夢の島熱帯植物館にて(6) 食虫植物(ムシトリスミレ・ミミカキグサ)、サンゴシトウ、熱帯性スイレン、ハマユウ、フヨウ、グアバの若い実、ルリタマアザミ、アカンサス、フウリンブッソウゲなど

 8月2日に訪れた夢の島熱帯植物館で見た花などを投稿しています。前回に続いて、イベントホールで見た食虫植物の花を投稿します。その後、外に出て、植物館の前庭などで見た花などです。 ムシトリスミレ ‘スマイリング・ビューティ’ タヌキモ科ムシトリスミレ属の多年草 メキシコ産ムシトリスミレの交配種(モクテズマエ×コリメンシス) ウトリクラリア・リビダ タヌキモ科タヌキモ属の半耐寒…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(5) ヨツマタモウセンゴケ、クリスマスブッシュ、パイナップルリリー、実の色々(レンブ、マカダミア、レイシ)、ムシトリスミレ

 8月2日に訪れた夢の島熱帯植物館で見た花などを投稿しています。前回に続いて、屋上で見た花です。  Bドームから声を交わすようになった青年がモウセンゴケの花ではないか、と教えてくれたのが冒頭の写真です。花弁の形から検索した所、ヨツマタモウセンゴケがヒットしました。屋上はオーストラリア原産の植物が集められている所なので、これに間違いないでしょう。 ヨツマタモウセンゴケ(四又毛氈苔) モウ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(4) ハイビスカス、セイロンマンリョウ、ゴエペルティア・クロタリフェラ、ベニヒモノキ、ナンバンサイカチ、ウコンサンゴバナ、サンタンカ、

 8月2日に行った夢の島熱帯植物館で見た花などを記録しています。  今回は主に温室のBドームとCドームで見た植物です。Bドームで木や羊歯好きの青年と声を交わすようになり、私が退館するまで一緒に見て回りました。 八重のハイビスカス 奥に見えるのは持参のランチを食べたレストラン 現在はコロナ感染防止のため、飲み物の未提供 セイロンマンリョウ(錫蘭万両) サクラソウ科ヤブコ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(3) 木立性ベゴニア、クロトン、ココヤシ、ヘリコニア・プシッタコルム、トーチジンジャー、ベニツツバナ、レッドジンジャー、リーア・コッキネアなど

 8月2日に訪れた夢の島熱帯植物館の温室で見た花などを記録しています。  今回はBドームに入りました。と言っても、境目がはっきりあるわけではなく、屋根を見上げた感じからです。 BドームからAドームを見上げた所  中央に見えるのは、ゾウタケ(象竹、イネ科マダケ属)。高さ30m、直径30cmにもなる世界最大の竹で、中国名は巨竹 木立性ベゴニア ‘ピンクフレックス’ シュウカイドウ科…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(2) 熱帯性スイレン、ハイビスカス、ヘリコニア、コエビソウ、サガリバナ、グラマトフィラム、ファレノプシスなど

 8月2日に行った夢の島熱帯植物館で見た花などを記録しています。今回から温室に入ります。  温室は半球型のドームを3つ組合わせたような形で、東からAドーム、Bドーム、Cドームとなっています。 Aドームに入ると左手に池があり、人工の滝が流れ落ちています 池では、黄色い 熱帯性スイレン が咲いています 入口の右手には、赤い ハイビスカス アオイ科フヨウ属のうち、熱帯…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(1) マンゴー、ベニサンゴバナ、ミズレンブ、マダカスカルジャスミン、グロッパ、ヤエサンユウカ、エンシクレア・コクレアタなど

 前記事でご存知とは思いますが、8月2日に夢の島熱帯植物館に行ってきました。今回はエントランスから、温室に至る通路で見た花などです。 熱帯植物感の入り口です(奥が温室、左手前はイベントホール) 入り口右の花のタベストリーは蟹(変更したときに「かに座」だったから?) マンゴーの実 ウルシ科マンゴー属の果樹。原産はインドからインドシナ半島周辺 入り口ホールで。触れるとか…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(6) 温室ドーム以外の花など(2)

 12月7日に行った夢の島熱帯植物館の温室で見た花たちの続きです。  植物館の周囲で撮った花などの続きです。  この記事、手違いで一日早く、20日に投稿されてしまったので、一旦削除しました。一部の方にご迷惑をお掛けしました。申し訳ありません。 ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花) アオイ科フヨウ属の常緑草本状低木。南米原産 和名は、葉の形が鏃状で、花が梵天花に似ているから 別名:…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(5) 温室ドーム以外の花など(1)

 12月7日に行った夢の島熱帯植物館の温室で見た花たちの続きです。  温室を出て、屋上に出ました。 エパクリス・ロンギフロラ ツツジ科エパクリス属の常緑小低木。オーストラリア東部原産 エパクリスは400種類もあり、ここにはそのうちの3種がある(他は未開花) クリスマス飾りみたいな花ですね バンクシア・インテグリフォリア ヤマモガシ科バンクシア属の常緑小高木。原産はオ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(4) 温室の花たち(その3)

 12月7日に行った夢の島熱帯植物館の温室で見た花たちの続きです。  1枚目は、Bドームの中央辺りから見上げたところです。高さが28m(10階建のビル相当)もあるので、高木も余裕です。 目を下に転じると、バナナが沢山なっていました こちらは別の場所から撮ったアダンの実 サンタンカ(山丹花) アカネ科サンタンカ属の非耐寒性の常緑低木 原産は中国、インド、スリランカな…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(3) 温室の花たち(その2)

 12月7日に行った夢の島熱帯植物館の温室で見た花たちの続きです。 コエビソウ(小海老草) キツネノマゴ科コエビソウ属の常緑低木。メキシコ原産 別名:ベロペロネ。2枚目は、‘イエロー・クイーン’という園芸種 ベニツツバナ(紅筒花) キツネノマゴ科オドントネマ属の常緑半低木。中央アメリカ原産 学名はオドントネマ・ストリクツム ランの色々 胡蝶蘭(ファレノ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(2) クリスマスを彩る植物展(その2) & 温室の花たち(その1)

 12月7日、一年ぶりに夢の島熱帯植物館に行ってきました。  今回はエントランスホールから温室に至る通路に展示してあった、クリスマスを彩る植物展の続きです。 クリスマスカクタス(サボテン科) 熱帯植物 シャコバサボテンでお馴染みの植物。北半球のクリスマス時期に開花することから名づけられました。サボテンの仲間で、原産地はブラジル。霧の立ち込める森林地帯で育ちます。樹木や岩肌に根を張り生育す…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(1) クリスマスを彩る植物展(その1)

 12月7日、久しぶりに夢の島熱帯植物館に行ってきました。2020東京オリンピックのアーチェリー会場の整備と本番、その後の復帰整備が続き、夢の島公園の一部が立ち入り禁止や駐車禁止となり、植物館もそのエリアに含まれてしまったので、約1年ぶりの入館でした(入館は前日までに入館予定時間帯で予約する)。 アーチェリー会場だった場所(左奥に植物館が見える) 熱帯植物館の入口 植物…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(ラスト) きのこの不思議展 & 入口付近の花など

 クリスマスを彩る植物展を見に行った夢の島熱帯植物館の企画展示室では、訪問当日まで「きのこの不思議展」が開催されていました。 企画展示室入口に掲出された「きのこの不思議展」ポスターです カラー写真パネル「きのこの色々」 霊芝 マンネンタケ科。湿気のある山林などに自生。別名:万年茸 梅や楢、椚などの古木10万本中2~3本ほどの確立でしか採取されない希少種 胞子を包んでい…

続きを読む

夢の島熱帯植物館の温室にて(その2) フリワケサンゴバナ、プルメリア、イビセラなど

 12月13日に訪れた夢の島熱帯植物館の温室で見た花の続きです。 フリワケサンゴバナ(振分珊瑚花) キツネノマゴ科イセハナビ属の常緑小低木。ヒマラヤ地方原産 半透明の筒花が下向きに咲く。2つ同時に、左右に振り分けて咲く グズマニア パイナップル科グズマニア属 木立性ベゴニア シュウカイドウ科ベゴニア属 ベニヒモノキ(紅紐の木) トウダイグサ科エノ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館の温室にて(その1) ベンケイクサギ、ウナヅキヒメフヨウ、ブッソウゲ、ラン、ベニツツバナなど

 夢の島熱帯植物館の温室で咲いていた花を記録しました。残念ながら、初めて出会う花はありませんでしたが、ランが綺麗に咲いていました。 熱帯スイレン クレロデンドルム・ウガンデンセ シソ科クサギ属の常緑つる性低木。原産は熱帯アフリカ 和名はベンケイクサギ(弁慶臭木)。カリガネソウに良く似ている ウナヅキヒメフヨウ(頷き姫芙蓉) アオイ科フヨウ属の常緑低木。原産は熱帯ア…

続きを読む

ステノカルプス・シヌアツス、トベラ、カミヤツデ、ホソバイヌビワなど・・・夢の島熱帯植物館の周囲で

 「クリスマスを彩る植物展」を見に行った夢の島熱帯植物館ですが、前庭や建物の裏側で咲いている花や実を探してみました。 ギンヨウアカシア (銀葉金合歓) マメ科ネムノキ属の常緑高木。オーストラリア原産 別名:ハナアカシア、ミモザ。花期は3月頃だが、もうすぐ咲きそう キダチアロエ(木立蘆薈) ススキノキ科アロエ属の多年草。南アフリカ原産。別名:キダチロカイ ステノ…

続きを読む

クリスマスを彩る植物展 at 夢の島熱帯植物館(その2)

 夢の島熱帯植物館で開催中の「熱帯のクリスマス展~クリスマスを彩る植物展~」を見に行ってきました。今回は前記事の続きです。 エリカ・クリスマスパレード(ツツジ科) 花が筒のように長いのが特徴です。色はピンク、オレンジ、赤、白など様々です。原産地は南アフリカ。エリカは寒さに強いイメージですが、この品種は寒さに弱く、軒下か室内で冬越しさせると長く楽しめます。(説明は展示パネルから。以下同様) …

続きを読む

クリスマスを彩る植物展 at 夢の島熱帯植物館(その1)

 夢の島熱帯植物館で11月25日から12月25日まで開催中の「熱帯のクリスマス展~クリスマスを彩る植物展~」を見に行ってきました。新型コロナ感染者が多い都内なので、リスクのある公共交通機関は使わず、マイカーにしました。 植物館の入口と花のタペストリー(ハロウィーンのカボチャ?) 1階ホールには大きなクリスマスツリーが。植物展は右奥の通路で開催 ポインセチア(トウ…

続きを読む

「食虫植物と熱帯のいきものたち展」から

夏の夢の島熱帯植物館にて(6)  1階のイベントホールでは、期間限定の企画展「食虫植物と熱帯のいきものたち展」が開催されていましたので、その一部をご紹介します。なお、食虫植物は屋上の温室で撮ったものを含めました。  いわゆる食虫植物は、現在、世界で12科、19属、600種強に上ると言われており、中でも、タヌキモ属、モウセンゴケ属、ウツボカズラ属、ムシトリスミレ属の種数が多いそうです。 …

続きを読む

シクンシ、サンダンカ、ハナキリン、エクメア・テルマー、エパクリス・ロンギフロラ、オーストラリアンブルーベルズ、クリスマスブッシュ、カンガルーポーなど

夏の夢の島熱帯植物館にて(5)  前半は温室で見た花で、後半は屋上と、屋上の温室で見た花たちです。 シクンシ(使君子、四君子) シクンシ科シクンシ属の常緑つる性低木。熱帯アジア、マレーシア原産 咲き始めは白で、次第に赤く変わり、首を垂れる。夜は良い香りがする この日の開花は一輪でピンク。赤くなった花は虫に食われて、痛んでいた イクソラ・キネンシス アカネ科サンタンカ…

続きを読む

リーア・コッキネア、セイロンマンリョウ、トーチジンジャー、グズマニア、レッドジンジャー、パイナップル、レンブの実、ホナガソウなど

夏の夢の島熱帯植物館にて(4)  今回も温室で見た花の続きです。  AドームとBドームの境目辺りに人工の滝が作られており、遊歩道はその裏側をくぐり抜けます。滝の裏側から温室の入口方向を撮りました。  Bドームでは、リーア・コッキネアとセイロンマンリョウの花を初めて見ました。 リーア・コッキネア ブドウ科オオウドノキ属の常緑低木。ミャンマー原産 真っ赤なつぼみからピンクの径…

続きを読む

熱帯スイレン、クレロデンドルム、ハイビスカス、ヘリコニア、コエビソウ、サガリバナ、コチョウラン、カトレア、オンシジウム、ベニツツバナ

夏の夢の島熱帯植物館にて(3)  今回から温室に入ります。北側の入口はAドームで、左側には熱帯スイレンが咲く池があり、その奥には人工の滝があります。 熱帯性スイレン クレロデンドルム・ウガンデンセ シソ科クサギ属の常緑つる性低木。原産は熱帯アフリカ 和名はベンケイクサギ(弁慶臭木)。英名:ブルーバタフライブッシュ 流通名:ブルーウイング、ブルーエルフィン し…

続きを読む

マダカスカルジャスミン、 サンユウカ、グロッパの一種、ゴエテア・ストリクティフローラ、ムッサエンダ・ルテオラ、ゲンペイクサギ、エンシクリア・コクレアタなど

夏の夢の島熱帯植物館にて(2)  今回は正面ロビーから温室入口に至る通路に展示された花たちです。 マダガスカルジャスミン ガガイモ科シタキソウ属のつる性多年草。マダガスカル島原産 花にジャスミンに似た芳香がある。別名:アフリカシタキヅル サンユウカ(三友花) キョウチクトウ科サンユウカ属の常緑低木。インド原産 夜から明け方にかけて、良い香りを漂わせる 花径は3~4…

続きを読む

夏の夢の島熱帯植物館にて(1)熱帯スイレン、ポンテデリア、ホソバイヌビワ、サンゴシトウ、ソテツ、ハマオモトなど

 7月26日、妻と夢の島熱帯植物館へ行ってきました。梅雨が長引きそうなので、ネタ稼ぎです。当初は国営武蔵丘陵森林公園へ行こうと思ったのですが、曇り一時雨の予報となり、急遽変更したのです。  都内なので電車は避けて、車で行きましたが、到着時はこんなに良い天気でした。手前は大輪のアメリカフヨウ、奥に見えるのが夢の島熱帯植物館のドームです。 温室前の2つのプールには熱帯スイレンが咲…

続きを読む

モッコウバラ、梅芯の椿 & 夢の島熱帯植物館にて(6)種の色々④、キバナアマ、ヒメエニシダなど

 ウォーキング中に見た花です。  もう、モッコウバラが咲き始めていました。椿は雄しべが筒状になっているのが普通ですが、広がっているタイプの花を見つけました。こういうしべを「梅芯」というそうです。 モッコウバラ(木香茨、木香薔薇) バラ科バラ属の常緑つる性低木。中国西南部原産 花期は4~5月ですから、3週間くらい早いです 赤い椿(一重、平咲き、梅芯、大輪) 肥後椿、熊谷…

続きを読む

(続)ハナモモ並木 & 夢の島熱帯植物館にて(5)種の色々③、ウナヅキヒメフヨウ、ヘリコニア・プシッタコルムなど

 前記事の、新松戸のハナモモ並木の続きです。  今回は望遠側で赤、白、ピンクの花に迫ってみました。ここでは、一番先にピンクが、続いて赤、そして白と開花するようです。 三色の花が写っています  3月6日撮影。 ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 夢の島熱帯植物館にて(5) 種の色々③  夢の島熱帯植物館の企…

続きを読む

ハナモモ並木 & 夢の島熱帯植物館にて(4)種の色々②、アマゾンユリ、ペリストロフェ・ヒッソピフォリアなど

 新松戸の西部を流れる坂川の西岸に110本ほどのハナモモ並木があります。  昨年は時機を失して見はぐってしまったので、今年は2月27日に様子を見に行ってきました。ピンクや赤は咲いていたものの、白花があまり咲いていなかったので、翌週の3月6日にまた行ってきました。  満開にはちょっと早かったですが、一昨年と比べると10日以上早い感じがします。 1枚目より上流です。柵を乗り越えて、菜の…

続きを読む

ハクモクレン、ホンコンドウダン、ゼニアオイ & 夢の島熱帯植物館にて(3)ベニバナクサギ、コエビソウ、種の色々①

 3月6日、前日の冷たい北風が和らいだので、新松戸にハナモモを撮りに行ったのですが、その途中、孫のさーちゃんが通う小学校の近くにある保育園で満開のハクモクレンを見ました。  その後、ホンコンドウダンや早すぎるゼニアオイの花も発見しました。 ハクモクレン(白木蓮) モクレン科モクレン属の落葉広葉樹。原産は中国・中南東部 紫色のモクレンとは別種で、半月ほど早く咲き、より大木になる …

続きを読む

ヒアシンス、ユキヤナギ、フキノトウ & 夢の島熱帯植物館にて(2)キダチキツネノマゴ、オガサワラモクマオなど

 ウォーキング中に見た花です。  近くの内科医の花壇で白いヒアシンスが綺麗だったので、撮ってみました。  あるお宅の西向きの花壇でフキノトウが伸びて、花が咲いていました。 ヒアシンス(ヒヤシンスとも、風信子、飛信子) キジカクシ科ツルボ亜科ヒアシンス属の球根性多年草(耐寒性秋植え球) 原産は地中海東部沿岸からイラン、トルクメニスタン付近 原種はこのような青紫色だけだそ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて(1) ヒスイカズラ、フトモモ、紫葉銀葉アカシアなど

 夢の島熱帯植物館でヒスイカズラが咲いていると知ったので、3月3日、妻と見に行ってきました。2009年2月に、沖縄の「東南植物楽園」で初めて見て、夫婦共に、この翡翠色の花が大好きになりました。  関東地方では、つくば植物園、新宿御苑、市川動植物園、神代植物公園、熱川バナナワニ園などで見たことがありますが、その中で一番多く花を付けるのがこの夢の島熱帯植物館です。この日は30房以上咲いていたのでは…

続きを読む