かぼちゃの種を食べてます

 最近、かぼちゃの種をサラダに入れたり、そのままだったりで、食べさせられている。頻尿や前立腺肥大などに効くからだというのだ。
 イトーヨーカドーの食品売り場で乾燥果物や食用種子を売っている親父も、「毎日40粒食べれば、前立腺肥大にならない」と言う。「私はもう肥大しているんですよ」と言ったら、「進行が止まりますよ」との返事。この親父、漢方薬屋か?
 この親父に夫婦二人でだまされた訳ではないが、かぼちゃの種の他、試食しておいしかった豆菓子を合計3,000円も買ってしまった。
画像

  日本で一般にみられるのは、ニホンカボチャやセイヨウカボチャだが、殻のない種子を持つペポカボチャという特別な品種もあるのだそうだ。薬用に使われるのは、このペポカボチャだとのこと。
 かぼちゃの種は高タンパク、高エネルギー。そのうえミネラル(リン、鉄、ナトリウム、カリウムなど)やビタミン類(カロチン、B1・B2、ナイアシン)などを豊富に含んでいるという。だから、虚弱で血圧が低い人や鉄欠乏症貧血の人にも最適な栄養豊かな滋養強壮食品なのだ。
 では、なぜ頻尿や前立腺肥大などに効くのか。
 丸美屋和漢薬研究所のHPによると、「前立腺肥大の原因は、男性ホルモンのテストステロンから変化するジヒドロテストステロン(DHT)の蓄積にありますが、パンプキン種子やノコギリヤシの脂肪酸などはDHTの生成をうながす「5α-リダクターゼ」という酵素を阻害することで、DHTの産生を抑制します。過敏膀胱と尿失禁の患者にパンプキン種子配合の植物製剤を6週間投与した結果、男女ともに頻尿・尿失禁・下腹部の痛みが改善されました」(松栄堂「心と体の健康」p34~)とある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック