アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「家」のブログ記事

みんなの「家」ブログ

タイトル 日 時
「ラーメン」は幅広のH型、しかも穴あきだった
「ラーメン」は幅広のH型、しかも穴あきだった  「ラーメン構造」という言葉をご存じでしょうか?建築家の目黒のおじいちゃんならご存じですよね。  以前、新聞だか雑誌だかにこの言葉が登場していて、「ラーメンみたいな細い材木で作る構造物?」なんて思ったものの、それ以上調べることはしませんでした。  先月の14日、ウォーキング中、建築中の建物の前でこんな材料を目にしました。  「合格証」に「ラーメン柱」と印刷されていますね、それで、ピンときました。これが「ラーメン構造」に使われるものなのかと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 138 / トラックバック 0 / コメント 32

2018/09/06 14:00
ソーラーシステムの定期点検
ソーラーシステムの定期点検  我が家は新築後はや3年を過ぎました。今盛んに省エネやエコが叫ばれていますが、我が家は新築時に太陽熱利用の床暖房を採用しました。  現在は、床暖房は必要ありませんので、太陽熱で200リットルのお湯(MAX70℃)を作って、お風呂や給湯に使っています。このシステムをハイブリッドソーラーシステムと言います(メーカーのHPはこちら)。  右上の写真は、屋根に太陽熱コレクターを設置しているところです(2006年3月4日)。  今日は、このシステムの定期点検でした(3年ごと)。我が家を建てたGホーム... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/06/27 21:38
壁紙の補修
壁紙の補修  先日、孫のひろ君と階段室でボール遊びをしていたとき、壁のコーナーに黒い線を発見しました。目を凝らすと、壁紙の接合部に隙間ができています。  冬の我が家は乾燥状態にあり、湿度が20%近くになることもあります。壁紙も乾燥して収縮したため、接合部の接着剤がもたなかったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/06 17:45
鍵、かぎ、カギ
鍵、かぎ、カギ  下駄箱の上に何種類ものカギがゴロゴロしているので、小さなキーボックスを買って整頓しようと思い、ホームセンターに探しに行きました。  しかし、キーボックスって結構高いものなのだ。おまけにちょっと大げさ。と言う訳で、こんなフックを買って整理してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/08 16:36
排水管で納豆菌を培養する
排水管で納豆菌を培養する  先月末、排水管にこびりついたコレステロール状のものを高圧水で洗い流す工事をしてもらった。その都度、2万数千円を要するのでは困るので、なんとか手軽に油やヌメリがつかないようにする方法はないものか。ネットで調べてみると、BN菌が入った洗浄剤があるとのこと。  先日、便座カバーを探しにTOTOのショールームに立ち寄った時、このBN菌入り洗浄剤を見つけた。商品名は「ほっといて!流し台用洗浄消臭剤」。明治製菓グループの明治フードマテリアの製品で、BN菌と純植物石鹸が主成分。  BN菌は納豆菌の仲間で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/14 16:22
ソーラーシステムの熱媒液不足
ソーラーシステムの熱媒液不足  先日、庭で散水しているとき、ハイブリッドソーラーシステムに使用する不凍液が下限レベルを下回っているのに気付いた。eメールで工務店の設計士さんに、不凍液を補充してもらえませんか?とお願いしておいた。昨年は、確か赤い原液を補充してもらった記憶があったからだ。  午前中、外出から戻ると、設計士のAさんと工事部長のKさんが見えているとのこと。早速、庭に回ると、Kさんが散水ホースで水道水を補充しているところだった。  「あれ!水でいいの?」と聞くと、「そうだ」との答え。マニュアルにも書いてあるとのこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/12 22:28
排水管洗浄工事
排水管洗浄工事  朝9時から、S設備工業による排水管洗浄工事が開始された。  写真左下の黄色い器具が高圧水を発生させるポンプユニット。その左上のガンから長いパイプが延びている。右下はパイプの先端、ノズル部分。3個のボールチェーンの付け根、矢印のところから、霧状の高圧水が横に噴出する。ボールチェーンは曲線部を通しやすくするガイドの役割のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/29 11:33
浴室排水口の洗浄をしてみた
浴室排水口の洗浄をしてみた  キッチンからの排水管の汚れと風呂の排水口からの悪臭の対策について、おとといGホームに業者の紹介をお願いした(投稿記事はこちら)ところ、昨日、S設備工業さん(新築時の水道工事担当)から連絡が来た。Gホームさん、素早いご手配ありがとうございます。で、今日S設備工業さんが点検に来てくれた。  先ず、浴室の排水口からの悪臭についてだが、可動部品を取り除いた奥の方がどうなっているか分からないので、クリナップに聞いたほうが良いとのこと。  次いで、キッチン排水関係で屋外の汚水点検口を5ヶ所ほどチェック... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/26 15:51
浴室排水口が臭い
浴室排水口が臭い  妻が浴室の排水口から悪臭がすると言う。トラップ機構を外して、汚れやぬめりを掃除するのだが、右下の写真で排水口カバー(1)から順に4までトラップの部品を外すと、なるほど、大変な悪臭が出てくる。恐らく、5の奥のほうにこびりついている毛髪が分解されたときの臭いではないか(タンパク質は臭いからね)。入浴中は、トラップ機構のお陰で、悪臭はしないが、何か対策を講じなければならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/06/24 16:35
住まいのコーティングはいかがですか?
住まいのコーティングはいかがですか?  工務店のGホームから紹介を受けたという業者さんが、タイトルのように住宅コーティングの宣伝にやってきた。この業者さん、昨年3月、建築中の我が家にシロアリ防止の薬剤処理をしてくれたのだそうだ。  今回は、住まいのコーティングとして、フロアやクロスの薬剤コート、キッチンや水周りのフッ素コートなどのキャンペーンだとのこと。そのキャンペーンの一環として、洗面所か浴室の鏡を清掃してくれるとのことで、浴室の方をお願いした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/08 16:15
新築後の1年点検
新築後の1年点検  新築のマイホームに転居してから早くも1年と20日が経過した。午前中、工務店の手配で、サッシの業者さんが点検にやってきた。  半年前にも点検してもらったが、サッシやドアの閉まり具合は半年間でも微妙に変化するようで、ドライバーで1枚ずつ微調整していた。  その後すぐ、日時をあわせたように、外壁とタイルの点検に、それぞれの業者さんが尋ねてきた。私はちょっと外出していたので妻が対応したが、それぞれ目視による点検で、全く問題なしだった。  Gホームさん、協力会社の皆さん、ありがとうございました。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 20:00
表札の複製を作る
表札の複製を作る  我が家の敷地はいわゆる旗ざお地である。そのため、道路から幅2.7m弱の敷地延長部分を10m程入って玄関に至る。玄関ドア右の壁面に表札をつけているが、道路からは見えにくいため、敷地の入口にも表札を取り付けた。予算の関係もあって、支柱は園芸用のラティスポストを転用し、それに市販の金具を取り付けた。表札は楕円形のスチール製をセミオーダーしたが、裏面は右の写真の通り表札なし。従って、南の方(駅の方)から来る人には表札が分かるが、北から来る人にはご迷惑をおかけしていた次第。  先日、住宅模型作りのノウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/27 14:25
ハロゲン球を交換したら
ハロゲン球を交換したら  我が家のベランダ下には、防犯用の人感センサーライトが二つ付いている。暗くなってから人が近づくと、150Wのハロゲン球が点灯するやつだ。  これが、いつの頃からか不明だが、点灯しなくなった。東側のライトは、夜私が近づくと、カチッと音がするので、単なる球切れのようだ。しかし、西側のものはウンともスンとも言わない。これは電灯線側からの問題ではないか?  昨日、交換用のハロゲン球をホームセンターで買ってきて、東側のハロゲン球を交換してやったが、やはり球切れだった(写真右)。念のため、西側のハロゲン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/23 10:53
外見より機能です
外見より機能です  昨日、日没終了となったエアコン室外機用の「逆ルーバー」作り。今日は天板と側板を取り付けた。同じ厚さの材料が足りないので、別の目的で取っておいた厚手の化粧合板で間に合わせることにした。  釘、ボンド、木ネジなど三種混合で、昨日作った前面パネルに取り付け、ペンキを塗った。ペンキは昨年からの残り物で、天板と側板の裏側までは塗る量が無かったが、内側だから腐りはしないでしょう。  支えの軽量ブロックを追加して据え付け、早速エアコンを試運転。写真のように、外見は良くないが、排出される空気の流れは見事に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/08 16:24
逆ルーバーを自作したのだが・・・
逆ルーバーを自作したのだが・・・  昨年の夏、1階のエアコンの室外機から出る熱風で、花壇の草花がまともに被害を受けた。3本あるコニファーのうち、中央のものも葉が枯れそうになった。それでも、マリーゴールドは生命力が強く、11月になってもこんな姿になっても花を咲かせていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/07 21:08
首をすげ替える
首をすげ替える  首と言っても水栓の話である。  新築時、キッチンシンクに浄水器用のスワン型の水栓を付けたのだが、使いにくいので、昨年スワンの首を伸ばした。それが右の写真。  しかし、吐水口がシンクの縁から近いために、やかんに水を入れにくいという欠点があった。そのうち何とかしようと思っていたのだが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/30 12:32
配達の方へのお願い
配達の方へのお願い  我が家は高気密の家なのだが、一ヶ所、泣き所があった。それは、ものぐさ型のポストである(外に取りに行かなくても良いので、ものぐさ型と名づけている)。  そのポストは、玄関脇の壁に開口しているが、3枚のばね付き蓋があるため、通常は外気が入ってくることは無い。しかし、新聞が差し込まれ、3枚の蓋を押し上げたままだと外気が入ってきてしまうのだ。なぜかというと、夜の間、風呂場を乾燥させるため換気扇を回すから、家の中に負圧が生じるためである。  新聞屋さんには、配達の方へのお願いとして、完全に見えなくな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/17 18:23
電気設備の安全点検
電気設備の安全点検  関東電気保安協会の調査員が「電気設備の安全点検」を行ってくれた。先々週、点検を行う旨「お知らせ」が投函されていたのだ。  点検は、先ず配電盤を開け、漏電遮断器が付いていることを確認、そこからブレーカーに至る配線に点検用具を挟んで漏電の検査。「漏電は全くありません」とのこと。新築からまだ1年経っていないので、漏電していては困りますが・・・。  続いて、漏電遮断器への配線がしっかり固定されているかどうかの点検。これも問題なし。最後に、電気洗濯機のアースが取り付けられているかどうかの確認。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/16 11:04
額縁のガラスが反射するから
額縁のガラスが反射するから  我が家の玄関を入ると、目の前に半間の白い壁がある。以前からここに何か装飾をと考えていた。タペストリーなんか良いんじゃないかと思うが、センスが試されるので、絵柄が難しい。しかも、ちょっと大げさか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/02 17:23
コンセプトハウス見学記B
コンセプトハウス見学記B  一昨年の年末まで我が家があった場所に、Gホームによって建設された「コンセプトハウス」。その2階は、広いホール、2つの寝室、ウォークインクロゼット、納戸、トイレで、合計20坪弱。  床には3種類の材料が使用されており、感触の違いを試すことができる。北東の寝室は通常のフローリング材。3種類の床材の中では一番冷たく感じる。出窓部分の2つの上げ下げ窓が変化をつけている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/24 13:37
コンセプトハウス見学記A
コンセプトハウス見学記A  Gホームのコンセプトハウスの1階は床面積が21坪ほど。玄関を入って左に進むと、大きなLDKがひろがる。すぐに目につくのが、杉板の壁だ。単価はビニールクロスより上がってしまうが、天然素材は目に優しい。手触りも良いし、断熱性、遮音性もある。また、調湿効果も期待できるだろう。  K社長曰く、「お宅でも、クロスの上に施工することが出来ますよ」 ・・・そう言われてもねー、またお金が掛かっちゃうし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/22 10:08
テレビ台のキャスターキズ対策
テレビ台のキャスターキズ対策  先日、テレビ台の向きを変えるときのキズ防止対策だったポリカーボネートを引き抜く必要に迫られた。今後のテレビ台移動は慎重にしなければ、と投稿したら(強制乾燥させたのに)、インスペクターKさんから「テレビ台の足のキャスターをやめて、羅紗を貼ったらいかがでしょうか。(中略)ホームセンターに専用の糊付きのフェルト(羅紗)が売られています。これを付けると床の上を動かしても床を傷つけることはありません」とのコメントをいただいた。  確かに有効な対策だと思う。しかし、重いテレビの上げ下ろし、テレビやHDD... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/21 15:24
コンセプトハウス見学記@
コンセプトハウス見学記@  昨年10月、ご夫妻で我が家の見学にこられたSさん。彼は、私が紹介したマイホーム学院を受講したのだが、その講習の一環として、Gホームの建設したコンセプトハウスの現場見学会に参加するという。  現場の所在地を聞くと、まさに昔我が家があった場所。コンセプトハウスを建設中から、かねがね見たいと思っていた。丁度良い機会なので、ご一緒させていただいたが、現場ではK社長自ら説明をしてくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/20 16:49
強制乾燥させたのに
強制乾燥させたのに  テレビ台の下に、キャスターによるキズ防止の目的でポリカーボネートの板を敷いている。床暖房をするようになってから、この下に結露が発生した。結露は木材の大敵なので、朝晩ポリカーボネートをめくってふき取っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/01/14 09:32
7ヵ月後の完工
7ヵ月後の完工  ハイブリッドソーラーシステムの本体に、オーバーフローした水を排出するためのパイプが接続されている。この本体には、370リットルの貯湯タンクが収納されており、春から秋にかけて、太陽熱で水道水を60℃まで加熱することが出来る。ご存知のように、水は加熱されると体積が増えるので、あふれたお湯を逃がすための排水パイプが必要なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 11:40
石油が高くなった
石油が高くなった  我が家は太陽熱を利用した全館床暖房の家だ。太陽熱コレクターで加熱された不凍液を、床下の蓄熱コンクリートに貯める方式で、ここからの輻射熱で室内を暖める。  しかし、雨や曇りの日には蓄熱できず、室温を20℃前後に保とうとすると、石油の補助ボイラーのお世話にならなければならない。また、明け方は蓄熱コンクリートからの輻射熱も弱まるため、室温が下がる。そのため、蓄熱コンクリートが設定温度に達するまで、午前4時半から補助ボイラーを運転している。  太陽熱は無料だが、石油は無料というわけには行かない。暖... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/01/12 13:43
寒暖計?温度計?
寒暖計?温度計?  我々の世代は温度計というより寒暖計という人が多いようだが、アルコール式温度計のことを特に「寒暖計」と言うそうだ。  我が家にも各部屋に寒暖計を置いているが、全部サーモスタット式だから、正確には温度計というべきか。    昔の家と違って室内が暖かいと、外気温にあわせた服装をし忘れて、風邪を引きそうになったことがある。妻も同じような体験があるらしく、部屋の中から外気温が分からないかと言う。  実は、ハイブリッドソーラーシステムの本体で外気温を検知しており、室内のリモコンに表示させることが出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/11 13:54
可愛いサンタクロースが来訪
可愛いサンタクロースが来訪  玄関先で年賀状用の夫婦の写真をセルフタイマーで撮影した。カメラと三脚を片づけていたら、工務店のGホームと協力業者会の皆さんが年末のご挨拶に見えた。  毎年、「ぬくぬく大作戦のサンタクロース」として、恒例行事になっているそうで、クリスマスプレゼントも頂戴した。9月にご招待いただいたボーリング大会も「ぬくぬく大作戦」の一環だ。  本当にアフターサービスが良く、施主には大変ありがたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 14:01
手作りコートハンガー
手作りコートハンガー  三郷の巨大ホームセンターで、コートハンガー用の材料を買ってきた。  パイン材が少々長いので15mm程カットし、下地の位置に合わせてモクネジ用の穴(4.5mm)をドリルを使って3ヶ所開ける。続いて、棒ヤスリでパイン材の面取りを行う。皿ネジを使うので、ネジ穴の面取りも忘れない。  塗料は木工作用の水性ニスでけやき色を購入。刷毛で3回重ね塗りした。ニス売り場に掲示してあったように、仕上げ塗りの前に、塗装面にヤスリ掛けをした。  ありあわせの40mmの皿ネジで壁に取り付けたのだが、高さは妻の要望... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/21 12:51
タイルのニオイが
 Gホームの社長からいただいたエコカラットを砕き、水を掛けて部屋に置いてみた(タイルのプレゼント)。部屋の調湿のためだったが、結果的には失敗。  それは、水分の蒸発とともに、あのタイル特有のニオイも蒸発してしまったからだ。寝室のエコカラットに水を掛けてもニオイは発生しないのだが、なぜだろう。水を含ませすぎるたのが原因か?  もっと細かく砕き、天日干ししてニオイをとばしてから、下駄箱の除湿・脱臭に使ってみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/10 18:10
タイルのプレゼント
タイルのプレゼント  先日、拙ブログにエコカラットの余りを残しておいて欲しかったとの記事(こちら)を投稿したら、Gホームの社長も読んでいただいたそうだ。それで、「会社に、割れてしまったエコカラットが残してあったので・・・」と、昨日、約1枚半分のタイルをわざわざ我が家までお持ちいただいた。お気遣いいただき、誠にすみません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/09 11:32
レンジフードの異音・・・その対策
レンジフードの異音・・・その対策  クリナップの営業所から技術担当者が二人でお出でになった。営業担当者から引き継いで点検に来ていただいたのだ。  問題のダンパーは、レンジフードのカバーを上下とも外しても見えてこない。右写真の黒枠の上側、銀色の蛇腹ダクトが取り付いているグレー部分についているのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/05 17:28
タイル施工の6ヶ月点検
タイル施工の6ヶ月点検  タイル工事の親方が6ヶ月点検にやってきた。それにしても派手なジャンパーだなー。  玄関のタイルや、寝室と洗面所のエコカラットを点検してもらった。妻には、エコカラットの隅の部分にヒビが入っていると言っていたようだが、私が後でみるとシーラントが乗っていないだけで、特に問題はない。12ヶ月点検もあるというので、その際にシーラントを充填してもらおう。  また、経年変化でヒビが入るとすると、廻り縁の下あたりだという。つまり、上からのたわみが出てくるとヒビが入り易いという訳だ。  エコカラットは、ご... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/12/04 19:51
レンジフードの異音
レンジフードの異音  我が家のレンジフードは外が強風のとき、中からコトコトと音がする。音に敏感な妻にとって、ファンを廻していないときのこの小さなコトコト音が非常に気になるらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/03 18:30
水栓の根元の壁紙が・・・
水栓の根元の壁紙が・・・  ウイルス性胃腸炎も峠を越えたようで、昼食時に食べた少量のお粥とけんちん汁(ゴボウは除く)も戻さなくなった。これがうまく消化してくれれば良いのだが、下痢は1週間ほど続くかもしれないようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/02 16:18
隣人への新居完成祝い
隣人への新居完成祝い  我が家の北隣に建設中だった家に、今朝、Sさん夫妻が引っ越してきて、昼前に挨拶に見えた。まだ荷物を入れたばかりで、これから片づけだと言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/26 12:30
毎日壁に水を与えている
毎日壁に水を与えている  壁に種を植えつけてあり、そのうち芽が出るのではないかと・・・・そんなことするわけないだろ・・・・と一人突っ込み。でも、毎晩、壁に水を与えているのは本当のことです。それも500〜600ccほど。  実は、寝室の西側の壁(約7u)にINAXの健康建材「エコカラット」(メーカーの製品案内はこちら)が貼ってあり、これに水を含ませておくと、夜間少しずつ蒸発し、乾燥対策になるのだ。こうしておくと、朝まで50%以上の湿度に保てるので、「エコカラット」を施工して良かったと思っている。  左手に水差し、右... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/23 11:29
白い笠木の欠点
白い笠木の欠点  一昨日、雨どいの点検が入った際、妻が業者さんに「白い雨どいは汚れが目立ちますね」と話しかけた所、「でも、他の色より色あせしないんですよ」と言われたそうな。  色あせというのは、元の色が退色して白っぽくなること。白はそれ以上白っぽくなるわけがないので、当然と言えば当然だ。しかし、日焼けして黄色っぽくなることはあるかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/22 16:00
サイディングの点検
サイディングの点検  工務店による6ヵ月後のアフターサービスの二つ目、サイディング(外壁材)の点検が行われた。  我が家に使用されたニチハのサイディングのコーティング(*)は30年保証だから、全く問題なし。一方、サイディングのつなぎ目に充填されたコーキング剤は10年保証。しかし、南側の日当りが激しいところは5年位でも劣化が始まることがあるので、要注意だそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/17 18:47
加湿器も進化している
加湿器も進化している  朝、LDの湿度計の指針が30%近くまで下がった。外気がかなり乾燥してきたのである。この外気が室内に入って温度が上がると飽和水蒸気量が増すため、湿度が外より低下するせいだ。  快適な湿度の下限は40%。朝の室温は蓄熱コンクリート(28℃前後)のお陰で、20〜22℃程度だが、乾燥のため不快指数計の針は快適ゾーンから外れてしまった。  乾燥はのどに悪いし、風邪を引きやすくなる。それ以上に妻が心配するのは「肌あれ」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/16 14:05
サッシとドアの6ヶ月点検
サッシとドアの6ヶ月点検  今日、工務店による「引渡し後6ヶ月目のアフターサービス」の一つとして、サッシとドアの作動点検のため、協力業者さんが見えた。  点検は2階から始まり、サッシや網戸の収まり・作動・締まり具合、網戸のはずれ止め調整、ドアの閉まり具合、シャッターの作動・締まり具合、ドアクローザーの点検など、およそ30分にわたって、全てのサッシとドアの調整をしていただいた。  不具合は、引渡し後、6ヶ月〜1年の間に出ることが多いそうで、1年目(半年後)にも調整をしていただけるのだそうだ。  Gホームさん、協力業者... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/15 15:49
我が家の跡地が売れたらしい
我が家の跡地が売れたらしい  昨日、スポーツクラブの帰りに旧居跡地に寄ってみた。Gホームのモデルハウスの進行状況を見るためだ。  モデルハウスには既にサッシが取り付けられ、内装工事の段階に入っているようだった。そのまま通り過ぎようと思ったが、西側の宅地(我が家の工場廃屋があった場所)から回ってみようと階段を昇ると・・・・。  写真は、西側の土地。販売開始前に、2台分の地下駐車場が作られている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/13 12:19
もう覗きません
もう覗きません  朝、寒冷前線の通過に伴い、雷が鳴り、大粒の雨が降った。ベランダの笠木に雨粒が当たって大きな音を立てる。その様子を写真に撮ってみた。スピード優先オートにしたが、レンズが安物なので露出アンダー。その中で、笠木に当たった雨粒が作るクラウンと、手すりからしずくが離れた瞬間が同時に写っているものをアップしておきます。クリックすると良く分かる筈。  笠木や手すりは白なので、雨が降った後、黒い縞模様が目立つのが難点。晴れたら、一度、クリーニングしてみるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/11 17:54
職人さんの履物
職人さんの履物  隣の現場で、外構工事の職人さんが履いていたものだ。右の青いほうが底(裏)、左の黄色いほうが表だが、何のために履くものでしょうか?ヒントはその左に写っているコテです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/07 14:09
6ヵ月後のアフターサービス
6ヵ月後のアフターサービス  工務店のGホームから「アフターサービスのご連絡」が送られてきた。建物引渡し後、6ヶ月を経過したので、建物の点検をしてくれるのだそうだ。「協力業者が伺います」とあるので、点検専門の業者さんか?もしかしたら、施工に携わった業者さんが来るのかも。いずれにしても、施主としたら、うれしいサービスだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/05 14:37
我が家の跡地にモデルハウスが
我が家の跡地にモデルハウスが  昨日、妻の友人が「お宅のお家があった場所、売れたらしいわよ。家が建ち始めたから・・・」と教えれくれたそうだ。  早速今日、スポーツクラブの帰りに寄ってみた。おー、何と・・・、大きな家が出来つつある。  昔、庭だった南側から携帯でパチリとやったものが下の写真。2×4の利点を活用し、屋根裏を部屋としているから、3階建てということになろうか。恐らく5LDK以上はあると思う。吹き抜けもあるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/27 22:56
ペンキのタイヤ痕=失敗の記念
ペンキのタイヤ痕=失敗の記念  我が家の敷地延長部分は車が2台駐車できる。幅は2.6mほどあり、小型車なら脇を自転車で通り抜けられる幅が確保できる。しかし、そのためには、隣の家のフェンスギリギリまで車を寄せなければならない。  昼間なら車寄せも慣れてきたが、夜は目標が掴みにくい。そんな不便を解消しようと、コンクリート面に、ガイドのための白線を引くことにし、いつものホームセンターで、水性アクリル樹脂塗料と刷毛、マスキングテープを購入。  そして昨日、車をギリギリまでフェンスに寄せ、自転車が通れる幅を計測。そして、マスキング... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/19 11:38
地デジがインターネットと繋がった
地デジがインターネットと繋がった  古いテレビが突然壊れ、やむなく地デジのテレビを買った。  このテレビ、インターネット(T-navi)に繋いで、色々な情報を得ることができる。早速、LANケーブルを繋いでみたが、信号が来ない。ルーターから情報分電盤、LAN端子までチェックしてみたが、素人では分からないので、建築士さんにお願いして、電気工事店に連絡してもらった。  以前にも書いたが、この電気工事店、仕事が遅いのが欠点。案の定、全然来ないので、再度建築士さんに連絡。で、やっと今日、若社長が来てくれた。  情報分電盤からLDの情... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/14 12:34
テレビから電波を飛ばす
テレビから電波を飛ばす  我が家は対面キッチン。炊事をしている最中も、LDのテレビがよく見える。食卓では丁度良い音量だが、キッチンに入ると音がよく聞こえないのだと言う。テレビからの距離もあるが、吊り戸棚があるためLDへの開口部が狭く、音が入り込む面積が小さいのが原因。  ならばと、FMトランスミッターを仕入れて、テレビのイヤホン端子からFMラジオに電波を飛ばすことにした。  幸い、新しいテレビには、ファミリーイヤホン端子(イヤホンを繋いでも本体スピーカーからの音は途切れない)がついている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/12 11:50
地デジが来たが、問題発生
地デジが来たが、問題発生  我が家のテレビが突然壊れた。リモコンをいじっていないのに、電源が勝手に落ちてしまうのである。色々チェックしてみたが、素人ではお手上げとなった。12年も使ったので、テレビが「もうリタイヤさせてくれ」と言っているようだし、買い換えることにした。  買うとなれば、地上・BS、共にデジタルのハイビジョン、37インチ以上が希望だが、まだかなり高価だ。  折り良く、翌日の新聞チラシで、希望に合う安いプラズマテレビを見つけた。大手Sムセンが加入するグループの誕生祭とかで、目玉商品なのだ。それに高額下取り... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/07 12:21
エアコンの騒音改善に本社から技術陣が
 この夏購入したエアコン(冷房専用機)の運転音がうるさいことを以前に投稿した。その後、Dr.Alisonに教えていただいた防振ゴムを台座にかませる方法もやってみたが、やはり室外機そのものに問題ありだ。  そのため、8月末にメーカーであるコ○ナ社の品質担当役員宛に「他社製品と比べて、品質に疑義あり、改善可能なりや否や」との文書(A4で2枚)を送ってみた。その結果、新潟県三条市の本社から技術スタッフが自宅まで来てくれることになった。途中、返事がないのでこちらから催促したり、来訪の日が遅くなったりし... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/09/26 17:35
工務店が謝恩のボーリング大会
 我が家を建ててくれた工務店が施主に感謝するボーリング大会を開いてくれた。毎年開催しているそうで、今年は13回目だとか。  参加したのは40家族ほどで、ボーリング場の8割がたを貸切にしてあった。2ゲーム、貸し靴、お菓子、飲み物付で、その上、賞品や豪華な参加賞もあるという。工務店にとってはかなりの出費に違いない。ご招待いただいた、こちらの方こそ感謝しなければならない。  妻(右上)が投げるところ。左隣のレーンは12年前に建築されたというFさん親子。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 17:31
防振ゴムの効果
 先日、「エアコン室外機の騒音対策」を投稿したところ、蓮さんとAlisonさんからコメントをいただいた。  蓮さんは、「エアコンは静かなんですが、家の近くを高速道路が通っているので、そっちがうるさい限り(慣れましたけど)です。大型トラックの走行音よりは静かなハズと思って耐えてください」とおっしゃる。妻も、「あとひと月くらいだから・・・」とは言うものの、諦めきれないらしい。  続いて、Alisonさんからは、「スチロールブロックでは強度が無くかえってケース全体の振動を拡大するのではないかと思い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/08/26 12:11
施主への感謝のボーリング大会
 我が家を建ててくれたGホームから往復はがきを頂戴した。中を見ると、「お施主様感謝の集い ボーリング大会のお知らせ」とある。  この工務店は、家を建てた後も長いお付き合いになるからと、毎年施主を招待してのイベントを企画している。また、工務店の下請けさんたちとの交流も欠かさない。  今回のボーリング大会は、工務店と、施主、下請けさんたちが一緒に集まって楽しんでもらえたらという趣旨だという。  建築後の住宅へのアフターサービスは当然のことだが、人間同士の交流や親睦も重要視している工務店は少ない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/25 10:02
小屋裏収納の室温上昇対策
 我が家には、2×4住宅の利点を生かして、6畳大の小屋裏収納がある。めったに使わないものを収納しておくにはとても便利なのだ。  しかし、夏場は、高性能な断熱材で囲まれているとはいえ、温度センサー付きの換気扇を廻しても、室温が40℃を超えることが殆ど。屋根には太陽熱コレクターが乗っており、太陽が降り注ぐ日中はコレクター温度が80℃に迫るから、この熱が伝わってきてしまうのだ。  また、この太陽熱コレクターを循環する不凍液が小屋裏収納の中を通っている。その銅パイプには断熱材が巻かれているが、ここか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/24 14:00
スワンの首を伸ばす
 先月、浄水器用の水栓金具を首の長いスワン型に変えた。だが、首の長さが“今一”で、やかんに水を入れるとき、「ちょっと不満だー。もっと長くならないの」と妻が言う。  「不満だー」は冥怒喫茶の堕天使・ZOXY DOLLのように可愛く、発音しましょう。ZOXY DOLL?まだ駆け出しのピン芸人だから、「エンタの神様」を見てる人しか知らないか!以上、ちょっと脱線。  ホームセンターに行ったついでに、水道用品売り場でもう少し長い水栓金具はないものかと探してみた。現在の金具を買ったホームセンターより大き... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/08/23 16:37
エアコン室外機の騒音対策
 妻の居室用に電気のコジ○で買ったコ○ナ製エアコンが「うるさい」(コ○ナはコマルナと読んでください)。  今年4月に新発売となった製品で、カタログには「静音安眠運転」とあり、取扱説明書にも、運転音は室外機が36dB、室内機が44dBと記載されている。ところが、2階ベランダに置いた室外機のモーターの振動によって発生した音が、真下のLDにいてもブーンと聞こえるほど。  同じ2階の私の部屋は、○立製の白くま君で同じ6畳用。こちらの運転音は、室外機が45dB、室内機が44dB。室外機の比較では、コ○... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/22 22:00
不動産取得税は非課税だった
 6月に「納税通知書の送達が待ち遠しい」なんて記事を投稿した。これは、昨年購入した居住用の土地に、住宅新築により不動産取得税(土地)の軽減措置が受けられるため。  納税通知書が来たら修正申告に行こうと思っていた。ところが、7月中に送られてくるはずの納税通知書が、8月になっても送られてこない。どうなったのか知りたくて、千葉県税事務所に電話をしてみた。  住所・氏名を告げると調べてくれた。職員によると「お止めしてあります」とのこと。「お止めしてある」とはどんな意味か聞いてみると、「住宅が新築され... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/16 10:43
炭酸ガスが300Kg
 東京電力の検針票が投げ入れられていた。見るのが怖い。  この1ヵ月、2階の2台のエアコンは、日中、室内温度が26℃以上にならないよう弱冷房で入れっぱなし(1階のLDはたまに運転)の状態(湿度計の針が高いときは、時々除湿運転に切替えている)。だから、電気代の上昇が怖いのです。  こっそり教えちゃいますと(ブログに書いてこっそりも無いもんだが)、使用量は前月より約200kwh増しで、料金は約4,600円アップ。1ヵ月の快適さの代償ですが、外食を1回控えれば良いので、納得できる金額かもしれない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/11 11:21
ライブドアのブログに挑戦
 北隣の空き地で、いよいよ新築工事が始まった。この様子を勝手に観察記録することにした。  拙ブログの新しいテーマとしても良いのだが、他のプロバイダーのブログも体験してみたかったので、「隣の現場」と題して、ライブドアにお世話になることにした。  新しいブログはこちらから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/07/29 19:51
白鳥の首に交換
 キッチン水栓(と言っても、システムキッチンにセットされたものではなく、後付で浄水器用に設置したほう)だが、今までのものは「立形自在水栓」というアームが水平になっているタイプであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/17 15:06
建築士さんからのお願い
 LDの西側出窓のシャッターは手動だが、開け閉めしやすいように、シャッターの紐を左から右へ付けなおしてもらった。一方、寝室の出窓シャッターは電動なので、開閉が簡単。だもんだから、妻はLDのほうも電動に変更しろとうるさい。  仕方がないので、G工務店の建築士さんに、モーターの後付けが可能かどうか、可能なら電気工事なども含めてどの位の費用が掛かるのか、を調べてもらいたいと電話した。すると、建築士さんのほうもお願いしたいことがあり、後で伺いますとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/15 13:32
建築現場見学の特等席
 G工務店の元セールス氏から電話をいただいた。退職した以降、別の工務店でアルバイトをしながら、新たなスタートに向け充電中とのことで、元気そうだった。まだ、時々拙ブログを訪れてくれているそうで、ありがとうございます。  彼の情報によると(知り合いの司法書士から教えてもらったそうな)、G工務店から別の建築業者の手に渡った我が家の北側空き地が売れたそうだ。  7月始めに幟旗が下ろされ、看板も引き抜かれたしで、売れたような感じがしていたが、やはりそうだったのだ。  そして、妻の話によると、業者らし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/12 14:48
エアコンの取り付け手順
 数回の真夏日を経験すると、高断熱・高気密の家でも、夏は暑いということが分かった。その対策はと言えば、やはりルームエアコンのお世話になるしかないようだ。  2階の私の部屋には、引越し後すぐにエアコンを付けたが、同じく2階の妻の部屋には、今日やっと取り付けが完了した。我が家は全館床暖房。従って、エアコンに暖房機能は不要なので、冷房専用タイプで一番安価なもの。  どうせ暇なので、その取り付け作業の一部始終を見せてもらった。  先ず、取り付け基盤を壁に固定する。下地が石膏ボードでも取り付け可能な... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/05 17:39
階段の手すりが外れた
 6月5日に階段手すりをつけてもらった。写真のように、手すりの角度が変わるところには、フリージョイントが付いている。  中央のバーに注目してもらいたい。壁に取り付ける金具が一箇所しか付いていない(他のバーは全て二箇所で固定されている)。私は、フリージョイントで連結してあるので、二箇所でバーを支えなくても大丈夫だと理解していた。  しかし、先日階段を下りる際、右上のジョイントの直ぐ左側付近に上から力を加えたら、ジョイント部分が簡単に外れてしまった。ジョイントは連結ではなく、単に重なっているだけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/03 10:13
高断熱・高気密の家と冷房効果
 このところ真夏日となり、床下の蓄熱コンクリートパネルの温度が27℃に達した。今後も平均気温がどんどん上昇するだろう。  蓄熱パネルの温度も上昇すると、夏でも床暖房となってしまう恐れがある?  ふとそんな疑問を抱いたので、ハイブリッドソーラーシステムを作っている「チリウヒーター」にe-Mailを送って、聞いてみた。すると、直ぐに丁寧なご返事をいただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/01 22:19
足置きの代わりに
 妻はダイニングチェアの座面が高いと言う。座面の高さは42cmで標準的なのだが、食事のとき、浅く座らないとかかとが床に着かないから、座り心地が悪いらしい。  家具店で実際に座ってから注文したのだが、そのときは靴を履いていたから、気付かなかったようだ。  一脚だけ足(脚)を短くしたいらしいが、我が家で唯一高い家具だし、素人が切ってガタガタになっても困るから、ご勘弁いただいた。  代りに、妻が考えたのが、青竹(と言うか赤竹・・・赤いプラスチックのイボイボ健康グッズ)やプラスチックのトレー(紙の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/23 22:03
新居では、光熱費が確実に減少した
 ポストに、新居で2回目の都市ガス検針票が入っていた。昨日報告したように、都市ガスは主に風呂の湯沸しに利用しているが、この1ヶ月間(30日)の使用量はわずが7立方メートルだった。入居日からの15日間分が先回の検針で、9立方メートルだったので、大幅に使用量が減ったことになる。  次第に気温が上昇し、ハイブリッドソーラーシステムで作られるお湯の温度が高くなってきたので、お風呂の湯沸しに使うガスが大幅に減少したことが、数字でも明確になったと言うことである。  入居後、1.5ヶ月が過ぎたので、新居で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/21 16:21
太陽熱温水器としての運転記録を紹介します
 何度もご紹介しているように、我が家は「ハイブリッドソーラーシステム」によって全館暖房を行う。入居したのは5月の初旬だから、残念ながら、その快適さをお伝えできない。  このシステム、暖房不要時は、いわゆる「太陽熱温水器」として、370リットルのお湯が沸かせるからだ。  では、太陽熱によってお湯の温度はどの位まで上昇させることができるだろうか? 5月30日から今日までの3週間、その運転状況を記録してみたので、ご紹介しよう。  記録したデータは、天気、外気温、集熱器の温度(以上は測定時刻現在)... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/20 17:25
我が家の防振グッズは突っ張り式
 地震に強いツーバイフォー(2×4)の家だといっても、地震が来ればゆれるのは当然。だから、背の高い家具には防振の工夫が必要だ。  我が家の場合、2階にある2つの本棚と妻の洋服ダンスには、天井との間に突っ張り式の防振グッズをセットした。  1階で対策を要するものは食器棚とキッチンボード。こちらは天井との間に「上置き」を仕入れて、隙間がなくなるようにしたかった。あちこちで探したのだが、高さ30cm程度となると適当なものがない。それきり対策を怠っていたが、今日、松戸市長選挙の投票に行った後、いつも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/18 19:40
旧居跡地が転売された
 昨日、北側の空き地にGホームの建築士さん2人が来て、ゴミの片づけやのぼり旗の撤去が行われた。この空き地、我が家を建ててくれたGホームが売り出し中の物件。やっと売れたのかと思い、建築士さんに声を掛けたのだが、返事が曖昧だった。  変だなと思っていたが、今朝、新聞折込ちらしを見て驚いた。他の建築業者から、売り出されているではないか!しかも、同じ紙面には、Gホームで買ってくれた旧居跡地の売り出しも掲載されている。これで返事が曖昧だった理由が分かった。  Gホームには気の毒だが、手持ち物件があまり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/17 17:05
新居のコンクリートに穴を空ける
 引越し前に自転車が2台置けるスタンドを買った。前輪をスタンドの枠に挟むタイプのもの。本来はスタンドをペグかネジで固定しなければならないが、置く場所が落ち着かなかったので、そのままにしてあった。このため、3週間ほど前の大雨・強風の日にはスタンドごと自転車が倒れ、自転車カバーも破れてしまった。  玄関脇に物置も納まり、自転車置き場も玄関前に落ち着いたので、スタンドを固定しようと思い立った。そのためには自分でコンクリートに穴を空けなければならないが、コンクリート用のドリルの刃を買ってくれば可能では... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/14 17:39
排水設備の工事検査
 昨日の昼過ぎ、庭で植木に水をやっている時、市の下水道維持課の職員が、排水設備の工事検査に見えた。  水道局の検査は入居の10日後だったのに、下水道の検査は1ヶ月以上も後。のんびりしてますね。  業者から提出された図面(排水施設の場所とパイプの敷設状況を示す)を見ながら、汚水と雨水のマス位置確認。更に、マスのフタを開け、パイプの接続状況や水のたまり具合などを点検した。雨水マスでは、樋の排水管と接続されているかどうかの確認もしていた。  敷地延長部分に設置されたマスでは、フタとマスの隙間にコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/14 10:09
納税通知書の送達が待ち遠しい
 固定資産税課の家屋評価が終わったので、県税事務所に不動産取得税について質問の電話をしてみた。  「土地を昨年12月に取得して、この5月に自宅を新築しました。で、昨日、市役所から新築家屋の評価調査に来たんですが、その際、土地の不動産取得税について聞いてみたら、そろそろ納税通知書が発行されるので、直ぐに県税事務所に聞いてみたほうが良いですよと言われたんですが・・・」  「分かりました。お名前をお聞かせください」  「凸凹×男です。×男は、△□と書きます」  「調べてみますからお待ちください... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/13 14:36
市役所から家屋調査に来た
 市役所の固定資産税課の職員2名が、家屋の実地調査に見えた。目的は家屋の大きさや材質を調査し、課税評価額を算定するためだ。この結果を基にして、来年の賦課期日(1月1日)現在の所有者に固定資産税と都市計画税を課税する。  まず、一人が図面を調査用紙に書き写し、間取りを実地に確認する。別の職員は、床板や壁材の調査をし、別の調査用紙の該当項目でチェックしていく。我が家は床に大理石を使ったり、高価な壁材を使ったりはしていないので、ごく標準的な評価らしい。  評価額を質問してみると、具体的なことは言っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/12 11:28
恐れていたほどでもなかった・・・新居の電気代
 昨日、「電気ご使用量のお知らせ」が投函されていた。引っ越して以来、初めての「お知らせ」で、使用量427kWh、請求金額は9,876円だった。内訳は、基本料金 1,560円(60A契約)、電力量1段料金 1,835円、同2段料金 3,607円、同3段料金 2,698円、電化厨房住宅割引額 244円、口座振替割引額 50円、消費税等相当額 470円。  実は、電化厨房住宅割引があるとは知らなかった。これは、200VのIHクッキングヒーターなどを使用すると1段〜3段料金の合計から3%が割り引かれる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/08 18:12
壁の下地はどこだ
 大工さんが階段の手すりを付けに来たときの事。手すりの支え金具を付けるために、石膏ボードの下に隠れているランバーの位置を探るため、簡単な器具で壁をブスリとやり始めた。  この器具は、壁に立てて押すと、スプリング式のカバーがずれて、中の針が飛び出す仕掛け。この針の刺さり方で下地のあるなしが簡単に分かる。  私が興味を持ったのは、その器具のネーミング。写真のように、「下地探し どこ太(L)」とある。「どこふと」と読んだら、建築士さんが笑いながら「どこだ」と読むんですよと教えてくれた。なるほど、「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/06 17:38
階段手すりは勾配に合わせて
 大工さんが階段手すりの取り付けに見えた。これは、引越し後に取り付けるとの約束だったが、延び延びになっていたもの。  建築士さんが、しっかり握れるようにと細身のものを選んでくれた。なお、太目のものは、手を滑らせながら移動する廊下向きとのこと。  取り付ける高さは、大工さんによると、階段踏み面から90〜80cmとのこと。我が家はこれから老人に向かう2人だけなので、低めの80cmにしてもらった。これより低いと、登るとき、力が入りにくいようだ。  大工さんが手すりを階段の勾配に合わせるかどうかと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/05 18:18
八重カシワバアジサイ
 昨日、妻の友達が新築祝いに見えた。総勢9名。子供の幼稚園時代の母親グループだから、30年近いお付き合いだ。そのグループ名を「若草会」という。皆さん60歳前後だから、私はグループ名を変えたらどうかと常々妻に言っている。「ブタクサ会」か「干しぶどうの会」が良いと思うのだが、いまだに賛同が得られない。  その皆さんからお祝いに頂戴したのが「八重カシワバアジサイ」。柏の葉とそっくりな葉を持ち、白い八重の花が咲いている。妹からもらったものもアジサイだが、いろいろな種類があるものだ。  「八重カシワバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/02 21:32
固定資産の実地調査に伺いたいと
市の固定資産税課  固定資産を登記すると、法務局から自動的に県や市に内容が通知されるようだ。新築や増築家屋の場合、市役所の固定資産税課で実地調査の上、課税評価額が決定される。  その実地調査の日程を決めてもらいたいと、市役所の職員が2名で見えた。新築であることを確認の上、「急ぎませんので、ご都合の良い日をお決めいただけませんでしょうか」とかなり低姿勢。再来週の月曜日を希望したが、交付された文書も「固定資産(家屋)の実地調査について(お願い)」と丁寧な内容。  調査を拒否されて、固定資産税や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/01 17:19
タクボの物置は、ヨド物置より少々奥行きがある
 今日も朝から雨。資源ゴミの日だが、出すのをやめた。  11時頃、雨が止むのを見計らったように、物置の業者が到着。早速、組立に掛かってもらう。  玄関脇に設置するので、下端をポーチより少し高くしたい。そのため、軽量ブロックを用意して、その上に設置してもらった。  コンクリートが右下がりのため、物置の左右端で4cmも高低差があるが、ネジで調整可能な範囲内だった。  作業が終わった途端、また雨が降り出した。業者さんにとってはラッキーな天気だったが、次の現場ではそうは行くまい。  洗車用品の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/27 18:52
砕石が運ばれて、外構工事終了
 南側を除き、家の外周に砕石を入れてもらうことになった。当初、朝8時半から開始とのことだったが、昨日11時開始に変更になった。工務店のセールス氏も見えたのに、定刻を過ぎても業者が現われない。セールス氏が事務所に電話を入れてくれたが、「そば屋の出前」だった。  私は、労組のOB・OG会総会に出席するため11時半に家を出なければならないので、妻に砕石を入れてもらう場所を指示しておいた。  妻から「やっと来た」と携帯に連絡が入ったのは13時10分前位だったろうか。報告によると、砕石は3cmの厚さで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/26 23:23
正常に作動していた?防犯ライト
 建物の南側にある庭に東側や西側から夜間に侵入しようとする人物を感知して照らし出す「防犯ライト」をベランダ下面に取り付けてもらった。  引渡し日の夜は、両方とも点灯したが、先々週、再点検したら、二つある「防犯ライト」のうち、西側のものが不作動だった。建築士さんが見えたときに、BS・CSパラボラアンテナの取り付けと共に「電気屋さんに点検を依頼してください」とお願いしておいたのだが、電気屋さんが中々来ない。  痺れを切らして、パラボラアンテナだけは自分で取り付け、SONYの「スゴ録」(HDD録画... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/25 23:37
辛口の妹から「欠点がない」と評価された新居
 妹が新居へ見学に来た。実はこの妹、自宅を2回建て替えており、建物や間取りには少々うるさいのだ。2回とも建築士に自分の希望をしっかり伝え、望み通りの家を建てた。第1回目の時は、週刊ポストに「主婦が使い易い間取りを持つ家(だったかな)」として、写真入り3頁で紹介されたほど。  そんな辛口の妹に、「(間取りは)これと言って欠点がない」と評価をもらったが、2回目の家を建ててから15年も建っているので、建築の技術や施設・設備の進歩には驚いていた。  妹に前もって新築祝いは「鉢植えの花」がよいと言って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/25 19:43
新居で初めてのお客様に雷も歓迎
 先輩のNさん宅に観葉植物を頂戴しに行った。赤ドラセナやシンビジューム、ペペロミアなど、思いがけずも7鉢も頂戴した上、ケーキまでご馳走になった。  そのお礼と言っては何なんですが、植物を運ぶついでに、Nさんご夫妻に新居までお出でいただいた。  その到着時間に合わせて、会社と労組の大先輩であるDr.Alisonにもお出でいただいた。  お三方とも、息子たち以外では初めてのお客様で、自慢の我が家を案内させていただいた。  Dr.Alisonはボランティアでおもちゃのお医者さんをしておられるの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/24 21:58
通販グッズ、気に入ってます
ダイニングラグ  今日、通販のダイニングラグが到着した。「水や汚れ、熱にも強い業務用の高性能ナイロン素材を使用、耐久的にも優れている」というのがキャッチフレーズだった。この手のものは通販の方がが安くて良いと思えたので、買ってみた。ナイロンなので、大きい割に、軽い。  妻は、生憎、スポーツクラブに出かけてしまったので、一人で敷き込んでみた。裏に滑り止め加工がされているから、ずれにくい。ということは、位置を変えにくい。  写真は、我が家で唯一高価な家具である「カリモク」の食卓セットの下に収まっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/23 17:54
庭いじりの準備に立ち上げ水栓
 注文した外部の水栓は玄関前の散水栓が1箇所。庭には、ここからホースで引っ張ればいいや、と考えていたのだが、妻から「玄関から目が行くところにホースの巻き取り器が置いてあるなんて、みっともない」との強固なブーイングにあった。  仕方なく、庭の西端に立ち上げ水栓を作ってもらうことにした。上下水道の検査も終わったので、今日、水道屋さんが工事に来てくれた。 ソーラーシステムの配管が埋まっていたりで、狭いところの作業になって、申し訳ない。  早速、ホースを繋いで見ました。  敷地延長の車庫部分に浸透... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 18:25
玄関ホールが明るすぎて
玄関照明  玄関かまちの上に人感センサー付ダウンライトを設置した(センサーは壁付けのもの=下の写真で、鏡の左下、トイレドアとの間にある)。また、玄関ホールにも人感センサー付照明を取り付けた(こちらは照明器具内にセンサーがある)。  ところがである。玄関ホールといっても狭いので、洗面所やトイレ、キッチンへと移動するたびに、両方の照明が点灯してしまい、明るすぎなのだ。玄関ホールの隣がキッチンなので、キッチンの出入り口付近の動きにも反応して、点灯する。どうも、机上の図面で考えると、失敗がつき物のよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/21 19:57
太陽熱は「シュウネツオワリ」
ハイブリッドソーラーシステム  久しぶりに朝から青空が見え、気温もぐんぐん上昇した。屋根に取り付けた太陽熱コレクターの温度の上昇はこれを上回る。  床下の蓄熱コンクリートの温度はMAX24℃に設定したので、今日のような天気の良い日はこれ以上暖める必要がない。このため、コレクターを出た熱媒液は蓄熱コンクリート内を急いで通過し、貯湯タンクの温度を上げるために使われる。  昼前には貯湯タンクの水温が47℃となり、リモコンパネルに「シュウネツオワリ」と表示された(写真は、18時過ぎに撮影したので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/20 19:03
NTTのミスのお陰で得しました
Bフレッツがやっと開通  工事担当者から朝9時に工事に行くと電話があったのに、なかなかやって来ない。着信した携帯に電話をすると、遅れた理由は、住所移転と伝えてあったにもかかわらず、旧住所に行ってしまったからだという。呼び線を入れたときは、ちゃんと来たのに、「なーんでか」(古いな)。  どうやら工事会社内部のミスらしい。このため、取り付ける電柱の番号も違えば、光のラインも違うので、電話局側の設定も変えなければならないとの事。  幸い、近くに光の端末ボックスがあったので、ここから繋ぐことになっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/19 22:20
シャッター付き出窓は電動がベター
 新居のLDの西側にある出窓の写真である。  窓の向こうは駐車場で、夏から秋にかけて、西日がかなり強く差し込むのは間違いない。カーテンで遮ることも可能だが、カーテン屋さんは「ブラインドとカーテンで二重にしたほうが良い」とのこと。  そんなアドバイスに従って、白いブラインドと薄手のカーテンをセットしてある。出窓の内側には、観葉植物を置いて、インテリア兼乾燥対策とした。  入居後の問題は、サッシをシャッター付きにしたことから発生した。私の場合は窓の上端までかろうじて手が届くので、シャッターを開... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/17 14:10
入居後一週間・・いまだにホームセンター通いが続いてます
 新居に引っ越してから早くも1週間が過ぎた。住みやすさは旧宅や借家とは比べ物にならないほど快適だ。半袖で外出しようとしたが、あわてて長袖に着替えに戻る日が二度ほどあった。  引越し当初の慌しさはなくなったが、いまだに収納小物やインテリアの新規購入のため毎日のようにホームセンター通いが続いている。  今まで使っていたものでも、新居で使うとなると躊躇するものもある。そんなものも買い換えたくなったりして、入居後も結構出費がかさむものだ。  夜になると、外からのバスルームや洗面所・トイレへの目線が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/15 19:33
太陽熱床暖房の生活が始まりました
新居の住み心地  昨日新居へ引越しして、一晩過ぎました。先ずは快適度から報告します。下の写真は、引越し前に買って、キッチンカウンター付近に置いてある温度・湿度計です(まだ壁に掛ける暇がありません)。妻がIHクッキングヒーターで最初の食事を作ったので、それを賞味した後(20時頃)の室内データです。室温20℃弱、湿度60%強で、中央の不快指数計は快適ゾーンを示しています。2階の温度はこれより2、3℃高いような感じですが、温度計を梱包から出せていません。  この写真はハイブリッドソーラーシステムの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/09 21:42
あわただしかった新居への引越し(着工から118日目)
新居へ引越し  朝7時半にS引越しセンターから電話があり、8時半にはトラックが到着するとのことで、コンビニのおにぎりでせかせかと腹ごしらえ。  8時半過ぎ、トラック2台と4名の作業員が到着し、戦争の始まりだ。10時前に、ニトリから電話があり、ベッドを搬入するというので、小生は先に新居へ。引越し荷物の搬入が始まったのは11時前、終了が12時半というスピード。  お昼もコンビにおにぎりでと思っている頃、昨日のおばちゃんたちが開梱にやってきた。キッチン内の収納をお願いして、あわただしく食事。おば... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/08 23:07
待ち遠しかった引渡し日(着工から117日目)
引越し準備  9時前に、S引越しセンターから派遣されたおばちゃんがお二人やってきた。仮住まいに引っ越すときにお世話になった方たちで、安心。若干の打ち合わせの後、キッチン、洗面所、妻の居室などで梱包作業にかかってもらう。私はその間、自分の部屋やパソコン等の配線はずし。  観葉植物は自分で運ぼうと思っていたが、箱詰めすれば運んでくれるというので、お願いした。  おばちゃんたちの手際が良いことに加え、先回より荷物も少なく、また、既に梱包済のものもあるので、12時40分頃には作業終了となった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/07 22:14
おねだりした引っ越し祝い
 先日、Sさん夫妻がやってきた。昨年、フリマが趣味とご紹介したSさんである。仮住まいへ引っ越すにあたり、我が家では使わなくなった物で、フリマの商品になりそうなものを持っていってもらった。その際、引っ越したら、古い食器洗い乾燥機を差し上げる約束をしていたので、取りに来ていただいたのだ。  Sさんから引っ越し祝いをいただけるとのことなので、室内乾燥対策として小さな観葉植物をおねだりしておいた。小生としては一鉢か二鉢と思っていたのだが、思いがけずも、写真の「カラジューム」二鉢に加え、合計五鉢もお持ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/06 21:39
引渡しに向けて、仕上げのクリーニング(着工から116日目)
外構工事6日目  朝から好天に恵まれたので、敷地延長部分にコンクリートが打たれた。ここで洗車もしたいので、水はけも考えて、奥から手前にかけて、スロープ状にしてもらった。  手前部分、口をあけている汚水桝から道路境界まで、奥より一段低いことにお気づきだろうか?ここには、ランダムに平たい石をはめ込んでもらって、アクセントにする予定だ。  道路境界に近い右側に金具が埋めてある。これに角棒(アイリスのラティスポスト)を建て、表札を取り付けるつもり。  明日は雨らしいが、今日中にコンクリートの表面... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/06 19:08
配筋、いやメッシュだよ(着工から115日目)
外構工事5日目  スポーツクラブに行く途中、現場の前を通りかかると、ご夫婦の職人さんプラス2名の職人さんで、砕石の展圧が行われていた。  例の奥さんの職人さんに、「今日は配筋まで終わらせるんですか?」と聞くと、「配筋じゃなくてメッシュ!トラックをとめる訳じゃないんだから」。・・・おっしゃる通り。  これで、明日、予定通りコンクリートが流されるようだ。  写真は、夕方、今日の仕事が終わった後。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/05 19:25
CATVも双方向対応に(着工から114日目)
有線TV引き込み工事  約束通りの時間に、有線TV指定の業者が工事にやってきた。2日前に表通りまでラインを延長してきたので、今日はこれを軒下に接続する。  引込線を固定する業者さん。これから、安全器を取り付ける。  情報分電盤に有線TV用ブースター(信号増幅装置)が取り付けられた(左下)。  信号は正常に来ているので、TVの視聴は可能とのことだが、念のため、引越し当日にも点検に来ていただけることになった。  実は、このブースターは双方向対応なのだ。地上デジタル放送が始まり、現在売られて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/04 16:50
元気なご夫婦の職人さん(着工から113日目)
外構工事3日目  昨日から外構工事の職人さんは2人になった。昨日は雨にたたられ、ずぶぬれになったそうだが、今日はまさしく五月晴れで、ブロック積みの仕事がはかどったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/03 18:33
後はクリーニングを待つだけ(着工から112日目)
オプション金額確定  便利さ、住み易さを追求するあまり、オプションの工事代金がかさんでしまった。仕様変更や不要部分の調整もあり、建築士さんとセールス氏がその算定作業を行ったそうだ。  今朝早く、セールス氏から電話があり、社長の決裁を受けた結果を持参するという。相当追加で支払わなければならないと思っていたが、セールス氏の努力でかなり勉強していただいており、簡単な説明を受けて即合意した。ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/02 18:49
ライフラインの開通に一ヶ月もかかる・・・NTT
 心配していたことが現実となった。今日、NTTの116番から電話があり、新居への光ファイバーの引き込み工事が5月19日になるという。5月8日に借家から引越しというこちらの事情は全く通じない。  Bフレッツに加入しているので、転居の際、電話を通常のラインから、光電話に変更するため工事が遅れるのかと思って聞いてみたが、工事日程が入らないからという。ならば、通常の電話線を引き込んでほしいと言ったら、新築なので工事費が1万円も掛かる上、工事日程は最短でも5月29日になるという。  そんな殺生な。困り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/01 19:43
バルコニーの笠木も屋根も白なんです(着工から111日目)
 一日中良い天気で、メーデーにふさわしい五月晴れ、気温も初夏並となった。  家の工事もいよいよ秒読みだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/01 19:21
電気の引き込み完了(着工から109日目)
棟梁の最後の仕事  木工事は4月25日で完了となったが、棟梁は、帰りがけに工務店本社脇の倉庫で、写真の踏み台を作ってくれた。これに塗装がされて、今日、建築士さんが持ってきてくれたらしい。   ご覧のように、2階の掃き出し窓は、床面やベランダ面から20cmほど高くなっている「掃き出せぬ窓」。洗濯物を干しに、ベランダに出る際、この段差をまたがなければならないが、いつかはつまずくに違いない。このような踏み台を置けば、必ずこの上に乗るので、つまずき防止となるはず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 19:21
建物の保証書を受け取る(着工から108日目)
建物代金の仮決済  工務店の本社で建物代金の仮決済を行った。オプションの工事費が確定しないため、当初の契約書で決められた金額プラスアルファーの支払いとなったので、仮決済ということだ。  司法書士が同席して、建物の所有権保存登記の委任状にサイン、工務店から「建築基準法の規定による確認済証」の写し(本紙はお役所で保管)と建物の「保証書」を受け取った。実際の建物は、まだ工事が完了しておらず、正式の引渡しは引越し前日の5月7日となるので、「保証書」は5月8日から有効ということになった。なお、オプショ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/28 18:15
信頼できない電気工事店(着工から107日目)
電気工事  天気予報より早く雨が降り出した。雨でなければ、基礎の外周や犬走りに仕上モルタルが塗られる予定だったが、明日以降に延期だろう。念のため11時過ぎに現場の前を通るが、誰も来ていない。  午後3時過ぎ、買い物の帰りに現場の前を通ると、玄関ドアが開いていた。覗いてみると、電気工事の職人さんが来たばかりだった。  火災報知器が取り付けられた。松戸市でも今年6月1日から設置が義務づけられる。写真の左側は、キッチンの天井付近に付けられた「熱感知型」、右側は、寝室や階段室に付けられた「煙感知型... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/27 19:11
この配色は失敗かも・・・玄関タイル(着工から106日目)
タイル工事  朝から職人さんが一人来て、玄関ポーチのタイル貼りが始まった。建築士さんとの打合せで決めたタイルで、その製品の中では一番濃い色だったのだが、サンプルで見るより実物の色は明るめだった。  実は、私は、別の製造会社の暗い色の方が良いといったのだが、タイル表面のざらつき感が高く、妻の「掃除がしにくい」との主張で却下されたのであった。  妻のイメージではもっと落ち着きのある色だと思っていたようだが、いまさら変更はできませんよ。しかし、見慣れてくれば気にならないんじゃないの?  ポーチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/26 19:37
珪藻土壁が完成(着工から105日目)
 建物代金の決済日が近づき、各種の工事も目白押し。雨が降ったり、強い光が差したりの異常な天気の中、大勢の職人さんがやってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/25 21:50
妻が待望のトイレ機器が設置された(着工から104日目)
水廻り機器の設置  今朝、新設する1階の便器が搬入された。この便器はTOTOのウォッシュレット一体型で、便フタが自動開閉し、自動洗浄もするタイプ。妻がへそくりから追加費用を支払ってでも、と言うので購入した最新型。  一昨日、旧宅で使っていたシャンプードレッサーや便器が搬入されていた。これらは買って間もないものなので、再利用するのだ。写真は、シャンプードレッサーに湯・水・排水管を接続中の水道工事屋さん。  2階ホールにも再利用のシンクが設置され、蛇口や洗濯機用防水パンも設置された。左上は、今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/24 19:20
カーテンの見積り(着工から103日目)
カーテン  私は、カーテンはホームセンターで揃えればよいと思っていた。しかし、妻は「やっぱり、新築はオーダーでなきゃ」という。  先週、1Kmほど北よりにあるカーテン専門店の「新生活応援セール開催中」チラシが入ったので、見積り依頼に行ってきた。相談に乗ってくれたのは二級建築士の肩書きがあるMさん。  間取り図を渡して、部屋ごとに希望を言い、2、3の候補を見せてもらう。問題は強い西日の当たる出窓だが、レースとブラインドを組み合わせたらどうかという。日中、外から殆ど見えないと言うミラーカーテン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/23 18:26
我が家のあかりプラン
照明計画  電気工事屋さんに、エコノミーな照明計画をエクセル表にして、見積りをお願いした。エコノミー計画だから、旧宅で使っていた照明器具を一部移設する計画だ。その他、新規のものはNatonalや東芝のショールーム、秋葉原の電気街で下見して候補を決定、ついでにもらってきたカタログで残りを検討した。結果的には、人感のポーチ灯と寝室のスポットライトが大光電気、その他の新規はNationalになった。  電気工事屋さんの見積りが遅いと思ったら、Nationalで「あかりプラン」を作ってもらっていたた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/22 19:43
健康建材の施工(着工から101日目)
タイル工事1日目  1階6畳の寝室に、クロス職人さんが2人で作業中・・・と思ったら、1人はタイル職人さんだった。INAXの健康建材・エコカラット(湿度調節の機能を持つセラミック)の施工だ。エコカラットを寝室の西側壁面に施工し、冬場は寝る前に水をしみこませ、乾燥対策にするつもりなのだ。  実は、現場をちょっとのぞくだけで、スポーツクラブに行く予定だったが、施工に見入ってしまい、クラブは午後に先送り。  写真は、施工中と施工後。1枚の大きさは303mm四方だが、焼き物だけに、微妙にサイズの大小... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/21 19:37
ピッカピカのシステムキッチン(着工から100日目)
 1月10日の着工から丁度100日目。その記念でもあるまいが、午前中は強い雨が降ったり止んだり。現場のほうも、納品業者を含めると、13、4人が出たり入ったり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/20 19:43
クロスで部屋が明るくなった(着工から99日目)
内装工事3日目  昨日で、天井のクロスが殆ど貼られ、今日から壁のクロス貼りに移った。職人さんは一人で、先ずキッチンのクロス貼り。実は、明日、クリナップのシステムキッチンK2が設置される予定なので、一番先に施工されたわけだ。  写真はキッチンの入り口からローアングルで内部を見たところ。壁面上部の穴は、キッチンボード用のコンセント位置。  続いてLDの壁に移った。写真は南側の掃き出し窓の上を施工中の職人さん。  壁と天井にクロスが貼られると、光の反射で部屋が明るくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/19 16:54
やっと家の全容が拝めた(着工から98日目)
仮設足場が取り外された  待望の仮設足場が取り外される日がやってきた。しかし、午前中はその気配なし。午後に行くと、既に取り外された後だった。これですっきりして、家の外観が望めるようになった。東側はNさん邸の足場があるので、写真になるのは西側と北側のみ。写真は南西から撮ったもの。クリックしてみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/18 19:50
家の中じゅう斑点だらけ(着工から97日目)
木工事39日目  棟梁は昨日曜日も作業に来てくれたとのことで、今日は朝から片づけモード。小屋裏収納の床張りをしてくれたのだが、材料が2枚ほど不足とのことで、入庫待ちで作業してくれるそうだ。写真の手前がまだ工事中。  玄関脇物入れのケーシングも完了。後は、建具屋さんが扉をつける。最近は、ユニット式の建具が中心なので、建具屋さんの仕事がどんどん減っているとのこと。タイル屋さんも玄関回り以外の仕事が激減だとか。世の中、厳しいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/17 19:33
工事は休みのはずだが・・・(着工から96日目)
塗装工事?  スポーツクラブに行く途中、現場を通りかかると、ペンキ屋さんのワゴン車が止まっている。今日は日曜だし、塗装工事も休みのはずだが・・・。  ワゴン車に近づくと、先日の気の良い若者職人が大きな声で「おはようございます」と挨拶してきた。携帯電話を耳に当てながらだったので、話し中の誰かに挨拶しているのかと思ったが、そうでもなさそうなので、あわてて挨拶を返す。  聞けば、今日はお隣のNさん邸の塗装だという。我が家の「アクリル塗装はあれでおしまい?それとも下塗り?」と聞くと、「あれは着色し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/16 18:53
玄関収納が収まった(着工から95日目)
木工事38日目  1階の木工事もいよいよ大詰め。昨日作業していた玄関収納(下駄箱)がきれいに収まった。  また、玄関ドア内側のケーシングも完了したので、1階の木工事はほぼ終了といったところ。実はこのドアの採光部は手仕事のステンドグラス。引渡し時に段ボールのカバーが外されるのが楽しみだ。  残る木工事は、小屋根収納の床張りだが、こちらは明後日の月曜に完了らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/15 18:17
電気工事屋さんの金属探知機(着工から94日目)
電気工事  スイッチやコンセントのボックス穴を開けるため、朝から電気工事の職人さんが入った。生憎、配線を担当した方とは違う方なので、配線図面を頼りに穴の位置を探す。  ここで登場するのが金属探知機。コンセントボックスに貼られたアルミ箔を検知するのだが、意外に小型。写真の下面で感知するのだが、電子技術の発達がここにも見える。ネットで検索すると500円で売られている金属/電圧探知機もあった(秋月電子通商)。  ボックスの位置が検知できたら壁に形を書き込み、カッターと金鋸で石膏ボードを切り抜く。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/14 18:05
左官屋さんやペンキ屋さんが来た(着工から93日目)
珪藻土壁の下塗り  航空連のビラまきに参加するため現場を通りかかるとGホームのセールス氏に会った。程なく家屋の表示登記が行われるそうで、その費用が8万円とのこと。傍らに左官屋さんのトラックが止まっていたので予想はしていたのだが、帰宅途中に寄って、棟梁に聞くともう終わったとのこと。  早速2階に上がると、妻の居室に薄い鶯色の珪藻土が塗られていた。多分、下塗りだと思うので、乾燥を待って、明日また塗るのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/13 18:31
玄関周りの造作が進む(着工から92日目)
木工事35日目  夕方、現場の玄関を入ると、玄関框が固定されており、玄関右の物入れスペースにも集成材の天板が取り付けられていた。また、郵便受けの室内側も完成していた。物入れは内幅800mm、高さ650mm程度で、奥行きは半間。洗車用具や野菜の保管庫として使用する予定。後日、両開きの扉が付けられる。  階段室に腰壁が作られている途中。棟梁は1階で手前の腰壁用フレームを組み立て中。  棟梁曰く、終わりが近づくとさすがに疲れが出るそうで、あと二日では終わらないかもとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/12 18:21
オープンラックが出来た(着工から91日目)
木工事34日目  夕方現場に行くと、キッチンカウンター下に棟梁造作のオープンラックが出来上がっていた。これは小生が略図を書いてお願いしたもの。右端には掃除機を収納する予定で、後で扉が付く。上の棚は床から700mmとして食卓の高さに合わせ、見せる収納に。その下は3つに分かれているが、いずれも2枚ずつ可動式の棚板がはめ込まれる。ここは適当なBOXを買って、見えない収納にするつもり。  このような可動式の棚板を支える金属が取り付けられる。穴は棚受けの金具をはめ込むため。ホームセンターでは「インテリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/11 19:15
押入れの内装が終わった(着工から90日目)
木工事33日目  棟梁は昨日日曜出勤していただいたので、今日が33日目となる。さすがに昨日は早仕舞いされたようで、夕方はお目にかかれなかった。  16時過ぎに現場に行くと、押入れの内装が終わっていた。階段下を利用しているので、正面から見ると1/4ほどは使えないが、右下部分は奥行きが約1間とれる。こうした形状を利用して、左端から内法1m(敷布団の横幅)の所で仕切りをつけてもらい、この部分のみ中棚をつけてもらった。残りの右側部分は奥のほうにもぐりこまなければいけないので、中棚は邪魔になる。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/10 18:38
「固定資産税の減額申請に行かなくちゃ」について
「固定資産税の減額申請に行かなくちゃ」について  このブログを見たGホームのセールス氏から電話があった。税金が安くなると言ったのは「不動産取得税」のことで、「固定資産税」のことではないと言う。2ヶ月ほど前に聞いた話なので、当方の記憶違いだったようだ。  それでも、固定資産課税標準額が評価額の1/3と1/6では大きな違いなので、市役所の固定資産税課に電話をしてみた。  担当窓口では、納税者の宛名番号で詳細が検索できるようで、直ぐに以下のようなことを教えてくれた。 1.当方の購入した土地は20... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/10 09:29
固定資産税の減額申請に行かなくちゃ
 市役所から「固定資産税・都市計画税納税通知書」が送られてきた。ご承知のように、毎年1月1日現在で、土地・家屋の所有者に課税される。  小生夫婦の場合は、新築住宅用地として、昨年末工務店から購入した土地に対する税金ということになる。  宅地の場合、固定資産税課税標準額は評価額の1/3となるが、「住宅用地のうち、住宅1戸につき、その土地の面積が200u以下となるもの」については評価額の1/6となる。  Gホームのセールス氏曰く、住宅を建築中だと申告すれば、税金が安くなるとのことなので、今回の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/09 12:20
キッチンカウンターが出来た(着工から88日目)
木工事30日目  16時半頃現場に行くと、棟梁は1階寝室の押入れの床下地を造作中だった。この部分は、ソーラーから循環する不凍液のバルブがあるところで、開閉用にフタをつけなければならないので、一部に横桟が作られている。押入れの床材は、クッションフロアーでは具合が悪いので、2階の床材と同じものを張るとのこと。  キッチンカウンターが作りつけられて、接着剤の効果待ち。勿論集成材で、右端の角にRをつけるのだが、大き目が良いか、小さ目が良いかと聞かれ、ぶつかったときの事を考え、大き目の曲線にしてもらう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/08 18:38
寝室にドアと引違い戸がついた(着工から87日目)
木工事29日目  1階のクッションフロアー施工がかなり進んだ。6畳の寝室は施工が完了したようだし、キッチンも一部施工されているので、明日には玄関框まで含めて、完了するのではないかと思う。  クッションフロアーは、写真のように、表面化粧板、縦に隙間の出来た芯材、クッション部分と3層構造になっている。  このスリット付き芯材とクッションのお陰で、表面がたわむようになっているから、このように大きく曲がります。  寝室(東側)とLD(西側)の間の引違い戸は、LDへの朝の採光を増やすために樹脂板付... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/07 22:47
引違い戸ケーシングの作業中(着工から86日目)
木工事28日目  クッションフロアーの施工は、接着剤が乾くのを待って張り進めるようだ。このため、今日の14時頃では、LDの7割程度、6畳寝室の2割程度の進行状況か。  LDと寝室の間は、ケーシングの隙間を残して、フローリングが施工済みなので、ケーシングが組み立てられている。今日中に引き戸が入るかもしれない。  昨日は写真を掲載しなかったが、浴室ドアのケーシングも美しく完成。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/06 20:46
ものぐさ用のポストが取り付けられた(着工から85日目)
木工事27日目  朝9時頃から雨が降り出した。塗装工事が昨日終わってよかった。予定が今日なら、順延となったところだ。内部の木工事は雨も関係ないので、着々と進んでいる。棟梁のお話では、あと1週間、4月12日には完了させたいとのことで、このところ、連日午後8時まで仕事をされているそうだ。お疲れ様です。  現場に行くと、玄関ドア脇に黒いポストが付いていた。先日報告したように、外に出ないでも配達物が取れる「ものぐさ用」。写真上のオレンジのCD管はインターフォン用配線。  ポストの内側は工事中で、中... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/05 17:54
塗装工事が行われた(着工から84日目)
塗装工事  今日は工事関係者の車が多いと思ったら、我が家の現場に塗装工事の職人さんが入っているのであった。窓枠等に養生シートがかぶせられ、午前中に下地処理、午後から塗装で、今日中には終わるらしい。  窓枠の養生シートを写真に撮ったら、いつの間にか2階からの排水管が接続されているのに気付いた。  塗装作業中の2人の職人さん。ペンキは窓枠に合わせて白だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/04 17:32
2階にドアが取り付けられた(着工から83日目)
木工事25日目  一日中快晴だったが、今日も風が強く、自転車をこぐのに力が要る。  夕方現場に行くと、棟梁は所要のためか不在だった。2階に上がると、居室ドアの取り付けが完了していた。  冬場は室内が乾燥するので、静電気が起きやすい。妻はこのビリッと来るのが大嫌いなので、ドアノブは金属ではなく、木製にした。  1階のクッションフロアー張りが進められているが、コンクリートに接着する施工方法なので、正確な「当り」が要求されるようだ。フロアー材の収まりを決めるため、床に「墨出し」がされている。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/03 18:16
表札のデザイン決めに1ヶ月掛かった
表札へのこだわり  旧居では新築以来表札をつけていなかった。玄関が道路から少々高いレベルにあったことも一因だが、ありふれた苗字なので、両親は表札へのこだわりがなかったようだ。  その代わり、ブロック塀にはめ込んだポストの投入口の下に、家族全員の名前が書いてあった。  その文字もいつしかかすれ、引っ越すまでの10年程は、英文字のシールを組み合わせたものを私が貼っておいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/02 17:14
1階フローリング張りが始まった(着工から81日目)
木工事24日目  2階の内装工事はかなり進んできたので、夕方、ちょっとの間、孫の子守を妻に任せて現場に走る。棟梁は丁度トイレドアの取り付け中だった。  今日から1階のフローリング工事が始まっていた。我が家の床下地は直接蓄熱コンクリートなので、床暖房用の「ナショナル・ウッディF45耐熱タイプ」。これは直張り床材だが、コンクリートの上に直接施工するので、クッションフロアーとなっている。歩いてみると、わずかに沈み込むのが分かる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/01 19:10
幅木と廻り縁と満開の桜(着工から80日目)
春の嵐  このところ強風が止まない。春の嵐というやつか。しかし、こんなに何日も続くのは経験がない。  棟梁は、仮設足場と防護ネットが風にあおられるので、外壁が壊れやしないかと心配になり、昨晩、家に帰ってから再度現場に戻り、2階の出窓を利用して、足場を固定してくれたとのこと。過去にも戻っていただいたり、Gホームに電話をしていただいたとのこと。お気遣いいただき、大変ありがとうございます。  仮設足場の最上部に斜めに渡したパイプがあるのだが、張りが弱いため、かなり揺らぐのだという。あと1ヶ月足ら... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/31 18:45
クローゼットドアが収まった(着工から79日目)
 今朝は室内温度が15℃を下回る冷え込みで、久しぶりにアルミの窓枠に結露がついた。今日も強風が止まず、気温も昨日より低い。しかし、現場の中に入ると、断熱性と気密性が高いので、暖房がなくても仮住まいより暖かく感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/30 18:19
ガス管が埋設された(着工から78日目)
ガス工事1日目  昼ごろ、ガス料金の支払いのため郵便局に向かう途中現場の前を通りかかると道路が掘り返されていた。聞けば、ガスの引き込み工事だという。偶然の一致だ。  本管から敷地延長部分への工事だが、昼休みのため、スコップでカバーが。  新居でガスを使用するのは風呂やキッチンなどへの給湯だけなので、ガス管の埋設は屋外のみ。写真は、ガスのメーターにつながる立ち上がり部分。敷地延長部分の埋設は後日になるらしく、手前の配管がまだされていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/29 18:20
2階の床板張りに移った(着工から77日目)
 午後、突然インターネットに接続できなくなった。これまでは、ルーターのリセットで復旧したが、今回はリセットも効かない。もしやと思って、自室のスイッチングハブを点検したら、これがダウンしていた。こうした電子機器は壊れたら素人の手に負えないので、早速家電量販店に走る。今回はダウンしたB社製ではなく、I社製にした。これでブログに投稿できる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/28 17:53
2階のケーシングも取付け終了(着工から76日目)
木工事19日目  棟梁は2階窓のケーシング取付けも終了させた。一番内側の化粧枠は接着仕上のため、乾燥するまでくさびを打って固定する。  美しく仕上がった2階ホール北側の窓ケーシング。  階段の踏み板はささら桁に掘られた溝に固定する。この溝の下端は踏み板と並行ではない。取り付け作業がし易いように、裏から見ると手前が広くなっている。この部分は、踏み板を固定する際に狂いが出ないよう、楔形の部材を打ち込んで固定してある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/27 18:19
ものぐさ者のための郵便ポスト
 我が家は敷地延長で表通りまで10m以上ある。通りに面した場所にポストを作ると、朝夕、取りに行くのが大変だ。雨の日だってある。てな訳で、ものぐさを決め込むため、新居のポストは、玄関壁に埋め込むタイプを注文した。玄関脇物入れの高さを抑え、この上に落ちるようにするので、配送物が濡れることも、汚れることもない。  昨日、建築士さんが、ナショナルの「サインポスト・KC型」のカタログを持ってきてくれた。  カタログに曰く、「わざわざ外に出なくても。屋内で新聞が受け取れます」「玄関脇の投入口から、新聞や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/26 17:39
外壁は今日完成か?(着工から74日目)
 昨夕、工務店のセールス氏が訪ねてきて、「進行状況は順調なので、外構が後になっても構わなければ4月末には入居していただけそうです」と、朗報をもたらしてくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/25 17:50
階段が完成した(着工から73日目)
木工事17日目  足掛け3日掛かった階段が完成した。さすが棟梁、完璧な仕上がりだ。写真は、早速2階に上がり、上から写したもの。踏み板には段ボールで養生がしてある。  昨日ユニットパスが設置されたので、洗面所の壁面に下地材が張られた。耐水石膏ボードだが、シャンプードレッサーが設置される面だけコンパネが張られた。恐らく、どこでもネジ止めが可能なようにとの配慮だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/24 17:21
システムバスが設置された(着工から72日目)
システムバスの設置  クリナップの指定業者から2名の作業員が材料と共にやってきた。写真は、開梱されたバスタブ。半身浴が出来る「スリースタイルバス」をチョイスした。  設置が完了し、養生シートがかけられた「Lバス」。  早速、バスタブ内に座って足を伸ばし、洗い場方向を写す。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/23 17:42
階段の造作が始まった(着工から71日目)
木工事15日目  棟梁は今日から階段の造作に取り掛かった。見積書に「木製階段ユニット」とあったので、簡単に組みあがりそうなイメージだったが、搬入されたのは溝がプレカットされているだけの材料セットであった。  従って、現場に合わせて採寸・裁断し、回り階段を組み上げてゆくという大工さんの技術が試される仕事となった。このため、棟梁の神経は張り詰めているようで、声も掛けづらい雰囲気だった。  午後5時頃、やっと2枚目の踏み板が固定された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/22 18:28
サイディングの取り付けが進む(着工から70日目)
サイディング取付工事2日目  今日は2名の職人さんがみえ、サイディングの取り付けが順調に進んでいる。今日中に1階部分の8〜9割くらいが終わりそうだ。写真は取付けが終わった玄関周りと1階北側壁面。サンプル材より大きめなレンガ模様が入っていて、中々良い感じだ。  サイディングの切断時には細かい粉塵が飛ぶので、公害予防のため専用の丸鋸が使われる。簡単に言えば、回転歯をカバーする部分に業務用掃除機のノズルがついていて、切断時に掃除機も連動して吸引するというようなイメージだ。  サイディングの取付け... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/21 18:52
サイディングの取付けが始まった(着工から69日目)
サイディング取付工事1日目  昨日に続いて今日も風が強いが、外壁工事には支障がなさそうだ。外壁やさんは午後半ばまで透湿防水紙の張り込みなどに時間をとられたため、外壁の取付けが始まったのは15時頃らしい。  先ず、金具で壁の両端にコーナー材を取り付ける。サイディングの下端は、通気のため、水切りから1cmほど上がっている。  その後、横長のサイディングを金具で固定してゆく。サイディングは金具で壁下地合板から浮かせ、通気層を確保するようになっているので、胴縁は必要ない。  外壁下端を決めるため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/20 19:54
外壁材が搬入されたが、施工はいつ?
サイディング  3月18日の午後に、ニチハのサイディングが到着した。型番を確認したが、間違いなし。サイディングの取付が楽しみだが、外壁やさんはいつ来てくれるの? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/19 08:28
2階天井裏に断熱材の敷き込み(着工から67日目)
木工事12日目  壁面の石膏ボード張りは1階も9割がた終了し、1階・2階とも細部を残すだけとなった。玄関ホールからLDへの入り口部分は、両側のまぐさ受けを取り外してもらったので、8cm弱広がった。また、壁面からの凹凸がなくなり、幅木やクロスの作業性も良くなった。  棟梁は、午後から2階天井裏に断熱材(グラスウール)を敷き込む作業に移った。天井裏には電線や同軸ケーブル、CD管などが張り巡らせてあり、断熱材の敷き込みに予想外の時間が掛かるとのこと。  断熱材が敷き込まれた2階天井裏(南西側)。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/18 17:05
壁下地材の施工が進む(着工から66日目)
木工事11日目  壁下地材(石膏ボード)の施工は、2階が9割がた終わり、1階の内壁部分へと移った。妻の居室は2階の南西角で、午後はかなり明るい。  キッチン内壁の施工が進む。  壁下地を施工する際、コンセントやスイッチ用のボックスを全て覆ってしまった。棟梁に「穴を空けないのか」と聞くと、「それは電気屋さんの仕事」だとのこと。電気屋さんは、スイッチボックスに張ってある銀紙(アルミ箔?)=写真の矢印参照=で位置が分かるのだそうだ。金属探知機でも使うのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/17 17:59
小屋裏収納に「はしごユニット」がついた(着工から65日目)
木工事10日目  昨日で、2階の天井への石膏ボード張りは終了したようで、今日から2階壁面にも断熱材がはめ込まれ、その上に石膏ボードが張られてゆく。  窓部分の石膏ボードは、先ず、長尺のものをカットせずにネジ止めし、続いて、窓に掛かる分だけ、コの字型に切り抜く。この方法なら簡単で、石膏ボードも割れることはない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/16 18:00
2階天井の石膏ボード張りが完了(着工から64日目)
木工事9日目  昨晩残業した(請負だから残業とは言わないか!)棟梁は、今日は2階天井に石膏ボードを張る作業に入った。  2階の場合、天井の断熱材は、石膏ボードを張り終わった後、屋根裏から敷きこむとのこと。その方が作業効率が良いのだそうだ。  石膏ボードの突合せ部は、写真のように、面取りがしてある。これは、クロスを張る前の目地処理剤(ジョイントコンパウンド)の乗りを良くするためらしい。  石膏ボードの長辺には、製品段階で予め面取りがしてあるが、短辺や切断面は施工時に面取りをする必要がある。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/15 17:59
1階壁面のボード張り(着工から63日目)
木工事8日目  仮設足場が邪魔なため懸案だったLDの西側出窓のシャッター付きサッシ取り付けだが、今日YKKapのサッシ業者が見えたとのこと。サッシ枠を一部分解し、棟梁と二人でやっと完了した。これで寒い風も入ってこない。一方、洗面所のガラス窓については、輸送途中でひびが入り、代替品を手配中とのことだった。  1階天井のボード張りは昨日でほぼ終了し、棟梁の今日の仕事のメインは1階壁面にグラスウールを詰め、石膏ボードを張ることだ。石膏ボードの長さは天井高とほぼ同じ2.4mあるので、効率が良い。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/14 23:02
汗して働く男は老いても元気
 昨日、建築士さんとの6回目の打合せの後、妻と現場に寄ると、遮音マットが搬入されているところだった。搬入に来た業者さんは私より年上のように見えた。棟梁と二人で、汗を流して遮音マットを2階に運び上げた後、お二人の会話を聞いてびっくり。業者さんは昭和15年生まれ、そして、棟梁は何と昭和13年生まれだという。お二人とも何と元気なこと。  棟梁は、昨日19時半頃まで仕事をされたという。先は長いんですから、ゆっくり確実に行きましょうや。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/14 13:35
1階の天井にグラスウールと石膏ボードが(着工から62日目)
木工事7日目  今週から天井の作業が始まった。先ず、2階床下地の下にグラスウールをはめ込む。グラスウールの厚さは100mm程度で、2階からの音を和らげる狙いだ。  次に、石膏ボードを千鳥状にネジ止めする。重い石膏ボードを棟梁一人でどのように作業するのかと思ったら、圧縮空気で伸びるボールの上にボードを乗せ、コントローラーと手で調節しながら天井にセットした。一人作業の場合、昔は腕木で持ち上げてからネジ止めしていたとのことだが、これを使うと楽だから止められないと言う。  1階寝室の天井には、2階... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/13 18:30
今週搬入された資材
 グラスウール(高性能16K。壁や天井などに使われる断熱材)  石膏ボード(これは洗面所などに使われる防水タイプ。普通の石膏ボードとの違いは皮膜シートだけらしい)  木材(内装工事に使われる。色々な断面形状がある)  遮音マット(2階のフローリングの下に敷きこむ。ダイケン製、909×606×9mmで1枚2Kg弱)。まだ1坪強分のみ。  木工用ボンドとロール連結ネジ。ネジは石膏ボードを止めるためか?  PPガラ袋(建築資材ではないが、現場で出るゴミ用) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/12 09:18
掃き出し窓と玄関ドアがついた(着工から60日目)
木工事6日目  10時前に現場に行くと、1階の掃き出し窓の枠が収まり、片方のシャッターも取り付けが済んでいた。写真は、もう片方のシャッターを取り付け中の棟梁。  ガラス戸が重いので、取り付けのお手伝いをした。写真は、取り付けが完了した掃き出し窓。  玄関口のハツリ作業も終了し、玄関ドアの取り付けが済んだ。夕方、妻と現場に行ったとき、丁度、棟梁と建築士さんがドアの吊り込み作業中だった。ここでもほんのちょっとお手伝い。  外部に珪カル板を張る作業は終了した模様で、棟梁は天井にボードを張るため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/11 18:11
プロの持ち物
 巻尺だが、「センチ」と「寸」の兼用がプロ用たるゆえん。  電動エアコンプレッサー。釘打ち機やエアハンマーなどの動力源。  コーキング用のガン。板金屋さんの忘れ物らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/10 18:30
2階の掃き出し窓がついた(着工から59日目)
木工事5日目  今日も棟梁は軒下やけらばに珪カル板を取り付ける作業。破風板の最下部に、例の特徴のある形を出すため木で下地が作られ(写真)、これに珪カル板が付けられる。ところが、午後から雨のため、外での仕事は出来なくなった。  それではと、防水工事が終わった2階ベランダ側に、2組の掃き出し窓を取り付ける。  1階の掃き出し窓の取り付けはまだ。サッシ枠の床側の天端をフローリングの高さに揃えるためには、土台を少し削らなければならないからだ。ところが、大きな土台固定用のナットが邪魔で、作業が出来な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/10 18:10
着工から丸二ヶ月目
 今日3月9日は、着工日から数えて丸二ヶ月目(58日目)。工務店のいう着工日は1月10日で、仮設電気が使用可能となった日だ。  今日の棟梁の仕事のメインは、やはり珪カル板の取り付け。玄関の軒裏がほぼ完了していた。写真はけらばを作業中の棟梁。釘打ちは、圧縮空気を使うインパクト式の器具で。  けらばの最上部は、湿気や熱を逃がすため、穴あきの珪カル板が使われている。左側のダクトには、温度センサーつきの換気扇が取り付けられる。中央の小窓は、小屋裏収納の部分。  雨水対策の終わった太陽熱コレクター周... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/09 17:29
屋根葺きが済むと、帯金物の固定だ
 ソーラーパネル周りの雨水対策も終わり、今日で屋根屋さんの仕事は完了らしい。正確には、屋根屋さんではなく、板金屋さんの仕事だった。カラーベスト葺きの場合は、塗装亜鉛メッキ鋼板の細工が伴うかららしい。雨といの取り付けも板金屋さんの仕事だそうだ。写真は、亜鉛メッキ鋼板で棟包み(?)の施工中。  棟梁の仕事は、他の職人さんの仕事との兼ね合いが重要。今日は、外壁下地に防水・透湿シートが張られる前に、サッシの回りに防水粘着シートを張ったり、換気矢切を取り付けたり。  屋根葺きが終わると、帯金物を釘打ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 19:41
外壁取り付けの準備が始まる
 朝現場に行くと、髭の職人さんが外壁下地の最下端に白い水切りプレートを取り付け中だった。サイディングを張るための準備作業だ。水切りプレートに続いて、防風・防水・透湿シートが壁下地全面に張られる。使用されたのは「フクビ化学工業」の「スーパーエアテックス1000」(ポリエチレン100%の長繊維不織布)という製品。「外部からの水分を抑える防水性と、内部からの湿気を通す透湿性を兼ね備えた、まさしく呼吸する新素材で、住まいを結露から守り、やさしく包みます」(同社のホームページから)とのこと。  下から重... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 18:46
待望のベランダ防水工事
 忙しい防水工事屋さんが来てくれた。早速、水抜きの穴を空ける作業。東南隅と西北隅の二ヶ所に穴を空けるのだが、その下には人感防犯ライトの配線があるので、ベランダ壁面に穴を空けることになった。ここに、グラスファイバー製の部品(写真)を埋め込む。  ベランダ面と壁面の境目にコーキング剤を塗り、直角の部分をなくすため、スチロールの三角柱を張る。  現場で防水剤とグラスファイバーを混ぜ合わせ、底面及び立ち上がり部分に塗って、本日は終了。後日、防水塗料を塗って完成となる。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 18:12
ガラス戸が納品漏れだ
 午後、現場に行くと、棟梁のYさんは矢切り換気用の穴を空け終わったところだった。この穴から、屋根裏に溜まる熱や水分を逃がすのだ。外壁には写真のようなルーバー式の換気矢切が取り付けられる。左が表面、右が裏面で防虫ネット付き。  昨日から気になっていたのだが、洗面所側のサッシ(写真の右側)にガラス戸がはまっていない。屋内にもないので、棟梁に聞くと「問い合わせた結果、納品漏れ」だったとのこと。お願いしますよ、YKKapさん。  棟梁が気にしているのはベランダの防水。ベランダの下半分がLDの上に掛か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/07 18:02
屋根屋さん登場
 今日から屋根工事が始まった。我が家はカラーベストと呼ばれる無石綿スレートが標準仕様。商品名はクボタ松下の「コロニアルneo」で、色はミッドナイトブルーにした。もっと小さいものかと思ったが、幅910、奥行き232〜414、厚さ5.2mmで、ホームベースを横に引き伸ばしたような形をしている。1枚の重さは約3.1Kgs。写真の梱包は10枚入り。  まず、カラールーフィングの軒先を切りそろえ、必要な箇所に水きりプレートが付けられる。次に、屋根の端(軒先や破風側)の部分に金属の部品が取り付けられ、これ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/07 17:17
うかつにも、気付かなかったこと
 毎日現場に行っていながら、うかつにも気が付かなかったことが二つある。  一つは、2階6.5畳のエアコン用コンセント位置。取り付けられたのは、標準の高さなのか、床から1800位。実は、この面に高さ1900程度の本箱を置く予定で、完全に被ってしまう。  二つ目は、2階7.5畳のロスナイ(熱交換型換気扇)の取り付け位置。ダクトの下端は床から2000位だが、本体の大きさはどのくらいなのだろうか。この面には、高さ1890の洋服ダンスを置く予定なのだが、ロスナイ本体の底面が当たらないだろうか?スイッチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/06 20:22
サッシが取り付けられた
 11時頃に、確定申告した所得税追加払い額を郵便局に納付に行った。その帰り、現場に行くと、北側の窓にサッシが取り付けられていた。  中に入ると棟梁のYさんがサッシの取り付け中だった。サッシ取り付けはサッシ屋さんの仕事かと思っていたが、現在は大工さんの仕事の範疇だという。昔と違い、サッシも建具も既製品が使われるので、全て大工さんが取り付けるのだとのこと。写真は2階東側の窓だが、お隣のNさん邸の子供部屋?が丸見え。  サッシ取り付けで問題点が発生。1階LDの西側出窓にシャッター付き窓を取り付ける... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/06 14:16
ソーラーパネル設置工事3日目
 スポーツクラブの帰りに現場を通りかかるとソーラー屋さんのトラックが止まっていた。日曜なのに休まないのかと伺うと、「大工さんは音が出るから休まなければならないが、こっちは音が出ないから」とのこと。  今日の作業はソーラーパネルから、不凍液を循環させるための銅パイプを配管することがメイン。  ソーラーパネルの下端から屋根下地を貫いたパイプ。太陽熱を受けるための不凍液が下から上へ流れていく。現在、ポリエチレンの保温筒を取り付ける作業中。白いテープがらせん状に巻いてあるのが保温筒が取り付けられた部... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/05 16:17
電気工事のアレコレ
 24時間換気システム用の「ロスナイ」(熱交換型換気扇)やキッチンのレンジフード、トイレの換気扇。これらには全て壁に穴を空けて、排気ダクトを付ける必要がある。排気ダクトには太めの塩ビパイプが使われるのかと思ったら、アルミの蛇腹だった。  これは「ロスナイ」用のダクト。  こちらは、上のものより太い、レンジフード用。  コンセントの高さについて、掃除機用は腰の負担を考えて床から50cmとしてもらった。写真のコンセントボックスは上が掃除機用、下が一般用(従来通りの高さで25cm。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/04 19:24
窓ガラスにひびが!と思ったら・・・
 昨日搬入されたばかりのサッシだが、2階窓用のガラスにひびが入っているではないか!運送屋の責任か?  昨晩、欠陥住宅のメーカーと戦った松居一代さんを紹介したフジテレビ「Dのゲキジョー」を見たばかりなので、早速、証拠写真を撮った。まずは見ていただこう。  その後でよく見ると、荷造りテープ(PPテープ)の細く裂けたものが、ガラス面に張り付いているだけだった。これはとんだ早とちりだったが、しかし、ちょっと見では分からない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/04 17:33
ソーラーパネル設置工事2日目
 昨日は厄日だった職人さんだが、今日は朝から良い天気で暖かいから、仕事がはかどることだろう。  11時頃現場に行くと、既にソーラーパネルが並べられ、固定作業中だった。防水は万全にしなければならないので、夕方まで屋根での作業が続く。なにせ、お一人で全部やるので大変なのだ。  夕方から、蓄熱コンクリートの内部の水分を蒸発させるため、ボイラーで不凍液を暖め、循環させる運転が始まった。建築士さんのお話では、4日ほど暖めるとのこと。  お隣のNさん邸では屋根部分の作業まで進行した。写真で緑色に見える... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/04 17:08
シロアリ防止用の薬剤が塗られた
 木造住宅にはシロアリ対策が不可欠だ。我が家も、今朝5年保証の防蟻処理が施された。薬剤を強力にすればもっと長い間効果が持続しそうだが、人体への影響は避けられない。だから、現時点での効力は5年程度で抑えざるを得ない。  内外とも、土台から1mほどの高さまで、橙色の薬剤が塗られている。  シロアリの生息条件は、カビやダニと同様、湿度60%以上、温度20℃以上、弱酸性。家の中で一番湿度が高くなるバスルームは天井高まで薬剤が塗られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/04 13:42
サッシやドアが搬入された
 昨日は記事が多く、これは一日遅れの記事です。  実は14時前にサッシやドアを積んだトラックが到着したのだ。我が家でオーダーしたサッシはYKKapの「エピソード」シリーズ。以前にもご報告したが、表側は白、内側は「ナチュラル」という明るい茶色。  建築士さんが用意したサッシの配置図に基づき、該当する窓際に運ばれた。  1階の掃き出し窓と出窓は防犯用にシャッター付きを選択。1階のその他の窓は面格子が付くタイプだ。  ペアガラスは、「中空層内に結露を起こした場合には、10年間の保証をしています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/04 09:46
ソーラーパネルの設置工事
 床下の蓄熱コンクリートを作る前に不凍液の配管に見えた職人さんがやってきた。「ハイブリッドソーラーシステム」の設置工事のためだ。今日は、その最初の作業としてソーラーパネル(太陽熱集熱器)を取り付けるのだが、今日到着予定の部品が来ないため、ボイラーや石油タンクの設置などで時間調整。  昼食後行ってみると、たる木や断熱材、保温パイプなどの荷物が届いたようで、職人さんが屋根に上がりパネル取り付けの準備が始まった。写真はソーラーパネルと屋根下地の間に入れる断熱材。  ソーラーパネルの大きさを、昨日は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/03 21:13
大工の棟梁が見えた
 朝、10時前に現場に行くと、A建築士さんに、我が家の内装工事を担当していただく大工の棟梁Yさんを紹介していただいた。  Yさんは現場の下見を兼ねて、準備にいらしたようだ。早速、階段室にはしごを掛けていただいた。これで、日曜日には、妻たちも2階に上がることが出来る。  続いて、YさんはLDのスペースにご自分の作業台を設置した。  そして、1階と2階で何やら数え始めた。何を数えているのか分からなかったが、携帯電話であれを何枚、これを何枚と注文を出していたので、内装材の必要数のチェックだったよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/03 20:40
電気配線工事4日目
 電気配線工事もそろそろ大詰め。スイッチやコンセントを取り付けるボックスが付けられた。  下の写真の大きな方のボックスには情報コンセントが付く。既にCD管が接続されており、中央にはTV用の同軸ケーブル、左にAC電源用のFケーブルが引き込まれている。右の黒いボックスが普通のAC電源用。  2階北側の東寄り壁面には、光ケーブルや有線TV同軸ケーブルを引き込むためのCD管が突き出している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/03 19:40
水道本管引き込み工事
 昨日、道路に切込みが入れられたが、今朝から水道指定業者によって、上・下水道の引き込み工事が行われた。  このような部品を水道本管に巻き付けて取水口にするようだ。  現代の水道管はプラスチック製で、青い被覆は保護膜。  夕方、雷雨にたたられたが、何とか18時前に終了。  取り付けられた水道のメーターボックス。お隣のNさん邸は下水道の本管接続が完了したようだが、我が家は敷地延長部分が木材置き場と化しており、後日ということらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/03 19:22
太陽熱コレクターが搬入された
 午後2時頃、外出の途中で現場に寄ると、大きなトラックが止まり、ガルウイングが開けられた。ドライバーが、お隣のNさん邸で作業中の大工さんに何か聞いて、こちらにやってきたので、我が家の現場に搬入する荷物らしい。  送り元を聞くと「チリウヒーター」(ハイブリッドソーラーシステムのトップメーカー。ホームページはこちら)で、Gホームの建築士さん宛だった。畳1枚分よりやや小さい梱包が7枚あるので、「ソーラーパネル」(太陽熱コレクター)に違いない。  そのほか、ボイラーや石油タンク、ポリブデン管、取り付... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/02 19:39
電気配線工事3日目
 おとといの打合せで電気関係の配線方法が決まったので、工事が再開された。AC用のFケーブルの他に、TV用の同軸ケーブルやCD管が搬入されている。CD管は2種類あり、写真の太いほうが「呼び22」(内径22mm、外径27.5mm)、細いほうが「呼び16」(同16mm、21mm)で、中に通すコードの太さや本数によって使い分けるようだ。  電話線とLANケーブルは、屋根裏収納に設置する「情報分電盤」から、「呼び22」の中に通して、各部屋に配線される。  配線されたFケーブルの先端には、「3Fデン灯」... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/01 18:54
蓄熱コンクリートを乾燥させる準備
 今日、スポーツクラブの帰りに現場を覗いてみたが、作業はお休みのようだ。お隣のNさん邸の躯体組み立てもお休みだ。  中に入ってみると、ソーラーシステム用の不凍液を循環させるポンプとメーターが搬入されてあった。  これらは、ポリブデン管を敷設した際、不凍液の漏れがないかどうかの点検に使用されたものと同じだ。  建築士さんの話によると、仮設のボイラーを運び込んで、不凍液を加熱し、4日ほど、蓄熱コンクリートの中を循環させるとのこと。これは、蓄熱コンクリートを完全に乾燥させるためだという。そのため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/28 18:37
屋外排水管の調整が行われた
 先日報告したが、2階のシンクと洗濯機の排水管の外部への取り出しを西側から北側に変更した。このため、西側に埋設してあったT字型塩ビパイプを、北側に移設することになった。  北側壁面から顔を出した排水管。  この作業が昨日行われたが、水道屋さんは、またも狭い場所を掘り起こしたり、仮設足場を一部撤去したりの作業で、大変だったようだ。ご苦労様でした。  移設されたT字型塩ビパイプの頭。異物が入らないよう、ビニールテープで保護されたが、その表面に隣の市の水道局の名前が・・・。きっと、再利用なんでし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/28 18:15
電気屋さんとの打合せでマルチメディア配線が決定
 今日はGホームの建築士さんとの5回目の打合せに先立って、I電業社の社長さんと電気配線や情報配線について打合せを行った。  スイッチプレートは、はやりのワイド型に統一してもらうことにし、床からの高さをやや低めの110cm(旧宅や借家は120cm)にしていただく。24時間稼動するロスナイ(熱交換型換気扇)のスイッチは、めったに入り切りしないので、190cmとした。コンセントの高さは、キッチンキャビネット用を210cm、冷蔵庫用を190cm、掃除機で利用する箇所を50cmとしてもらった。掃除機用は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/27 22:43
窓上の水平材を、なぜ「まぐさ」と言うのか?
 窓や出入り口などの上に渡した水平材を「まぐさ」という。写真の矢印の部分だ。ツーバイフォー工法による壁の開口部の場合、「まぐさ受け」(まぐさの両端から下に伸びる木材で、まぐさに掛かる重量を支える)と対になりその機能を果たす。  なぜ、「まぐさ」と呼ばれるのか? まさか、馬のえさのまぐさ(馬草、秣)ではないだろう。気になったので、色々調べてみたが、名前の由来は分からなかった。ご存知の方、教えてください。  「まぐさ」には、軒や庇という意味もあるらしい。石造りの家では特に「まぐさ石」という。漢字... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/26 09:40
電気配線工事2日目
 今日は、電気屋さんは昨日より人数が増えて3名で作業している。電気配線の最終打合せが済んでいないので、昨日に続いて現場で変更をお願いした。  交流の配線には「Fケーブル」が使われる。黒と白の被覆線をグレーの被覆で包んだものが100V用。黒、赤、白の3本の被覆線をグレーの被覆で包んだ3路用も使われていた。  電線の結合には、被覆を剥いて差し込むだけの簡単な構造のコネクターが使われるが、この部分を保護するためのプラスチック部品がある。その部品が入っていた段ボール箱が下の写真で、その部品が描かれて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/25 19:26
屋内配管工事2日目
 昨日の続きで、屋内配管工事が行われた。写真は、2階ランドリーコーナーへの配管。黒が水道(シンク用と洗濯機用)、白が給湯。給湯には、プリゾール・チューブという銅パイプが使われる。銅管にポリエチレンをかぶせたもので、断熱性が良い。  ランドリーコーナーの床下の配管も完成。白い部品の上に、洗濯機用の防水パンがセットされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/25 18:57
屋内の給・排水の配管が始まった
 午後から、水道屋さんが二人でやってきて、2階トイレの給排水と、同じく2階のランドリーコーナーの給排水工事から取り掛かった。写真はランバーに孔を空けているところ。  2階トイレの給排水は玄関脇のパイプシャフトに配管する。写真は出来上がったパイプシャフトの上部。黒くて細いものが、断熱材をかぶせてテープを巻かれた水道用パイプ。途中から左へ分岐しているのは、洗濯機とシンクへの給水用。灰色の太い塩ビ管がトイレの排水用。  1階玄関ホールの上で、ランドリーコーナーの床部分を工事中。右から伸びてきたのが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/24 19:45
早くも電気屋さんがやってきた
 昼飯を買おうと、Hマートに行く途中で現場に寄ると、電気屋さんの車が止まっていた。中に入ると、配線用の穴あけの最中だった。  建築士さんと電気屋さんとの最終打合せは3日後なので、まだ電気工事に入らないと思っていた。スイッチやコンセントの場所や数量に修正があるので、このまま作業が進むと困ると思って建築士さんに電話をすると、彼も想定外の進展だったようだ。電気屋さんには、とりあえず、変更箇所がある旨お伝えしておいた。  午後、様子を見に行くと、建築士さんが現場監督に来ていたので、配電盤やインターフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/24 19:17
足場の修正が完了
 確定申告に行った帰りに現場に寄ると、玄関部分の足場が修正されていた。この足場は、外壁が出来、屋根のコロニアルが葺かれるまで、外されることはないだろう。あと2ヵ月後か・・・。  中を覗くと、2階で水道屋さんが作業中であった。2階ホールにユーティリティコーナーを作るので、そこへの給・排水管の設置準備だとのことで、写真のように、孔を空ける位置が示されている。その上は、大きな穴を開けるための専用ドリル。  作業中の水道屋さん。2×4の家は木材が多いので、孔を開ける場所を選ぶ上、配管の通り道も工夫し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/23 18:08
屋根下地の上に防水シートが張られた
 屋根に瓦やコロニアルを葺くための下地を「野地」といい、たる木や板・合板などで構成される。その板や合板を「野地板」と言う。  今日は、屋根のブルーシートが剥がされて、野地板の上に防水用の「アスファルト・ルーフィング」が張られた。それは、写真の緑色のシートだが、ホッチキスを大きくしたような「タッカー針」で止めてゆく。  屋根は防水シートの上の瓦やコロニアルがまず雨水や風を処理し、それらが処理できなかった雨水や風を防水シートが処理する事になるので、現実の防水シートの負担は大幅に軽くなり、タッカー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/22 19:18
足場に防護ネットが張られた
 「建て方」は、今日、細部の作業を行って、完了となった。お二人の大工さん、ご苦労様でした。この後の木工事は、内装担当の大工さんに引き継がれるそうだ。  玄関ひさしが当たるため、取り外された足場は組み立て直すことになったが、部品が足りないため、明日に回された。組み立て直しに影響を受けない西側と南側の足場に、緑色の防護ネットが張られた。写真は西側から撮ったもの。  「建て方」担当の大工さんの今日の仕事のメインは、我が家の東側のNさん邸。こちらは2×4パネルを現場で組み、これを引き起こして建てる。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/21 18:44
小屋根ができたが、初めて雨の洗礼
 予報は雨だったが、朝日が差したので、「建て方」の続きができそうだ。10時前に、外出の途中で行ってみると、大工さんが北側1階の小屋根を作っている最中だった。雨は確実に西のほうからやってきており、やはり下地材でも屋根がほしいところだ。写真の左端は玄関のひさしになる部分だが、足場が邪魔をして先端部が作れず、一昨日は日没延期になっていた部分。今朝、大工さん二人で、作業ができるように、足場を取り外したのだそうだ。もう一人の大工さんは、構造用合板で、ベランダの傾斜を作っていた。  昼前から雨が降り出した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/20 21:22
「建て方」で使われた釘や金物
 我が家の「建て方」で使用された釘や金物にはさまざまな種類があった。  2×4のランバーを取り付ける釘は長さによって4種類に分けられ、その用途(木口打ち、斜め打ち、平打ちなど)や場所によって使い分ける。色も決まっていて、長いほうから、90mmは赤、75mmは青、65mmは黄色、50mmは緑だ。昨日の記事の中で、青色の釘をご紹介したが、下の写真はその他の種類。なお、右下のものは、金物を取り付ける際に使用されるもの。釘は建物の強度にかかわる大切なものだ。強度を確保するため、わざと先が飛び出すように... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/19 18:40
感動・・・一日で我が家の躯体が出来上がった
 今日は待望の2×4パネルの組み立て日。朝9時頃現場に行ってみると、既に1階部分のパネルが組み合わされ、垂直出しの調整が始まっていた。足場に上がり、上から指示しているのは、昨日お邪魔したH工務店の社長さん。床のパネルや屋根の根太などを積んだトラックと一緒に到着したのだ。  組立作業が始まったのは8時だという。垂直出しが終わったのが9時半というスピード。続いて、2階の床根太となるパネルが組み合わされた。空間を支えるため、床根太には210材(2インチ×10インチ)が使われている。  ランバーの結... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/18 21:10
2×4パネルの組立工場を見学
 茨城県龍ヶ崎市にあるH工務店に、2×4(ツーバイフォー)パネルの組立工程を、夫婦で見学に行ってきた。工場まで見学に来る人はいないとみえて、社長さんに「なんと物好きな」というような顔をされた。一昨日は、この社長さん直々でパネル搬入に見えたとのこと。  使用されている木材はカナダのCANFOR社からの輸入物。梱包にはISO14001を取得しているとの表示があるので、確かな品物らしい。写真の下側は、明日搬入される我が家の屋根用の「たる木」。  こうした図面を見ながら、指定の長さのランバーを揃える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/17 18:07
仮設足場ができた
 今日は朝から小雨なので、現場の作業は延期だと思っていた。だから、あまり外出はせず、家で確定申告の準備をした。  18時過ぎに設計士さんに電話をした際、今日、仮設足場の組み立てが終わったことを知らされた。作業員の皆さん、雨の中ご苦労様でした。  早速、デジカメを背負って、自転車で駆けつけて撮影したのがこの写真。内蔵フラッシュを使用したが、光量不足の写真でも、ソフトで加工すれば明るくなるのがデジカメの強みだ。足場は、「妻」の高さまであるので、かなり高く見える。  仮設足場には、レンタル業者の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/16 19:15
玄関ドアと窓のサッシは白で統一します
 外壁の色が決まったので、玄関ドアを決めることになった。トステムのショールームで候補を決めておいたのだが、窓のサッシはYKKAP。同社の玄関ドアも見てみたいと妻が言うので、先々週品川のショールームに行ってきた。  YKKAPには、手作り工芸品のステンドグラスがはまったデザインの玄関ドアがあり、夫婦ともこれが大変気に入った。難点は予定より高いことだが、「家の顔」なので、がんばってみることにした。  ドアの色は茶色にしてみたのだが、後日、外壁のサンプルとYKKAPのドアカラーサンプルを合わせてみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/16 14:16
2×4(ツーバイフォー)パネルの搬入
 これから「建て方」が始まる我が家の建築工法は2×4(ツーバイフォー)=枠組み壁工法だ。2×4の建て方にも二通りあって、一つはパネルを現場で組み立て、それを組み上げる方法、もう一つは、予め工場で組み立てたパネルを現地に運び、それを組み上げる方法だ。  後者の方法は、2階のパネルを組み上げるには大きなクレーン車が必要だから、現場の周辺に空き地ないしは広い道路を必要とし、かつ、クレーンが電線などに邪魔されない場所という条件が必要だ。幸い、我が家の敷地の北側は、G工務店が売り出し中だが、まだ更地のま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/15 17:22
排水桝の埋め込み
 我が家の建築は現在、Gホームの協力会社であるH工務店の工場で、2×4パネルの組み立て中だとのことだ。従って、現場の仕事は当面お休みだと思っていた。  だが、今日、スポーツクラブに行く途中で行ってみると、水道屋さんのトラックが止まっていた。近づいてみると、道路に面した敷地延長部分で何やら埋め込んでいる。職人さんに聞くと、雨水用の排水桝だとのこと。玄関近くの排水桝から太い塩ビパイプを繋いで桝を埋めたらしい。  敷地の南側に回ってみた。ここは、南隣の2階建てが接近し、日当たりが悪いのだ。そのせい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/14 19:51
家庭でもマルチメディア用設備が必要だ
 パソコン大好き人間にとって、家庭内LANの配線は、新居でも欠かせない。また、TV用にはCATVとBS・CSとの二系統を確保したい。将来は、デジタル地上波と電話を組み合わせた双方向TVが普及するだろう。2×4住宅の場合、後付の配管が難しいので、将来を見越した配管・配線をお願いすることにしている。  新居では、部屋ごとに「マルチメディアコンセント」を設置するつもりだ。写真は、松下電工のパンフレットの一部分だが、ACコンセント3口、映像用2口、LAN1口、TEL2口がセットになったパネルの例だ。我... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 14:02
新居での冬の乾燥対策
 一昨日、G工務店のコンセプトハウスに体験宿泊した時も、室内は大変乾燥していた。普段、人が住んでいない家なので、乾燥の度合いが高いのだそうだ。お湯を沸かしたり、風呂場のドアを開放したりの対策をして寝たが、昨日は夫婦とものどが痛くなった。と言う訳で、全館暖房の家では冬の乾燥対策が欠かせない。適正な湿度は、人にもよるが、40〜70%とのことなので、新居では、温湿度計を買い足して、調湿の目安にするつもり。写真は、30うん年前に結婚祝で頂戴した温湿度計。  新居の寝室の乾燥対策は、INAXの「エコカラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/11 11:46
蓄熱コンクリートが出来上がった
 玄関ポーチ部分の生コン用型枠が外されていた。昨日は気がつかなかったので、今日の午前中に外されたようだ。近づいてみると、土台の天端に貼られていた防水テープもきれいに剥がされていた。どうやらこのテープは土台が生コンで汚れないようにするためだったようだ。  固まった蓄熱コンクリートと土台の上には赤と黒の線が引かれている。土台の赤線の下に不凍液循環用のパイプが通っており、床パネルを組み立てる際、ここに釘を打ってはいけないという目印のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/10 19:21
全館暖房の家に体験宿泊
 朝起きて、妻の第一声は「帰りたくない!」であった。それほど、朝方でも暖かいのである。  昨晩から、G工務店のコンセプトハウス(ハイブリッドソーラーシステムによる全館暖房の家)に1泊した。写真の家がそれだが、屋根に何枚もの太陽熱コレクターが設置されており、ここから床下の蓄熱コンクリートへ不凍液を循環させる。夜は、蓄熱コンクリートからの放射熱で床が暖められる。建設中のわが新居もこの方式なので、コンセプトハウスに宿泊してその暖かさを体感しようというわけだ。  先ずは、床の上をはだしで歩き回る。足... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/10 12:15
新居の24時間換気対策は
 2003年の建築基準法改正により、シックハウス症候群対策として「24時間換気」が義務づけられた。換気方式にはダクト式と換気扇式があるが、我が家は換気扇式が採用される。LDと3つの個室にそれぞれ「給・排気型換気扇」が付けられる。ほかに、トイレや浴室に排気型換気扇が付けられる。  「給・排気型換気扇」は「ロスナイ」と言われる熱交換式のものだ。冬、寒い空気を取り入れれば、当然室内の温度は下がってしまうが、熱交換式は、排気の熱を活用するので、室外の空気を暖めて取り入れる。室内の空気を1時間当たり0.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/09 15:50
蓄熱コンクリートの流し込み
 朝から良い天気なので、絶好のコンクリート打ち込み日和(なんて言葉はないか)。  一昨日の積雪は、昨日には解けてしまい、ブルーシートの上に溜まっていた。それが今朝の寒さで凍ってしまい、排出作業にはかえって好都合。  不凍液循環パイプがセットされた配筋を、高さ5cmほどのコンクリート製コマで浮かせ、生コンが土台の天端と同じ高さまで流し込まれた。今日は、基礎やさんの社長も現場監督に見えた(下の写真の右端の方)。  今日の生コン打ちはとても丁寧。金コテやトンボでよくなじませて、オートレベラーで打... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/08 12:29
小屋裏収納の使い勝手を考える
 新居の小屋裏収納には、スペースの関係で、松戸市が認めている固定階段が付けられない。我ら夫婦もどんどん歳をとる一方で、今は重くなくても、老人になると重いものが出てくるだろう。そんな時、小屋裏収納への重量物の上げ下ろしはどうしたらよいのだろうか?  解決方法その1) リュックを背負って、収納階段を昇降する・・・両手は空くし、お金がかからない。しかし、段ボール箱のようなものは無理。中身を出して、何往復かするしかない。  解決方法その2) 小屋裏収納の天井(昇降口の真上)にウインチをつける・・・お... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/02/07 20:51
二度目の雪が降る前に、水周りの配管と養生
 朝から殆ど気温が上昇せず、夜から翌朝にかけて「雨混じりの湿った雪」が降るとの予報が出た。工務店のセールス氏に電話すると、これから現場を回って、養生のためのブルーシートをかけるとのこと。  昼12時前、買い物に出かけたついでに現場に行ってみた。Gホームの皆さんはまだ到着しておらず、水道屋さん二人が外回りの配管作業をされていた。写真は、出来上がった「中継桝」。  午後には、南側から東側にかけて、雨水を排水するための塩ビ管を埋設して、作業終了とのこと。次は、本体が立ち上がった後に、屋内配管を行う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/06 18:12
新居の外観イメージを作ってみた
 先月、「ニチハ」からサイディングのサンプルを工務店に送ってもらった。ツートンカラーも想定して、3枚送ってもらったが、ツートンはデザイン的に上下の境目をどこにもってくるかが難しい。  結局、ヴィラストーン調の「アンバーMGオレンジ」(製品番号EY42923)で統一することにした。オレンジといっても、くすんだような控えめな色だ。ナノ親水技術で汚れは雨によって流されるが、古くなっても汚れが目立ちにくいのではないか。とにかく長持ちしてほしい。  外壁の色とデザインが決定したので、「3Dマイホームデ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/06 08:26
屋外の水周り配管
 2月4日は、不凍液の配管、土台作りに加えて、水道屋さんの作業も入った。先日、雨模様のために中断した屋外の水周り配管の作業だ。  排水用には太い塩ビパイプを配管するため土を深く掘らなければならない。  北側は小型のショベルカーで掘れたが、西側は塀と基礎の間が60〜70cmcm程度なので、全て手掘りになる。このため、職人さんは3人だった。  3つの職種の職人さんが休憩時間に交流。私も缶コーヒーを頂戴したが、立場が逆になってしまい、大変恐縮した。   ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/05 08:19
土台が固定された
 不凍液循環用パイプの敷設と平行して、大工さんが基礎伏図を見ながら土台を作った。材木は「べいつが」と印字されている。米栂は耐腐朽性・耐蟻性が強くない木材だが、防腐・防蟻処理が施されており、問題はないらしい。  基礎外周の天端(立ち上がり部の上面)に、土台固定位置を示す墨入れを行う。必要な長さに材木を切って、現場に持ち込む。現場あわせで、アンカーボルトの位置を曲尺で測り、材木に位置を書き込む。  アンカーボルト位置に電気ドリルで穴を開ける。ドリルの歯は、上のほうに、ナットが食い込む径を掘るため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/04 18:59
床暖房の不凍液循環用パイプの設置
 昨日(2月3日)に設置した保温板(断熱材)上の配筋を支持にして、太陽熱コレクターから循環させる不凍液用のパイプ(三菱樹脂の「ヒシパイプ」、内径13mm)が敷設された。パイプは蓄熱コンクリートの中に埋もれるため、耐久性・耐熱性の高いポリブデン樹脂が使用されるという。職人さんから端材を頂戴したが、乳白色でかなり硬いもの。  敷設が済むと、中に不凍液をポンプで注入し、しばらく圧力をかける。漏れがないかどうかチェックするためだ。写真はポンプと不凍液(手前)。この不凍液は濃い赤色のため、乳白色のパイプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/04 18:15
工務店男性総出で蓄熱コンクリート打設準備
 朝からGホームのK社長以下男性社員総出(?)で、蓄熱コンクリート打設のための準備作業が行われた。現場は2軒分なので大変なのだ。  先ずは、昨日搬入されたポリスチレン製の保温板「スタイロフォーム」の10cm厚をべた基礎に敷き込む。同時に、5cm厚のものを基礎立ち上がり部の内側(外壁に面した側のみ)へ、基礎の高さにカットして、廻らせる。  次に、配筋を置き、接合部分をワイヤーで結束する。先日の基礎屋さんは電動結束機を使っていたが、工務店では手作業なので大変なのだそうだ。この配筋が蓄熱コンクリー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/03 19:21
床下蓄熱コンクリート製作用の資材が運び込まれた
 昨日の雨でベタ基礎の部分が深さ5cmくらいのプールになってしまった。基礎の周りの土もぬかるんでいる中、業者によって「スタイロフォーム」という商品名の保温板が運び込まれた。材質はポリスチレンフォームで、厚さ10cmと5cm。土台を作った後、これが、ベタ基礎の上と、立ち上がり基礎の周囲に敷き込まれる。  午後、Gホームの工事部長や建築士さんたちが、プールの水を水中ポンプ(下の写真の赤いもの)で排出してくれた。  また、蓄熱コンクリートを補強するための配筋も運び込まれた。  「スタイロフォーム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/02 18:30
小屋裏収納に固定階段を造りたいが・・・
 収納面積を増やすため、新居には小屋裏収納を作る。広さは6畳大だ。2階のホールから天井に取り付けた収納階段で昇り降りする。収納階段は傾斜が急だから、重いものの上げ下ろしには向いていない。  小屋裏収納を作る場合、建築基準法や条例で条件が決められている。それは、高さは140cm以内であること、直下階(2階)の床面積の二分の一未満(2階に床下収納があればこの面積も含む)であること、取り外し(又は収納)できる仮設はしごで登ること(固定階段は不可)というもの。これらに抵触すると3階とみなされる。  ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/02 09:37
2階床の遮音対策は三つの方法で
 3回目の建築士さんとの打合せで、2階床の遮音対策が決定した。もともと吊り天井の設計なので、固体音は直接1階の天井に伝わらないようにはなっている。その上での対策だが、音を完全に止めるのは無理なので、遮音の程度は予算との兼ね合いになる。  設計士さんから提案された対策その1は、床下地合板とフロアー材の間に9mm厚の「遮音マット」(ダイケン)を敷き込むこと。これは、特殊非加硫ゴム製品で、2階の足音を50%軽減する性能がある(31dB/500Hz)。対策その2は、吊り天井内部にグラスウールを充填する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/01 08:49
給水・給湯の配管調整と基礎の手直し
 昨日、水道屋さんの仕事が続いているところで帰宅したので、「その後」が知りたかった。行って見ると、基礎の中から立ち上がる部分で調整が必要だったのは、キッチンと浴室だけのようだった。下の写真はキッチンの部分で、手前が食洗機用の給水・排水、奥が流し用の給水・給湯、及び排水管だ。  工事が同時進行のお隣のNさん邸は、外回りの排水用配管が埋め込まれた。我が家のほうは、掘り返す土が多いことと、午後からの雨で中断となった。  基礎やさんのほうは、2階からの排水管が下りてくるパイプシャフトと下駄箱部分との... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/31 17:04
基礎の枠組みが外された
 コンクリート打ちから5日目の今日(1月30日)、基礎の型枠が外された。しかし、出来上がりがあまり美しくない。基礎の表面に空気が入った部分があったり、型枠からはみ出したコンクリートが固まっていたり・・・。いずれ表面はモルタル仕上げがされるし、建築士は強度的な影響はないと言うので、問題はないのだろうが、家作りの「基礎」だけに、一応クレームしておいた。  型枠を外した後は、「バリ」(はみ出した部分)や型枠固定金具を取り除いたり、ベタ基礎面を清掃したりの後処理が行われる。更に、ベタ基礎部分の外側の土... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/30 21:31
三井ホーム2×4住宅の告発本
 2×4(ツーバイフォー)工法の解説書はないものかと本屋に探しに行ったが、居住地の本屋には中々適切な本がない。それではと、八重洲ブックセンターまで足を伸ばしてみた。しかし、設計士や大工さんが勉強するような本はあったが、やはり素人向けでは気に入ったものがなかった。  そんな中に、「あぶない2×4ハウス」(後藤公司著・第三書館)という面白そうな本を見つけた。注文をとった以降、工務店に丸投げして監督もしない無責任な三井ホームと、2×4工法に無知な二次下請けによって、様々な手抜き・欠陥工事が行われたこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/29 17:34
ナノ親水で汚れを落とす外壁材(ニチハのショールーム)
 外壁財のトップメーカーは「ニチハ」だそうだ。工務店のセールス氏に聞くと、ショールームは遠いとのこと。どれくらい遠いのか調べてみると、日本橋だった。今月、移転・オープンしたばかりとのことで、セールス氏がご存じなかったのも無理からぬ話。近場だったら行ってみようと、外出のついでに訪ねてみた。  以前から「ナノ親水技術」に興味があったので、この技術を生かしたサイディングはどの位の価格なのか調べてみたかった。また、気に入った色があるかどうかも調べたかった。  「ナノ親水技術」というのは、外壁表面に塗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/28 11:12
光触媒外壁材はu6000円以上(クボタ松下のショールーム)
 サイディングとはご承知のように外壁材のこと。モルタルより施工が簡単なため、窯業(セメント)系やアルミ系のものがはやりだ。我が家に使用する予定のものは石目調の塗装がされた窯業系だ。 昔の窯業系は数年に一度塗りなおしが必要だったが、最近は耐久性・対候性を高め、色柄やデザインも豊富になっている。更に、最近では、太陽光や雨水で汚れなどを落としやすく加工したものができているそうだ。  実物を見るのはショールームが一番ということで、新橋・汐留にある「クボタ松下電工外装」のショールームへ。受付にいた美人の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/27 08:25
トステムのショールームは7階建て
 夫婦でトステムのショールームに行ってみた。数年前のメーデーの際、デモ行進の解散地点近くだったので、場所だけは知っていたが、江東区大島にある7階建てビルの6階から地下1階までが全てショールーム。さすが大手メーカーだけのことはある。  建材については殆どそろっていると言っても良く、全部見て回るにはかなりの時間がかかる。だから、子供の遊び場やレストランまである。私たちも13時頃車で到着してレストランに直行。余談だが、「本日のパスタ」は美味しかった。  受付を済ませて、6階から順に見て回る。テラス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/26 08:27
基礎立ち上がり部のコンクリート打ち
 今日(1月25日)はコンクリート打ちがあると思い、少し早めに現場に行った。しかし、既に鉄枠にコンクリートが流された後で、職人さんがアンカーボルトを埋め込んでいるところだった。  アンカーボルトはL字型で、埋め込む深さを示す溝が刻んであるので簡単だ。これを基礎伏せ図を見ながら、指定位置に埋め込む。この位置は大体でかまわないらしい。また基礎の中心を若干外れても、ボルトが垂直でなくても良いようだ。土台には現場の寸法で穴があけられるし、ボルトの立ち上がりを調整する器具もあるからだという。  この後... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/25 20:54
ベタ基礎立ち上がり部分の枠組み
 昨日(24日)の昼過ぎ、外出のついでに現場に寄って見ると基礎屋さんが作業している。前日にベタ基礎のコンクリートを打ったばかりなので、まさかとは思ったが、ベタ基礎外周の鉄枠が外され、土台への立ち上がり部分となる基礎を造るための鉄枠作りの最中だった。  設計士さんのお話では、コンクリートは一日で人が立っても大丈夫なほどの強度になるとのことだったので、慎重に作業をすれば問題ないのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/25 08:22
YKK APのショールーム
 先日、外出した際、ちょっと足を伸ばして品川駅港南口にある「YKK AP」のショールームを覗いてみた。新居の窓サッシは同社の「エピソード」シリーズが入る予定だからだ。  お目当ては、ブラインド式の電動シャッターと玄関ドア。入り口を入ると、中年男性氏が案内をしてくれた。「ブラインド式の電動シャッターは?」と聞くと、「あー、一番高いものですね」とのこと。早速案内してもらって、スイッチを入れる。意外にゆっくりした動きだ。「止」を押して「上げ」「下げ」を押すと羽の角度が変えられる。残念だったのは、掃き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/24 09:17
ベタ基礎のコンクリート打ち
 朝10時頃現場に行ってみると、既にコンクリートが流し込まれた後で、職人さんが均しの最終段階だった。  チェックに来ていた建築士のAさんに話を聞くと、コンクリートの強度としては4週間ほど必要だが、1昼夜で人が入れるほどの堅さになり、4、5日もすれば作業に差し支えのない堅さになるとのこと。写真は作業が終わったベタ基礎の底辺部分。左手前が玄関。右手前が水周り。奥の日陰部分がLDと寝室になる。  お隣のNさん邸もコンクリート打ちなので、流し込む状況を見学した。中央左の黄色の作業服の親方がミキサー車... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/23 11:35
現場の雪かき
 北千住の東急ハンズに買い物に行く妻を駅まで送るついでに、建築現場に寄ってみた。そこでは、業者3人が養生シートの上に積もった雪を運び出す作業中だった。本当にご苦労様。  この分では、23日か24日にベタ基礎のコンクリート打ちができそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/22 15:30
電動シャッター付サッシはオプション
 最近の住宅は、戸袋付の雨戸をつける家が少ない。新築予定の我が家も、例外ではなく、1階の掃き出し窓は2箇所ともシャッター付のサッシが入る。ペアガラスが入ったアルミ・樹脂複合サッシで断熱対策を施したので、シャッターは断熱というより、風雨と防犯対策だ。1階の他の窓は、防犯対策として、面格子付のサッシが入るが、2箇所の出窓のシャッターはオプション扱い。  シャッターは、昔に比べ軽くなり、機能がよくなったので、その操作は大変軽いとのことだが、寝室の出窓には電動シャッターを付けるのが希望だ。工務店に見積... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/22 08:07
建築現場にも雪が積もる
 昨日(1月20日)夕方、スポーツクラブの帰りに現場に寄ったら、既に業者は帰った後。夜半には雪との天気予報だが、現場には養生シートが半分しかかかっていなかった。  今朝起きたら、やはり雪。予報では夕方まで降り続くとのこと。雨だとしみ込むが、雪だと解けるまでに日にちがかかる。現場の状況が心配になったので、14時過ぎに行ってみた。  現場も10cm近い積雪だが、養生シートは全面にかけられていた。昨日、配筋の親方も天気予報を気にしていたが、やはり、夜に来て、掛けてくれたのだ。ありがとう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/21 15:07
ベタ基礎の配筋と水周りの配管
 1月19日は、ベタ基礎用の配筋材が置かれただけだったが、20日は、引き続き配筋材が配置され、それぞれの交差点が結束された。  工具は電動式が増えてきたが、この結束器も電動。1回の操作で、ワイヤが700mmほど繰り出され、結束する鉄筋を3周する。そして、たるみが捻られて、締め付けられ、そして切断される。この間、わずか数秒。こうした工具のお陰で、昔から比べると、格段に作業がスピードアップされた。  配筋は20cm間隔の格子状に組まれるため、この中を移動するには爪先立ちにならなければならない。鉄... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/21 09:35
基礎の基礎を造っています
 18日の「遣り方」「根切り」「捨てコン」の作業に続き、19日には「床掘り」が行われた。「床掘り」はベタ基礎の底になる地盤を決められた高さに掘って均すこと。「根切り」した際の土を、パワーショベルを使って運び出し、水平を出す。その上に砕石を敷き、振動式のミニ転圧機で均してゆく。  「床掘り」と平行して、「型枠組み」が行われた。ベタ基礎外周の立ち上がり面を決める型枠が運び込まれた。これは木枠ではなく鉄枠だ。捨てコンの上に引かれた2本の溝は、この型枠を並べるための基準線だった。鉄枠を連結し、水引を基... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/20 09:48
遣り方、根切り、捨てコン
 昨日(18日)の午前中に「遣り方」が行われた。「遣り方」のやり方(しゃれ!)は省略するが、下の写真のように、水杭と水貫で水平を出す基準を作ること。この水貫(横方向に固定した板)の上端が水平なので、ここに水引を張れば、どこでも同じ高さが決められる。斜めの貫は筋かい貫という。  「遣り方」が終わると「根切り」に移る。「根切り」とは、基礎をつくるために地盤面下の土を掘り下げること。パワーショベルを使って、外周となる基礎の部分が掘られた。次に、掘り下げた地盤をつき固め、水引からの高さを一定にする。下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/19 11:11
二度目のクリナップ・ショールーム
 設計士との2度目の打合せの中で、早く決めてほしいといわれたことの一つに、キッチンとバスの仕様があった。2×4では、在来工法より間柱(スタッドという)が多いが、この間柱を切断するような位置に穴をあけると、耐力壁としての機能が減少してしまう。だから、水やお湯、ガスの配管・壁や床からの立ち上げ、電気の配線・コンセント位置、排気(吸気)ダクトの位置、などなど、設計段階で図面に落とし込まなければならないからだ。  設計士には、浴室の配色などよりこうした図面のほうが重要。  キッチンとバスは、昨年末、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/18 23:00
2階の間取り・・・その3(確定間取り)
 先日、2階の間取り図をご紹介したところ、インスペクターKさんから「ユーティリティコーナーが狭い」とのご指摘を頂戴した。また、eメールでも、「洗濯機置き場とトイレを入れ替えたらどうか」などの貴重なアドバイスを頂戴した。やはり、第三者の冷静な視点が必要だということで、反省した次第。  これらのご意見を基に、2階の間取りを見直し、第2回目の設計士さんとの打合せで下図のようなプランが確定した(クリックすると大ききなる)。  先回の間取り図と比較していただければ分かるが、2階ホールが広くなり、すっき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/17 09:50
新築予定地で柱状改良工事
 先日の地縄張りに続いて、柱状改良工事が行われた。先月見学した工事とは違うDという業者だが、打設の方法は全く同じ(見学記その@と見学記そのAを参照してください)。  責任者に話を聞くと、「地盤はそんなに悪くないですよ」と言いながら、打設の位置を示す図面を見せてくれた。図面に記された本数は、やはり地縄張りの際確認した本数と同じ27本で、柱の直径は80cm、長さ4mなどの指定があった。  今日使用するのは一般軟弱土用の「タフロック3型」という固化材。住友大阪セメントのHPによると、「珪酸カルシウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/16 12:13
「ウイニングタウン」は「ロスタウン」?!
 土曜日の朝刊に、旧拙宅地の分譲チラシが入っていた。工務店のGホームによるものだが、「46.02坪 2270万円〜」とある。オイオイ、売った値段より安いではないか。「ウイニングタウン」と銘打っているのに、工務店にとっては「ロスタウン」になってしまう。  その日の昼過ぎ、所用で出かけたついでに現地に立ち寄り、詰めていたセールス氏に事情を聞くと、新入社員が金額の大間違いをしでかしたとのこと。おまけに、徒歩所要時間にも表示ミスがあった。新聞折込で7万枚も配布されたため、朝から社長が関係先に訂正の電話... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/15 08:44
「縄張り」といってもその筋の用語ではない
 地盤かさ上げの2日後、「縄張り」が行われた。縄張りといっても、その筋のお兄さん方の用語ではない。家を建てる場合、建設地のどこに外形(外壁)が来るのか、四方に実際の大きさで縄を張って、正確な位置を決めることだ。  小さな望遠鏡がついた「トランシット」と呼ばれる測量機械を使って、建物の四隅の位置をきめて杭を打ち、縄を張るのだが、実際は、杭の代わりに適当な長さに切った鉄筋が、縄の代わりに細くよった黄色いナイロンロープが使われていた。  そして、柱状改良(地盤改良の一つの方法)の必要な場所(基礎の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/14 15:19
地鎮祭の代わりに
 現代では地鎮祭を行う施主の比率は半分程度だという。大工さんのほうも、地鎮祭の有無をあまり気にしないとのことだ。  我が夫婦も無宗教・無信仰だし、神や仏にすがったこともなしということで、地鎮祭を執り行うようなことはしないつもりであった。だが、GホームK社長の「お清めの塩を撒いたらどうですか」との勧めもあって、今朝10時から地鎮祭の代わりの行事を行った。参加者は、我ら夫婦と、K社長、セールス氏。  塩とお米を少々と、セールス氏が用意してくれた半紙を1cm角に切ったものを混ぜ合わせる。これを、建... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/13 13:50
地盤のかさ上げ作業
 新居の予定地は、仮住まいの借家から最寄り駅への途中にある。今日はスカイネットワーク(SNW、航空一般労組)の中央執行委員会があるので、新居予定地を通りがかったら、ユンボが整地の作業中だった。工務店のGホームからその予定を聞いていなかったのでびっくりしたが、今年の作業がいよいよ始まったかと、少々うれしい気分。  傍らにはダンプカーが止まっており、どこからか運んできた土を敷地に降ろし、それをならしているのである。南側の隣家が2階建てのため、土地を購入する際、少しでも日当たりがよくなるように、地盤... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/12 22:44
ネットでダイニングセット選び
 今日はネットの通販でダイニングセットを物色した。4人用と6人用を探すが、デザインもさまざまで、安いものから高いものまで、限りなく探すことができる。  先日、妻が気に入ったカントリー調の4点セットをご紹介したが、このテーブル部分を大きくして、背もたれ無しのベンチがついた5点セットを「カリモク家具」のHPで見つけた(写真上)。組み合わせ価格を計算すると、何と33万円!さすがに、良いものは高い!  色々探して行き着いたのが「東洋プライウッド」のセット(写真下)。180cm巾のテーブルに、座面回転... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/11 18:01
2×4(ツーバイフォー)住宅の泣き所
 妻に言われるまで気づかなかったのだが、2階の私の部屋で椅子をすべらせると、階下のLDで聞こえるキャスターの転がり音がうるさいとのこと。ゴロゴロと、まるで雷がなっているようだと言う。そんなオーバーな、と思うので、妻に2階に行ってもらって、実験した。なるほど、想像以上に大きく聞こえる。また、何か落とした際の衝突音もかなり響く。  仮住まいの借家は2×4(ツーバイフォー)の建物。気密性が高いので、1階の天井と2階の床と、その間の空気とで、太鼓のような構造となってしまい、衝突音や固体音が階下に増幅し... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/10 18:16
ダイニングセットを選び始めた
 新居用のダイニングセットを物色に松戸のニトリへ行った。  普段の生活は夫婦二人だから、大きいものは要らないのだが、息子や孫たちが集まることを考えると、食卓の巾は150〜180cmは確保したいところ。しかし、11畳ほどのLDに、ソファベッドも置くとなると、150cm止まりか。椅子は座り心地が良く、座面が回転するものが良い。しかも、脚にキャスターが付いていれば理想的だ。  ニトリにも色々なセットものがあるが、座面回転式だと4本足のテーブルは膝がぶつかってダメだ。4人用のセットに椅子を1、2脚追... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/08 17:38
2階の間取り・・・その2(注文プラン)
 住宅の間取りは、住む人の家族構成やライフスタイルに合わせて設計がなされる。また、将来、居住者がが増えたり、減ったり、年齢構成が変わったりといったことに対応可能な間取りが望まれる。  とは言え、小さな家だから、先ず我々夫婦のライフスタイルに合わせることを基本に、2階の間取りを考えることにした。昨日も書いたが、日中はお互いになるべく干渉しない、されない生活(言い換えれば、つかず離れずの生活といったらよいだろうか)を送るためには、小生と妻、二つの個室が必要。南側には2階建ての家があり、1階の日当た... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/01/06 15:26
2階の間取り・・・その1(モデルプラン)
 新築予定の建物は注文住宅だが、工務店のモデルプランがあった。1階はモデルプラン通りの間取りだが、6畳の和室をフロ−リングにして、寝室にすることにした(1階の平面図はこちらをご覧ください)。  今回ご紹介するのはモデルプランの2階部分である。なお、この図面は、「3Dマイホームデザイナー」におとしたもの。  北側に6畳の寝室とウォークインクロゼット、南側に4.5畳を2室(境の壁を作らず、フレキシブルな使い方ができる)を並べた設計だ。きっと、若い夫婦で子供が一人か二人の想定だろう。  ウォーク... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/05 18:26
旧宅跡地は既に分譲中
 今日、スポーツクラブに行くついでに、昨年12月に売り渡した土地を見に行った。そこには、工務店のGホームによって、既に「分譲中」と大書した看板が立てられ、備え付けのプラケースにはセールス氏の名刺がコピーされたチラシも用意されていた。さすが寅年のセールス氏、新年から走る、走る。  チラシには、3区画の分譲地形とモデルプランの1階平面図が載っているだけで、値段は書かれていない。ハイブリッド・ソーラーシステム付の注文住宅なのだが、一体いくらで売り出すのだろう。  駅から徒歩8分で日当たりも良く、清... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/04 19:13
オールメタルIHにするか、新品の鍋を買うか
 夕食後、食べ終わった食器をもって台所に行くと、焦げ臭い。妻愛用のアルミ片手鍋の底が真っ黒だ。すぐに火を消したが、どうやら味噌汁の残りらしい。  「プロパンガスと違って、都市ガスは炎を小さくすると音がしないのよ。それに、今までのコンロの点火スイッチはガスが出ていると赤くなったけど、今度のはそうではないの」と言うのが妻の言い訳。「コンロが低いから、上からだと炎が見えないのよ」というのが今日の言い訳。要するに、消し忘れなのだが、分からぬでもない。  新居のシステムキッチンでは、ガスコンロをチョイ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/28 20:57
借家のガスコンロは2台目の中古品
 仮住まいのガスコンロは中古品。実は、借家にはガスコンロが設置されておらず、工務店のセールス氏から頂戴したガスコンロを使っていた。正常に稼動していたそうだが、我が家に来た途端、調子が悪くなった。過熱防止装置はついていないのだが、火力の強いほうが、使っていると突然ガスが止まってしまう。しばらくすると使えるようになるのだが、調理に時間がかかって仕方が無いと、妻はブツブツ。  あと4ヶ月もすると新居が出来、新品のシステムキッチンが使える。だから、買い換えたくない。しかし、毎日使うものだから・・・と、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/27 20:41
クリナップからキッチンとバスの見積書
 クリナップからシステムキッチンとシステムバスの見積りが上がってきた。これは、定価表示のお客様向けなので「ご提案書」としてある。恐らく、工務店には卸値表示の「見積書」が渡されたのだろう。  キッチンのほうはオプションとした内容が、コンロをガラストップにしたここと、吊戸棚に扉開放防止部品を付けたことなどと、少ないので、工務店からもらった「建築工事仕様見積書」の明細から、卸値+工務店の利潤が逆算できるというもの。・・・よしよし、あまり予算をオーバーしていないぞ。  次は、システムバス。こちらは、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/26 18:04
人頭制のステッカー
 仮住まいしている借家の玄関には、写真のような「人頭制 松戸市」というステッカーが貼ってある。  大辞林によると、人頭(じんとう)とは、「人のかず、人数、にんとう」とある。いわゆる頭数(あたまかず)のこと。  人頭というと、思い出すのは薩摩藩が琉球人民から収奪するのに使った「人頭税」(同じく大辞林によると、「納税能力の差にかかわりなく、原則として各人に一律同額に課する税」のこと)。この悪法は明治になっても残っていたという。  消費税アップの推進者竹中平蔵大臣は、「将来的には、完全なフラット... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/25 09:20
地盤改良工事を見学に・・・そのA
 地盤改良工事の一つである「柱状改良」を行う前に、建築する家の基礎をどこに、どれだけ打つか決めなければならない。基礎は、改良地盤(土をコンクリートで固めた柱)の上に作らなければ意味がないからだ。そのため、基礎の隅々を始め、ある程度の間隔で基礎の打たれる場所に印をつけ、この印を中心にした穴を穿ち、改良地盤を作る。見学した印は、配筋用の金属棒を短く切ったものだった。  なお、基礎の外周部分は、基礎の中心ではなく、その内側を中心とした改良地盤が作られる。改良地盤の直径は約60cmあり、基礎の中心に作... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/24 09:20
地盤改良工事を見学に・・・その@
 新居建築をお願いしたK工務店が行っている地盤改良工事を見学に行った。場所は我が家の予定地のお隣さん。我が家同様、軟弱地盤を改良しなければ、圧密や不同沈下の可能性がある。  工務店のセールス氏の話では、既に南側に建っているお宅はベタ基礎を敷設しただけで、地盤改良を行っていないから、長い間には不同沈下が心配される、とのこと。  地盤改良の方法には、柱状改良、表層改良、鋼管杭による改良、RES-P工法の4つがある。このうち、お隣さんも我が家も、柱状改良工法が採用された。これは、比較的安定した土質... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/23 09:22
更地渡し完了
 昨日、家屋解体後の整地作業も終わった。売買代金の決済は20日に完了しており、当方としては更地渡し完了と考えている。しかし、西側のTさん宅との境の大谷石が撤去されていない。  今朝、確認のために写真撮影をしていたら、偶然、G工務店のセールス氏と出会った。彼も解体・整地の確認に来たとのこと。解体屋には、大谷石を撤去してくれなければ、とダメ出しするようだ。  写真上は北北東から撮影したもので、右端に写っている人物がセールス氏。写真下は東から撮影した南側部分。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/22 12:01
地盤調査報告書
 新居が建つ土地は、昔、江戸川に沿った低湿地帯だった。江戸時代の初期から徐々に埋め立てられ水田が作られた。その頃、三村新田という地名が付いたが、現在は住居表示が変更になっている。ここから1Kmほど江戸川方面に歩けば、今でも主水新田、七右衛門新田などという地名が現存している。そんな場所だから、家を建てる前提として「地盤調査」が欠かせない。  G工務店が売り出すに際して実施した「地盤調査報告書」が手元にある。調査の方法は「スウェーデン式サウンディング試験」という。簡単に言うと、垂直に立てた鉄柱の根... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/22 11:05
母屋の解体(9日目)・・こちらも終了
 午後3時頃行ってみると、既にガレージが姿かたちもなくなっている。このガレージに使われていたブロックを始め、全ての瓦礫が運び出された後だった。  後に残っているのは、母屋の敷地と庭との段差を守っていた大谷石の山だけで、瓦礫を捨てに行ったダンプカーが戻り次第、これを積み込むのだという。  その後、ユンボで整地し、作業を終えるという。手壊しに日数を取られた廃屋と違い、早くから機械が入った母屋の解体は、半分の作業日数で終了となった。後は、恐怖の請求書が来るのを待つだけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/21 16:48
廃屋の解体(19日目)・・最終日
 今日も赤いウインドブレーカーを着た作業員がいた。彼が突然走り出した。何事かと思ったら、「ヤモリがいた。怖い、怖い」とわめいている。どう見ても40過ぎの男性が、小さなヤモリを見て、逃げ回っている姿は、誠にコッケイ。  実はこのヤモリ、当家に住み着いて我が家を守ってくれていたもの。一目見て、お礼を言おうかと思ったが、どこかへ逃げた後だった。  さて、本題だが、ブロック塀の重量ブロックも取り除かれ、土が崩れないよう斜めに削り取られた。このブロックの残骸を含めて、全ての瓦礫がダンプカーに積み込まれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/21 16:36
母屋の解体(8日目)・・土台のコンクリートが搬出された
 土地売買代金を決済した後、妻と解体状況を見に行った。大分瓦礫の処理が進み、今日は、金物系とコンクリートの土台やモルタルが搬出された。また、防護シートを張っていた足場も取り外された。まだブロック塀と車庫が残されているが、この分では、終了日が早まりそうな感じだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/20 20:33
廃屋の解体(18日目)・・ブロック塀を壊す
 今日から、若いがベテランのユンボ操作員が解体に加わった。彼は、労災で足を骨折していて、車の中には松葉杖が。まだ歩くのは大変そうだが、ユンボの操作は座ってやるので問題がないようだ。昨日、ブロック塀は手で壊すと聞いていたが、この操作員が来たからか、ユンボで壊されていった。  (赤い服の作業員は「立ちション」している訳ではありません。鉄筋の処理をしているところです。)  ブロック塀は、上4段が軽量、下2段が重量ブロック。問題は、重量ブロックを壊すと土が落ちてしまうこと。作業員は、上4段を壊すだけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/20 19:18
一時的にお金持ちの気分
 今日は土地売買代金の決済日。朝、時間通りに工務店のセールス氏が迎えに来た。行き先は工務店のメインバンクであるTB信金で、工務店の社長と決済する。  我々夫婦の所有する土地を売ったお金と、新居用の土地購入代金を相殺する。この差額から住宅の建築費を捻出するのだが、建築費はまだ手付金だけで、中間決済金の支払いは来年2月末。従って、それまではお金持ちの気分が味わえるというわけ。  決済は信金の応接室で、土地の所有権移転登記をお願いするS司法書士が同席。登記の委任状を作成した後、土地の権利書を引き渡... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/20 19:02
母屋の解体(7日目)・・木造部分は全て壊された
 昨日やり残したガレージ上の納戸の部分もユンボでむしりとられた。午後には、T家との境に立てられていた足場も取り払われた。夕方までの作業は、瓦礫の中から、木片やガラスを拾い出すこと。法律の定めとは言え、分別は手間がかかる。  ユンボの左後ろに残っているブロックが車庫の部分だが、ここには、給湯用のボイラーと石油タンクがあり、最後に解体されるのではないか。  実はこのボイラー、32年前の新築時には先進的なセントラルヒーティング用のお湯を沸かすためのものであった。しかし、新築後すぐに到来した第一次オ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/19 18:12
廃屋の解体(17日目)・・植栽が根こそぎ
 廃屋の解体そのものは昨日で終了した。懸念されていたグラスファイバー製汚水浄化槽は発見されず、一安心。  今日は、道路側のブロック塀を壊した後、廃屋の東側で母屋の南側にあった庭から、植栽が根こそぎユンボの餌食となり、ダンプの荷台に詰め込まれた。  紅梅・白梅・八重紅梅、枇杷、ツバキを始め、年代物の石榴やつつじなど、きれいさっぱりなくなった。作業員は今日も「もったいない」を繰り返していた。今年一番の冷え込みだという。吹きさらしの中で作業する方たちは「寒い、寒い」も連発。  廃屋部分の解体とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/19 17:49
クリナップのショールームへ見学に
 昨日、工務店のセールス氏の案内で、クリナップのショールームに行った。システムキッチンとシステムバスを見に行くためである。  先ず、標準仕様のシステムキッチンであるK2を見る。使うのは妻なので、最終判断は妻任せ。255cmI型のスライド収納タイプで、基本セットプランからステンレスコイニングのワークトップ、引き出しや扉の色は、キッチンが明るく見えるよう、ソフトイエローを選ぶ。オプションで食器洗い乾燥機、排気音が静かなレンジフード、ガラストップの片面グリル付内燃バーナーコンロ、地震の揺れを感知する... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/12/19 09:42
建築士さんと最初の打合せ
 工務店本社で、設計担当のA一級建築士と最初の打ち合わせ。基本的な間取りと構造部分について確認を行う。2階のトイレやシンク、洗濯機用の排水のためには、玄関脇にパイプシャフトを作ったほうが良いとのこと。小屋裏収納の大きさは6畳程度で、屋根下の東側部分。2階の階段ホールにその入り口となる収納階段を取り付けることが決定した。  今後、内・外装の仕様や材質・色などを決めていかなくてはならないが、先ず決めなければならないのは、屋根、サッシ、サイディング(外壁)、床材、ユニットバスだそうだ。  当方から... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/18 18:55
母屋の解体(6日目)・・殆どの躯体が崩された
 昨日、ユンボの操作員が話していたように、玄関があった側の道路で、舗装作業が行われていた。このため、今日の解体作業は舗装作業が始まる14時前で終わったとのこと。  庭のほうから回りこむと、母屋の躯体は、納戸とその下の車庫を残して、崩されてしまっていた。今日も、木質系の廃材を中心に解体・搬出がなされたようだ。幼稚園のお迎えで通りがかった隣のF家の嫁さんが「あっという間でしたね」とびっくりしていた。  ベランダ下に施工されていた鉄板が折り曲げられていたり、雑巾のように絞られていたりで、大型ユンボ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/17 18:16
廃屋の解体(16日目)・・更地同然に
 15時半頃行ってみると、既に作業員は帰った後。  あれだけあった瓦礫の山がきれいさっぱり運び去られ、更地同然の姿になった。解体作業の残りは、周囲のブロック塀を崩すことだけだ。  心配の種である浄化槽が埋まっているのかどうかは分からない。現場で現物を確認しない限り処分料は払わないつもりだ。   ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/17 18:03
母屋の解体(5日目)・・順調に進む
 母屋の解体は何も問題がなく、順調に作業が進んでいる。今日までに、躯体の7割がたが壊された感じだ。  ユンボの操作員は手馴れたもので、アームの届かないところは、太い柱をつかんで壊しにかかる。かと思うと、大きな爪で金属や木・石などを区分けしてつまみ出す。見ていても飽きないが、寒いのには参る。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/16 18:51
廃屋の解体(15日目)・・土台まで壊された
 夕方、見に行ってみると、土台のコンクリートが一まとめに積み上げられていた。  木質系の瓦礫は殆どダンプに積み込まれ、残るゴミは、石やコンクリート塊、アルミ・鉄などの金属系、配線コード類、雨どいやパイプなどのプラスチック系に大別されている。明日中には全て搬出されるようだ。塀のブロックの解体が残っているが、更に、レーキなどを使って、細かいゴミをさらい、その後、整地に移るようだ。  頭痛の種の浄化槽は土を掘って見なければ分からないらしく、確認は明日になりそうだ。出てこないことを祈るのみ。  解... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/16 18:41
母屋の解体(4日目)・・ポッカリと大きな穴が
 母屋の解体にも昨日の午後からユンボが登場したらしい。北側の玄関やトイレのあたりから、その爪でかじり取られ、今日14時半に見に行くと、既に2階部分を含めて、母屋に大きな穴が開いていた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/15 19:41
廃屋の解体(14日目)・・瓦礫の山に
 昨日、焼き切られた外階段やベランダは運び去られた。残るのは、瓦礫の山だ。  ユンボの操作員は手馴れた様子で、アームを操り、木質と金属などに分けながら、木質の瓦礫をダンプカーに運び込んでいる。  浄化槽が出てきたというので、現物を確認しに行ったのだが、まだ掘り出されておらず、本当に埋まっているのかどうか疑わしい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/15 19:34
母屋の解体(3日目)・・瓦が降ろされた
 朝10時頃には屋根瓦の南側が、昼前には北側の瓦も全て、枠の高いトラックの荷台に投下された。屋根瓦の下には、土が詰められた部分もあり、屋根瓦下にも埃が溜まっているので、水をまいたようだ。(写真上は南側から、下は北側から撮ったもの。家の前に駐車しているトラックの白い荷台枠が写っている。携帯のカメラなので不鮮明)  一昨日、売却する土地の測量が終了した。結果は、恐れていたように、公簿より実測のほうが少ないという。ラフに見て4uほどと予測されたが、2.87u(約0.87坪)の減少で止まったとのこと。... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/14 22:57
廃屋の解体(13日目)・・浄化槽が!!
 午前中、鉄製の階段とベランダに沿って立てられていたパイプの足場が外され、ガスボンベが搬入された。午後からバーナーで鉄骨を焼ききるようだ。  東側に回ってみると、建っていた木材は、ベランダと階段を支える分を残して、全て壊されていた。  解体屋さんから工務店に入った連絡では、古い浄化槽が発見されたとのこと。10数年前、本下水ができたときに、浄化槽を掘り出さなかったようだ。これは、グラスウール製で解体業者では処理ができず、約20万円もの処分料が発生するそうだ。ある程度予想はしていた事態だが、その... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/14 22:35
母屋の解体(2日目)・・足場が組まれた
 この家は近所の工務店にお願いしたものだが、木材は品質の良いものを使っており、2階の柱は今では殆ど手に入らない「木曽ヒノキ」。その工務店の社長は既に引退しているが、うろの部分を輪切りにしたケヤキの古木の飾り棚を引き取ってくれた。  解体作業員も近所の人も「壊すのはもったいない」を連発してくれたが、夫婦二人で住むには広すぎるので、もうすっぱり未練を断ち切った(つもり)。  昨日から始まった内装材の剥がしは終了し、石膏ボードが殆ど運び出された。また、木質系以外の廃品も運び出されたようだ。 平行... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/13 21:18
廃屋の解体(12日目)・・9割がた壊された
 ユンボを使った解体は早い。既に、9割がたが壊された。残りの構造物は、鉄製の外階段とベランダ部分、及び、これの片方を支えている木造部分。  明日、外階段を利用して立てられている鉄パイプの足場を外し、外階段をバーナーで焼き切って、ユンボで内側に倒すのだそうだ。  これが終われば、整地まで進むのは数日中だろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/13 17:53
母屋の解体(1日目)・・建具の取り外しや内装材の解体
 今日からいよいよ母屋の解体が始まった。朝、10時頃様子を見に行ったところ、既にガラス戸や建具が外され、内装材(石膏ボード)の剥がし作業が始まっていた。  作業員は4名なので、進行が早いのだ。内3名が外国人労働者。顔つきや言葉から察すると、インドネシア系か。年上の作業員は日本語ができ、在日が長いようだ。  夕方、状況を見に行くと、2階の道路側に穴があけられ、内装材をトラックに積み込むための出入り口にしてあった。その足場は、枝降ろしした立ち木に棚板を渡しただけの危ないもの。安全性は大丈夫なのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/12 17:57
廃屋の解体(11日目)・・いよいよユンボが動き出す
 解体10日目の午後、屋根と2階の構造部分を手作業で解体を進めた結果、重量負荷が減り、何とかユンボによる解体が出来る見通しになった。  11日目は、いよいよユンボが本格稼動を開始し、西側部分の構造材を壊し始めた。  解体された木材は、横付けされたダンプに積み込まれる。ユンボの操作員が増えたので、2階ではチェーンソーやバールでの手作業解体が進む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/12 17:41
廃屋の解体(10日目)・・解体方法の変更を迫られた
 解体9日目の午後、西側2階の屋根を解体した。これで、玄関部分の柱にかかる重量を減らしたので、ユンボで解体できるかどうかチェックしたそうだ。しかし、1階部分の柱が少なく、倒壊の危険がなくなったわけではなかった。そのため、解体方法の再検討が必要になった。  我々夫婦が引っ越したため、母屋の解体はいつでも出来るようになった。ということで、作業員を増やして、母屋の東側を先ず解体し、大型ユンボが南側の庭に出られるようにする。そして、廃屋の東側から大型ユンボで解体するという。  母屋の解体は12日から... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/10 18:56
人に貸すなら、瑕疵のない物件を用意しろ
 隣地境界確認に向かう途中で、例の「出来ない」不動産屋に電話して「ガス給湯器の故障で風呂が使えないなんてとんでもない物件だ」と叱り付ける。彼はすぐ修理手配すると平謝りだった。  11時頃、京葉ガスから電話があり、15時から17時に間で点検・修理するとのこと。15時頃、不動産屋が借家まで謝りに来た。瑕疵責任だから、昨夜の健康センターの入浴料を負担しろと、ダメもとで要求したら、大家さんと相談するとのこと。  15時半頃、京葉ガスが点検した結果、「単なるモーターの油切れで回らなかっただけなのでクレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/08 21:54
公簿より土地が狭く、大損する雰囲気に
 昨日分のブログを投稿した後、旧宅の隣地境界確認に向かう。西側のTさんとはすぐ終了したが、廃屋の解体がいつ終わるのか分からないので、洗濯が出来ないとクレーム。幸い、昨日も今日も解体作業はお休みらしい。南東側のアパートの持ち主は法人。東側のFさん宅はTさんが地主。Tさんはスナックを営んでおり、朝辛そうで、遅刻して来た。  境界確認が全て済んだ結果、売却する土地が公簿より4u以上も狭いという。新しい法律では、公簿の地積変更のため、隣接地主から実印で確認書をもらい、登記所に申請しなければならないそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/08 21:48
引越し当日・・・最後まで出来ない業者に泣かされる
 いよいよ引越し当日となった。8時30分、S引越しセンターのトラック2台、作業員4名が到着、段ボール類から積み込みを開始する。その後、大型家具など。  忙しい最中、10時頃、S測量事務所のY君が突然現れ、今日10時半から南側の境界確認をするので立会いをしてほしいと言ってくる。また、明日も10時半から他の地主さんとの境界確認だという。相手さんに連絡して、なぜ依頼主に事前連絡しないのか、しかも、引越しの真っ最中に言ってくるなんて、全く非常識なやつだ。  境界の確認が終わっても、廃屋解体の作業員は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/07 23:04
引越し前日、梱包作業をお願いした
 朝8時20分頃、S引越しセンターから電話があり、エアコンの取り外しは9時半から行いますとのこと。このお兄さん、朝何時から仕事を始めるのでしょうか?  9時には、同じ引越しセンターから派遣された女性(50歳台と40歳台の計2名)がお見えになった。これから1階部分の荷物を全て梱包していただくためだ。各部屋の家具什器別に、引越し先の収納場所を整理したリストを示して、段ボールに記号番号を記入していただく。お二人ともかなり手馴れた様子で、無駄口もたたかず、もくもくと作業を進める。昼食もとらずに午後2時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/06 20:23
廃屋の解体(9日目)・・またまた問題発生
 昨日、1階の入り口付近を手作業で壊したので、ブロック塀と廃屋のわずかなスペースにユンボを入れるという。写真を見ていただくと分かるのだが、ユンボの向きも変えられないような場所。どうするのかと思ったら、大型のクレーン車が到着し、ユンボを吊り上げる始めた。ユンボを降ろす位置の調整やら何やらで、ユンボが無事におさまるまで30分くらいを要した。  これで一気に解体が進むと思いきや、またまた問題が発生した。写真で説明すると、石段に立っている作業員の頭の上に写っている白っぽい柱が問題なのだ。この柱が2階手... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/06 19:46
また「出来る業者」に出会いましたよ、ニトリさん
 「ニトリ」で買った食器棚とキッチンボードが引越し前の仮住まいに運び込まれた。  作業は、運送と組み立てを請け負っている業者だが、責任者は実に礼儀正しい。また、仕事も丁寧で、助手への声掛けも適切だ。確認行為も、据付場所までの搬入順路と床の養生、作業終了時の床面の傷の有無と梱包資材の搬出、そして、領収確認と3回に分けてきちんと行われ、それぞれの確認書にサインを求められた。こんなにサインを求められたのは初めてだ。また、ついでにダンボールの廃棄をお願いすると「よろこんで」との返事。  作業が終了し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/05 18:55
廃屋の解体(8日目)・・地盤に亀裂が
 一昨日、屋根瓦の降ろし作業が終わったと思っていたら、今日も屋根に作業員が上がって、瓦降ろしをしていた。聞くと、西側が残っていたとのこと。また、一昨日、降ろした瓦も2階の床に大部分が置いてあり、それをトラックに投げ下ろした。瓦がトラックの荷台で砕け、大きな音がするが、一昨日クレームがあったお宅からは、今日は文句が出なかった。ところが、別のお宅から「ほこりがひどい。水をまいてからにしてくれ」とひどく叱られたそうだ。やむなく、ホースを使って、ほこりを落として、投げ下ろす作業を再開した。  瓦の搬出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/05 18:26
借家のご近所にあいさつ回り
 昼前にIデパートで借家のご近所への挨拶代わりの品を買い、借家で弁当を食べる。その後、私はカーテンレールの点検・交換を済ませて、朝洗濯しておいたカーテンを吊るす。妻は、台所の流し台の下などの収納に汚れ止めのシートを張る。  それぞれの作業が終わると、二人で雨戸の汚れを雑巾でふき取る。かなりの間、空き家となっていたため汚れがひどく、妻は何度も雑巾掛け。  昼前からシトシトと降りだした雨のせいか、室内も冷え込んできて、寒がりの妻は石油ファンヒーターを持って来ればよかったとぼやく。  午後3時半... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/12/04 18:20
廃屋の解体(7日目)
 屋根瓦の降し作業が始まった。道路に止めたトラックの中に屋根から投げ下ろすとのことだった。  しばらくして様子を見に行くと、はす向かいのお宅から「うるさい」とクレームはついたので、瓦を投げ下ろすことが出来ないと言う。そのため、瓦を袋詰めにして運び降ろしており、仕事がはかどらないと嘆いていた。工務店からご挨拶は済んでいるが、土・日の静けさを妨げられたくなかったのだろう。結局、夕方日が落ちるまで作業は続いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/03 20:19
仮住まいなので、カーテンは現用で間に合わせることに
 昼前に借家に行き、カーテンが必要な窓の高さと風呂のサイズを測ってきた。蛍光灯器具も古いので、交換が必要な部屋をチェックする。  帰宅後、カーテンも現用のものが使えないかチェックした。掃き出し窓は借家のほうが高いので、長さが不足する。レースのカーテンを2セット購入する必要があるが、仮住まいだからなるべくお金をかけたくない。結局、フックの交換とカーテンのすそをほぐして纏ることで対応することにして、新品の購入をやめたが、2連のカーテンレールを2セットのみ新調することにした。  午後から、また「ユ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/02 19:20
転居前の事務手続きを終わらせる
 転居にかかわる事務的な手続きはかなり多い。これまでもぼちぼちやってきたが、今日は、先ず、市役所の支所に転居届を提出に行った。市外に転出の場合、転出・転入の届が必要だが、我々は同じ市内なので、比較的簡単だった。印鑑登録の住所も自動的に変更されるし、国民健保、国民年金、老人保健、介護保険は、記号・番号が変わらないので、住所が変更になっても各証書の効力は失われないとのこと。ならば、新居が出来てから一気に変えることにしようか。  帰宅して、東京電力、県水道局、市の下水道局(事務委託先)に現在の家の停... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/02 18:59
廃屋の解体(6日目)
 今朝は10時になっても解体作業の物音がしない。休みかなと思っていたら、昼過ぎに音がし始めた。聞けば、「午前中は、急ぎの仕事を回されてしまった」とのこと。今日の作業員は3名、うち1名は力の強そうなおばちゃんだった。  午後からの作業では、昨日の足場作りの残りを仕上げた。そして、網目状のグリーンの養生シートを東側と西側に張った。明日からは、屋根の瓦降ろしの作業にかかるとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/02 17:40
廃屋の解体(5日目)
 今日も作業員は2名。トラックに5m以上ありそうな長いパイプを積んでやってきた。これで、壊す家の周りを囲む足場を作るのだ。これに養生シートを張り、周囲への危険防止と埃の飛散を防ぐためだ。  先ず、家の角から50cmほど離れた場所に、短い(といっても1m近くあろうか)パイプを地中に打ち込む。これを支柱にして長いパイプを立てる。同様に、2m間隔くらいで長いパイプを立てていき、次に、80cm程度の高さのところに横にパイプを渡し、縦のパイプとジョイントさせる。  10時頃、仮住まいの借家に向かったの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/01 22:05
仮住まいへの入居準備でアクシデント
 朝、10時に夫婦で家を出て、近くの郵便局へ「郵便物転送届」の手続きに行く。専用はがきに新旧の住所と、転送開始日、転居する者の氏名を記載し、届出人の記名・捺印をする。これが居住地の本局に送られ、手続きが完了となる。  次に、不動産屋に行って鍵を受領し、借家の駐車スペースに車をバックで入れてみる。前の居住者は軽四輪だったそうだが、我が家のホンダフィットでもきつそうだ。しかも、道路と敷地に段差があるため、側溝の上に鉄板で斜面を作ってある。これがやや急で、バックの際エンジンを吹かせなければならない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/01 21:26
廃屋の解体(4日目)
 今日も作業員は2名で、まず、アルミサッシの撤去にかかる。作業員がプラスドライバーを忘れてきたとのことで、我が家のものをお貸しする。午前中で、8割がたのアルミサッシが外されて、一旦、トラックで処分場まで運んだらしい。昼食後、様子を見に行くと、ガラスだけはシートを広げて積んであったので、後日、別のところへ運び出すらしい。  午後からは、入り口上の小屋根部分の瓦を下ろし、屋根下地も剥がした。明日以降、この下の構造部分も壊すことになる。廃屋が道路面より1m以上高く、かつ、入り口前が狭いので、ユンボが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/30 17:19
我が家の敷地は登記簿上の面積より狭いようだ
 14時前に、M土地家屋調査士事務所のYさん他1名が来宅、土地取引の基本となる測量を行うための打合せを行った。  公図に基づき、道路に面した境界の確認をしたが、東側のFさん宅及び南側の2軒との境界は側溝との境に鋲が打ってあるので問題はない。しかし、西側のTさん宅との境は鋲が見当たらず、登記図面と15cmほどの食い違いがあるとのこと。具体的には、Tさん宅の敷地は登記図面通りの間口だが、我が家の敷地は登記図面より短いのだ。従って、それぞれの敷地の反対側から長さを測ると、境界部分で重なってしまう。こ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/11/29 18:00
廃屋の解体(3日目)
 9時15分頃、力の強そうな50代の男性2名が解体作業にやってきた。今日は、2階の家具を壊してから、内壁を壊しにかかるとのこと。  写真上は家具を壊しているところ。  壊しの作業も材質による分別が目的だ。家具は殆どが木で出来ているが、内壁は木材と石膏ボードが主体。従って、同時に壊すものの、木材だけ分けて積み上げる。もっとも、石膏ボードのほうは細かく砕けてしまうので、後でさらった方が効率が良い。  木材はチップにするとのこと。釘などの金属がついていても、チップにする際、選別できるという。恐ら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/29 17:32
廃屋の解体作業(2日目)
 解体作業というか、その準備作業が2日目になった。今日は、午前中に、1日目で持ち帰ったゴミを処分場に運び込む時間が必要だったため、午後中心の作業になった。今日は、冷蔵庫、TV、金属類、塗料・油類、ガス入りのスプレー類、、照明器具、蛍光灯、ガラス、など、細かく分類して運び出した。残りは、大型家具や木材関係が殆どだが、まだ4tトラック2、3台分くらいはありそうな感じだ。  様子を見に行った妻が、「ずいぶん細かく分けるのね」と驚いていたが、業者のほうも「マニフェスト」を作らなければならないから、手を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/28 21:07
出来る業者と出来ない業者
 朝食後にe-Mailのチェックをしていたら、S引越しセンターから早くも電話。9時過ぎに保管物品の契約書に私と連帯保証人の記名・捺印を欲しいという。調印後、不足しそうな段ボール箱と食器梱包用のシートをもらう。リビングがゴミの仕分け場と化していると愚痴ると、「お家が広いから出来ることで、普通の家ならダンボール箱だらけになっていますよ」といなされた。  午後から、工務店のセールス氏が工事部長のTさんを紹介にやってきた。同行の電気屋さんと共に、現在の家で使っている比較的新しいものが新居でも使えるかど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/28 21:07
ウォッシュレットの移設にも問題が
 昨夕、工務店のセールス氏と水道屋さんが来宅。1階で使用中のウォッシュレットを仮住まいの借家に移設できるかどうかの相談のためだ。移設に問題はないが、ウォッシュレットの便座と借家の便器の長さが合わない場合もあるとのこと。  不動産屋で鍵を借りて、3人で点検にいった結果、やはり便器のほうが10cmほど長かった。それではと、また自宅に戻り、新居に移設してもらう予定のウォッシュレットを見てもらう。これなら問題ないとのことなので、これを借家に移設してもらうことにした。  もう一つの問題は、借家のトイレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/27 08:55
廃屋の解体作業始まる
 我が家の敷地には、国内で糸偏産業が盛んな頃の名残である縫製工場兼住居がある。今では、工場のミシンやロック機、モーターなどは片付けられたが、我が家の巨大な物置と化している。  今回、敷地を売却して更地で引き渡す契約を交わしたので、この廃屋を解体することになった。  昨日、解体屋さんの女性が見えて、「明日から作業に入るので、中の様子を写真に撮りたい」とのことで、案内した。女性は、その後、ご近所へご迷惑をおかけしますと挨拶に回ってくれた。  今朝は、9時から解体屋さんの女性2名が来て、廃屋の中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/26 16:26
大手ハウスメーカーも24時間全館暖房の家
 今朝の新聞に全面広告が出ていたが、セキスイハイムが「家中、24時間、快適温度の家」を発売した。24時間全館暖房の家を発売した最初の大手ハウスメーカーではないかと思うが、非常に良いことだ。  その暖房システムは、深夜電力を使って床下に設置した蓄熱放熱器を暖め、ここを通過させた空気を家中に供給するもの。これに太陽光発電システムと高断熱・高気密&オール電化の省エネ設計を組み合わせれば、年間光熱費ゼロの暮らしも可能だという。  素人目に少々気になるのは、蓄熱放熱器が床下空間内に設置されるので、これ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/25 14:04
ニトリ松戸店4階担当のSさん、素晴らしい対応でした
 今朝は月1回しかない陶磁器・ガラスなどのゴミの日。昨日、これに合せて家中の不用品を引っ張り出した。鋏類やカメラなども対象で、これも探す。今朝、それらをゴミ集積所まで運んだが、ビニール袋、ポリ袋、レジ袋、計17袋で、集積所まで8往復した。我が家の出したものだけで、集積所の半分が埋まってしまった。市の作業員さん、たくさん出してスミマセン。  その後、リサイクル業者さんに来てもらい、義父母が大切にしていた茶箪笥を査定してもらうが、合板に銘木風の薄い板を貼り付けたものと判明、値が出ないとのこと。家具... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/24 16:44
工務店本社で売買契約に調印
 工務店本社で、「土地売買契約書」(我が家の敷地を更地にして売却)と「土地付建物売買契約書」(工務店の所有する土地とハイブリッドソーラーハウスを購入)の調印をした。いずれも私と妻の共有名義のため、連名で記名捺印する。これに先立ち、不動産取引に欠かせない「重要事項の説明」を書面と口頭で受けた(宅地建物取引業法第35条では、宅地建物取引業者は、不動産取引において取引の相手方に対し物件に関する法律関係、その他必要な事項について書面を交付して説明することを義務付けている)。  私も妻も生涯で最大の売買... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/22 23:09
引越しのため思い出も捨てる荷物整理
 仮住まいへの引越し日が決まった。それまでに、ごみ集積所に出すもの、資源ごみとして出せるもの、クリーンセンターに粗大ゴミとして持ち込むものに分別・整理しなければならない。  引越し荷物を減らすため、思い出も一緒に捨てなければならないのが辛いところ。フリーマーケットが趣味の知り合いが入るので、売れそうなものも探す。  更地渡しの契約になるから、どうしても処理できないものは、家の解体時に全部搬出してもらうが、解体費用が追加になるかどうかの心配もある。  資源ごみの回収は、引越しまでにあと2回し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/20 08:30
私の理想の家はこんな外観です
 先日、工務店に伝えた仕様変更を反映した「建築工事仕様見積書」が届けられた。増額の多くの部分が小屋裏収納製作と窓サッシの数量増、「エコカラット」の使用など。逆に減額になった工事もあるので、総額では33万円の増加になった。  見積書では、小屋裏収納の面積が10畳分以上になり、根太の強化などで材料費が増えるので、4.5畳ほどにすればもっと安上がりになるとのこと。なお、小屋裏収納の天井高は1400mm以下にしないと、建築面積に含まれてしまうので要注意。  「エコカラット」はINAXの商品名で、調... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/19 09:49
ハイブリッドソーラーのお宅を訪問した
 妻は、多くのご婦人同様冷え性で、冬の寒さが大敵なのだ。真冬、外から家に帰っても、しばらくは身体が温まらない。夜は、電気敷布団に羽毛布団、更に靴下を履いて寝るような状態。  「だから、ハイブリッドソーラーで24時間暖房の家が良い」と私は言うのだが、全然信用しない。工務店のK社長も暖かさを力説するが、信じられないという。それなら、ハイブリッドソーラーハウスで実際に冬を越したお宅の方に直接話をしてもらおうと、工務店のセールス氏に頼んでおいた。  昨日、A家の奥様に了解をいただいたとのことなので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/18 18:53
仮住まいの物件を下見に行く
 工務店のセールス氏の紹介で、仮住まいする物件を夫婦で下見に行った。最寄り駅から徒歩15分、現在の家からは徒歩10分くらいか。一戸建ての4LD・K+Sで、広さは十分だが、キッチンが狭く、洗濯機が外置きになるなど、妻にはかなり住み辛そうだ。しかし、5ヶ月ほどなので我慢してもらうしかない。 また、我が家より掃き出し窓の高さがあり、カーテンの長さが不足するが、止むを得ないだろう。そのほか、駐車スペースがぎりぎり、などなど、挙げればきりがないが、仕方がない。南道路で日当たりが良いことで満足しよう。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/17 21:21
引越しも2回分となると・・・
 現在の敷地を売って、新たに土地付注文住宅を建てるので、売買契約成立と共に土地を更地にして明け渡さなければならない。という訳で、新居が出来るまで仮住まいをすることになる。となると、2回、引越しをしなければならなくなった。  きょうは引越しやさんと打ち合わせ。お願いしたのは、八百屋さんの親父がおじんギャグを何発もかますCMでお馴染みのサカイ。セールス氏曰く、日本唯一の引越し専業で、全て自社トラック、勿論下請けは使いません、だから、業界初のISO9001と14001をダブル取得できたんです、とのこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/15 21:05
家作りの夢を叶えます
 趣味が高じて、理想の家作りの勉強をやってきたことは、拙ブログの「マイホーム学院受講の記」でご報告した。勉強はしても、実際の家作りについては「夢」で終わるのではないかと思っていた。  しかし、この度、学院を主催する工務店に、我が家の敷地にある廃屋の解体を相談したことがきっかけになり、我が家の敷地を売って、その代金で「2×4(ツーバイフォー)」の「ハイブリッドソーラーハウス」を建築する話がまとまりつつある。勿論、共同名義人である妻や、相続権のある二人の息子の同意を得た上でのことだ。  方向性... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/12 15:50
24時間暖房の家が、真冬、室温18℃でも快適な理由
 ハイブリッドソーラーハウスのような全室24時間暖房の家は、18℃前後の室温設定でも快適だという。しかし、18℃では少し寒いのではないか・・・私もそう思った。では、快適さの秘密は何だろうか?  答はMRT(平均輻射温度)の違いによる体感温度の差なのだという。MRTとは、窓・壁・天井・床・家具など、身体と向き合うすべての表面温度を平均した温度のことだ。体感温度はMRTと空気温度を足して2で割った数値といわれているので、エアコンやファンヒーターで暖房しても、MRTが低いと身体の表面から熱が奪われ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/10 13:12
ハイブリッドソーラーシステム
 わが国の推奨する「次世代省エネルギー基準」(1999年)では、先進国らしい快適で健康な暮らしを送るため「全室24時間(これが重要)、冬は18℃以上、夏は27℃以下、湿度60%以下」に保つことを推奨している。  高気密・高断熱の家では、冷房は利きがよく、さほど電力を食わない。一方、「全室暖房」となると、床から暖めるのが一番効率が良いが、今より多くのエネルギーが必要だ。 このエネルギーをまかなう方法は色々あるだろうが、もっとも安上がりな方法は、太陽光という有り余る自然エネルギーを活用すること... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/11/09 13:20
♪いーとー巻き巻き、いーとー巻き巻き
 我が家の敷地内には建坪15坪ほどの廃屋がある。昔、日本の糸偏産業が華やかなりし頃、義母が人を使ってシャツ縫製の下請け作業をする工場だった。工業用ミシンやモーターなどの機械類やシャツ用の生地は資源ゴミとして引き取ってもらったが、いまだに細々とした物がたくさん放置されている。  そんな中に、工業用縫い糸がある。新品から使い掛まで、色・太さ・材質もさまざまで、それこそ「色とりどり」といったところだ。お店が開けるくらいだと言ったら少々オーバーだが、それに近いものがある。  こんなにたくさんある縫... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/01 08:03
理想的な家作りについて学習終了
 今日は、毎週土曜日に8回通った「マイホーム学院」の最終日と終了式。在職中、業務教育でもらって以来20数年ぶりくらいの「終了証」と記念品を頂戴した。  まじめな話、本当の家作りとは何たるかを学習できてよかったと思う。今まで、自分なりに「理想の家」を思い描いてきたが、それは、単に「住みやすそうな間取りを持つ家」であったと気づかされた。本当の理想の家とは、「理論に裏打ちされた愛情あふれる家」ではないか、そんな家を作るために、施主自身が正しい知識を身につけ、建築家や工務店任せにせず、自分自身で考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/29 22:55
21世紀にふさわしい暖房とは
 鎌倉時代、兼好法師は徒然草の第五十五段で「家の作りやうは夏をむねとすべし 冬はいかなる所にも住まる 暑きころ、わろき住居は堪へがたき事なり」と書いた。このように、昔から日本の住まいは隙間だらけで、室内の温度は外気温とあまり変わらなかった。このため、冬は着物をたくさん着込んで、囲炉裏や火鉢、コタツといった方法で暖をとる「採暖」の時代であった。  数十年前、石油ストーブが登場すると、簡単に部屋(房)全体を暖めることが出来るようになり、「暖房」の時代に入る。しかし、廊下やトイレ、風呂場などは相変... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/22 09:30
優れものの窓サッシ
 黒姫高原のNさんのログハウスの窓です。中々の優れものなので、紹介させてもらいます。  上の写真は外観ですが、木製サッシにペアガラスがはまっており、内側に網戸が一体になっています。下側の写真は内側から撮った別の窓です。中央に、はめ殺しのペアガラスがセットされているほかは同じ構造になっています。  優れているのはここから先です。なんと、窓の開閉が、サッシに組み込まれたレバーで出来、網戸を開けなくても良いことです(そのメカニズムは写真からご想像ください)。だから、蚊や虫に侵入される心配は全くあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/10/18 08:31
米国のお年よりは逃げ足が速い?
 今朝のNHKニュースで、火災による焼死者の6割以上が65歳以上のお年寄りだと報道された。昨年の消防白書によると、焼死者の7割が逃げ遅れだが、その多くがお年寄りであることは想像に難くない。これは、軸組み工法の日本家屋は火の回りが速いことと密接に関係がある。  なぜ火の回りが速いのか?答は、壁や天井に隙間が多く、煙突状になるためだ。その点、2×4は、箱を並べたり、積み重ねたりという工法のため隙間がない。従って、他の部屋に火が回りにくい構造になっている。これが、国交省から「耐火構造認定」を受けたゆ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/17 09:49
IH調理器は地球環境にやさしいか?
 最近、電力会社やかでんにメーカーのよるIH調理器の宣伝が盛んだ。炎もCO2も出さないから人と環境にもやさしいクリーンエネルギーとの触れ込みだ。  確かにエネルギー効率が良く、100というお湯を沸かすのに110くらいの電気エネルギーしか使わない。一方、都市ガスやプロパンガスの調理器の場合は、エネルギー効率が5割くらいなので、200くらいのエネルギーを使う。  では、コストはどうだろうか?電気と都市ガスではコスト対比が5.9:2.5(1999年、日本ガス石油機器工業会調べ)なので、IH調理器は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/14 17:36
ログハウス宿泊を初体験
 黒姫高原で宿泊させていただいたのは、元客室乗務員のCさんの義父のNさん達が所有する山荘。カナダ産の木材を使った築3年のログハウスだ。丸太の太さは30〜35cmもある立派な作り。高気密であると同時に、調湿効果もあり、丈夫で長持ちする。  間取りは、大きな吹き抜けを持つ4LDKで、快適な生活ができる。雪の深い地方なので、土台を高くした分、地下室として利用が可能で、倉庫や囲炉裏の間もある。少し暖房すれば、かなり暖かくなるので、寝かせてもらった2階ではタオルケット1枚で寒くはなかった。  ログハ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/10 21:51
札幌市時計台と2×4の関係
 2×4工法は、在来工法(木造軸組み)と比べ、阪神大震災で耐震性の優秀さが確かめられた。そのほかにも、耐火性(防火性)や断熱性、耐久性、耐風性、遮音性に優れている。  殊に、耐震性、耐火性は特別な施しをせずに優れた性能を出すため、住宅金融公庫からの借入額も有利で、返済期間も長くできる。また、国土交通省から耐火構造と認定され、4階建ての住宅やアパートも可能になった。  良いことはまだある。規格化された強制乾燥材を使用しており、狂いが少ないこと、材料の種類が6種類で管理しやすいこと、大工技能に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/08 08:06
住宅建築とお隣さんとの関係は?
 新築(増築)して、お隣さんとの仲が急に悪くなったなんてよくある話ですよね。そうならないように、「民法」には色々な規定がある。  例えば、第234条では、建物を建てる場合には隣地境界線より50cm以上離さなければならない(もし、隣がこれに反して建築しようとしている場合は、建築をやめさせ、又は変更させることができる。ただし、建築着手後1年以上経った場合、又は完成後は損害賠償請求しかできない)とある。第235条には、境界より1m未満で他人の宅地を眺めることができるような窓や縁側を作るときには、目隠... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/02 08:28
次の義務づけは「おやじ」の警報器か?
 来年(平成18年)6月から、新築住宅に火災警報器の設置が義務づけられるそうだ。これは、住宅火災による犠牲者を減らすため、昨年、消防法が改正されたからだ。  既存住宅についても、来年6月から2〜5年の猶予期間(市町村条例にて別途決定)を経て、義務化されるとのこと。  設置しなければならない場所は、寝室(天井など)と、階段(寝室がある階の最上部)。警報機の種類は、光の反応を利用して煙を感知する光電式。そのほか、台所や廊下にも設置したほうが良いとのこと。  昔から、怖いものの代表を「地震・雷・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/28 18:04
住宅性能表示って知ってた?
 今回はちょっと堅い話・・・しっかりした住宅を建てるには堅い話も必要だ。  住宅はその品質を保証するため、性能表示をすることになった(1999年〜建築基準法改正)とのこと。住宅性能表示のポイントは以下の9項目。法律で、共通の基準(等級)が示されているので、第三者機関(例えば、財団法人住宅保障機構)により客観的に確認・評価することが可能になった。  1.構造の安定(耐震、耐風、耐積雪)  2.火災時の安定(感知警報装置設定、耐火時間)  3.劣化の軽減(普通の気象条件と維持管理による耐久性... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/27 18:38
平均築100年の住宅
 家の更新(建替え)周期を日・英・米で比較すると、日本は平均30年なのに対し、英国では約140年、米国では約100年となるそうだ(マンションなどを含む竣工年比較)。  英国は、外壁と一部の間仕切りは石造りが基本(屋根や間仕切り・天井は木造)なので、日本とは比べ物にならない。一方、米国は木造が基本(2×4=ツーバイフォーが主流)なのに、日本の3倍以上長持ちしている。  日本との違いは、大切に使い、良く手入れをする、美しく保とうとする、などの国民性、シンプルなデザインで飽きが来ない、リフォームす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/19 08:30
木の家は長持ちする?!
 耐久性のある建物といえば、鉄筋コンクリート造りを想像しないだろうか?  素材としてのコンクリートの寿命は50〜100年、鉄は30〜50年だそうだ。しかし、老朽化により建て替え問題が発生しているマンションは平均築37年だという。  一方、自然素材である木材の寿命は私の予測をはるかに超えていた。ケヤキは300年、松は400〜500年、杉は750〜800年、ヒノキに至っては何と1,400年だという。  昭和の名工・宮大工として有名な西岡常一氏が法隆寺の修復を行った。その経験では、「(法隆寺の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/16 13:28
カローラを買うのにベンツを見に行きますか?
タイトルは講師の問いかけだが、全員の答えが「いいえ」だった。 実は、住宅展示場の話である。 見学に行った方はご存知だろうが、建坪も延べ坪も大きい。外装も内装も、設備も備品も立派である。こんな家に住みたいと誰もが思うように作ってある。 興味を示せば、すかさずセールスマンが寄ってきて、パンフレットを差し出す。 しかしである、この展示ハウスは、パンフレットに載ったものプラス、オプションのオンパレードなのである。こんな物件のコストは、宣伝費なども含めれば、7、8千万円、ことによると一億円を超える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/15 08:45
間取り設計の趣味が高じて
 自分の理想とする家を建てるのが夢である。しかし、年金生活ゆえ夢は一層遠のいたが、息子と一緒になら夢ではないかも知れぬ。  昔から新聞折込チラシに載っている建売住宅の間取りを見て、自分たち家族の生活に当てはめてみたりした。そのうち、間取りの良し悪しが次第に分かるようになり、自分で設計してみる楽しみを見出した。住宅関連のテレビ番組も欠かさない。  最近では、良さそうな間取りを見つけると、「3D住宅デザインソフト」に入力し、それを自分好みに変えてみることも趣味にしている。  そんな趣味が高じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/09/13 08:56
小さなタイルの目地補修はセメントがベター
 先日来、浴槽のタイルの目地をアクリル系の補修剤で作業していた。これが結構難しいのはいつか報告した通り。その後、補修剤が足りなくなり、延べ4日(1日約2時間)かかっても3つ壁面しか終わっていなかった。  なぜこんなに時間がかかったのか? 答えは、タイルが小さくて、目地の面積が大きかったこと。なぜもっと早く気がつかなかったのか、見通しの甘さが悔やまれる。  そこで、今回は方向転換して、セメント系の補修剤(500g入り)を購入してトライしてみた。  説明書きによれば、「水100ccを容器に入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/31 22:27
浴槽のタイルの目地はがれをDIY
戸建住宅も30年以上経つとあちこちに不具合が出てくる。 これまでは、その都度、出入りの大工さんに頼んで修繕してもらっていた。しかし、大工さんの手間賃も最低賃金の協定があるようで、日数がかからなくとも馬鹿にならない金額となる。 今日は、浴槽のタイルの目地がはがれているところ(幸いまだ水漏れには発展していない)を自分で補修することにした。DIYに行くと、シリコン系、セメント系と各種の充填剤が売られている。その中から、セメダインの「バスコーク」(浴室・タイル防水シール、高性能シリコン系充填剤、防カ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/14 18:20
網戸の張替え、黒いものに替えてみました
朝、食卓に座って、窓から庭を眺めて楽しむのが日課になっている。しかし、5月に網戸を入れてからは、霞がかかったように視界がぼやけてしまった。そう、網が白っぽいグレーのためだ。いつかどこかのテレビ番組で実験していたように、黒なら見通しが利くはず。 という訳で、「ユニディ」に行って、黒の替え網(備長炭入り防虫網)を買ってきた。網を止めるゴムを押し込むためのローラーもついでに買い込む。 網を枠の上に置き、ローラーで止めゴムを押し込むのだが、最初は食い込む網の長さが一定にならず、たわみができてしまっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/08/13 12:50

トップへ | みんなの「家」ブログ

長さんのリタイヤ生活 家のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる