初冬の新宿御苑にて(2) 新宿御苑栽培洋ラン展① & ウナヅキヒメフヨウ、パープルスター

 12月13日、新宿御苑にいったのは、「新宿御苑栽培洋ラン展」を見るためでした。展示された洋ランは、愛好家が出展するものではなく、新宿御苑が栽培しているランの一部が展示されているものです(12月4日~15日開催)。副題は「ランが彩る池」としてあるように、温室内の池の周囲を中心に配置してありました。

温室内のブリッジから見た池
IMG_7535.JPG
左の男性もラン好きらしく、大きなメモ用紙に何やら記録していました

マキシラリア・ピクタ
Maxillaria picta)
ブラジルとアルゼンチンに分布する着生種。花径は3~4cm
香りがしますと表示がありましたが、ちょっと表現しにくい
IMG_7432.JPG
IMG_7334.JPG

プロステケア・ラディアタ
Prosthechea radiata (旧.エピデンドラム)
グアテマラ、ホンジュラス、メキシコの標高150~2000mに自生する着生種
普通のランとはリップが上下逆に咲いている
IMG_7362.JPG
IMG_7359.JPG

フィソシフォン・ロッディゲシー
Physosyphon loddigesii
中米に分布する着生種らしいが、詳細は不明
花径は1cm程度
IMG_7365.JPG
IMG_7585.JPG

レリオカトレア・ラ セルバ
Lc. La Selva 'Sanae Tomit'
= Guarianthe bowringiana × Cattleya Bonanza (Bracey)
これぞカトレアという交配種ですが、ちょっと痛んでいました
IMG_7375.JPG
IMG_7376.JPG


 ラン以外の花も投稿しなくちゃね。

ウナズキヒメフヨウ(頷き姫芙蓉)
アオイ科フヨウ属の常緑低木。原産は熱帯アメリカ
別名:マルバビスカス、タイリンヒメフヨウ
IMG_7342.JPG
IMG_7343.JPG
IMG_7327.JPG
IMG_7328.JPG

プセウデランテムム・ラクシフロルム
キツネノマゴ科プセウデランテムム属の常緑小低木
原産はフィジー諸島。流通名パープルスター、アメジストスター
IMG_7337.JPG
 12月13日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 98

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    いましたねー、このお花たち。
    香りかいだのを覚えています。
    私の時は人が多くてね~。
    2019年12月19日 12:28
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    温室に入って最初の空間にはこのランだけが置いてありましたね。香りはするのですが、先に嗅いだご婦人方も首をひねっていました。良い匂いとはちょっと違うような・・・。
    2019年12月19日 12:33
  • ジュン

    ウナズキヒメフヨウ
    可愛い姿で育ててみたいです
    そして広い温室が欲しい~~です
    狭いところでぎゅうぎゅうしている
    我が家のお花可愛そうです
    2019年12月19日 14:12
  • 寿々木

    寒い中カメラが曇らずにうまく撮れて、見事です。冒頭の画像、なんとも不思議な感じを受けます。大オニバスが空中に浮かんでいるように見えますが、フェンスが水面に映っているのでしょうか。
    2019年12月19日 14:28
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん、
    御苑のといえば大温室ですね。
    楽しみにしています。
    バックヤードも見えるといいですが。
    2019年12月19日 16:53
  • 無門

    こんにちは  こんにちは

    うつむき加減の蘭は
    ありますが
    上下逆さまもあるんだね
    これでは横向きの蘭も
    ありそうだね
    2019年12月19日 18:07
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    ウナヅキヒメフヨウ、可愛い花ですよね。特に、ピンクが良いです。
    温室をお持ちなんですか、良いですね。
    2019年12月19日 18:50
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    冬に温室に入るとカメラは必ず曇りますから、5~10分は撮影が出来ません。内部をざっと見て回ってから撮影に入ります。
    1枚目はガラス張りの枠が水面に映っているのですが、確かにオオオニバスが空中に浮かんでいるように見えますね。
    2019年12月19日 18:56
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    冬は温室が良いです。ネタが稼げますから。
    バックヤードツアーは年に数回しか実施されていないのです。温室内のバックヤードでは、花が咲いている植物はありませんでした。
    2019年12月19日 18:58
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    コチョウランなんかも花茎を下に誘導しないと天地逆に咲いたりしますよ。斜めは良くありますが、横向きもありそうです。
    2019年12月19日 19:00
  • なおさん

     新宿御苑もランの栽培の歴史は古いですよねえ。此処で交配・作出された品種もあるとかで、いろいろなものが見られる機会があるのは良いですね。普段は展示されないものも見られると楽しいですね。
    2019年12月19日 20:12
  • 月奏曲

    マキシラリア・ピクタ、ちょっとヒョウ柄ぽくて強そうw
    プロステケア・ラディアタ、これ面白いですね、鹿の子みたいw
    2019年12月19日 21:06
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    新宿御苑のランの栽培は明治時代に遡るといいます。福羽逸人が作出した「シンジュク」や「フクバ」と名づけられたオリジナルが有名です。
    普段は展示されない原種ランがあるので、楽しみなんです。
    2019年12月19日 21:52
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    マキシラリア・ピクタ、そう言えば豹柄っぽいですね。プロステケア・ラディアタはリップが天地逆で、横向きのラインが入っているのが変わっています。
    2019年12月19日 21:55
  • うふふ

    珍しいランが並びましたね。
    リップが逆さになっているとは面白いです。
    花径が1cmの小さなランも可愛いものですね。
    ウナズキヒメフヨウの「ウナズキ」にちょっと笑ってしまいました。
    姿を見れば、なるほどです。
    2019年12月19日 22:27
  • nobara

    フィソシフォン・ロッディゲシー花が透明になってますね。
    時々、白い花は透けることがありますね。
    ウナズキヒメフヨウっていつ見ても可愛いですね。
    プセウデランテムム・ラクシフロルムはちょっと見、スミレ?かと思いました
    2019年12月19日 22:56
  • shuuter

    ウナズキヒメフヨウ 赤とピンク 温室ではおなじみにはなですが、
    かわいいです。
    2019年12月19日 23:13
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    リップが逆さまになっているのは多分花粉を媒介する昆虫の形に合わせたのではないかと思います。
    ウナヅキヒメフヨウ、つぼみのうちは上を向いているのですが、次第に下を向くのです。その動きを「頷き」としたようです。
    2019年12月19日 23:19
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    フィソシフォン・ロッディゲシーの花弁は薄く、柔らかそうに見えました。
    ウナヅキヒメフヨウ、今回は赤もピンクも咲いていました。
    プセウデランテムム・ラクシフロルムは上向きの2枚の花弁が少しかが去るのが特徴です。低木状草本と表現する人もいますが、高さ1m以上になるそうです。
    2019年12月19日 23:25
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    ウナヅキヒメフヨウは、上向きに咲くヒメフヨウより大きな花なので、見栄えがしますね。
    2019年12月19日 23:26
  • トトパパ

    こんばんは

    洋蘭、いいですね。
    温室は花がいっぱいでしょうね。
    2019年12月20日 01:13
  • 信徳

    ランと聞くと「綺麗」「温室」「育成難しい」と出て来ます。
    見るのは良いですが手を出せない高嶺の花です。
    2019年12月20日 08:41
  • すーちん

    おはようございます
    ウナズキヒメフヨウ
    思わずうなずいちゃいますー^^
    2019年12月20日 09:26
  • 長さん

    トトパパさん、コメントありがとうございます。
    冬は大好きなランの季節なので、温室やラン展に行くのが楽しみなんです。
    2019年12月20日 09:27
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ランを育てるのは難しいと思われがちですが、ミニコチョウランとかシンビジュームとか、簡単なものもありますよ。我が家では小さな株を8鉢、窓際で育てています。
    2019年12月20日 09:29
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ウナヅキヒメフヨウ、画面に向かって頷いちゃいましたか(笑)。
    2019年12月20日 09:30
  • 秋月夕香

    マキシラリア・ピクタ~これも蘭ですか、なんだか構えて睨まれているような雰囲気ですね。怖い~。
    蘭はとてもふくよかな幸せが来るような雰囲気です。
    ウナヅキヒメフヨウ~これは小さいのでしょうか?かわいいですね。

    2019年12月20日 18:27
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    マキシラリア・ピクタに睨まれましたか(笑)。ランは変化が大きく、千差万別です。
    ウナヅキヒメフヨウの花は長さが5cmくらいです。
    2019年12月20日 21:45