つくば植物園にて_21年6月(14) バロータ・スペシオサ、ローダンセマム・カタナンケ、ベニマツリ、カエンカズラ、テイキンザクラ & つくば 夏の洋蘭展にて(10)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。
 温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、今回から熱帯雨林温室の南側にあるサバンナ温室に入りました。


バロータ・スペシオサ
ヒガンバナ科バロータ属の常緑多年草(球根)。南アフリカ原産
別名:バロータ、キルタンサス・エラツス
葉はアマリリスに似て、花はクンシランに似ている
IMG_2690.JPG
IMG_2691.JPG

ローダンセマム・カタナンケ
キク科ローダンテムム属(←クリサンセマム属)の多年草。モロッコ原産
花径は5cm程度。別名:クリサンセマム・カタナンケ
IMG_2694.JPG
IMG_2695.JPG

ベニマツリ(紅末莉)
アカネ科ベニマツリ属の常緑低木。キューバ、パナマ、南アフリカ原産
花径は1.5cmほど
IMG_2699.JPG
IMG_2700.JPG

カエンカズラ(火炎蔓)
ノウゼンカズラ科ピロステギア属の常緑低木。原産はブラジル~パラグアイ
沖縄では路地植えで、2月に旅行したときも咲いていました
IMG_2701.JPG
IMG_2702.JPG

テイキンザクラ(提琴桜)
トウダイグサ科タイワンアブラギリ属の常緑低木。キューバ原産
花径は2.5cmほど。和名の由来は、葉の形がバイオリン(提琴)に似るから
別名:ナンヨウザクラ(ナンヨウザクラ科に同名の別種があり、要注意)
IMG_2715.JPG
IMG_2713.JPG
 6月22日撮影。
(つづく)

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

つくば 夏の洋蘭展にて(10)
 6月20日~27日に開催された「つくば 夏の洋蘭展」で見た花を紹介しています。出展者は「つくば洋蘭会」の皆さんです。


ラン展の展示風景です。写真の右奥に「つくば植物園」の受付があります
IMG_2496.JPG

オンシジューム・トリコデス
Onc. tricodes 詳細不明  岩瀬美千代さん
IMG_2458.JPG

オンシジューム・リューコキラム
Onc. leuchochillum 原産はメキシコからグアテマラ、ホンジュラス
長津 功さん
IMG_2432.JPG
こちらは、岩瀬美千代さん
IMG_2434.JPG

ゴメザ・クリスパ
Gomesa crispa ブラジル原産 ゴメサ属はオンシジュームの仲間です
荒木悦子さん
IMG_2436.JPG
人形が万歳したような形で咲くことから、「人形蘭」の和名がある
IMG_2437.JPG

ゴメザ・サルコデス
Gomesa sarcodes ブラジル原産  荒木悦子さん
IMG_2446.JPG

富貴蘭 ‘猩々’
Vanda falcata 日本原産 フウランとも呼ばれる
花茎が赤いのが猩々の由来か  稲葉茂子さん
IMG_2470.JPG
IMG_2471.JPG
 6月22日撮影。
(つづく)

 3か月に1度の松戸市立総合医療センターへの通院日なので、訪問が遅れます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 151

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 寿々木

    バロータ・スペシオサというのですか、花色が真っ赤で素敵です。当地は現在外気温36℃です。動くと汗が噴き出します。
    2021年07月19日 15:06
  • 秋月夕香

    こんにちは。あつくなりましたね。2日忙しくしていましたら、随分すすんでいますね。失礼しました。バロータ・スペシオサはほんとにアマリリスの雰囲気ですね。ベニマツリはどこかで見た事があります。
    ゴメザ・クリスパ~人形のように~面白い形ですね。なんだか人間が見られているような気分になりますね。
    2021年07月19日 17:11
  • nobara

    バロータ・スペシオサって、アマリリスではないんですか@@
    ローダンセマム・カタナンケ、見るからに強健そう(^o^)丿
    テイキンザクラははっきりしたお花ですよね(*^-゚)⌒☆
    オンシジュームは蘭のなかでも好きな部類です
    富貴蘭‘猩々’、立派なフウランですね。
    名前、ちょっと不満です(^o^)丿

    2021年07月19日 18:02
  • 信徳

    テイキンザクラはぐんまフラワーセンターに有るのですが一年中咲いているように感じます。
    カエンカズラ、ブーゲンビリア、ハイビスカスは台湾・高雄のゴルフ場で綺麗に咲いていました。この三つは何処でも良く見かけます。
    2021年07月19日 18:18
  • eko

    サバンナ温室の花、ローダンセマム以外、夏にふさわしい色鮮やかな花が並びましたね。バロータ・スペシオサはアマリリスかと思いました。素敵な赤色ですね。
    オンシジュームはたくさんの蝶が群れ飛んでいるようで可愛い花ですね。確かに人形が万歳をしているように見えます。面白いです。
    富貴蘭 ‘猩々’は白のフウランとは違って華やかなですね。とても素敵です。
    2021年07月19日 18:26
  • はるる

    葉はアマリリスに似て、花はクンシラン、本当そう見えますね。
    四季ごとにランの展示会があるのですか。
    楽しいですね。出品される方も見る方も。
    ランは私には不思議な植物に見えます。
    豪華で品もありますね。
    2021年07月19日 18:52
  • なおさん

     テイキンザクラならば見たことがあるのですが、その他は見たことないですねえ。いろいろ珍しいものがありますね。

     フウランの赤花の朱天王ならば少しだけ育てたことがあります。猩々という銘のも大株で、さぞかし夜になると香りが良いのでしょうねえ。
    2021年07月19日 19:09
  • 降魔成道

    つくば植物園にはサバンナ温室もあるのですね。ちょっと検索してみたら、アメリカ区、アフリカ区、オーストラリア区があるそうですね。年間降水量が少ない地域で生き残るために様々な工夫がされているのでしょうね。
    2021年07月19日 19:27
  • river

    バロータ・スペシオサは「葉はアマリリスに似て、花はクンシランに似ている」なるほどです。でも葉の常緑性はクンシランにも似ていますかね。
    富貴蘭(フウラン)は亡父が名護蘭と共に栽培していたのを思い出します。でもこんな大きな株ではありませんでした。
    2021年07月19日 19:50
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    バロータ・スペシオサはまだ正式な名札が添えられていないので、初めて公開する植物のようでした。
    こちらは24.4℃という発表でしたが、外にいると体感的には猛暑日でした。
    2021年07月19日 20:55
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    バロータ・スペシオサの花はアマリリスとは大きさが2回り以上小さいですが、雰囲気的にはいていますね。
    ベニマツリは屋外での越冬は無理でしょうから。温室の定番といって良いでしょう。
    ゴメザ・クリスパ、人形みたいでしょう?他にもこんな形の花はありますよ。
    2021年07月19日 21:00
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    バロータ・スペシオサ、以前はキルタンサス属に分類されていました。花径は7cmくらいで、アマリリスよりはずっと小さいです。
    ローダンセマム・カタナンケ、耐寒性はあるようです。花期が終わっているので、花数が減っていました。
    テイキンザクラ、小さい花ですが、真っ赤ですから目立ちますね。
    オンシジュームも花が実に多彩ですね。
    富貴蘭 ‘猩々’は名の由来が分りませんでした。
    2021年07月19日 21:09
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    テイキンザクラ、沖縄では露地植えで2月にも咲いていましたから、温室なら周年開花してもおかしくないです。
    カエンカズラ、ブーゲンビリア、ハイビスカスは東南アジアでもよく知られていますね。
    2021年07月19日 21:11
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    夏は温室でもオレンジや赤い花が目立ちます。ヒメフヨウなど、他にもあったのですが、今回は割愛しました。
    バロータ・スペシオサ、花径は7cmくらいで、アマリリスよりはずっと小さいです。
    オンシジュームも小さい花からこのように径が4cmくらいなものまで、単色から斑入りと多彩です。
    花が白いのに‘猩々’という名ですが、由来が不明です。花柄が赤いからというのは、私の想像です。
    2021年07月19日 21:19
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    バロータ・スペシオサ、以前はキルタンサス属とされていましたが、キルタンサスには似ていませんね。
    ラン展は小規模なものも含めると、日本中で毎月のように開かれていました。今は無理でしょうが・・・。
    同じ科の中で、こんなに多彩な花が咲くものはラン以外には無いでしょうね。
    2021年07月19日 21:25
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    植物園も収集数が多いと、毎月行っても何かしら見たことが無い花に出会います。6月はあまり行ったことがなかったので、収穫が多かったです。
    フウランは夜の方が香りが強いのですね。猩々という銘はちょっと合いませんよね。
    2021年07月19日 21:27
  • 長さん

    降魔成道さん、コメントありがとうございます。
    サバンナ温室は湿度が低いです。温室は散水しなければ雨が少ないサバンナ気候と同じですから、管理しやすいのではないでしょうか。
    2021年07月19日 21:30
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    バロータ・スペシオサ、花が大きくて花弁が反り返れば、花もアマリリスに似てくるかもですね。葉はクンシランより厚手でした。
    富貴蘭 ‘猩々’は寄せ植えではないかと思います。なぜ ‘猩々’なのかは分りませんでした。
    2021年07月19日 21:38
  • うふふ

    つくば植物園には珍しいお花がどんなにあるのかと思うほどいろいろありますね。
    葉がアマリリス、花は君子蘭ですか。
    見れば、なるほどです。
    ベニマツリもきれいですね。
    ルリマツリとサンタンカを足して2で割ったような感じでしようか。
    日本原産のフウランの名が「猩々」とは面白いですね。
    2021年07月19日 22:07
  • 月奏曲

    テイキンザクラ初めて見ました、かわいいですね
    ちっこいお花なのかな?

    猩々?むぅぅ?
    画像だと紫ぽく見えるのですがもちょっと実物は赤寄りなのかな?

    2021年07月19日 22:44
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    つくば植物園は植物の収集数が多いので、公開された温室以外で咲いた花が随時移植されます。ですから、冒頭のバロータ・スペシオサの様な珍しい花にもであるのです。
    >ルリマツリとサンタンカを足して2で割ったような
     まさにそんな感じですね。
    このフウラン、何故‘猩々’という銘なのか、不思議です。
    2021年07月19日 22:48
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    テイキンザクラ、径が2.5cmくらいの小さい花ですが、深紅なのでとてもよく目立ちます。
    フウランの猩々、花柄と距が赤紫なんですが、ちょっと意味不明な銘ですね。
    2021年07月19日 22:52
  • イッシー

    クンシランに似ている花。確かに!!
    真っ赤な花が人目を惹きますね。
    2021年07月19日 22:57
  • mina

    こんにちわ
    バロータ・スペシオサ綺麗な赤で
    可愛いですね
    ランは豪華ですね
    どれも素敵です
    2021年07月20日 07:59
  • すーちん

    おはようございます
    カエンに似た植木
    植えてましたが関東では
    違う木だったのかしら^^
    2021年07月20日 08:27
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    熱帯雨林温室から、サバンナ温室の後部入口に入ったのですが、バロータ・スペシオサが真っ先に目に入りました。
    2021年07月20日 09:08
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    バロータ・スペシオサはまだ知らない人が多いと思うので、多くの人に知ってもらいたいです。
    ランは大好きなので、つい沢山投稿してしまいます。
    2021年07月20日 09:18
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    カエンカズラは関東での越冬は無理だと思います。カエンカズラの花はヒメノウゼンカズラの花に似ています。ヒメノウゼンカズラならコテマリアの名で、鉢植えが売られていますよ。
    2021年07月20日 09:29
  • ロシアンブルー

    サバンナ原産というピッタリな真っ赤な花、情熱的な雰囲気ですね。
    テイキンザクラって初めてみましたが、葉が何となくヴァイオリンに似てますね。花は小さいんですね、可愛いです
    富貴蘭はやっぱり良い色で格式を感じます。
    2021年07月20日 09:31
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    バロータ・スペシオサが咲く南アフリカは乾燥台地で年間降水量は500mlくらいだそうです。
    テイキンザクラの葉は途中が細くなっているので、バイオリンに例えたのですね。花は小さいですが、よく目立ちます。
    富貴蘭は寄せ植えで増やしたみたいな感じでした。
    2021年07月20日 10:52