くらしの植物苑にて(5) 特別企画「冬の華サザンカ展」(3) サザンカ群②

 昨年12月16日に行った、佐倉市にある「くらしの植物苑」(国立歴史民俗博物館)の特別企画「冬の華サザンカ展」で見たサザンカの色々を紹介しています。今回はサザンカ群の続きです。

展示風景
IMG_4995.JPG

サザンカ群(再掲)
 秋から冬にかけて、一重~二重の花を咲かせます。大輪花も多く、また、「江戸サザンカ」の代表的なものもこの品種群の仲間です。生態、形態的には、サザンカの自生種に近いグループで、樹形も自生種に似て、多くは立性です。

有希(ゆうき)
白地にピンクの縁どり、半八重~牡丹咲き、中輪
IMG_5040.JPG

都の春(都姿)
ピンク、一重、平開咲き、中輪、11~12月
IMG_5042.JPG

豊麗
白地に紫紅ぼかし、一重、小輪、11~12月
IMG_5045.JPG

緋縅(ひおどし)
IMG_5050.JPG

福雀
白色で外弁の先がピンク、二重、中輪、11~12月
IMG_5052.JPG

日の出の海
濃紅色・ときに短い白筋入り、一重、中輪、11~12月
IMG_5055.JPG

花笠
桃紅、花弁の重ねの多い一重、平開咲き
IMG_5063.JPG

蝶の舞
IMG_5065.JPG

白縮緬
白色、一重、平開咲き、花弁は細い、中輪、11~12月
IMG_5073.JPG

七福神
濃桃、弁数の多い一重、大輪、11~2月
IMG_5075.JPG

笹田紅
鮮紅色、一重、平開咲き、中輪、11~12月
IMG_5077.JPG

七宝殿
桃紅色、平開咲き、一重、中輪、11~12月
IMG_5079.JPG

玉杯
IMG_5081.JPG

黒紅サザンカ
IMG_5083.JPG

西海
IMG_5086.JPG

稲妻
IMG_5088.JPG
 12月16日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 178

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    どのお花もいろんな特徴があって面白いですね。
    何気なく見過ごしてしまいがちな花ではあるんですが、
    街を歩いていて、この花好みだな~っていうのに出会ってハッとするときがあります。赤白が混ざった八重系のやつとか好きです。
    2021年01月05日 13:09
  • river

    ぐんまフラワーパークのサザンカはすべて路地植えですがここは鉢植えですね。ツバキの鉢植えや盆栽は見ることが多いのですがサザンカは珍しいです。
    サザンカは南方系の植物ですから寒さにはあまり強くないと言われていますね。
    ところが群馬の松井田の中木には樹齢1000年を超えるサザンカがあります。またわが街藤岡には樹齢400年のサザンカがあります。
    2021年01月05日 14:06
  • 寿々木

    サザンカにもいろいる種類が有るのですね。椿に負けないようですね。
    2021年01月05日 14:18
  • nobara

    花笠が可愛いですね。
    一つだけならこんな子を育てたいです。
    我が家のはごくごくありふれた赤い一重の子ですから(^o^)丿
    蝶の舞は花弁がクルリンと巻いていますね。
    黒紅サザンカは真紅の色なんですね。深い色ですね。
    2021年01月05日 16:30
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    サザンカに限らず、園芸種は作り出した人の感性で美しいな、魅力があるなというものが後世に残ってい行くのでしょうね。サザンカの場合は人為的な交配はしないらしく、白いサザンカの花粉が赤いサザンカに運ばれると(その逆もある)赤と白が斑になったり、ピンクになったりと変化するそうです。
    2021年01月05日 19:36
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    木本を露地植えすると、スペースが必要になりますから、研究目的なら鉢植えで十分ということなのでしょうね。
    サザンカは四国・九州といった暖かい地域が北限とされていますが、日本で育っているうちに耐寒性を身につけた品種も出てきたのでしょう。樹齢400年とか1000年というのは凄いですね。
    2021年01月05日 19:41
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    撮影してきたサザンカだけでもかなりの数でしたから、昨日からシリーズで5回分くらい続きます。
    2021年01月05日 19:42
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    気に入った品種があったら、園芸店から取り寄せるという手もありますが、チャドクガが付かない品種が出来ると良いですね。
    蝶の舞という品種は、花弁が外側に巻き込んで、田毎の月みたいな咲き方ですね。
    黒紅サザンカは深みのある赤で、詳細が不明です。もしかすると、ここで作出されたものかも。
    2021年01月05日 19:49
  • もこ

    山茶花と一口に言っても色々な種類があり驚きです
    でも微妙な違いが多いので私には見分けられません
    黒紅サザンカこんな深い赤の山茶花初めて見ました
    2021年01月05日 20:27
  • ロシアンブルー

    さざんかの種類が多いですね。
    初めて見るサザンカも多いです。
    珍しい花弁の蝶の舞・深紅のサザンカも素敵ですね。
    2021年01月05日 20:43
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    この植物苑で育てられているものだけで140品種もあるそうです。あと3回分くらいは紹介できそうですよ。
    黒紅サザンカが目に止まりましたか。ツバキにもこのなような色の濃い品種がありますよ。
    2021年01月05日 21:15
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    蝶の舞は花弁が外側に巻き込んでいて、他とは異なる咲き方ですね。こうした咲き方は何種類かあるようです。
    濃い赤のサザンカは珍しいですよね。
    2021年01月05日 21:17
  • eko

    サザンカも前回に次いで本当に多彩ですね。
    「蝶の舞」の細くてくるっと巻いている花びらが独特ですね。
    「七福神」が名前も花色も良いですね。
    2021年01月05日 21:22
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ツバキも品種が多いですが、サザンカはそれを上回るのではないかと思えるほど品種が多いです。
    やはり蝶の舞がお目に留まりましたか。七福神は柔らかな色合いが良いですね。
    2021年01月05日 21:32
  • なおさん

     個人的好みですが、サザンカにせよ、ツバキにせよ一重で楚々とした咲きぶりのものが好ましいですね。ひっそり咲いて、振り向いてくれるのをじっと待っている、というような風情がタマラナイので、八重の派手派手しいのはダメですねえ。
    2021年01月05日 21:48
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    サザンカの場合、一重の花と言っても、5弁から弁数の多い一重まで色々あるようです。なおさんの場合、弁数が少ないものがお好みのようですね。
    2021年01月05日 22:14
  • 月奏曲

    福雀以外はあざとかったり好みじゃなかったりで今回ピンとこないなぁと思ってたら黒紅サザンカがw

    本来この系統私の好みじゃないはずなのにここまで突き抜けると一周まわっていっそ清々しい!素晴らしいw
    2021年01月05日 22:31
  • うふふ

    サザンカ群だけでもいろいろあるものですね。
    見たこともないような姿もあって興味深いです。
    特に「蝶の舞」はサザンカとは思えませんね。
    この中では「花笠」がお気に入りになりました。
    2021年01月05日 22:49
  • すーちん

    おはようございます
    黒紅サザンカ目を
    引きますね
    突然変異でできるんで
    しょう
    2021年01月06日 07:52
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    福雀の他には黒紅サザンカが目に止まりましたか。この赤さには不思議な魅力がありますね。私は笹田紅も良いなと思ったんですよ。
    2021年01月06日 14:10
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    展示品の中ではサザンカ群の品種数が多かったです。
    蝶の舞は花弁が外側にカールしているの変わっています。花笠はピンクの花弁に白が入っているところが魅力です。
    2021年01月06日 14:15
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    黒紅サザンカは深みのある赤ですね。サザンカは実生で変化したものの中から選抜するので、これもそういう経緯で出来たのでしょう。
    2021年01月06日 18:26