労組OB・OG会のフォトコンテスト

 4月24日に労組OB・OG会のフォトコンテストが開催されました。今回のお題は「桜」。6名から、労組OB・OG会のお花見(仙台堀川公園など)で撮影された写真など、合計40点の作品が出展されました。  審査は写真学校を卒業された司郎さんとナグさんにお願いし、出展者からプレゼンテーションを受けた後、各人2点を各賞候補として選出していただきました。  さらに審査の結果、私の作品が最優秀賞に選出され…

続きを読む

カメラと写真映像のイベント「CP+」にて(3) ニコン、ソニー、リコー

 みなとみらいのパシフィコ横浜で行われていた「CP+」(カメラと写真映像のワールドプレミアショー、3月1日~4日)のレポート、最終回です。  ニコンのブースです。セミナースペースが2カ所あり、面積的には一番大きかったかもしれません。  ニコンはどうも近づきにくい雰囲気があります。いつかはニコンと思いつつ、買ったのはコンデジ2台だけです。  試写対象のモデルさんも遠くから。右下は…

続きを読む

カメラと写真映像のイベント「CP+」にて(2) 富士フイルム、オリンパス、パナソニック

 前記事に続いて、「CP+」(カメラと写真映像のワールドプレミアショー、3月1日~4日開催)の報告です。    富士フイルムのブースです。富士フイルムの一押しカメラはミラーレス一眼の「X-H1」でした。この機種はAPS-Cサイズですが、富士フイルム初の「ボディ内手ぶれ補正機能」を搭載したこと。三脚不要で撮れる場面が多くなりそうです。ボディだけでも20数万円、私には高くて手が出ません。 …

続きを読む

カメラと写真映像のイベント「CP+」にて(1) キャノンのブースから

 今年も「CP+」(カメラと写真映像のワールドプレミアショー)を見に行ってきました。会場はみなとみらいのパシフィコ横浜で、3月4日まで行われています。HPはこちら。CP+はWebで事前登録すると無料ですが、登録なしだと1,500円という変なイベント。  左下は、クイーンズスクエア横浜から続く連絡橋から会場を撮ったもの。  まず向かったのは愛用しているキャノンのブース。  3月下旬発…

続きを読む

今年最大のスーパームーン

 12月4日0時47分の満月は今年最大のスーパームーンということですが、そんなに遅くまで起きていられないので、前日の21時38分に満月を写しました。幸い快晴だったので、きれいに撮れました。  まず、元画像です。高倍率コンパクトデジカメで、柱に寄りかかって手持ちで撮影しました。F5.6 、1/320秒、デジタルズーム161.2mm(35mm版換算約900mm)です。  これをトリミングして…

続きを読む

東漸寺の八重桜

 4月11日、風が冷たい日でしたが、天気が良くなったので、東漸寺(記事末コラム参照)に行ってきました。樹齢330年と言われる枝垂れ桜はとおに葉桜で、参道のソメイヨシノも殆ど散りましたが、お目当ては附属幼稚園の園庭に咲く八重桜です。 参道はソメイヨシノの花むしろ ゴツゴツした根と柔らかな色合いの花弁の対比が面白い 附属幼稚園の八重桜です 幼稚園の門前からですが、 …

続きを読む

CP+ 2013 in 横浜パシフィコ

 31日、午前中、品川で会議があったので、ついでに、横浜パシフィコで開催されている「CP+2013」(カメラと写真映像の情報発信イベント<シーピープラス>)を見てきました。イベントのHPはこちら。  各社で発表された最新カメラ(高性能なコンパクトデジカメ、WiFiによる転送機能やGPS搭載モデル、ミラーレスカメラなどなど)や映像機器、写真用品などが展示され、手にとって試してみることが出来る…

続きを読む

箱島湧水(群馬の紅葉シリーズ…5)

 11月6日、吾妻渓谷の紅葉を見てから吾妻川を下り、日本名水百選のひとつ箱島湧水を訪ねました。榛名湖から見ると北北東に当たります。  箱島湧水は滝になる程の湧水量です。滝の傍らに立つ大きなモミジの紅葉はまだ黄色く色づき始めたところでした。  大きな杉の根元からわき出しています。早速、ペットボトルに汲んで飲んでみましたが、とても柔らかい水で美味しかったです。ペットボトル2本分を持ち帰りまし…

続きを読む

吾妻渓谷(群馬の紅葉シリーズ・・・4)

 11月5日は湯桧曽温泉に泊まり、6日も紅葉見物です。しかし、天気予報は雨。これは予想していたことですが、吾妻渓谷(あがつまけいこく)に行ってみました。ここは、民主党政権が工事を復活させようとしている八ッ場ダムの予定地でもあります。  何とか傘を差さずに歩けますが、コンパクトデジカメでの撮影です。  八ッ場大橋から。前方に国道145号線付け替えのための橋脚工事現場(中断中)が見えます(右…

続きを読む

奈良俣ダムから照葉峡へ(群馬の紅葉シリーズ…3)

 11月5日、谷川岳から群馬県北部の奈良俣ダムへ、更に、利根川の支流、楢俣川を遡って奥利根水源の森と照葉峡へ回ってみました。この辺りは紅葉の最盛期と言って良いでしょう。 奈良俣ダム手前の楢俣川の流れ 奈良俣ダムを望む地点で 奈良俣ダムの上部から北側を望む ならまた湖の右奥に見えるのは至仏山で、その向こう側は尾瀬ヶ原です。 奥利根水源の森の西端あたりで…

続きを読む

谷川岳(群馬の紅葉シリーズ…2)

 11月4日、谷川岳の紅葉を撮りに行ってきました。谷川岳と言っても、この日から通行止めが解除されたマチガ沢出合と一ノ倉沢出会からの画像です。  数日前は吹雪だったという谷川岳の雪と紅葉の両方が見られるというのは贅沢でしたよ。単焦点レンズEF24mmの試し撮りでもありました。 マチガ沢を望む マチガ沢に向かって右手の斜面 マチガ沢を背にして、白毛門方面 一ノ倉沢を望む…

続きを読む

新宿御苑にて 人物編

 6月23日(土)に訪れた新宿御苑です。風景や花の写真を撮りながら、人間ウォッチングもしてみました。  肖像権に抵触しない程度の角度や大きさで投稿させてもらいます。 大イチョウからパワーをもらう(温室付近で)。 商用写真の撮影かも(イギリス式風景庭園で)。 息子の足下に気を配る(玉藻池で)。 一人で立っちできるよね(イギリス式風景庭園で)。 読書し…

続きを読む

新宿御苑にて 風景・樹木編②

 6月23日(土)に訪れた新宿御苑の風景です。 モミジバスズカケの巨樹(新宿門近くで) 旧御涼亭から望む日本庭園 樹陰(千駄ヶ谷門近くで) 静かな中の池 タイサンボク(イギリス式風景庭園で) 小さなキノコ(イギリス式風景庭園で) これもキノコ?(イギリス式風景庭園で) ケヤキの又に積もった落ち葉の寝床から別の命が芽生…

続きを読む

新宿御苑にて 風景・樹木編①

 6月23日(土)、千駄ヶ谷の国立競技場近くにある明治公園で、消費税大増税・社会保障大改悪反対の集会に参加したついでに、新宿御苑で写真を撮ってきました。例によって、何回かに分けて投稿しますので、おつきあいください。  梅雨の合間で時折強い日差しが射し、気温も上がりました。家族連れ、カップル、グループたちが、それぞれのひとときを楽しんでいました。 くつろぐ人たち(イギリス式風景庭園の大芝生…

続きを読む

水元公園にて…その4 ハゼノキ

 12月18日の水元公園です。  この日、一番鮮やかな紅葉はハゼノキでした。ウルシ科ヌルデ属の落葉小高木で、雌雄異株だそうです。この木には実が見られないので、雄株ですね。  穏やかな日差しなので、お年寄りがベンチで本を読んでいました。  青空に真っ赤な紅葉が映えます。  右後方の緑は柳の木です。  ナンキンハゼの方はすっかり葉を落とし、弾けた蒴果から白い蝋質に包まれた種子が…

続きを読む

水元公園にて…その3 モミジバフウ

 12月18日の水元公園です。今回もモチーフはモミジバフウ(別名アメリカフウ)です。  公園の有料駐車場に何本ものモミジバフウが植えられています。今の時期ではほとんど紅葉が終わり、イガイガの集合果だけになっています。  そんな中、1本だけ紅葉が残っている木がありました。  モミジバフウの枯葉と実を拾ってきました。放射能?大丈夫でしょう、多分。  公園からスカイツリーの…

続きを読む

水元公園にて…その2 ラクウショウ

 12月18日の水元公園です。今回のテーマはラクウショウ(ヌマスギ)の紅葉です。  公園のメインストリートとでも言えるポプラ並木ですが、小合溜側はラクウショウです。たまたま飛んできたカラスが変化をつけてくれました。  カモが遊ぶ細長い掘割の傍らです。右奥は、先回紹介したメタセコイアの森です。  少し南に移動しました。  上の写真の左手前はコスモスの咲き残りです。 …

続きを読む

水元公園にて…その1 メタセコイア

 そろそろネタ切れになったので、12月18日の日曜日、都内葛飾区にある水元公園に写真を撮りに行きました。今回は風景写真が中心なので、偏光フィルター(CPLフィルター)をつけたままでの撮影です。  水元公園は小合溜に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。  小合溜は旧古利根川の一部でしたが、 1729年(8代将軍吉宗亨保14年)に江戸幕府が灌漑用水を調整する遊水池として開削され…

続きを読む

ニゲラ、ミツバウツギ

 5月13日、イオンレイクタウンの植栽で見た花たちです。  ニゲラ(キンポウゲ科ニゲラ属、南欧州原産)です。いつ見ても「変な花」と思います。花弁は退化し、萼片が花弁に見える。  ニゲラの和名はクロタネソウ(黒種草)。この実の中に黒い種が出来るのでしょう。  ツリージャーマンダーです。シソ科ニガクサ属の常緑小低木で、原産はスペイン。nobaraさんのブログに載ってましたね。 …

続きを読む

ユーフォルビア、キバナウツギ

 5月13日、イオンレイクタウンの植栽で見た花たちです。前回までご紹介したフラワーショップ「インナチュラル」の店員さんは、この植栽の維持管理もされているようです。  ユーフォルビア(トウダイグサ科ユーフォルビア属)にも色々あるようです。  これは見たことがある、黄色い花が咲く品種、ユーフォルビア・ウルフェニー。  赤茶色の部分が花でしょうか。ユーフォルビア・ブラックパールという…

続きを読む

ペーパーデージー

インナチュラルの店頭で…その4  5月13日、インナチュラル・イオンレイクタウン店(HPはこちら)の店頭で初めて見た花を中心に投稿しています。  ペーパーデージーです。キク科ヘリクリサム属の一年草で、原産はオーストラリア。花径は3cm弱。売り物なので花弁には触りませんでしたが、ムギワラギクのようにカサカサしているそうです。花弁と書きましたが、これは総苞なんだそうです。  背後の…

続きを読む

西洋テマリカンボク、コガクウツギ

インナチュラルの店頭で…その3  5月13日、インナチュラル・イオンレイクタウン店(HPはこちら)の店頭で初めて見た花を中心に投稿しています。  オオデマリに似た花にはビブルナム・スノーボールと書かれていました。ビバーナム・スノーボールとも言い、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、別名西洋テマリカンボク。原産はヨーロッパ。  オオデマリと同じく、花が黄緑色から白に変わり、枝がしなや…

続きを読む

アストランチア、アニソドンテア、リシマキア

インナチュラルの店頭で…その2  5月13日、インナチュラル・イオンレイクタウン店(HPはこちら)の店頭で初めて見た花を中心に投稿しています。  アストランティア(アストランチア)と名札が付いていました。せり科アストランティア属の宿根草です。原産はヨーロッパ、西アジア。花色は白ないし赤で、多くの園芸種があるようです。  花は中央の小さいもので、花弁に見えるのは苞です。形が面白いし、…

続きを読む

オルレア、ゲラニウム、ペラルゴニウム

インナチュラルの店頭で…その1  5月13日、インナチュラル・イオンレイクタウン店(HPはこちら)の店頭で初めて見た花を中心に投稿します。  店員さんによると、「仕入れ担当者が珍しいものを選ぶ確率が高い」のだそうです。  イベリスとレースフラワーを合体させたような花が咲いていました。名札にはオルラヤ・グランディフローラとありました。  セリ科オルレイア属の耐寒性一年草で、一般的に…

続きを読む

スモークツリー

 スモークツリーをご存知ですか。和名はハグマノキ(白熊の木、ウルシ科コティヌス属)と言い、カスミノキ(霞の木)とか、ケムリノキ(煙の木)とも呼ばれます。モジャモジャ、フワフワの状態が花だと思っている方も多いでしょうが、あれは花後の花序の姿なんです。  13日、イオンレイクタウンのフラワーショップ「インナチュラル」の店頭で、スモークツリーの花を初めて見ました。  花径は数ミリ、コンデジなの…

続きを読む

セイヨウトチノキ(マロニエ)、ベニバナトチノキ、ガマズミ

 流山街道(JR武蔵野線と交差するあたりから南へ800mほどの区間)にベニバナトチノキの並木があります。昨年の記事はこちらです。  今年も気になっていたので、15日、孫たちと清水公園に行った帰りに、車窓から様子を見ました。もうかなり咲き進んでいたので、16日、チャリを漕いで撮影に行ってきました。急いだ理由は、他にもあります。並木の中で1本だけに白い花が咲いているように見えたからなのです。  …

続きを読む

キリ(桐)の花、ニセアカシア、我が家の花

 13日、流山の運転免許センター近くでキリ(桐)の花を見ました。15日、孫たちを野田の清水公園に連れて行く前に、ちょっと寄り道して写真を撮ってきました。  想像していたより大きな花でした。  左下は葉の形。右下の写真には、妻とさーちゃんが写っています。  16日、小梨さんのブログでも取り上げられていました(こちら)。記事によると、ゴマノハグサ科(あるいはノウゼンカズラ科)と…

続きを読む

ジュラシックツリー & ミズキの花

 5月13日に行った越谷のレイクタウンアウトレット(HPはこちら)です。平日なのにたくさんの人たち。開業からまだ2週間、私たちのような偵察隊も多いようでした。  このアウトレットは植栽が充実しているのが良いです。店に興味がない私はこちらの方を見て歩きます。  右上の写真の立木はベニスモモの木です(紅李、バラ科サクラ属、別名紅葉スモモ)。花は既に終わっており、小さな緑の実ができてきました(…

続きを読む

御衣黄 & カヤ(榧)の花

 5月13日の夕方、町内のHさんが、「緑色の花が咲いた桜の切り枝をもらったのよ。秋田で咲いていたものなんだって。珍しいから見に来ない?」と言うので、早速伺いました。  花瓶には1枝のギョイコウ(御衣黄)が挿されていました。ネットの写真は何度も見ましたが、実物は初めて。まだ青々としていました。  秋田のどこに咲いていたのか聞きそこねたのですが、翌日、町内のGさんがやはり御衣黄を挿した花…

続きを読む

バビアナ、ハゴロモジャスミン

 昨日投稿したサンザシが咲いていたお宅で、フリージアや、トリテレイア・ラクサ(過去記事はこちら)に似た薄紫の花を見ました。折よく、ご夫人が庭に出てこられたので名前を伺うと、バビアナとのことでした。  バビアナはアヤメ科バビアナ属の多年草(球根)。原産は南アフリカのケープタウン付近。多くの園芸種があり、和名はホザキアヤメ。イキシアの親戚です。  ハゴロモジャスミンが咲いていると、そ…

続きを読む