サンザシ、トキワサンザシ

 サンザシが咲いているのを見つけました。  サンザシ(山査子)は、バラ科サンザシ属の落葉低木。中国産で、日本にも古くに持ち込まれた。Wikipediaより。  咲き始めの葯は赤いですね。  こちらは、小さな花がびっしりと咲くトキワサンザシです。  トキワサンザシ(常盤山査子)はバラ科トキワサンザシ属で、その名のように常緑の低木。ピラカンサという名のほうが有名。 …

続きを読む

ツキヌキニンドウ、ベニバナスイカズラ、ヒョウタンボク

 ツキヌキニンドウが咲き始めました。これまでに見たものは、紅色の筒花で、内側が黄色のものでしたが、外側も黄色い品種を見つけました。嬉しいことに、2色揃い咲きでした。  ツキヌキニンドウ(突抜忍冬、突貫忍冬)、スイカズラ科スイカズラ属。北アメリカ地方原産。明治時代に渡来。  紅色の花の咲き始めは内側が黄色ですが、次第に赤くなっていくようです。  ツキヌキの名の由来は、右下の写真のように、…

続きを読む

マグノリア‘キンジュ’、細葉ミントブッシュ

 昨日投稿したキバナニオイロウバイがあったお宅には、マグノリア‘キンジュ’も植えてありました。モクレンの園芸品種で、白や紫のモクレンより遅れて咲きます。流通名は、金寿木蓮、黄花木蓮。  我が家の直ぐ近くで、毎年見られたのですが、賃貸アパートに建て替えられた際、処分されてしまいました。  同じお宅で初めて見る紫色の花を発見しました。細葉ミントブッシュだそうです(名前がわからず、「こ…

続きを読む

キバナニオイロウバイ、トキワマンサク

 寿々木さんのお宅でクロバナロウバイが咲いています(記事はこちら)が、新松戸の住宅街で、それと同じ形の、黄緑色の花を見つけました。  調べてみると、やはりロウバイの仲間でキバナニオイロウバイと分かりました。  黄花匂い蝋梅、ロウバイ科クロバナロウバイ属の落葉低木。北アメリカの南東部原産。花はメロンやバナナに似た香りがするそうですが、撮影時(5月9日)には匂いませんでした。  ク…

続きを読む

モッコウバラとナニワイバラ

 モッコウバラが今盛りの時期ですね。秋篠宮家の眞子内親王のお印として黄モッコウが使われて以来、急に人気が高くなったのだそうです。  新松戸の住宅街で見た黄モッコウです。南北に長い敷地の東側のフェンスに這わせ、南側には白いナニワイバラが植えられており、見事な光景でした。  黄モッコウだけでは片手落ちですか。白いモッコウバラもちょっと遅れて咲き始めました。  モッコ…

続きを読む

もうひとつのライラック

 青い花に黄色い葯が目立つセアノサス・パシフィックブルーです。クロウメミドキ科セアノサス属の半耐寒性常緑低木で、原産はカナダ南部~メキシコ北部。カリフォルニア州で多く見られ、花穂がライラックに似ているので、カリフォルニアライラックとも呼ばれています。  1枚目の写真で、右上に赤紫の花が見えます。これもライラック(モクセイ科ハシドイ属)で、センセーションという園芸種です。花の縁が白いのが…

続きを読む

ベニカナメモチ

 ベニカナメモチ(バラ科カナメモチ属の小高木)の花が咲き始めました。これは、葉が大きく、紅色が濃いので、カナメモチとオオバカナメモチの交配品種であるレッド・ロビンではないでしょうか。  5弁の花がびっしりです。  蝶や昆虫を惹きつける臭いを出すのでしょうか。上=アオスジアゲハ、下左=ナミハナアブ、下右=ヤマノイモハムシ。  アメリカハナズオウのその後の姿です。この葉が、夏には緑…

続きを読む

タチイヌノフグリ & オッタチカタバミ?

 これ、タチイヌノフグリに間違いないでしょう?実物を見たのは初めてです。5月4日、ハンカチノキを撮影した広場に生えてました。  花の色は薄い青と薄い赤紫色があるそうで、写真を編集中に赤紫も発見しました(下の写真の下の方に写っています)。  ゴマノハグサ科クワガタソウ属の雑草。ユーラシア、アフリカ原産の帰化植物。明治初期に渡来したとされる。  目黒のおじいちゃんのブログにオッタチ…

続きを読む

ハンカチノキ

 「松戸中央公園でハンカチノキが満開と新聞に出ていた」と妻が言うので、5月4日、見に行ってきました。足指骨折中なので、勿論そろそろ歩きです。  公園の西側に広場があり、中央付近に3本のハンカチノキがあります。そのうちの1本がまさに見頃でした。2003年4月に、松戸テニスクラブが記念植樹したそうな。  花に見える白い部分は大小2枚の苞葉です。全部が下向きなので、露出が難しい。 …

続きを読む

鯉のぼり

 JR常磐線の西側、江戸川近くを流れる坂川に今年も200匹以上の鯉のぼりが泳いでいます。近くの住民が、坂川の清流化を願って始め、早18年だそうです。  もう飾られてから日にちが経っているので、ちょっとよじれたり、紐が解けて尾が水に浸かったりしている鯉のぼりもあってちょっと残念。  こんな飾り方もありですか。ポールを建てるにはお金がかかるし、さりとて孫には見せたいし…、というところ…

続きを読む

オオデマリ

 新松戸のきょうちくとう通りでオオデマリが黄緑色の花を咲かせていました。オオデマリはスイカズラ科ガマズミ属の植物の一種。別名テマリバナ。  上の2枚は、4月24日、右足親指を骨折した当日撮ったもので、花が白くなって行く様子を投稿しようかと思っていたのです。その後、出歩けず、心残りだったのですが、4月30日に車に乗って撮りに行ってきました。わずか6日後ですが、もう花が痛みはじめていました…

続きを読む

ニシキギの花

 昨日投稿したナナカマドの木の隣にうえてある木に何か違和感を覚えてよく見ると…。  もうちょっと近づいて見ましょう。これは若い枝の部分ですが、長い花柄の先に黄緑色の4弁の花が鈴なりです。  もう少し下の方の枝を見ると、茶色の翼が見えます。これがニシキギ(錦木)の花だったんですね。  ニシキギはニシキギ科ニシキギ属の落葉低木で、秋には赤い実と鮮やか紅葉で有名ですね。別名ヤハズニシ…

続きを読む

ナナカマドの花

 ガマズミ?と思って近づくと、葉が小さいので、違いました。ここは、先日、アメリカハナズオウを紹介した老人介護施設の前庭です。幸い、幹に名札が下げられており、ナナカマドと分かりました。  枝の先端に、白い5弁の花をたくさん咲かせます。下の2枚は、咲き始めたばかりの花です。  咲いてから時間が経つと、雄しべの先端の葯が茶色く目立つようになります。  4月30日撮影。  ナナカ…

続きを読む

ライラック

 我が家の近所でも、4月下旬からライラックが咲き始めました。白花もありますが、淡い紫色のライラックが好きです。内職でライラックの造花作りをしていたお袋を思い出すからかもしれません。  このライラックは江戸川近くの畑と道路の境目に植えてあったものです。まだ丈が低いので、花に鼻を近づけると良い匂いがしました。  畑を耕していたおばあちゃん、「“札幌”のライラック」と自慢しておられました。 …

続きを読む

マルメロ

 新松戸のきょうちくとう通りに面した畑の際で、カリンに似た花が咲いている木を見つけました。  カリンより花弁の色が淡く、全体に優しい感じです。4月24日撮影。  勿論、自宅に帰ってから直ぐにネットで検索しました。「カリン 似た花」で一発回答。これはマルメロ(バラ科マルメロ属の落葉高木)でした。  カリンに似た、ややでこぼこで丸い実ができるそうで、長野県諏訪地方でたくさん栽培…

続きを読む

アメリカハナズオウ

 先日、近くにある整形外科病院の向い側にある老人介護施設の前庭で、非常に美しい花木に出会いました。花はマメ科そのもので、ハナズオウの花を小振りにしたような感じです。  先ずは写真を見ていただきましょう。  帰宅後調べると、アメリカハナズオウと判明しました。マメ科ハナズオウ属の落葉高木で、原産は北米から中米にかけて。  花と同時に赤紫の葉が出てくるようです。1枚目の写真の右側にもハート型…

続きを読む

ハナミズキの花 & ヤエザクラ

 先日、ハナミズキを投稿しましたが、花に見えるのは総苞でしたね。今回は、4枚の総苞の中央で咲く、本当の花を投稿します。  左下、つぼみが黄色くなって、咲き始めました。右下、4枚の花弁としべが確認できます。  近所で咲いているヤエザクラを集めてみました。  花色にも濃淡があり、品種が異なるようです。  4月24日撮影。

続きを読む

フジ(藤) & シジミバナ

 毎年見に行っている近所のフジ(藤、マメ科フジ属)の花です。  この白藤は毎年見事に多くの房が下がります。昨年と違うのは、傍らにエンドウ(豌豆、マメ科エンドウ属)が植えられたことです。  駐車場のブロックを挟んだ、東側のお宅では、鉢植えのフジが毎年目を楽しませてくれます。  そのお宅の真向かいのお宅の塀の上から、シジミバナ(蜆花、バラ科シモツケ属)が顔を出しました。花は…

続きを読む

ヒメリンゴ?

 ここ数日平穏でしたが、4月26日21:12頃、ゴトゴトと縦揺れを体感、続いてやや強い横揺れがありました。震源は茨城県南部で近かったです。我が家の辺りは震度2でした。  我が家の近くで毎年見かけるヒメリンゴ(姫林檎、バラ科リンゴ属)です。ミカイドウ(実海棠)に非常に良く似た花ですが、秋に赤い実がなっていたような記憶があるのでヒメリンゴだと思います(老人の記憶だからあてにはなりませんが…)。…

続きを読む

ラグラス(野うさぎの尻尾)

 4月24日、自転車で江戸川近くの水田地帯に行ってみました。この後、右足親指骨折(ヒビ)が痛くなったのでした。  農業用水路に水が満たされ、田んぼに水が引かれ、田植えの準備が始まりました。この辺りは江戸時代に湿地を干拓し、下谷米という美味しいお米が生産されました。  普段は干上がっている農業用水路ですが、どこから来たのか、大きな鯉があちこちで水音を立てていました。  あぜ道にアオサギが…

続きを読む

盆栽苑にて(国営昭和記念公園)

 国営昭和記念公園の日本庭園の中に盆栽苑があります。4月15日に訪れたのですが、忘れないうちに、記録として投稿しておきます。  丹頂草(タンチョウソウ、ユキノシタ科、別名岩八手)  赤花姫石楠花(アカバナヒメシャクナゲ、ツツジ科)  大丁字鎌酸実(オオチョウジガマズミ、スイカズラ科)  常盤姫萩(トキワヒメハギ、ヒメハギ科)  雛草(ヒナソウ、アカネ科、別名常磐なずな)…

続きを読む

ニワトコ(接骨木) & 全治2週間

 先週のことなんですが、ママの代役でひろ君を水泳教室に連れていくため、幼稚園まで車で迎えに行きました。その折、崖の上で白っぽいこんもりした花が咲いているのを見つけました。こんな木の花です。  ヒロくんを後席に乗せ、この花の前で停車して見上げていると、「じーじぃ、あの花、何ていうの」と聞かれました。「何だろうね、分からないや」「じーじは、お花を何でも知っているんじゃないの?」「…、じーじにも…

続きを読む

ハナミズキ、モチノキ

 ハナミズキがあちこちで目立つようになりましたね。我が家の近所にはこんなに大きな木もあります。右下は、曇天下、携帯電話の写真で画質が良くありません。  ハナミズキ(花水木)はミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。北アメリカ原産。別名、アメリカヤマボウシ。ハナミズキの名はミズキの仲間で花が目立つことに由来する。また、アメリカヤマボウシの名はアメリカ原産で日本の近縁種のヤマボウシに似ている…

続きを読む

トキワマンサク、ベニバナトキワマンサク

 4月20日、スポーツクラブの帰り道、近所で、白い花に覆われた木を発見しました。  その日の午後、カメラを持って撮影しに行ってきました。それが下の写真です。純白ではなく、薄い黄緑色を帯びています。花付きが良いのは枝を剪定したからでしょうか。  以前に、目黒のおじいちゃんのブログで投稿されていた(こちら)ので、トキワマンサクだと直ぐ分かりました。先日の白花のハナズオウに次ぐ発見で、これは嬉…

続きを読む

ナツグミ、ヤマブキソウ、ムラサキサギゴケ

 4月21日夜10時37分頃、大きな余震がありました。震源が近いので、長いこと揺れました。我が家のあたりは震度4だそうです。怖いですね~。  近所の坂川遊歩道で咲いていたナツグミ(夏茱萸)です。グミ科グミ属の落葉低木で、日本固有種です。花弁はなく、筒状の萼の先端が4裂します。葉脇から1~2個垂れ下がるように咲きますが、曲がったような形が多く、何となく踊っているように見えませんか? 4月12…

続きを読む

ハナズオウ(紅と白)、フリージア(黄と紅)

 今、ハナズオウが盛りですね。花柄がないので、枝から直接、濃いピンクの花を咲かせます。4月14日撮影。  ハナズオウ(花蘇芳)は中国原産のジャケツイバラ科(またはマメ科ジャケツイバラ亜科)ハナズオウ属の落葉低木です。  初めて、白のハナズオウに出会いました。これはまだつぼみですが、珍しいでしょう。4月12日撮影。  その2日後、まだちょっと早かったのですが、このくらいの感じ…

続きを読む

キケマン、ザイフリボク

 皆さんのブログにムラサキケマンが紹介されていますね。ケマンソウ科キケマン属の植物ですが、同じ属のキケマン(黄華鬘)が近所で咲いているではありませんか。これにはびっくりでした。4月14日撮影。  花弁の先端上部が緑色で、茶色くないこと、葉の切れ込みが深いことなどから、ミヤマキケマン(深山黄華鬘)の可能性がありそうです。どなたか見分けが付く方はいらっしゃいませんか?  その2日後、また…

続きを読む

オーニソガラム、イトマキイタヤ

 昨日から、草の花と木の花を一緒に投稿しています。  右の写真は、4月14日、同じ町内のFさん宅の玄関先で撮ったものです。  中央の橙色の花の根元には、オーニソガラムと名札が刺してあります。オーニソガラム・ダビウムと言う品種で、ユリ科オオアマナ属。南アフリカ原産。別名オオアマナ(大甘菜)。  右下の黄色い小さな花の方にはカリーとの名札が。ペチュニアの仲間のカリブラコア・カリーの黄花ですね。…

続きを読む

カーペットカスミソウ、ヤナギバアカシア

 お気づきかどうか分かりませんが、我が家の黄花カタクリを投稿した以外は、この3週間ほど木本の花を中心に投稿しています。草本の花には目もくれずと言ったら嘘になりますが、春は木本の花の種類も多く、探せばたくさん見つかります。ネタ消化のため、 今回からは、草本の花と木本の花を抱合せで投稿するという趣向です。  先ずは草本の花ですが、下の写真には2種類の花が写っています。新松戸の某団地のエントラン…

続きを読む

桜とチューリップ…昭和記念公園にて

 4月15日、国営昭和記念公園に行ってきました。今年は桜の開花が遅れたため、渓流広場では桜とチューリップの共演が見られました。なんか得した気分です。  (↑ 間違えて大きな画像を貼り付けいましたので、サイズダウンしたものに変更しました)  池や渓流に桜の花びらが浮いています。  桜の木の下にはムラサキハナナが植えられています。  白い遊歩道と間違えるほど、川面に桜の花びらが……

続きを読む