つくば植物園にて_21年6月(18) シコンノボタン、レッドジンジャー、カラテア・ルイザエ、ルリマツリ、コエビソウ、ストレプトカーパス & つくば 夏の洋蘭展にて(13)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯資源植物温室の続きです。 シコンノボタン属の一種 ノボタン科シコンノボタン属の常緑低木。ブラジル原産 温室なので、多い少ないはありますが、いつ行っても花が咲いています アルピニア・プルプラタ ショウガ科アルピニア属の多年草。原産はマレーシアなどの…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(17) ツルイランイラン、クルシア、マイソルヤハズカズラ、コンロンカ & つくば 夏の洋蘭展にて(13)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯資源植物温室の続きです。  大きな葉に隠れるように黄色い花がさいていました。ツルイランイランの花だそうで、初めて見ました。 ツルイランイラン バンレイシ科オウソウカ属の常緑つる性低木。原産はインド、東南アジア等 黄色い細い花弁の花が咲くイランイランノキとは…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(16) ヘリコニア・ロストラタ、原種ランコレクションから  & つくば 夏の洋蘭展にて(12)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯資源植物温室の続きです。 ヘリコニア・ロストラタ(ヘリコニア・ロストラータ) オウムバナ科ヘリコニア属の常緑多年草。熱帯アメリカ原産 温室展示の定番で、ロブスターのはさみのような、赤と黄色の 苞が美しい。花は苞の先端に白っぽく見えるもの 横から見ると…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(15) スカエボラ、クルクマ、サボテンの花、ヒメアリアケカズラ、ツンベルギア & つくば 夏の洋蘭展にて(11)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、サバンナ温室の続きと、熱帯資源植物温室です。 スカエボラ・アエムラ クサトベラ科スカエボラ・アエムラの半耐寒性つる性多年草 原産はオーストラリア南部、東部 流通名はブルーファンフラワー、スカエボラ クルクマ・オーストララシカ ショウガ科ウコン属の多…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(14) バロータ・スペシオサ、ローダンセマム・カタナンケ、ベニマツリ、カエンカズラ、テイキンザクラ & つくば 夏の洋蘭展にて(10)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、今回から熱帯雨林温室の南側にあるサバンナ温室に入りました。 バロータ・スペシオサ ヒガンバナ科バロータ属の常緑多年草(球根)。南アフリカ原産 別名:バロータ、キルタンサス・エラツス 葉はアマリリスに似て、花はクンシランに似ている ローダンセマム・…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(13) ヒッペアストルム・キビステル、一才ザクロ、ツルウリクサ、ウサギゴケなど & つくば 夏の洋蘭展にて(9)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯雨林温室の2階回廊で見た植物の続きです。 ヒッペアストルム・キビステル ヒガンバナ科ヒッペアストルム属(アマリリス属)の多年草 原産はボリビア、アルゼンチン。花はとても不思議な姿をしています アマリリス・チコという名で流通しているようです 一…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(12) ヒポクシス・デクンペンス、イデア・パルビフロラ、チョウセンクルマユリ、トカラアジサイなど & つくば 夏の洋蘭展にて(8)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯雨林温室の2階東側回廊で見た植物です。 ヒポクシス・デクンベンス キンバイザサ科コキンバイザサ属の多年草 原産はメキシコ、西インド諸島、ブラジルなど イテア・パルビフロラ Itea parviflora ズイナ科ズイナ属の常緑低木。原産は台湾…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(11) 原種ランコレクションから & つくば 夏の洋蘭展にて(7)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯雨林温室の続きです。  熱帯雨林温室の1階から2階の廻廊に戻る階段の途中で、ホヤの花が咲いているのに気付きました。階段を上がりきったところにヒスイカズラがあるのですが、残念ながら、花は終わっていました。 ホヤ・ムルティフロラ ガガイモ科ホヤ属の非耐寒性常緑つ…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(10) ブルボフィルムム、サンタンカ、プセウランデマム、フリワケサンゴバナ、ジョウゴバナ、ツルランなど & つくば 夏の洋蘭展にて(6)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯雨林温室の1階で見たものです。2階は32℃でしたが、1階は23℃でした。 ブルボフィルム・オーソグロッスム フィリピン(ミンダナオ島)、スラウェシ島に分布する着生ラン サンタンカ(山丹花)‘スーパーキング’ アカネ科サンタンカ属の常緑低木。別名:サ…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(9) シマクマタケラン、コウトウシュウカイドウ、ミフクラギ、デンドロビウム・ストラティオテス & つくば 夏の洋蘭展にて(5)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。最初の2品種は多目的温室で見た希少植物ですが、3品種目から熱帯雨林温室に入りました。 シマクマタケラン(島熊竹蘭) ショウガ科ハナミョウガ属の多年草。小笠原諸島固有種(父島・母島) 花径は3cm位。絶滅危惧ⅠB類(EN) ハナミョウガ属ですが、花はランに似ています。3日しか保…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(8) ヤエヤマノボタン、ヒメタムラソウ、アマミタムラソウ、アマミカタバミ & つくば 夏の洋蘭展にて(4)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、多目的温室の希少植物の続きでが、ヤエヤマノボタンの花は初めて見ました。 ヤエヤマノボタン(八重山野牡丹) ノボタン科タシロノキ属の常緑低木。南琉球固有種(石垣島、西表島) ハシカンボク属とされてきたが、つくば植物園の研究によって タシロノキ属の1種とすることが適切…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(7) オオシラタマカズラ、コクテンギ、ヤエヤマハマゴウ、ハマトラノオ、オキナワヤブムラサキ & つくば 夏の洋蘭展にて(3)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  今回から、温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しようと思います。温室で見た花は、多目的温室の希少植物からです。 多目的温室の展示の様子 オオシラタマカズラ(大白玉葛) アカネ科ボチョウジ属のつる性常緑低木。小笠原諸島の固有種 付属根を持ち、林縁の樹幹や岩などによじ登る。花期は5~6月 日本各地に分布するシラタマカ…

続きを読む

つくば 夏の洋蘭展にて(2) 優秀作品=各カテゴリー部門1位(後半)など

 6月22日につくば植物園を訪れ、「つくば 夏の洋蘭展」(6月20~6月27日)を鑑賞しました。出展者は、ランの育成では日本トップクラスの実力を誇る「つくば洋蘭会」(斉藤正博会長)の皆さんです。  今回、書くカテゴリー部門で1位となった優秀作品の後半を紹介します 展示の様子です。優秀作品は左奥ですが、夏に咲くランも多いですね 今回紹介する優秀作品です カトレヤ・テネブ…

続きを読む

つくば 夏の洋蘭展にて(1) 優秀作品=各カテゴリー部門1位(前半)

 6月22日につくば植物園を訪れたのは、受付がある教育棟で、6月20日から始まった「つくば 夏の洋蘭展」(6月27日で終了)を見るためでもありました。出展者は、ランの育成では日本トップクラスの実力を誇る「つくば洋蘭会」(斉藤正博会長)の皆さんです。  昨年末から2月頃までのラン展は、コロナの関係で中止になったものが多く、7か月ぶりのラン展見学でした。 ・・・ ウェルカムフラワー ・・・ …

続きを読む

つくば蘭展にて(17) 蘭愛好団体の出展作品から(その6) カトレアの仲間たち(原種)

 11月25日に見に行ったつくば蘭展に出展されていたランを紹介しています。  今回はその最終回で、ラン愛好団体が出展したカトレアとその近縁種のうち原種の色々を取り上げました。 カトレア・ワルケリアナ Cattleya walkeriana カトレア・ワルケリアナは1839年、ブラジル北東部のバイーア州で、M.Gardner氏によって発見されました。小種名は、探検に協力した友人のE.Wa…

続きを読む

つくば蘭展にて(16) 蘭愛好団体の出展作品から(その5) カトレアの仲間たち(交配種)

 11月25日に見に行ったつくば蘭展に出展されていたランを紹介しています。  今回はラン愛好団体が出展したカトレアとその近縁種のうち、それらの交配種を取り上げました。  カトレアは中南米のコロンビア、ベネズエラ、ブラジル、エクアドルなどに分布し、特にアンデス山脈などの標高100m~1500m程度の森林地帯に着生しています。美しい花を咲かせることからよく栽培される最も有名な洋ランで、洋ランの女…

続きを読む

つくば蘭展にて(15) つくば植物園の原種ランコレクションから(その9) 中南米のラン(続)

 つくば植物園の多目的温室で「世界のめずらしい野生ラン」と題して原種ランコレクションの展示がありました。  今回はその紹介8回目で、中南米に分布する野生ランの続きです。今回も初めて知る属名があり、改めてランの奥の深さを感じました。 ディメランドラ・ステノペタラ Dimerandra stenopetala ジャマイカ、トニにダー土、エクアドルに分布 花径2.5cmと小柄だが、数ヶ月に…

続きを読む

つくば蘭展にて(14) つくば植物園の原種ランコレクションから(その7) アフリカと中南米のラン

 つくば植物園の多目的温室で「世界のめずらしい野生ラン」と題して原種ランコレクションの展示がありました。  今回はその紹介7回目で、前半はアフリカ地域に分布する原種ランの色々です。標高が高いケニアや、アングレカムで有名なマダガスカルは野生ランの宝庫です。マダガスカルに生息するラン科の種は全部で860種とされますが、そのうち4分の3がマダガスカルの固有種と言われます。写真を撮ったうち、マダガスカ…

続きを読む

つくば蘭展にて(13) 蘭愛好団体の出展作品から(その5) デンドロビウムとバルボフィラム

 11月25日に見に行ったつくば蘭展に出展されていたランを紹介しています。  先日、つくば植物園が収集しているデンドロビウムの原種を紹介しましたが、今回はラン愛好団体が出展したデンドロビウムです。続いて、バルボフィラムの出展作品を紹介します。 デンドロビウム・トバエンセ ‘ノベンバーエレガンス’ Den. tobaense 'November Elegance'  スマトラ島に分布 唇…

続きを読む

つくば蘭展にて(12) つくば植物園の原種ランコレクションから(その6) アジア・オセアニア地域の原種ラン

 つくば植物園の多目的温室で「世界のめずらしい野生ラン」と題して原種ランコレクションの展示がありました。  今回はその紹介6回目で、アジア・オセアニア地域に分布する原種ランの色々です。 アデノンコス・パルヴィフローラ 今年のおすすめ その5 Adenoncos parviflora  花径7mmと小さく、アップの写真は失敗。下は、ネット画像から  花が咲いていることに気付かれ…

続きを読む

つくば蘭展にて(11) つくば植物園の原種ランコレクションから(その5) デンドロビウムの色々その2

 つくば植物園の多目的温室で「世界のめずらしい野生ラン」と題して原種ランコレクションの展示がありました。  今回はその紹介5回目で、再びデンドロビウムの色々を取り上げました。この属は実に多彩です。 デンドロビウム・ビオラセウム つくば植物園 今年のおすすめ その4 Dendrobium violaceum 花径3cmほど  ニューギニア島の標高1000~2000m位の苔むした…

続きを読む

つくば蘭展にて(10) 蘭愛好団体の出展作品から(その4)

 11月25日に見に行ったつくば蘭展に出展されていたランを紹介しています。  ラン愛好団体の出展作品の続きです。今回も色々な種類のランを紹介します。 ファレノプシス・プルケリマ Phalaenopsis pulcherrima (= Doritis pulcherrima ) ミャンマー~スマトラに自生 濃いピンクの花弁が目を惹きます 小泉邦夫さん(らん友会龍ケ崎) ガレアン…

続きを読む

つくば蘭展にて(9) 蘭愛好団体の出展作品から(その3)

 11月25日に見に行ったつくば蘭展に出展されていたランを紹介しています。  今回はラン愛好団体の出展作品の続きを紹介しようと思います。有名な属の品種から、聞き慣れない属の品種までバラエテティに飛んでいます。 ファレノプシス・チャンピオン・オレンジライト(未登録) Phal. Champion Orange Light 台湾で作出された新品種だそうです 斉藤正博さん(つくば洋蘭会) …

続きを読む

つくば蘭展にて(8) つくば植物園の原種ランコレクションから(その4)アジア・オセアニアに分布するランから

 つくば植物園の多目的温室で「世界のめずらしい野生ラン」と題して原種ランコレクションの展示がありました。  今回はその紹介4回目で、アジア・オセアニア地域に分布する原種ランの続きです。今回も多様なランが並びます。 プレプタンテ・ルベンス・アルバ つくば植物園 今年のおすすめ その3 Preptanthe rubens f. alba  インドシナからマレー半島、ボルネオ島、フィ…

続きを読む

つくば蘭展にて(7) つくば植物園の原種ランコレクションから(その3) デンドロビウムとデンドロキラムの仲間

 つくば植物園の多目的温室で「世界のめずらしい野生ラン」と題して原種ランコレクションの展示がありました。  今回はその紹介3回目ですが、皆さんがよくご存じのデンドロビウムと、その近縁種であるデンドロキラムの仲間を取り上げました。  デンドロビウム属はセッコク属とも呼ばれ、主にノビル系やデンファレ(デンドロビウム・ファレノプシス)系、キンギアナム系、フォーミディブル系、カリスタ系に分類されます…

続きを読む

つくば蘭展にて(6) 蘭愛好団体の出展作品から(その2) パフィオペディラムとフラグミペディウム

 11月25日に見に行ったつくば蘭展に出展されていたランを紹介しています。  今回もラン愛好団体の作品ですが、パフィオペディラムとフラグミペディウムの色々です。 パフィオペディラムの展示  パフィオペディラムは「レディース・スリッパー」とも呼ばれ、唇弁が袋状になっているのが大きな特徴です。北は中国・雲南から、南はインドネシアの島々まで、東南アジア一帯に広く自生する地生蘭です。 パフィ…

続きを読む

つくば蘭展にて(5) 蘭愛好団体の出展作品から(その1)

 11月25日に見に行ったつくば蘭展に出展されていたランを紹介しています。  ラン愛好団体の作品が展示された熱帯資源植物温室の入口には、つくば洋蘭会の斉藤正博さんやらん友会龍ケ崎の藤田美智子さんの作品がウェルカムフラワーとして飾られました。 カトレア・マキシマ ‘メイ’ C. maxima 'Mei' 斉藤正博さん 自然に発芽した個体だそうですが、かなり大株になっていました …

続きを読む

つくば蘭展にて(4) つくば植物園の原種ランコレクションから(その2)リパリスやパフィオペディルムの仲間など

 つくば植物園の多目的温室で「世界のめずらしい野生ラン」と題して原種ランコレクションの展示がありました。  今回はその紹介2回目で、リパリスの仲間とパフィオペディルムの仲間を取り上げました。 リパリス・ジャバニカ つくば植物園 今年のおすすめ その2 Liparis javanica ジャワ島に分布 残念ながら、ちょっと後ピンでした  リパリス・ジャバニカはクモキリソウやジガバチ…

続きを読む

つくば蘭展にて(3) つくば植物園の原種ランコレクションから(その1)プテロスティリスの仲間など

 今回のつくば蘭展でも、多目的温室で「世界のめずらしい野生ラン」と題して野生ランコレクションの展示がありました。  つくば植物園では研究と保全のため約3,000種のランを育てており、世界有数のラン科研究施設として知られています。つくば蘭展では、その中から、今の時期に花が咲いているものを選んで、約200点が展示されました。 プテロスティリス・オフィオグロッサ つくば植物園 今年のおすすめ…

続きを読む

つくば蘭展にて(その2) 蘭愛好団体の優秀作品(後半)

 11月25日に鑑賞した「つくば蘭展」の出展作品を紹介しています。  今回は、二つの蘭愛好団体「つくば洋蘭会」と「らん友会龍ケ崎」の出品作品から優秀作品(後半)を紹介します。 優秀作品の展示風景です(再掲) カトレア・マキシマ C. maxima 南米大陸太平洋側の山地に分布 古くから知られている原種 極めて珍しい花色です 斉藤正博さん(つくば洋蘭会) 日本のランの世界で…

続きを読む