シナガワハギ、タカサゴユリ、シンテッポウユリ、ヤナギバルイラソウ、スーパートレニア(紫)、エキザカム、カクレミノ、ジュズダマ

 ウォーキング中に見た花です。  先日、妻と南流山の大型家電店へ行きましたが、私だけ歩いて帰りました。その折に見かけた花です。  タカサゴユリとシンテッポウユリの両方に出会えたのは収穫でした。 シナガワハギ(品川萩) マメ科シナガワハギ属の多年草。中央アジア原産 和名は品川の海岸近くで多く見られたことに由来する 花の長さは5mmほどと、小さいです 家電店横の道路際に6~…

続きを読む

トウワタ、食用カンナ、ネグンドカエデ、ブラキカム、タマサンゴの実、バイカウツギ、シマトネリコの翼果

 ウォーキング中に見た花です。  たくさんの花を並べた無人の花屋さんが出来ていました。生花1本100円の幟が立てられ、産地直送との文字も・・・。これも、コロナ過で対面販売をしなくて済む工夫でしょうか。 サンダーソニア・オーランチアカ(イヌサフラン科) リンドウ(リンドウ科) 左下、スプレーバラ   右下、カーネーション キク ユリ ここからは民家…

続きを読む

タマリクス・ラモシッシマ、パイナップルリリー、料理用オレガノ、ツクシハギ、トレニア、ホウセンカ、ジニア・プロフュージョン、ガイラルディア

 ウォーキング中に見た花です。  あるお宅でピンクの小さい花が咲く植物が見つかりました。ネットで調べて見ると、ギョリュウの仲間で、タマリクス・ラモシッシマ ‘ピンクカスケード’と分りました。 タマリクス・ラモシッシマ ‘ピンクカスケード’ ギョリュウ科ギョリュウ属の落葉中木。東欧から朝鮮半島にかけて分布 細い枝に細い葉が付き、その先に分枝しながら、小さなピンクの花が咲く  …

続きを読む

クロホウズキ、ムラサキルーシャン、アスター、タニウツギ、オモダカ、グロリオサ、カノコユリ、シロミノコムラサキ、ハイビスカス、サンゴジュ

 ウォーキング中に見た花などです。  27日に行った江戸川近くの田園地帯ですが、今回は更に江戸川寄りの所を歩きました。  田んぼと道路の間でクロホウズキが咲いていました。 クロホウズキ(黒鬼灯・黒酸漿) ナス科オオセンナリ属の一年草。原産はチリ~ペルー。有毒植物 オオセンナリ(大千成)の園芸種。花径は3cm程度 別名:ニカンドラ・ピラロデス・ビオラケア 花の基部が濃紫色、葉…

続きを読む

パイナップルリリーの実、マンリョウ、メボウキ、ハナトラノオ、ブルーサルビア、曜白アサガオ、キュウリ、イヌタデ、オシロイバナの葯の色

 昨日(8/01)、やっと梅雨明け宣言が出ましたが、今回は梅雨明け前のウォーキング中に見た花などです。  ある2階建アパートとその隣(大家さんと思われる)で、8鉢ものパイナップルリリーを見ました。早く咲き始めたらしき花には黒い実が出来ていました。実を見たのは初めてです。 ユーコミス・アウツムナリス キジカクシ科ユーコミス属の半耐寒性多年草。南アフリカ・中央アフリカ原産 別名:パイナッ…

続きを読む

オオボウシバナ、ハマユウ、フヨウ、エンジュ、クサギ & 夏のつくば植物園にて(ラスト)

 ウォーキング中に見た花です。  町内の愛好家が育てているオオボウシバナが開花し始めました。  新坂川遊歩道では、フヨウやエンジュ、クサギが咲き始めました。 オオボウシバナ(大帽子花) ツユクサ科ツユクサ属の多年草。露草(別名:ボウシバナ)の栽培変種 江戸時代に中国から渡来。別名:アオバナ(青花) ツユクサより草丈があり(~1m)、花が大きい(径4~5cm) 花弁は京友禅の下絵…

続きを読む

キョウチクトウ、ナツズイセン、イネ、オモダカ、カノコユリ、クコ、ナナカマドの実、パンドレア・ホワイト

 ウォーキング中に見た花です。  我が家から西へ、江戸川近くの田園地帯に向かいました。キョウチクトウやナツズイセンはその途中で撮ったものです。  稲穂は頭を垂れ始め、水田雑草のオモダカに花が咲いていました。その後、農家の敷地で、探していたカノコユリが見つかりました。 キョウチクトウ(夾竹桃) キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木。インド原産 ピンクは八重咲きが多く、一重は少な…

続きを読む

ヤノネボンテンカ、トロロアオイ、アメリカフヨウ、モミジアオイ、アメリカンブルー、宿根バーベナ、イヌガラシ、クマツヅラ、ハンゲショウ

 ウォーキング中に見た花です。  つぼみが出来たので気にしていたヤノネボンテンカがやっと一輪咲きました。 ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花) アオイ科フヨウ属のの常緑草本状低木。南米原産 和名は、葉の形が鏃状で、花が梵天花に似ているから 別名:高砂芙蓉、ミニ芙蓉  ここからは新坂川遊歩道で見た花です。 トロロアオイ(黄蜀葵) アオイ科トロロアオイ属の一年草。中国原産。別…

続きを読む

パイナップルリリー & 「21世紀の森と広場」にて

 ウォーキング中に見た花です。  皆さんのブログにパイナップルリリーが登場してきたので、探しに行ってきました。昨年見たうちの1ヵ所は引き抜かれてしまっていたので、北松戸駅前の居酒屋さんまで足を伸ばすと、見事に咲いていました。 ユーコミス・アウツムナリス キジカクシ科ユーコミス属の半耐寒性多年草。南アフリカ・中央アフリカ原産 別名:パイナップルリリー(写真で、名の由来の説明は不要ですね…

続きを読む

ノリウツギ、ハツユキソウ、タバコソウ、ヨモギギク、コンフリー、コヒルガオ、ヤマノイモ、イヌホオズキ?アメリカイヌホオズキ?

 ウォーキング中に見た花です。  ノリウツギやハツユキソウがやっと咲き出しました。  タバコソウを植物園以外で初めて見ました。地植えで越冬できたのですね ノリウツギ(糊空木) アジサイ科アジサイ属の落葉低木。北海道、本州、四国、九州に分布 アジサイより遅咲きです。 南側に生垣があるせいか、葉の色が薄い ハツユキソウ(初雪草) トウダイグサ科トウダイグサ属の非耐寒性一…

続きを読む

モミジアオイ、アメリカフヨウ、ハナトラノオ、フウセンカズラ、フウセントウワタ、ヘクソカズラ、スーパーサルビア、宿根サルビア

 ウォーキング中に見た花です。  モミジアオイが咲き始めました。タイタンビカスの交配親ですが、もう一方のアメリカフヨウも載せました。  ハナトラノオが我が家の隣のブロックで咲き始めました。フウセンカズラに実が出来ていました。フウセン繋がりで、フウセントウワタの実も探しました。 モミジアオイ(紅葉葵) アオイ科フヨウ属の多年草。北アメリカ原産 和名は葉がモミジのような形だから。別名:紅蜀…

続きを読む

グロリオサ、ブーゲンビリア、タイワンレンギョウ、チョコレートコスモス、ハギ・江戸絞り、ツリバナの実、マテバシイの実など

 ウォーキング中に見た花です。  大輪のグロリオサに出会いました。奥様がおられたので、話を伺うと、これは切花用と違って、良く分枝するタイプだとのことです。ブーゲンビリアもこのお宅のものです。 グロリオサ イヌサフラン科(←ユリ科)グロリオサ属の落葉性多年草(球根) 熱帯アジア及びアフリカ原産。下向きに咲くのが特徴。黄花種もある 別名:ユリグルマ、キツネユリ、アカバナキツネユリ …

続きを読む

赤黒いユリ、トピアリー、ヒマワリ各種、ムクゲ、キバナノコギリソウ、ユズリハなど

 ウォーキング中に見た花です。  赤黒い大輪のユリが見つかりました。多分、オリエンタル・ハイブリッドの‘マンボ’という品種と思われます。 オリエンタル・ハイブリッドリリー ‘マンボ’ ハートとミッキーマウスのトピアリー 集合住宅の駐車場に面したところ。右端の小さなものもしっかりハート ヤブカンゾウ、クロコスミア、グラジオラスなど 同系統の花色で揃え、センスの良…

続きを読む

タイタンビカス、アメリカフヨウ、トウコマツナギ、ペニセタム・銀狐、ハブランサス・アンダーソニー、ハキダメギク、アジュガ(銅葉)、ミヤギノハギ

 ウォーキング中に見た花です。  先日、マンデビラの八重と一重を紹介したお宅で、タイタンビカスが咲き始めました。新坂川遊歩道ではアメリカフヨウが咲いていたので、比べて見ました。花は似ていますが、葉の形が違うので、見分けは可能です。 タイタンビカス ‘エルフ’ アオイ科フヨウ属の多年草 (株)赤塚植物園が開発したアメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種 花径は15cm~30cm、草丈…

続きを読む

センニチコウ‘ファイヤーワークス’、オニユリ、タマスダレ、ニラ、ナツフジ、アップルミント、アサガオ

 ウォーキング中に見た花です。  新松戸の団地の入口で、久しぶりにセンニチコウ‘ファイヤーワークス’を見ました。初めて見たのはニースの公園でしたが、名前が分らず、苦労した記憶があります。ご覧のように、とてもセンニチコウとは思えません。  同じ花壇で、オニユリも咲いていました。また、花壇の前の道路はアメリカフウの並木道ですが、根元でタマスダレが咲き出していました。同じ道を西に歩くと、ハタケニラ…

続きを読む

ヒオウギ、ミソハギ、クフェア、ヘメロカリス、スーパートレニア、斑入りアリッサム、八重咲きルドベキア、ハニーサックルの実

 ウォーキング中に見た花です。  我が家の隣のブロックにある駐車場の片隅で、ヒオウギが咲き始めました。近所の方が毎年種を蒔いてくれるのですが、今年は少し早い開花です。近くのもと中華料理店ではミソハギが咲き始めました。鉢植えなので、水遣りが大変そう。 ヒオウギ(檜扇) アヤメ科アヤメ属の多年草。本州・四国・九州に分布 別名:カラスオウギ(烏扇) 一日花で、夕方には萎みますが、萎んだ姿はね…

続きを読む

ベロニカ、モナルダ・ベルガモ、サルスベリ、トケイソウ、マンデビラ、斑入りマサキ、ドドナエアの翼果、カサブランカ

 ウォーキング中に見た花です。  今回は近くの花屋さんの店頭に並んだ花からです。2種類の園芸種が並んでいました。 ベロニカ・ロンギフォリア ‘ファーストキス’ オオバコ科クワガタソウ属の耐寒性多年草。世界に広く分布 和名:ルリトラノオ、別名:スピードウェル。花色は青、紫、ピンク、白 この種は矮性で、花穂は短く丸みを帯び、蛍光ピンクの花を咲かせる モナルダ・ベルガモ …

続きを読む

セイヨウニンジンボク、アジサイ、ムクゲ、エキナセア、ヤマユリ、イエローカサブランカ、八重カサブランカ、ピンクのキキョウ

 ウォーキング中に見た花です。  目黒のおじいちゃんのブログにセイヨウニンジンボクが投稿されていた(こちら)ので、頃は良しと、心当りは見に行ってきました。 セイヨウニンジンボク(西洋人参木) シソ科ハマゴウ属の耐寒性落葉中木。原産は南ヨーロッパから中央アジア 日本には明治時代に渡来。品種により白やピンクもある(あまり見かけない) 花期は7~9月。 別名:チェストツリー、チェストベリ…

続きを読む

フサフジウツギ、モントブレチア、アンゲロニア、アブチロン、黒いペチュニア、矮性センニチコウ、ユリなど

 ウォーキング中に見た花です。  クリーニング屋さんの玄関前に植えられた白花のフサフジウツギが咲きました。モントブレチアの黄花を探していますが、それに近い色の花が見つかりました。 フサフジウツギ(房藤空木) ゴマノハグサ科フジウツギ属の落葉低木。原産は中国とも、本州中部とも 別名:ブッドレア、バタフライブッシュ。これは白花の園芸種 横に伸びた花穂を上から写した モントブレ…

続きを読む

オリエンタルユリ、ツタ、オシロイバナ、ホサキナナカマド ‘セム’、オミナエシ、キンロバイ、ペチュニア、ルドベキア・タカオ

 ウォーキング中に見た花です。  近所で、良く通りがかるお宅ですが、6月末に大輪のユリが何輪も一斉に咲きました。オリエンタルハイブリットでしょう。  その斜め向かいのお宅では、アイビーの地味な花が大きな葉に隠れるように咲いています。 ピンクのオリエンタルユリ ヤマユリやカノコユリなど日本産の原種をもとに交配された ツタ(蔦) ブドウ科ツタ属の落葉つる性木本。本州から九…

続きを読む

アジサイが見事なお宅、マキバスミレと思ったが、ムクゲの色々、トウモロコシ、イエローカサブランカ

 ウォーキング中に見た花です。  江戸川近くで、見事に紫陽花を咲かせている専業農家(多分)があります。ちょっと遅咲きなので、今が丁度見頃です。植えられている長さは20m以上、殆どがガクアジサイのテマリ咲きですが、色取りで綺麗です。  植えられているのは農業用排水路に面したフェンスの中ですが、フェンスの間から枝を伸ばして咲いているので、フェンスが殆ど見えません。  昨年、剪定作業をしていると…

続きを読む

シマトネリコ、オオケタデ、ムラサキツユクサ、タカノハススキ、コキア、宿根フロックス、セリ、シュロガヤツリ、ヒメガマなど

 ウォーキング中に見た花です。  シマトネリコをシンボルツリーに採用しているお宅が増えており、今は白い花がたくさんついています。しかし、つぼみの時期が長く、これまで開花した状況が撮れずにいました。今回、やっと撮れたのですが、風で揺れるので何とかピントがあったものを投稿しました。 シマトネリコ(漢字表記は不明) モクセイ科トネリコ属の常緑~半落葉中高木。雌雄異株 原産は沖縄、台湾からイ…

続きを読む

ボタンクサギ、ヤブカンゾウ、ヒメジョオン、カンナ、アフリカハマユウ、ムクゲ、ケハギ、キクイモモドキ、ヤマユリ

 ウォーキング中に見た花です。  ボタンクサギが咲き始めたようなので、流鉄流山線の傍を流れる新坂川の遊歩道を久しぶりに歩いてみました。 ボタンクサギ(牡丹臭木) シソ科クサギ属の落葉低木。中国南部~インド北部原産 夏中、咲き続けます。別名:ヒマラヤクサギ、ベニバナクサギ 花には微かに良い香りがあり、葉を千切ったりしなければ臭くはありません つぼみと咲き始め ヤブ…

続きを読む

アーティチョークとカルドン、ムクゲ、バイカウツギ、ハンゲショウ、ペンタス、ベゴニア、アゲラタム、スイートアリッサム

 ウォーキング中に見た花です。  新松戸ダイエー(イオン)の近くで、アーティチョークの花が見つかりました。その野生種カルドンは毎年見ていますが、アーティチョークは初めてでした。 アーティチョーク キク科チョウセンアザミ属の多年草。地中海沿岸原産 和名はチョウセンアザミ(朝鮮薊)。若いつぼみを食用とする 鉢植えで、ご主人曰く「今年は2つだけなんだ」とのこと 背後の花はルドベキア…

続きを読む

ヒメルリトラノオ、ジュズサンゴ、ヒマワリ、野菜の花、サボテン、カラー、ニューギニアインパチェンス、ホウセンカなど

 ウォーキング中に見た花です。  町内で咲いている高性種のヒマワリと、野菜の花を紹介します。 ベロニカ・スピカータ ‘ロイヤル・キャンドル’ ゴマノハグサ科クワガタソウ属の一年草または多年草 原産はヨーロッパ~北アジア。和名:ヒメルリトラノオ ジュズサンゴ(数珠珊瑚) ヤマゴボウ科リヴィナ属の多年草。原産は北米南部~南米 ヒマワリ(高性種) キク科…

続きを読む

サンゴシトウ、オリエンタルユリ、サルスベリ、オカトラノオ、カシワバアジサイ・ハーモニー、ノウゼンカズラ、ムクゲなど

 今日から7月、早くも半年過ぎてしまいました。早いものです。  日比谷公園でアメリカデイゴを見た(こちら)ので、その翌日(6月23日)、我が家の最寄り駅近くで咲いているサンゴシトウを見に行ってきました。 サンゴシトウ(珊瑚刺桐) マメ科デイゴ属の落葉広葉中木。別名:ヒシバデイゴ。花期は6~9月 アメリカデイゴとエリスリナ・ヘルバケアを交配して作られた園芸種  名の由来は、赤い花がた…

続きを読む

モナルダ、ハナアオイ、ルドベキア・ヒルタ、アスチルベ、イトバハルシャギク、カワラナデシコ、ハナショウブ、ハナキリンなど

 ウォーキング中に見た花です。  6月20日に撮り溜めしたため、段々投稿が遅くなっています。 モナルダ(ベルガモット) シソ科モナルダ属の多年草。原産は北アメリカ 別名:タイマツバナ、ヤグルマハッカ 花の状態が悪いですが、下の花の中央から茎が伸びて二段に咲いている こちらはピンクの品種(背後はコエビソウ) ラバテラ・ツリンギアカ アオイ科ハナアオイ属の一年草。…

続きを読む

八重咲きクジャクアスター、カンパニュラハイブリッド種、キンギョソウ、ヒャクニチソウ、ハマナデシコ、アブチロンなど

 ウォーキング中に見た花です。  細い花弁の、見慣れない菊が咲いていました。初めて見る花です。Googleレンズで検索したもののうち、アスターが一番近く、ネットをチェックし続けたら、クジャクアスターに八重咲き種があることを知りました。アスターはユウゼンギクに似た花ですが、八重咲きになると豪華に見えます。  カンパニュラ・ホワイトライクミーと名札が付いた白い花を見ました。調べて見たら、カンパニ…

続きを読む

ユリ色々、マツバボタン、マートル・バリエガータ、コンロンカ、フウセントウワタ、キョウチクトウ色々

 ウォーキング中に見た花です。  百合が咲き始めているので、色々探してみました。品種が多すぎて、名前が分りません。  キョウチクトウの色々も探してみましたが、キバナキョウチクトウがまだ見つかりません。 ユリ(百合) ユリ科ユリ属の園芸品種 オリエンタルユリ・コンカドール(イエローカサブランカ) オリエンタルユリ・ソルボンヌ テッポウユリ系? スカシユリの半八重?…

続きを読む

ムクゲ、ダリア、ヒマワリ、ニンニク、セイヨウジュウニヒトエ、サボテン、グラプトペタルム・ベルムなど

 ウォーキング中に見た花です。  ムクゲやダリアが咲き始めました。夏を彩る花として、これからあちこちで見られるようになりますね。  ヒマワリの中型と小型の花を見ました。ヒマワリは品種が多いですね。 ムクゲ(木槿) アオイ科フヨウ属の落葉樹。インド~中国原産。別名ハチス 咲き始めです。夏の花ですから、これから色々見る事が出来るでしょう ダリア キク科ダリア属の多年草。…

続きを読む