「食虫植物と熱帯のいきものたち展」から

夏の夢の島熱帯植物館にて(6)  1階のイベントホールでは、期間限定の企画展「食虫植物と熱帯のいきものたち展」が開催されていましたので、その一部をご紹介します。なお、食虫植物は屋上の温室で撮ったものを含めました。  いわゆる食虫植物は、現在、世界で12科、19属、600種強に上ると言われており、中でも、タヌキモ属、モウセンゴケ属、ウツボカズラ属、ムシトリスミレ属の種数が多いそうです。 …

続きを読む

シクンシ、サンダンカ、ハナキリン、エクメア・テルマー、エパクリス・ロンギフロラ、オーストラリアンブルーベルズ、クリスマスブッシュ、カンガルーポーなど

夏の夢の島熱帯植物館にて(5)  前半は温室で見た花で、後半は屋上と、屋上の温室で見た花たちです。 シクンシ(使君子、四君子) シクンシ科シクンシ属の常緑つる性低木。熱帯アジア、マレーシア原産 咲き始めは白で、次第に赤く変わり、首を垂れる。夜は良い香りがする この日の開花は一輪でピンク。赤くなった花は虫に食われて、痛んでいた イクソラ・キネンシス アカネ科サンタンカ…

続きを読む

リーア・コッキネア、セイロンマンリョウ、トーチジンジャー、グズマニア、レッドジンジャー、パイナップル、レンブの実、ホナガソウなど

夏の夢の島熱帯植物館にて(4)  今回も温室で見た花の続きです。  AドームとBドームの境目辺りに人工の滝が作られており、遊歩道はその裏側をくぐり抜けます。滝の裏側から温室の入口方向を撮りました。  Bドームでは、リーア・コッキネアとセイロンマンリョウの花を初めて見ました。 リーア・コッキネア ブドウ科オオウドノキ属の常緑低木。ミャンマー原産 真っ赤なつぼみからピンクの径…

続きを読む

熱帯スイレン、クレロデンドルム、ハイビスカス、ヘリコニア、コエビソウ、サガリバナ、コチョウラン、カトレア、オンシジウム、ベニツツバナ

夏の夢の島熱帯植物館にて(3)  今回から温室に入ります。北側の入口はAドームで、左側には熱帯スイレンが咲く池があり、その奥には人工の滝があります。 熱帯性スイレン クレロデンドルム・ウガンデンセ シソ科クサギ属の常緑つる性低木。原産は熱帯アフリカ 和名はベンケイクサギ(弁慶臭木)。英名:ブルーバタフライブッシュ 流通名:ブルーウイング、ブルーエルフィン し…

続きを読む

マダカスカルジャスミン、 サンユウカ、グロッパの一種、ゴエテア・ストリクティフローラ、ムッサエンダ・ルテオラ、ゲンペイクサギ、エンシクリア・コクレアタなど

夏の夢の島熱帯植物館にて(2)  今回は正面ロビーから温室入口に至る通路に展示された花たちです。 マダガスカルジャスミン ガガイモ科シタキソウ属のつる性多年草。マダガスカル島原産 花にジャスミンに似た芳香がある。別名:アフリカシタキヅル サンユウカ(三友花) キョウチクトウ科サンユウカ属の常緑低木。インド原産 夜から明け方にかけて、良い香りを漂わせる 花径は3~4…

続きを読む

夏の夢の島熱帯植物館にて(1)熱帯スイレン、ポンテデリア、ホソバイヌビワ、サンゴシトウ、ソテツ、ハマオモトなど

 7月26日、妻と夢の島熱帯植物館へ行ってきました。梅雨が長引きそうなので、ネタ稼ぎです。当初は国営武蔵丘陵森林公園へ行こうと思ったのですが、曇り一時雨の予報となり、急遽変更したのです。  都内なので電車は避けて、車で行きましたが、到着時はこんなに良い天気でした。手前は大輪のアメリカフヨウ、奥に見えるのが夢の島熱帯植物館のドームです。 温室前の2つのプールには熱帯スイレンが咲…

続きを読む

モッコウバラ、梅芯の椿 & 夢の島熱帯植物館にて(6)種の色々④、キバナアマ、ヒメエニシダなど

 ウォーキング中に見た花です。  もう、モッコウバラが咲き始めていました。椿は雄しべが筒状になっているのが普通ですが、広がっているタイプの花を見つけました。こういうしべを「梅芯」というそうです。 モッコウバラ(木香茨、木香薔薇) バラ科バラ属の常緑つる性低木。中国西南部原産 花期は4~5月ですから、3週間くらい早いです 赤い椿(一重、平咲き、梅芯、大輪) 肥後椿、熊谷…

続きを読む

(続)ハナモモ並木 & 夢の島熱帯植物館にて(5)種の色々③、ウナヅキヒメフヨウ、ヘリコニア・プシッタコルムなど

 前記事の、新松戸のハナモモ並木の続きです。  今回は望遠側で赤、白、ピンクの花に迫ってみました。ここでは、一番先にピンクが、続いて赤、そして白と開花するようです。 三色の花が写っています  3月6日撮影。 ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 夢の島熱帯植物館にて(5) 種の色々③  夢の島熱帯植物館の企…

続きを読む

ハナモモ並木 & 夢の島熱帯植物館にて(4)種の色々②、アマゾンユリ、ペリストロフェ・ヒッソピフォリアなど

 新松戸の西部を流れる坂川の西岸に110本ほどのハナモモ並木があります。  昨年は時機を失して見はぐってしまったので、今年は2月27日に様子を見に行ってきました。ピンクや赤は咲いていたものの、白花があまり咲いていなかったので、翌週の3月6日にまた行ってきました。  満開にはちょっと早かったですが、一昨年と比べると10日以上早い感じがします。 1枚目より上流です。柵を乗り越えて、菜の…

続きを読む

ハクモクレン、ホンコンドウダン、ゼニアオイ & 夢の島熱帯植物館にて(3)ベニバナクサギ、コエビソウ、種の色々①

 3月6日、前日の冷たい北風が和らいだので、新松戸にハナモモを撮りに行ったのですが、その途中、孫のさーちゃんが通う小学校の近くにある保育園で満開のハクモクレンを見ました。  その後、ホンコンドウダンや早すぎるゼニアオイの花も発見しました。 ハクモクレン(白木蓮) モクレン科モクレン属の落葉広葉樹。原産は中国・中南東部 紫色のモクレンとは別種で、半月ほど早く咲き、より大木になる …

続きを読む

ヒアシンス、ユキヤナギ、フキノトウ & 夢の島熱帯植物館にて(2)キダチキツネノマゴ、オガサワラモクマオなど

 ウォーキング中に見た花です。  近くの内科医の花壇で白いヒアシンスが綺麗だったので、撮ってみました。  あるお宅の西向きの花壇でフキノトウが伸びて、花が咲いていました。 ヒアシンス(ヒヤシンスとも、風信子、飛信子) キジカクシ科ツルボ亜科ヒアシンス属の球根性多年草(耐寒性秋植え球) 原産は地中海東部沿岸からイラン、トルクメニスタン付近 原種はこのような青紫色だけだそ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(1) ヒスイカズラ、フトモモ、紫葉銀葉アカシアなど

 夢の島熱帯植物館でヒスイカズラが咲いていると知ったので、3月3日、妻と見に行ってきました。2009年2月に、沖縄の「東南植物楽園」で初めて見て、夫婦共に、この翡翠色の花が大好きになりました。  関東地方では、つくば植物園、新宿御苑、市川動植物園、神代植物公園、熱川バナナワニ園などで見たことがありますが、その中で一番多く花を付けるのがこの夢の島熱帯植物館です。この日は30房以上咲いていたのでは…

続きを読む

ドンベア・ウォリッキー、エパクリス・レクリナータ、バンダ・サンサイブルーなど & カンザキアヤメ

 昨年12月27日に、夢の島熱帯植物館に「鼠の名の付く植物展」を見に行きましたが、温室にも入ってみました。  前回来てから1週間足らずですが、ドンベア・ウォリッキーやエパクリス・レクリナータが新たに開花していました。 ドンベア・ウォリッキー(ドンベア・ワリッキー) アオイ科ドンベア属の非耐寒性常緑低木。原産はマダガスカル諸島 50個ほどの小花の集まりが15cm程の半球体となり、垂れ下…

続きを読む

鼠の名の付く植物展(2)金紐、鼠刺、四十八茶百鼠、不尽木、鼠麹草、鼠黐など

 夢の島熱帯植物館で1月26日まで開催されている「鼠の名の付く植物展」で展示された植物、その2です。 金色ねずみの尻尾 サボテン科アポロカクタス属の植物。メキシコ原産 「金紐」の名で流通するキンヒモサボテン。その英名がこの名前 写真のように、別のサボテンに接ぎ木することで、丈夫に育つという ネズミサシ(鼠刺) ヒノキ科ビャクシン属の針葉樹。在来種、別名:ネズ(杜松)など …

続きを読む

鼠の名の付く植物展(1)ネズミノオゴケ、ねずみはこべ、ねずみつぐろ、クリスマスマウス、ミッキーマウスの木、薬用鼠尾草など

 今年の干支はねずみですね。夢の島熱帯植物館で12月26日から「令和2年 鼠の名の付く植物展」が開かれているので、年末年始の休館日になる前に見に行ってきました。  植物展では16種類が展示されていましたので、2回に分けて紹介します。 ネズミノオゴケ(鼠の尾蘚) アオギヌゴケ科ネズミノオゴケ属のコケ類 日本、朝鮮、中国、ロシア、ヨーロッパ、北アメリカに分布 和名の由来は鼠の尾…

続きを読む

クリスマスを彩る植物展(その2) & クレロデンドルム、黄鳳、シーマニア、極楽鳥花、サンゴシトウなど

 12月20に夢の島熱帯植物館で開催中の「クリスマスを彩る植物展」で見た植物の続きです。 クレマチス ‘ジングルベル’ (キンポウゲ科) 1995年にイギリスだ作出された冬咲きのクレマチス 花色は薄いグリーンから白に変化する(フラッシュ使用) シクラメン (サクラソウ科) ヨーロッパを中心にクリスマスを代表する鉢花で、日本でもお馴染み ベツレヘムの星 (キキョウ科…

続きを読む

クリスマスを彩る植物展(その1) & ブラシノキ(赤・白)、カロライナ・ジャスミン

 夢の島熱帯植物館で「クリスマスを彩る植物展」が開かれていたので、12月21日に見に行ってきました。 ロビーには大きなクリスマスツリーの飾り付け 「クリスマスを彩る植物展」はロビーから温室のAドームに至る通路で開催 クリスマスローズ (キンポウゲ科) クリスマスローズは本来、12月頃咲くニゲルという原種をさします 寒い真冬に咲く純白の花は「キリスト生誕の象徴」とされ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(5)ハナキリン、エパクリス、ウエストリンギア、食虫植物など & 東武ワールドスクエア(10)日本ゾーンにて②

 夢の島熱帯植物館で見た花などを記録しています。  最初は温室展示の定番、ハナキリンです。続いて、屋上と屋上の温室で見た花です。   ハナキリン(花麒麟) トウダイグサ科トウダイグサ属の低木。マダガスカル原産 花序は途中で2回分枝して、4つの花を咲かせる 花には花弁状の2枚の苞があるが、本物の花は目立たない つぼみの段階で、既に4つに分枝している エパクリス・ロンギフ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(4)カラテア・クロタリフェラ、サラダノキ、アシスタシア・ガンゲティカなど & 東武ワールドスクエア(9)日本ゾーンにて①

 11月9日、夢の島熱帯植物館で見た花などです。  今回はBドームです。大きな葉の植物の根元から、変なものが伸びています。カラテア・クロタリフェラという植物だそうです。 カラテア・クロタリフェラ クズウコン科カラテア属の常緑多年草。原産はメキシコからペルー 残念ながら、和名はありません 2列に互生している黄色いものは苞で、その中から小さな花が咲く(矢印) ウコンサンゴ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(3)ベンケイクサギ、ブッソウゲ、ウナヅキヒメフヨウ、ベニツツバナ、カトレアなど & 東武ワールドスクエア(7)アジアゾーンにて

 11月9日、夢の島熱帯植物館で見た花などです。  今回から、温室の中に入りました。最初はAドームです。 AドームからBドームを見上げる(ピンクはブーゲンビリア) 視線を下げると人工の滝が流れ、池には熱帯スイレンが咲いたいます ベンケイクサギ(弁慶臭木) シソ科(←クマツヅラ科)クサギ属の常緑つる性低木。原産は熱帯アフリカ 学名はクレロデンドルム・ウガンデンセ。英名ブルー…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(2)イランイランノキ、ホシソケイ、ムニンアオガンピ & 東武ワールドスクエア(7) ヨーロッパゾーンにて⑤

 夢の島熱帯植物館の入口を入って、通路を右に進むと、窓側に小さな鉢植えの植物が展示されています。3番目のムニンアオガンピは初めて見ました。 イランイランノキ バンレイシ科イランイランノキ属の熱帯性常緑高木。東南アジア原産 右側の2つはつぼみ ↘ ホシソケイ(星素馨) モクセイ科ソケイ属の落葉低木。インド原産 別名:スター・ジャスミン、ホワイト・ジャスミン、ボルネオソケ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(1) ランの色々 & 東武ワールドスクエア(5)ヨーロッパゾーン③

 11月9日、労組OB・OG会の女性会員と共に、都立第五福竜丸展示館を見学した後、昼食会に向かう彼女らと別れて、近くの夢の島熱帯植物館に行ってきました。 夢の島熱帯植物館の外観です 白いヘリコプターが飛んでいました(右上) 植物館入口右の花のタペストリーです ハロウィーンのカボチャとおばけのようです 入口正面のウェルカムフラワーはランの色々でした それは、コチ…

続きを読む