長さんのリタイヤ生活

アクセスカウンタ


zoom RSS AJOS秋の洋らん展2017 会長賞は菊池秀樹氏のリンコステレに

<<   作成日時 : 2017/11/11 14:32   >>

ナイス ブログ気持玉 130 / トラックバック 0 / コメント 30

AJOS晴海トリトン秋の洋らん展2017にて(1)
 11月9日から「AJOS(全日本蘭協会)晴海トリトン秋の洋らん展2017」が始まったので、早速初日の午前中に見に行ってきました(11月12日の日曜日まで、詳しくはこちら)。
 晴海トリトンスクエアで開催されたのは昨年に続いて2回目だそうで、今年1月に開催された第56回AJOS洋らん展「サンシャインシティ世界のらん展2017」よりは小規模でしたが、素晴らしい作品を見ることが出来ました。
 会場は晴海トリトンスクエアの2階グランドロビーです。
画像

 3階まで吹き抜けなので、3階から会場を見下ろしたところです(左手前は業者のブース)。
画像

 壁沿いに優秀作品の展示台が設けられています。
画像

 今回から、優秀作品の紹介を続けたいと思います。なお、作品名は学名表記のため、カタカナは参考のためです(正確ではない場合があります)。
< 全日本蘭協会会長賞 >
Rst. bictoniensis 'Shuyu Forever'

リンコステレ ビクトニエンシス ‘シュウ フォエバー’
菊池秀樹氏
画像
画像
メキシコの標高2000〜3200mに自生。花茎を長く伸ばす

< 協会賞 >
C. maxima fma.coerulea 'Madchen'

カトレア マキシマ コエルレア ’メッチェン’
斉藤正博氏
画像
画像
コロンビアからエクアドル、ペルーに分布する着生種

< 最優秀賞 >
Den. bracteosum

デンドロビウム ブラクテオサム
小林貴代氏
花付きの多さが素晴らしい
画像
画像
ニューギニアの低地に原生する着生ラン

< 優秀賞 >
C. jenmanii 'Mantellini'

カトレア ジェンマニー ‘マテリーニ’
恩田 孝氏
画像
画像
ガイアナ、ベネズエラの標高300〜600mの樹木に着生する

< 優良賞 >
Rth. Morning Call 'Full Moon' SM/JOGA

リンカトレアンセ モーニングコール ’フルムーン’
佐藤春雄氏
画像
画像
(Rhyncattleanthe Love Passion × Cattleya Beaufort)

< 優良賞 >
Miltassia Aztec 'Nalo'
 (= Bratonia Aztec ‘Nalo’)
ミルタシア アズテック ’ナロ’
小佐野滋子氏
画像
画像
昨年末の新宿御苑洋らん展に出展されたものと同一株だった
(Bratonia Cartagena x Miltonia Minas Gerais)

 11月9日撮影。
 (つづく)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 130
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
 この時期にもラン展が楽しめるというのは良いですね。晴海までおでかけされましたか。この時期に合わせて一番良い状態にするのですから、愛好家の丹精のたまものですね。

 いろいろな品種がたくさん並び、目をランランと輝かせて気分もらんらん♪となることでしょうから、楽しみですね。
なおさん
2017/11/11 15:52
こんにちは。今頃のラン展は珍しいですな。作者の皆さんのご苦労が思いやられます。見る者は嬉しいけれど。
目黒のおじいちゃん
2017/11/11 16:06
流石に賞をもらうような花は見ごたえありますよね!
クオリティの高さを感じますね。
晴海トリトンってどんなところなんだろう。
イッシー
2017/11/11 16:07
先日4日に群馬蘭協会のささやかなランの展示会を紹介させていただきましたが全日本蘭協会の展示会ともなると規模が違いますね。ランの愛好家は1年中いつでも出品できるように育てているのでしょうか?もっともららん藤岡の中にある蘭の専門店はいつでもコチョウランを販売しているので温度と湿度を管理すれば1年中開花するようですね。
river
2017/11/11 16:28
こんにちは

蘭の花が踊っていますね
表情豊かな群舞です
無門
2017/11/11 16:29
ラン展へお出かけでしたか。
賞をもらうランは流石にどれも素晴らしいですね。
綺麗なランに囲まれて至福の時間ですね。
Den. bracteosumの花つきがほんとに見事です。
eko
2017/11/11 17:05
こんにちは
これだけの洋蘭を一堂に観れるなんて
何と贅沢な…お目目が蘭々と輝きますね(笑)
乙女ヶ丘
2017/11/11 17:31
東京の蘭展は花の数や種類が凄く数が集まるのでしょうね。沖縄の2月第1土曜機から始まる国際蘭展とは感じが違います。
寿々木
2017/11/11 18:18
多花のデンドロビウム ブラクテオサムは
まるでノビネチドリのようですね(*^-゚)⌒☆
そのようなラン展があることも知りませんでした。
さすがに長さんはランの情報通ですね(^o^)丿
nobara
2017/11/11 20:10
洋ラン展 よく出かけられますね。

ランへの愛着 うすれがちです。心が入らないといい花さきません。何事も同じですね。
shuuter
2017/11/11 20:34
会長賞のお花が桜貝の貝殻みたいな上品な感じで好きです。

にゅ、、、ニュアンス伝わったかな?(;´Д`)
月奏曲
2017/11/11 20:52
洋らん展ですか。
私もこの様なイベントは好きです。
受賞作品の善し悪しは判断出来ませんが、とても綺麗ですね。
降魔成道
2017/11/11 20:57
なおさん、コメントありがとうございます。
東京近辺の大きならん展では、今シーズン、ここが最初です。
昨年から晴海になりましたが、昨年は行けませんでした。
やはり、蘭のシーズンにはちょっと早いので、作品数は比較的少なかったです。
長さん
2017/11/11 21:08
目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
蘭愛好家の皆さんは自前の温室を持っておられる方も多いので、らん展の会期があらかじめ分かっていれば、開花調整することも可能なのです。
長さん
2017/11/11 21:10
イッシーさん、コメントありがとうございます。
優秀作品の展示台に乗らない作品も皆さん、力作揃いでしたよ。
晴海トリトンスクエアは月島で、最寄り駅は都営地下鉄大江戸線の勝どき駅です。4つの大きなオフィスビルを結んでグランドフロアや飲食物店が並んでいます。
長さん
2017/11/11 21:13
riverさん、コメントありがとうございます。
全日本蘭協会はアマチュア愛好家の全国組織ですから、出展団体も人数も多いです。
周年開花する蘭もありますが、多くは審査日をめがけて開花調整しているのではないかと思います。温度・湿度はもちろん、光の調節も必要ですね。
長さん
2017/11/11 21:18
無門さん、コメントありがとうございます。
一つの科だけなのに、こんなにバラエティ豊かに花を咲かせるのは蘭しかありません。
長さん
2017/11/11 21:19
ekoさん、コメントありがとうございます。
審査基準がどうなっているか全く分かりませんが、優秀作品として並んだものはやはり素晴らしいです。
無料で見られるなんて、蘭が好きな私には堪えられません。
デンドロビウム ブラクテオサムの花付きの多さは、プロらしき人も感心していました。
長さん
2017/11/11 21:23
こんばんは
矢張り蘭は良いですねー
心血を注ぐんでしょうね
シンビジウムを咲かせるのも
大変です^^
すーちん
2017/11/11 21:24
乙女ヶ丘さん、コメントありがとうございます。
美しい蘭の花とすてきな香りの中で、写真三昧できるのはらん展しかありません。その上、無料ですからね。
長さん
2017/11/11 21:26
素晴らしい作品が出品されていますね。
協会賞のランの花の色合が薄紫色でとても魅力的ですね。
mori-sanpo
2017/11/11 21:28
寿々木さん、コメントありがとうございます。
沖縄国際洋蘭博覧会は来年も2月3日の第一土曜日から開催ですね。出展品数では沖縄の方がずっと多いでしょう。
長さん
2017/11/11 21:29
nobaraさん、コメントありがとうございます。
デンドロビウム ブラクテオサムからノビネチドリを連想されましたか。ノビネチドリもこの花数の多さには負けちゃいますね。
大きならん展は毎年の開催日程が大体同じですから、検索すればすぐ分かります。今月は筑波植物園(中旬)と新宿御苑(下旬)で開催されます。
長さん
2017/11/11 21:34
shuuterさん、コメントありがとうございます。
多くの蘭を育てて開花させるのは大変ですが、見に行くだけなら苦労はありませんからね。
長さん
2017/11/11 21:35
月奏曲さん、コメントありがとうございます。
会長賞のラン、確かに花弁がピンクだし、ちょっと見、貝殻みたいな形をしていますね。
長さん
2017/11/11 21:37
降魔成道さん、コメントありがとうございます。
ランは見るだけならとても楽しい植物です。条件の悪いところで生息してきた植物ですから、いざ育てるとなったら大変です。
長さん
2017/11/11 21:39
すーちんさん、コメントありがとうございます。
晩秋から冬にかけてあちこちでらん展が行われるのが楽しみなんです。
シンビジウムやミニ胡蝶蘭は初級向きと言いますが、それでも大変ですよね。
長さん
2017/11/11 21:42
mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
このらん展はアマチュアでもハイレベルな人の多い愛好団体所属の方たちが出展します。協会賞の斉藤さんはその中でも抜群の育成家ですね。
長さん
2017/11/11 21:44
こんにちは!
秋にもらん展があるのですか。
どのお花も美しくて甲乙つけがたいですね。
賞を決める方も苦労したことでしょう。
うふふ
2017/11/12 13:06
うふふさん、コメントありがとうございます。
関東で大きならん展としてはシーズンのトップです。
どの作品も素晴らしいものですが、プロ育成家の多い審査員の目からすると、違いが分かるのでしょうね。
長さん
2017/11/12 14:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
AJOS秋の洋らん展2017 会長賞は菊池秀樹氏のリンコステレに 長さんのリタイヤ生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる