「ラーメン」は幅広のH型、しかも穴あきだった

 「ラーメン構造」という言葉をご存じでしょうか?建築家の目黒のおじいちゃんならご存じですよね。  以前、新聞だか雑誌だかにこの言葉が登場していて、「ラーメンみたいな細い材木で作る構造物?」なんて思ったものの、それ以上調べることはしませんでした。  先月の14日、ウォーキング中、建築中の建物の前でこんな材料を目にしました。  「合格証」に「ラーメン柱」と印刷されていますね、それで、ピンときま…

続きを読む

ソーラーシステムの定期点検

 我が家は新築後はや3年を過ぎました。今盛んに省エネやエコが叫ばれていますが、我が家は新築時に太陽熱利用の床暖房を採用しました。  現在は、床暖房は必要ありませんので、太陽熱で200リットルのお湯(MAX70℃)を作って、お風呂や給湯に使っています。このシステムをハイブリッドソーラーシステムと言います(メーカーのHPはこちら)。  右上の写真は、屋根に太陽熱コレクターを設置しているところです…

続きを読む

壁紙の補修

 先日、孫のひろ君と階段室でボール遊びをしていたとき、壁のコーナーに黒い線を発見しました。目を凝らすと、壁紙の接合部に隙間ができています。  冬の我が家は乾燥状態にあり、湿度が20%近くになることもあります。壁紙も乾燥して収縮したため、接合部の接着剤がもたなかったようです。  Gホームさんにどうしたらよいかお伺いを立てたところ、今日、社長とT工事部長が直々にお見えになり、隙間ができた部分…

続きを読む

鍵、かぎ、カギ

 下駄箱の上に何種類ものカギがゴロゴロしているので、小さなキーボックスを買って整頓しようと思い、ホームセンターに探しに行きました。  しかし、キーボックスって結構高いものなのだ。おまけにちょっと大げさ。と言う訳で、こんなフックを買って整理してみました。  場所は、下駄箱の背の高いほうの側面で、使用例のように互い違いに。

続きを読む

排水管で納豆菌を培養する

 先月末、排水管にこびりついたコレステロール状のものを高圧水で洗い流す工事をしてもらった。その都度、2万数千円を要するのでは困るので、なんとか手軽に油やヌメリがつかないようにする方法はないものか。ネットで調べてみると、BN菌が入った洗浄剤があるとのこと。  先日、便座カバーを探しにTOTOのショールームに立ち寄った時、このBN菌入り洗浄剤を見つけた。商品名は「ほっといて!流し台用洗浄消臭剤」。…

続きを読む

ソーラーシステムの熱媒液不足

 先日、庭で散水しているとき、ハイブリッドソーラーシステムに使用する不凍液が下限レベルを下回っているのに気付いた。eメールで工務店の設計士さんに、不凍液を補充してもらえませんか?とお願いしておいた。昨年は、確か赤い原液を補充してもらった記憶があったからだ。  午前中、外出から戻ると、設計士のAさんと工事部長のKさんが見えているとのこと。早速、庭に回ると、Kさんが散水ホースで水道水を補充している…

続きを読む

排水管洗浄工事

 朝9時から、S設備工業による排水管洗浄工事が開始された。  写真左下の黄色い器具が高圧水を発生させるポンプユニット。その左上のガンから長いパイプが延びている。右下はパイプの先端、ノズル部分。3個のボールチェーンの付け根、矢印のところから、霧状の高圧水が横に噴出する。ボールチェーンは曲線部を通しやすくするガイドの役割のようだ。  数ヶ所の排水点検口から…

続きを読む

浴室排水口の洗浄をしてみた

 キッチンからの排水管の汚れと風呂の排水口からの悪臭の対策について、おとといGホームに業者の紹介をお願いした(投稿記事はこちら)ところ、昨日、S設備工業さん(新築時の水道工事担当)から連絡が来た。Gホームさん、素早いご手配ありがとうございます。で、今日S設備工業さんが点検に来てくれた。  先ず、浴室の排水口からの悪臭についてだが、可動部品を取り除いた奥の方がどうなっているか分からないので、クリ…

続きを読む

浴室排水口が臭い

 妻が浴室の排水口から悪臭がすると言う。トラップ機構を外して、汚れやぬめりを掃除するのだが、右下の写真で排水口カバー(1)から順に4までトラップの部品を外すと、なるほど、大変な悪臭が出てくる。恐らく、5の奥のほうにこびりついている毛髪が分解されたときの臭いではないか(タンパク質は臭いからね)。入浴中は、トラップ機構のお陰で、悪臭はしないが、何か対策を講じなければならない。 …

続きを読む

住まいのコーティングはいかがですか?

 工務店のGホームから紹介を受けたという業者さんが、タイトルのように住宅コーティングの宣伝にやってきた。この業者さん、昨年3月、建築中の我が家にシロアリ防止の薬剤処理をしてくれたのだそうだ。  今回は、住まいのコーティングとして、フロアやクロスの薬剤コート、キッチンや水周りのフッ素コートなどのキャンペーンだとのこと。そのキャンペーンの一環として、洗面所か浴室の鏡を清掃してくれるとのことで、浴室…

続きを読む

新築後の1年点検

 新築のマイホームに転居してから早くも1年と20日が経過した。午前中、工務店の手配で、サッシの業者さんが点検にやってきた。  半年前にも点検してもらったが、サッシやドアの閉まり具合は半年間でも微妙に変化するようで、ドライバーで1枚ずつ微調整していた。  その後すぐ、日時をあわせたように、外壁とタイルの点検に、それぞれの業者さんが尋ねてきた。私はちょっと外出していたので妻が対応したが、それぞれ…

続きを読む

表札の複製を作る

 我が家の敷地はいわゆる旗ざお地である。そのため、道路から幅2.7m弱の敷地延長部分を10m程入って玄関に至る。玄関ドア右の壁面に表札をつけているが、道路からは見えにくいため、敷地の入口にも表札を取り付けた。予算の関係もあって、支柱は園芸用のラティスポストを転用し、それに市販の金具を取り付けた。表札は楕円形のスチール製をセミオーダーしたが、裏面は右の写真の通り表札なし。従って、南の方(駅の方)か…

続きを読む

ハロゲン球を交換したら

 我が家のベランダ下には、防犯用の人感センサーライトが二つ付いている。暗くなってから人が近づくと、150Wのハロゲン球が点灯するやつだ。  これが、いつの頃からか不明だが、点灯しなくなった。東側のライトは、夜私が近づくと、カチッと音がするので、単なる球切れのようだ。しかし、西側のものはウンともスンとも言わない。これは電灯線側からの問題ではないか?  昨日、交換用のハロゲン球をホームセンターで…

続きを読む

外見より機能です

 昨日、日没終了となったエアコン室外機用の「逆ルーバー」作り。今日は天板と側板を取り付けた。同じ厚さの材料が足りないので、別の目的で取っておいた厚手の化粧合板で間に合わせることにした。  釘、ボンド、木ネジなど三種混合で、昨日作った前面パネルに取り付け、ペンキを塗った。ペンキは昨年からの残り物で、天板と側板の裏側までは塗る量が無かったが、内側だから腐りはしないでしょう。  支えの軽量ブロック…

続きを読む

逆ルーバーを自作したのだが・・・

 昨年の夏、1階のエアコンの室外機から出る熱風で、花壇の草花がまともに被害を受けた。3本あるコニファーのうち、中央のものも葉が枯れそうになった。それでも、マリーゴールドは生命力が強く、11月になってもこんな姿になっても花を咲かせていた。  昨年、通販カタログを見ていたら、室外機にかぶせる「逆ルーバー」という商品が載っていた。これだと、室外機から出た熱風を上のほうに排出するので、花壇へ直接吹…

続きを読む

首をすげ替える

 首と言っても水栓の話である。  新築時、キッチンシンクに浄水器用のスワン型の水栓を付けたのだが、使いにくいので、昨年スワンの首を伸ばした。それが右の写真。  しかし、吐水口がシンクの縁から近いために、やかんに水を入れにくいという欠点があった。そのうち何とかしようと思っていたのだが・・・。  昨日、2階の流しの水栓を見て、「あっ、これだ」と気が付いた。水栓はJISの規格品なので、交換が…

続きを読む

配達の方へのお願い

 我が家は高気密の家なのだが、一ヶ所、泣き所があった。それは、ものぐさ型のポストである(外に取りに行かなくても良いので、ものぐさ型と名づけている)。  そのポストは、玄関脇の壁に開口しているが、3枚のばね付き蓋があるため、通常は外気が入ってくることは無い。しかし、新聞が差し込まれ、3枚の蓋を押し上げたままだと外気が入ってきてしまうのだ。なぜかというと、夜の間、風呂場を乾燥させるため換気扇を回す…

続きを読む

電気設備の安全点検

 関東電気保安協会の調査員が「電気設備の安全点検」を行ってくれた。先々週、点検を行う旨「お知らせ」が投函されていたのだ。  点検は、先ず配電盤を開け、漏電遮断器が付いていることを確認、そこからブレーカーに至る配線に点検用具を挟んで漏電の検査。「漏電は全くありません」とのこと。新築からまだ1年経っていないので、漏電していては困りますが・・・。  続いて、漏電遮断器への配線がしっかり固定されてい…

続きを読む

額縁のガラスが反射するから

 我が家の玄関を入ると、目の前に半間の白い壁がある。以前からここに何か装飾をと考えていた。タペストリーなんか良いんじゃないかと思うが、センスが試されるので、絵柄が難しい。しかも、ちょっと大げさか。  額に入れた写真なら無難なところか、と思い、春らしい写真を入れて、吊ってみた。ところが、妻が帰ってきて、「ガラスに光が反射して、良く見えない。反射すると風水にも良くないし・・・」と、不評なのであ…

続きを読む

コンセプトハウス見学記③

 一昨年の年末まで我が家があった場所に、Gホームによって建設された「コンセプトハウス」。その2階は、広いホール、2つの寝室、ウォークインクロゼット、納戸、トイレで、合計20坪弱。  床には3種類の材料が使用されており、感触の違いを試すことができる。北東の寝室は通常のフローリング材。3種類の床材の中では一番冷たく感じる。出窓部分の2つの上げ下げ窓が変化をつけている。  南西…

続きを読む

コンセプトハウス見学記②

 Gホームのコンセプトハウスの1階は床面積が21坪ほど。玄関を入って左に進むと、大きなLDKがひろがる。すぐに目につくのが、杉板の壁だ。単価はビニールクロスより上がってしまうが、天然素材は目に優しい。手触りも良いし、断熱性、遮音性もある。また、調湿効果も期待できるだろう。  K社長曰く、「お宅でも、クロスの上に施工することが出来ますよ」 ・・・そう言われてもねー、またお金が掛かっちゃうし。 …

続きを読む

テレビ台のキャスターキズ対策

 先日、テレビ台の向きを変えるときのキズ防止対策だったポリカーボネートを引き抜く必要に迫られた。今後のテレビ台移動は慎重にしなければ、と投稿したら(強制乾燥させたのに)、インスペクターKさんから「テレビ台の足のキャスターをやめて、羅紗を貼ったらいかがでしょうか。(中略)ホームセンターに専用の糊付きのフェルト(羅紗)が売られています。これを付けると床の上を動かしても床を傷つけることはありません」と…

続きを読む

コンセプトハウス見学記①

 昨年10月、ご夫妻で我が家の見学にこられたSさん。彼は、私が紹介したマイホーム学院を受講したのだが、その講習の一環として、Gホームの建設したコンセプトハウスの現場見学会に参加するという。  現場の所在地を聞くと、まさに昔我が家があった場所。コンセプトハウスを建設中から、かねがね見たいと思っていた。丁度良い機会なので、ご一緒させていただいたが、現場ではK社長自ら説明をしてくれた。  先ず…

続きを読む

強制乾燥させたのに

 テレビ台の下に、キャスターによるキズ防止の目的でポリカーボネートの板を敷いている。床暖房をするようになってから、この下に結露が発生した。結露は木材の大敵なので、朝晩ポリカーボネートをめくってふき取っている。  結露の原因は、床下の蓄熱コンクリートが完全に乾燥していないためと思われる。そのうち乾燥するだろうと思っていたが、2ヶ月経っても結露が続いている。最悪の場合、不凍液の漏れだと困る…

続きを読む

7ヵ月後の完工

 ハイブリッドソーラーシステムの本体に、オーバーフローした水を排出するためのパイプが接続されている。この本体には、370リットルの貯湯タンクが収納されており、春から秋にかけて、太陽熱で水道水を60℃まで加熱することが出来る。ご存知のように、水は加熱されると体積が増えるので、あふれたお湯を逃がすための排水パイプが必要なのだ。  実は、この排水パイプの下端部が施工途中のままであった。理由は、雨…

続きを読む

石油が高くなった

 我が家は太陽熱を利用した全館床暖房の家だ。太陽熱コレクターで加熱された不凍液を、床下の蓄熱コンクリートに貯める方式で、ここからの輻射熱で室内を暖める。  しかし、雨や曇りの日には蓄熱できず、室温を20℃前後に保とうとすると、石油の補助ボイラーのお世話にならなければならない。また、明け方は蓄熱コンクリートからの輻射熱も弱まるため、室温が下がる。そのため、蓄熱コンクリートが設定温度に達するまで、…

続きを読む

寒暖計?温度計?

 我々の世代は温度計というより寒暖計という人が多いようだが、アルコール式温度計のことを特に「寒暖計」と言うそうだ。  我が家にも各部屋に寒暖計を置いているが、全部サーモスタット式だから、正確には温度計というべきか。    昔の家と違って室内が暖かいと、外気温にあわせた服装をし忘れて、風邪を引きそうになったことがある。妻も同じような体験があるらしく、部屋の中から外気温が分からないかと言う。 …

続きを読む

可愛いサンタクロースが来訪

 玄関先で年賀状用の夫婦の写真をセルフタイマーで撮影した。カメラと三脚を片づけていたら、工務店のGホームと協力業者会の皆さんが年末のご挨拶に見えた。  毎年、「ぬくぬく大作戦のサンタクロース」として、恒例行事になっているそうで、クリスマスプレゼントも頂戴した。9月にご招待いただいたボーリング大会も「ぬくぬく大作戦」の一環だ。  本当にアフターサービスが良く、施主には大変ありがたい。  …

続きを読む

手作りコートハンガー

 三郷の巨大ホームセンターで、コートハンガー用の材料を買ってきた。  パイン材が少々長いので15mm程カットし、下地の位置に合わせてモクネジ用の穴(4.5mm)をドリルを使って3ヶ所開ける。続いて、棒ヤスリでパイン材の面取りを行う。皿ネジを使うので、ネジ穴の面取りも忘れない。  塗料は木工作用の水性ニスでけやき色を購入。刷毛で3回重ね塗りした。ニス売り場に掲示してあったように、仕上げ塗りの前…

続きを読む

タイルのニオイが

 Gホームの社長からいただいたエコカラットを砕き、水を掛けて部屋に置いてみた(タイルのプレゼント)。部屋の調湿のためだったが、結果的には失敗。  それは、水分の蒸発とともに、あのタイル特有のニオイも蒸発してしまったからだ。寝室のエコカラットに水を掛けてもニオイは発生しないのだが、なぜだろう。水を含ませすぎるたのが原因か?  もっと細かく砕き、天日干ししてニオイをとばしてから、下駄箱の除湿・脱…

続きを読む