ゆいの花公園にて(1) ホザキナナカマド、タイサンボク、ヤマハギ、アカンサス・モリス、ラベンダー、キキョウソウ、クチナシ

 八柱霊園の近くにある「東松戸ゆいの花公園」に行ってきました。  好きな花の一つ、ホザキナナカマドがまだ咲いているかなと思いついたのです。先ずはその、報告から・・・。  結論から言うと、やはり今年は早く咲いたようで、花は殆どなくなっていましたが、1本の花序だけ蕾が残っていました。 ホザキナナカマド(穂咲七竃) バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木。花期は6~8月 花径5~6mm、雄し…

続きを読む

ゆいの花公園にて(ベニバナトチノキ、ハコネウツギ、コトネアスター、ガマズミ、ウケザキオオヤマレンゲ、バラなど) & ハンカチノキ

 5月8日、原チャリを飛ばして、市内の「ゆいの花公園」に行きました。ベニバナエゴノキとユリノキの花が目当てだったのですが、共に空振りでした。 ベニバナトチノキ(紅花栃の木、紅花橡の木) ムクロジ科トチノキ属の落葉高木 西洋栃の木(マロニエ)とアメリカ赤花栃の木 の交配種 ハコネウツギ(箱根空木) スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木。日本各地の海岸近くに自生 別名:ベニ…

続きを読む

ヒモゲイトウ、オオセンナリ、キバナコスモス、アサガオ、ヤナギバルイラソウ、ゼラニウム、ハイビスカス

初秋の松戸市ゆいの花公園にて(2)  出入り口近くで、今年もヒモゲイトウの花を見る事が出来ました。 ヒモゲイトウ(紐鶏頭) ヒユ科ヒユ属の一年草。原産は熱帯アメリカやアフリカ。花期は8~10月 別名アマランサス、セネンコク(千年穀)、センニンコク(仙人穀)など 観賞用だが、古代から穀物とされており、葉も食用となる 赤い花の中から伸びた雄しべに黄色い葯が付いています …

続きを読む

パンパスグラス、スモークツリー、ポーチュラカ、シュウメイギク、クレマチス、ガマズミの実、シバザクラ、斑入り黄花ランタナなど

初秋の松戸市ゆいの花公園にて(1)  花のネタも尽きてきそうなので、原チャリを飛ばして、市内の「ゆいの花公園」へ行ってきました。ここは市内の篤志家が土地を整備し、立派な管理棟まで建てて、匿名で市内に寄付して出来た公園です。暑いのに、数名のボランティアが雑草除去に励んでおられました。ご苦労さまです。 雲は多いものの、青空が覗いていたのですが・・・ 一番高い最奥部までいって、花を撮…

続きを読む

ヒメイワダレソウ、テッポウユリ、ツルバキア & ゆいの花公園にて(2) ハナチダケサシ、アジサイ、アカンサス、タイサンボクなど

 ウォーキング中に見た花です。  鉢植えのヒメイワダレソウを見ました。これまでに見た、道路脇で蔓延っていたのはもっと白っぽい花でしたが、これはピンクです。 ヒメイワダレソウ(姫岩垂草) クマツヅラ科イワダレソウ属の多年草。南米原産。別名:リッピア  ヒメイワダレソウと日本の在来種イワダレソウのハイブリット種で「クラピア」という繁殖力が旺盛な品種が作られており、芝生代わりになると評…

続きを読む

ゆいの花公園にて(1) ホザキナナカマド、シモツケ、キキョウソウ、ヘメロカリス、クレマチス、ハマナスなど

ゆいの花公園にて(1)  ウォーキング中にニワナナカマドが咲き出しているのを見たので、市内のゆいの花公園にホザキナナカマドを見に行ってきました。歩くには遠すぎるので、今回も原チャリです。  ホザキナナカマドが植えてあるのは公園の最奥部。入口からゆるい斜面を登って行きます。 ホザキナナカマド(穂咲七竈) バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木。本州以北~東北アジアに分布 ナナカマドに…

続きを読む

ゆいの花公園にて(2) ベニバナエゴノキ、ユリノキ、ヤマボウシ、ベニバナトチノキ、カラタネオガタマ、ガマズミなど

 前記事に続き、5月17日に訪れた松戸市内の「ゆいの花公園」で見た花です。  今回はバラ以外の花を紹介します。 ベニバナエゴノキ(紅花えごのき) エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木。園芸品種:‘ピンクチャイム’ 紅花の名ですが、淡紅色ですね。別名:アカバナエゴノキ 今年は、エゴノキ(左下)と紅萼エゴノキ(右下)に続き、3品種目です ユリノキ(百合の木) モクレン科…

続きを読む

ゆいの花公園にて(1) バラ(13種類)、コトネアスターなど

 5月17日、21世紀の森と広場の野草園で思ったほどの収穫がなかったので、八柱霊園近くにある、ゆいの花公園に立ち寄りました。閉園まで、30分少々なので、バラを中心に撮って歩きました。  この公園は、市内の篤志家から敷地と管理棟を寄付されて開園しました。この2日後の19日には開園13年を迎えました。 バラのアーチですが、なかなか上まで到達しません アンジェラ つるバラ、独:コル…

続きを読む