ベロニカ、モナルダ・ベルガモ、サルスベリ、トケイソウ、マンデビラ、斑入りマサキ、ドドナエアの翼果、カサブランカ

 ウォーキング中に見た花です。
 今回は近くの花屋さんの店頭に並んだ花からです。2種類の園芸種が並んでいました。


ベロニカ・ロンギフォリア ‘ファーストキス’
オオバコ科クワガタソウ属の耐寒性多年草。世界に広く分布
和名:ルリトラノオ、別名:スピードウェル。花色は青、紫、ピンク、白
この種は矮性で、花穂は短く丸みを帯び、蛍光ピンクの花を咲かせる
F2007_119.jpg
F2007_120.jpg

モナルダ・ベルガモ
シソ科ヤグルマハッカ属の一年草。アメリカ合衆国やメキシコ原産
レモンベルガモットとモナルダ・プンクタータのハイブリッド種
花丈がコンパクトで開花が早い
F2007_122.jpg
F2007_124.jpg
 7月3日撮影。2品種とも3日間で売り切れていました。

サルスベリ(百日紅)
ミソハギ科サルスベリ属の落葉中高木。中国南部原産
ピンク、白とも、かなり咲き進んできました
F2007_132.jpg
まだ雨粒が残っていました
F2007_133.jpg
こちらは午後にとったもの
F2007_158.JPG
F2007_159.JPG

トケイソウ(時計草) 雄しべの反転
トケイソウ科トケイソウ属の常緑つる性低木。中南米原産
別名:パッシフローラ・カエルレア
午前中なので、雄しべの一つは葯が上向きのままだった
F2007_128.jpg
雄しべにちょっと触れたら、くるっと反転して、葯を下に向けた
F2007_129.jpg
この反転は、自家受粉を防ぐためだと言われる

マンデビラ(八重)
キョウチクトウ科マンデビラ属の非耐寒性常緑つる性低木
原産は中央アメリカ~アルゼンチン
別名:デプラデニア(旧属名)、サンパラソル(サントリーの商品名)
F2007_144.JPG
こちらは赤の一重
F2007_165.jpg

斑入りマサキ(柾、正木)
ニシキギ科ニシキギ属の常緑低木。日本(北海道南部以南)や東アジアに分布
これは部分的に葉が黄色くなる園芸種で、全体に黄色いのは‘黄金正木’という
F2007_142.jpg
黄色い葉の先に咲く花は全体的に黄色い(上の花は普通の色)
F2007_151.JPG

ドドナエア ‘プルプレア’ の翼果
ムクロジ科ハウチワノキ属の常緑低木。熱帯および亜熱帯に広く分布
和名はハウチワノキで、名の由来は翼果の形を天狗の羽団扇に見立てた
F2007_136.jpg
パソコンで写真を見て、カメムシが写っているに気付いた
F2007_134.jpg
春に、小さくて目立たない花が咲く(こちら

白いカサブランカ
F2007_131.jpg
 以上、7月4日撮影。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 138

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    百日紅の花が咲いたんですね~。
    咲きたてのほうがやはり綺麗ですよね。
    斑入りマサキの花も端正ですね。
    黄金ですか!
    2020年07月10日 12:10
  • river

    こちらでも百日紅が咲き出しました。ただ赤紫と赤に白の覆輪の2種類だけで白や赤はまだ咲きません。
    家にも斑入りマサキがありますが白の斑が入るギンマサキで品種が違うようです。時折元の緑だけの芽が出てきますがこちらの方が勢い良く伸びるので緑葉の枝は切取っています。
    マンデビラは何年も作っていたのですが冬越しがうまく行かず昨年から止めています。
    2020年07月10日 13:38
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    トケイソウの雄蘂が即反応とは驚きですね。
    2020年07月10日 13:57
  • 寿々木

    ベロニカよく聞く女性名ですが、こんな花ですか。知りませんでした。もうサルスベリが満開ですか、雨が止んだら見に行きたいと思っています。キョウチクトウ科の花は花弁の片側が重なって、良い香りがしますね。マンデビラ、当地温室でお馴染みなんですが八重があるとは知りませんでした。
    2020年07月10日 14:28
  • 信徳

    トケイソウの雄蕊の反転、一度観察したことが有るのですが
    時間が来ると瞬時に反転するんですね。今回一個の雄蕊は
    何かの原因で反転できなかったのでしょうが面白い現象です。
    ホタルブクロの自家受粉防止に雄蕊と雌蕊の花粉に時間差が有るのとは違う方法ですが一つの自家受粉防止なんでしょう。
    2020年07月10日 14:52
  • nobara

    ベロニカ・ロンギフォリア ‘ファーストキス’
    ベロニカというと瑠璃色を思い浮かべてしまう古いσ(^-^) です((((^Q^)/
    ピンク種の矮性種があるんですね。
    モナルダ・ベルガモもモナルダの姿とは異質です。
    これだとセイヨウジュウニヒトエをどうにかしたような?ですね。
    ‘黄金正木’のお花も少しベージュっぽいような気がしますね。
    目の錯覚なのかしら。‘黄金正木’は葉っぱだけでも目立ちますね。
    カサブランカはやっぱ☆ 白がいいですね~((((^Q^)/
    マンデビラ、東隣の2階のベランダで満開です。
    お洗濯もの干しながら、楽しませて貰っているんですよ
    2020年07月10日 14:56
  • eko

    ベロニカと聞くと青を思いますが、ピンクもあるんですね。矮性で可愛いです。
    モナルダ・ベルガモも矮性種なんですね。花からまた花が咲き段々になって面白いです。
    トケイソウの雄しべ、触るとすぐ反転するんですか?
    マンデビラは鮮やかで夏の花ですね。長く咲きますね。
    斑入りマサキの花は黄色い葉には黄色の花が咲くんですね。面白いですね。
    白のカサブランカは美しいですね。やはりカサブランカは白花が好きです。
    2020年07月10日 17:58
  • なおさん

     ベロニカというと、普通は青紫のを思い浮かべるのですが、ピンクのもあるのですね。
     モナルダの交配種でベルガモというのがあるのですね。鳥でいうと、アイガモ??のようなものですかねえ。普通のモナルダではこの紫のものは見ませんね。

     サルスベリもいろいろ咲いていますね。涼しげな白も良いものですが、ピンクにもいろいろな花色の濃淡があり、淡い薄紫のや紅に近いのもあり、それぞれ美しいですね。
    2020年07月10日 19:15
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    サルスベリ、かなり咲いてきました。この花は黄色い葯が写っていないと駄目ですね。
    斑入りマサキの花は典型的なニシキギ科の形です。これは葉に黄色い斑が入る品種ですが、葉が全部黄色いものを黄金マサキと呼びます。
    2020年07月10日 21:05
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    サルスベリ、4種類あるのですね。花色の違いで咲き始める時期が異なりますか。
    白い斑入りマサキはあまり見かけません。周囲が白いタイプですか?
    マンデビラは厚いところが原産ですから、冬越しが難しいのですね。
    2020年07月10日 21:10
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    トケイソウは朝早いうちに自然に反転しますが、反転の遅れる個体もあります。触ると即座に反転しますよ。
    2020年07月10日 21:11
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    ベロニカは普通見かけるのは青い花の品種です。公園などにも植えられていることが多いですよ。
    サルスベリ、咲いている樹が多くなりました。
    キョウチクトウの花は筒が開くところにヒゲみたいなものがありますね。マンデビラはあの部分は花弁化して八重になったのではないかと思うのですが・・・。
    2020年07月10日 21:20
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    トケイソウの雄しべの反転は午前中、早い時期に自然に起こりますが、この個体のように部分的に反転が遅れるものが散見されます。ホタルブクロの自家受粉防止の仕組みも面白いですね。
    2020年07月10日 21:22
  • うふふ

    もうサルスベリの咲く季節になったのですね。
    雨続きで出かけないでいると、いろいろ見過ごしそうです。
    トケイソウの雄しべが反転するのですか。
    良い子孫を残すために工夫されているのですね。
    面白いです。
    2020年07月10日 21:24
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ベロニカには4色あるそうですが、見かけるのは青いものが殆どで、ピンクは珍しいですよね。
    モナルダ・ベルガモはモナルダと言うより、交配親のレモンベルガモットに良く似ています。
    黄金マサキも葉緑素が抜けた品種ですから、花も黄色いようですね。
    白いカサブランカを見ると、つい写真を撮ってしまいます。
    2020年07月10日 21:30
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ベロニカは大抵が青い花の品種ですよね。
    モナルダ・ベルガモは茎の周囲に花が咲くので、シソ科の特徴が出ていると思います。
    トケイソウの雄しべ、ちょっと触れただけで反応しますよ。
    マンデビラはつるを伸ばしながら次々に咲きますよね。
    斑入りマサキ。黄色い葉が出る茎は養殖蘇我抜けているので、花も葉緑素が含まれていないのですね。
    やはり、白いカサブランカがお好みですね。
    2020年07月10日 21:37
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ベロニカは青紫の花を良く見ますが、ピンクや白というのには滅多にお目にかかりません。
    モナルダ・ベルガモは交配種ですから、アイガモみたいなものですね。交配親のレモンベルガモットの花がこんな色です。
    サルスベリは花期が長いですから、これから色々な品種が咲きそろうと思います。
    2020年07月10日 21:42
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    今年は平均気温が高いので、夏の花がどんどん咲き始めています。昨日は大輪のタイタンビカスを撮ってきました。
    トケイソウ、葯が反転するのは面白いです。但し、この品種は殆ど結実しません。
    2020年07月10日 21:45
  • 月奏曲

    ファーストキスもベルガモも3日でうりきれたのかぁ…
    好きな人にはたまらないんでしょうねぇ…

    マンデビラ、赤の一重のがいい感じですね
    2020年07月10日 22:13
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    花屋さんの店頭に並んだ2種類の園芸種、どちらも魅力的でした。
    マンデビラは赤の一重の方がインパクトがありますね。
    2020年07月10日 22:22
  • mina

    こんにちわ
    >2品種とも3日間で売り切れていました
    購入する人が多いんですね
    マンデビラ、綺麗な色ですね
    素敵です。
    カサブランカも良いなぁ~
    2020年07月11日 08:37
  • すーちん

    おはようございます
    葉が真っ黄色になるマサキ
    花が咲いてるのかと^^
    昔の垣根はマサキ多かったです
    2020年07月11日 09:14
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    2種類とも代わった品種だし、綺麗なので、人気があったようです。
    マンデビラ、咲いたばかりでした。
    白いカサブランカは素敵ですよね。
    2020年07月11日 09:30
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    今もマサキの垣根を見る事が出来ますが、こうした斑入り品種の垣根は見たことがありません。枝先の葉が黄色いと花も黄色いというのは新発見でした。
    2020年07月11日 09:32
  • ROKO

    トケイソウ変わっていますね!
    びっくりしました。お花じゃないみたいです。
    カサブランカはやはり豪華ですね。自然に咲いているより花瓶にドーンと活ける方が絵になるお花のような気がします。
    2020年07月15日 21:17
  • 長さん

    ROKOさん、コメントありがとうございます。
    トケイソウは面白い花ですね。一番上が雌しべ、次に雄しべ、長いものは副花冠です。
    カサブランカは大輪ですから、部屋に飾っても絵になりますね。
    2020年07月15日 21:39