たないものもあるようですが、ここではしっかり育っていました。
    デンドロキラムはこのように長い花穂が垂れるのが特徴です。
    2021年07月08日 10:44
  • 寿々木

    見た事の無い綺麗な花が並びましたね。素敵です。デンドロキラム、沖縄本部半島の海洋博公園、熱帯ドリームセンターのバンダ温室からカトレア温室に行く途中で香りの小道と称して垂れ下がってたのを思い出しました。良い香りがしますね。
    2021年07月08日 10:57
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    夏のラン展は少ないですから、初めて見る品種が多かったです。
    デンドロキラムはラン展でも良く目にするランです。小さい花ですが、香りが良いですよね。
    2021年07月08日 11:12