早春のつくば植物園にて(7) ケショウボク、オキザリス・ヘディサロイデス、サチャインチ、ハナアナナス、オドントネマ、モラエア・エレガンス、キバナハナニラ、ラケナリア・アロイデスなど

 3月3日に訪れたつくば植物園で見た花などです。
 今回は熱帯資源植物温室とサバンナ温室ですが、2月10日にも行っているので、当時は咲いていなかった花などを紹介します。
 先ずは熱帯資源植物温室です。


ケショウボク(化粧木)   初めて見た
トウダイグサ科ダレカンピア属の常緑小低木。メキシコ原産
花に花弁は無く、 ピンクの大きな総苞(長さ5~6cm)が目立つ
総苞の中央に、芳香のする小さな雌花と雄花がある。花期:4月~10月
別名:ダルサンピア・レツリアナ、フウチョウガシワ(風蝶柏)など
TKB2103_291.JPG
TKB2103_295.JPG

スパティフィラム ‘メリー’
サトイモ科ササウチワ属の非耐寒性常緑多年草。園芸品種
冬は苞の色が白くなっていない
TKB2103_297.JPG

オキザリス・ヘディサロイデス ‘ルブラ’
カタバミ科カタバミ属の常緑多年草。園芸品種
母種は南米原産のショウジョウカタバミ。葉は緑色から赤茶色になる
TKB2103_300.JPG
TKB2103_301.JPG

サチャインチ
トウダイグサ科プルケネディア属の蔓性常緑樹。原産は南米アマゾン川流域
別名:インカナッツ、サチャピーナッツ、グリーンナッツなど
近年、オメガ3脂肪酸やビタミンなどが豊富な食べ物として、
あるいは、アロマテラピー用のオイルとして人気が高まっている
写真は、葉と実殼
TKB2103_306.JPG
TKB2103_304.JPG

ハナアナナス(花アナナス)
パイナップル科ハナアナナス属の常緑多年草。エクアドル原産
扁平な、ピンクの苞の間から花が咲く。別名:チランジア・キアネア
TKB2103_308.JPG

オドントネマ・カリスタキウム
キツネノマゴ科オドントネマ属の常緑小低木
原産はメキシコから中央アメリカ。ハチドリが好む花だそうだ
TKB2103_310.JPG
TKB2103_311.JPG
TKB2103_313.JPG

 ここからはサバンナ温室で見た花などです。


モラエア・エレガンス
アヤメ科モラエア属の多年草(球根)。原産は南アフリカ南西ケープ地方
これは、黄色にオレンジだが、モラエアにはいろいろな品種がある
熱川バナナワニ園の学芸員さんのブログに各種が紹介されている(こちら
TKB2103_249.JPG
TKB2103_247.JPG

キバナハナニラ(黄花花韮)
ユリ科ハナニラ属の多年草(球根)。ウルグアイ~ブラジル南部原産
別名:イフェイオン・セロウィアナム
TKB2103_251.JPG
TKB2103_253.JPG

ラケナリア・アロイデス
クサスギカズラ科ラケナリア属の球根植物。原産は南アフリカ西ケープ地方
アロイデスは「アロエに似た」という意味。英名はケープ・カウスリップ
花は赤と黄色の筒花。その上の赤~赤茶色の部分はつぼみらしい
TKB2103_255.JPG
TKB2103_256.JPG
 3月3日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 208

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    熱帯資源植物温室とサバンナ温室はそんなに温度も湿度も高くなく入りやすいですよね。自分も行ったところなのに何か新鮮。
    やっぱりしっかり見てるな~!!
    2021年03月18日 13:07
  • 寿々木

    珍しい花が並びましたね。モラエア・エレガンスは面白い模様です。最初は小花が3個並んで居るのかと思いました。ハナニラの黄花も珍しい。ハナアナナスは大好きな花ですグラデーションの五平餅が素敵です。
    2021年03月18日 14:18
  • river

    ケショウボクはフウチョウガシワの方がぴったり来ますね。ハナアナナスは群馬フラワーパークで見たことがあります。
    家のキバナハナニラはもう花が終わりましたがピンクや青が咲いています。
    2021年03月18日 14:57
  • 秋月夕香

    こんにちは。ケショウボク~変わったお花ですね。私も初めてです。これがお花なのですね。不思議です。カタバミも葉っぱから創造できないお花です、花アナナスはピンクがかわいいです。
    モラエア・エレガンスも球根なのですか。アヤメ科とは想像がつきません。黄花ハナニラ~すごいですね。
    2021年03月18日 15:54
  • nobara

    ケショウボク(化粧木)ですか。フウチョウガシワがイメージがわきやすい?
    この花の構造でブーゲンビレアのような?かと思いました。
    オキザリス・ヘディサロイデス ‘ルブラ’葉っぱが魅力的です。
    葉が面白いです。南天の葉みたい。
    モラエア・エレガンス、同じアヤメ科のスパラキシスに似ていますね。
    キバナハナニラは丈が低いのですね(*^-゚)⌒☆


    2021年03月18日 15:55
  • 無門

    こんにちは

    アマゾン原産の植物は
    どれをとっても
    薬用になりそうな
    気がしますね


    2021年03月18日 16:00
  • はるる

    さすがに植物園ですね。
    全部、珍しいものばかりで驚きながら拝見しています。
    形、色もきれいです。
    奇抜な色もありますね。
    ハナニラに黄色があるとは知りませんでした。
    2021年03月18日 18:13
  • なおさん

     ひとつき季節が違うと、咲く花もまた違ってくるでしょうから、おなじところでも飽きずに楽しめるものですね。

     毎度顔なじみのお馴染みさんに再会するのも良いのでしょうが、新顔さんに出会うのもまた楽しみで嬉しいものですね。
    2021年03月18日 20:13
  • eko

    今回も見たことのない花が沢山並んでいます。
    ケショウボクの葉色が綺麗ですね。オキザリス・ヘディサロイデスの葉も変わっていますね。
    ハナアナナスは温室定番の花、ピンクの苞も紫の花も綺麗ですね。
    モラエア・エレガンスの花色はユニークで派手ですね。他の種類も色々ありますね。白地に青い花がアヤメ科らしくて好きです。
    2021年03月18日 20:37
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    最初がサバンナ温室だとレンズが曇らなかったでしょう?そのまま、熱帯資源植物温室に入ってもOKだったはずです。
    ネタ稼ぎのつもりで行っているので、変わったものがあれば見逃しませんよ(笑)。
    2021年03月18日 21:13
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    モラエア・エレガンスは斑の入り方がユニークですよね。
    キバナハナニラは流通しているようですが、まだ珍しい部類でしょう。
    ハナアナナスがグラデーションの五平餅ですか、面白い例えですね。
    2021年03月18日 21:18
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    Google検索では、ケショウボクが570件、フウチョウガシワが2,140件ですから、フウチョウガシワがピッタリと思っている人が多いようです。
    ハナアナナスは温室展示の定番と言って良いと思います。
    ピンクや青のハナニラの方が、キバナハナニラより遅れて咲きますか。
    2021年03月18日 21:26
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    ケショウボク、赤い2枚は花ではなく、苞と呼ばれる葉が変化したものです。本当の花はその中心にあって、目立ちません。
    ハナアナナスのピンクの部分も苞で、花は赤紫の部分です。
    アヤメ科の花は日本のアヤメとは似ていないものが多いですよ。
    2021年03月18日 21:33
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ケショウボクを見て、ハンカチノキの苞を赤くしたらこんな形かなと想像してみましたよ。
    このオキザリスは赤い葉と黄色い花との対比を楽しむものなのでしょうね。
    スパラキシスも花色が色々あり、斑の入り方もアヤメの仲間とは思えないですよね。
    キバナハナニラは球根が小さいうちは花茎があまり伸びないようですよ。
    2021年03月18日 21:39
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    アマゾン流域の植物はあまり研究が進んでいないのかも知れませんね。
    2021年03月18日 21:41
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    つくば植物園ならではの品揃えですよね。ここは、バックヤード咲いた植物を温室に植え込んだり、鉢植えで展示したりしています。
    ハナニラは青と白を良く目にしますが、黄色やピンクもあります。
    2021年03月18日 21:43
  • うふふ

    またまた珍しいお花ばかりですね。
    サバンナ温室に咲いているお花は、サバンナの草原に行くと実際に咲いているのでしょうか。
    あまりに美しいので、こんなつまらないことを考えてしまいました。ごめんなさい。
    2021年03月18日 21:45
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    広い温室でも、この植物園で育てている植物はかなり多いですから、植え替えや鉢の置き換えなどもあり、1か月違うだけで、変わった植物を見る事が出来ます。何より、車で1時間、65才以上は無料というのが魅力です。
    2021年03月18日 21:46
  • 月奏曲

    なんか不思議なのいっぱいw

    ケショウボク変わってますねぇ…でも面白いですw
    メリーってこれ葉っぱじゃなくてお花なんですか?

    モラエア・エレガンス、これド派手ですが素敵ですねぇ…南国の蝶みたいw
    2021年03月18日 21:49
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ケショウボクは苞が赤くお化粧したように見えたのでしょうね。
    オキザリス・トリアングラリスみたいに赤紫の葉もありますが、このオキザリスのような赤さは珍しいですね。
    アヤメ科の花、とてもユニークなものが世界には色々あるものですね。次回も、アヤメ科の花が登場しますよ。
    2021年03月18日 21:53
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    サバンナ気候の地域は世界各地にありますから、どこに行くかが問題ですね。その中でも、南アフリカは変わった花が作植物が多そうです。オーストラリアも変わった植物がありますよ。
    2021年03月18日 21:55
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    スパティフィラム‘メリー’の上に向かっている葉のようなものは、ケショウボクの赤い部分と同じ、苞です。苞は葉が変化したものですから、元々は緑色なんですよ。サトイモ科はイボイボが付いた肉穂花序に小さな花が咲きます。
    モラエア・エレガンス、日本のアヤメとは全く違う七ですね。
    2021年03月18日 22:00
  • 信徳

    ハナアナナス、キバナハナニラは見ていますが他は初見です。
    つくば植物園には色々珍しいものがありますね。
    ハナニラはムラサキ、ピンク、白の三色が庭に出て来ます。抜かないと雑草のように増えてくるので困りますが黄色でも出て来たらそのまま育成しましょう(笑)。
    2021年03月19日 08:05
  • すーちん

    おはようございます
    モラエア・エレガンス
    初めて見ました
    オレンジと黄色
    目につきますねー
    2021年03月19日 08:53
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    前回から1ヶ月しか経っていないのですが、珍しい花が咲いていましたよ。
    3色のハナニラが咲いているとは良いですね。待っていても、黄色はその3色とは品種が違うので、出てこないと思いますが(笑)。
    2021年03月19日 09:45
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    モラエア・エレガンス、色の境目がくっきりしていて、目立つ花ですよね。
    2021年03月19日 09:47
  • ジュン

    サバンナ温室
    どれもはじめて拝見します
    サバンナにはこんなお花が
    咲いているのですね
    2021年03月19日 11:00
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    サバンナ温室はここの温室の中では一番大きく、サバンナ気候の植物に限らず、南アフリカのような夏と冬がはっきり分かれるような気候の植物も展示されていました。
    2021年03月19日 11:24