東松戸ゆい花公園にて_2022年6月(3)アジサイ、ユリ、ヘリオトロープ、ガマズミ、ジニア、チョコレートコスモス、バラなど

 関東地方も、記録的な速さで、梅雨明け宣言が出ましたね。これから35℃以上の日が続くというのでうんざりですが、昨日、2階のエアコンを2台(私のPC部屋と妻の部屋)とも交換しておいて、良かったです。  6月19日に行った、東松戸ゆい花公園で見た花などの続き(最終回)です。 アジサイ ‘ダンスパーティ’ ガクアジサイとアメリカの園芸種を掛け合わせて作られた園芸品種 1994年頃に静岡県に…

続きを読む

東松戸ゆい花公園にて_2022年6月(2)オオセンナリ、ヒモゲイトウ、ナツツバキ、ダリア、LAユリ、シモツケ & 我が家の花(カライトソウ)

 6月19日に行った、東松戸ゆい花公園で見た花などの続きです。  オオセンナリやヒモゲイトウが咲いていました。毎年種を蒔いて、育てているようです。  シャラノキ(ナツツバキ)がまだ咲いていました。 オオセンナリ(大千成) ナス科オオセンナリ属の一年草。ペルー原産。花期は7~9月 毒草で、蠅が嫌いな匂いを出すので、英名でシューフライプランツと呼ばれる シューフライ(shoo-fly…

続きを読む

東松戸ゆい花公園にて_2022年6月(1)ホザキナナカマド、アカンサス・モリス、イングリッシュラベンダー、バラ各種など & 我が家の山野草

 6月19日、東松戸ゆい花公園に行ってきました。目的は私の大好きな花の一つ、ホザキナナカマドを見る事と、アカンサス・モリスの花を見ることでした。 ホザキナナカマド(穂咲七竃) バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木。花期は6~8月 花径5~6mm、雄しべは40~50本、花弁より長い 公園のFacebookによると、昨年より早く、6月9日に見頃となっていた ので、ちょっと遅いかなと思ったので…

続きを読む

東松戸ゆい花公園にて_2022年5月(3) ハマナス、タニウツギ、ムシトリナデシコ、フレンチラベンダー、ネモフィラ、クレマチス、ギョリュウバイ、エニシダ、ハナミズキ、コマユミ、スモークツリー

 今月、解説5周年を迎える、東松戸ゆい花公園で見た花の続きです。  管理棟の前で八重のハマナス(園芸種)が咲いていました。実物を見るのは初めてです。 ハマナス(浜茄子、浜梨、玫瑰)八重咲き バラ科バラ属の落葉低木。原種バラの一種 日本では北海道に多く、南は茨城県、島根県まで。主に海岸の砂地に自生 こちらは普通の一重 タニウツギ(谷空木) スイカズラ科タニウツギ属の落…

続きを読む

東松戸ゆい花公園にて_2022年5月(2) ガマズミ、アヤメ、オオツルボ、ハボタン、コトネアスター、ユリノキなど

 5月8日に訪れた、東松戸ゆい花公園で見た花などの続きです。 花壇は公園内のあちこちに作られています まだ鯉のぼりも泳いでいました ガマズミ(莢蒾) レンブクソウ科ガマズミ属の落葉低木。北海道南西部から九州に分布 別名:アラゲガマズミ、カリンカ アヤメ(菖蒲、文目、綾目)の白花 アヤメ科アヤメ属の多年草。北海道から九州まで分布する 外花被片に網目模…

続きを読む

東松戸ゆい花公園にて_2022年5月(1) カラタネオガタマ、バラ、ウケザキオオヤマレンゲ、ヒエンソウ、クロタネソウ、エゴノキなど

 5月9日から天気が崩れる予想なので、5月8日の午後、東松戸ゆいの花公園に行ってきました。午前中は天気が良かったのですが、午後は残念ながら曇り、それでも季節の花を色々見る事が出来ました。  この公園は2007年の開設で、今月19日に開園15周年を迎えます。松戸市内の篤志家が用地(約1万㎡)を造成し、レストハウスまで建てた上で、松戸市に寄贈してくれました。以来、市民の憩いの場になっています。…

続きを読む

9月末のゆいの花公園にて(2) ホザキナナカマド、シュウメイギク、実(コトネアスター、ソヨゴ、ハナミズキ)、アカボシゴマダラ、ヒペリカム、エゾムラサキツツジなど

 1か月ぶりに訪れた、市内の「ゆいの花公園」で見た花や実などです。  この日は、雲の間から、時折、強い日射しがあり、ユリノキや落葉が始まった桜の木陰で憩う人が見られました。  キンモクセイは見られませんでしたが、ラッキーなことに、まだホザキナナカマドが咲いていました。 この日のボランティアさんは少なめ。上の写真には落ち葉を集める方が・・・ ホザキナナカマド(穂咲七竃) …

続きを読む

9月末のゆいの花公園にて(1) キンモクセイ、ハイビスカス、キバナコスモス、ヒダカミセバヤ、ブルーエルフィン、ユウゼンギク

 1か月ぶりに市内の「ゆいの花公園」に行ってきました。  我が家の近くではキンモクセイがまだ咲き始めておらず、この公園なら咲いていると思ったのです。その結果は・・・。 キンモクセイ(金木犀) 既に咲き終わり、一部に花殻が残っているだけでした ギンモクセイの方はもっと早く咲き終わったそうです  帰り際、駐輪場で声をかけられた初老の女性も、近所ではまだ咲いていないキンモクセイが目当てだ…

続きを読む

ゆいの花公園にて(4) アサガオ、ソヨゴ、ガマズミ、ジニア、エキザカム、ハイビスカス、スベリヒユ、ペチュニア、ペンタス、トレニア、タカサゴフヨウなど

 8月31日に行った「東松戸ゆいの花公園」で見た花や木の実などを投稿しています。  園内のあちこちにアサガオが咲いていました。一部の鉢植えや変化朝顔は市内の「あさがお展」に出展されていたものだそうです。 アサガオ(朝顔、ヒルガオ科サツマイモ属) バラ用のアーチに絡みついたアサガオ 変化朝顔(牡丹咲き) ソヨゴの実(冬青、モチノキ科モチノキ属) 実の径は7~…

続きを読む

ゆいの花公園にて(3) オオセンナリ、ヒモゲイトウ、ノゲイトウ、バラ、センニチコウ、アンゲロニア、シバザクラなど

 8月31日に行った「東松戸ゆいの花公園」で見た花や木の実などを投稿しています。  この公園は、市内の篤志家が土地を造成し、管理棟まで建てて、市に寄贈したと紹介しましたが、門を入って右手の石碑に、寄贈者の思いと、それを受けた市の決意が書かれたプレートが嵌め込まれています。プレートには、「ゆいの花公園」の名の由来も書かれています。 お時間がありましたら、クリックしてお読み下さい …

続きを読む

ゆいの花公園にて(2) クレロデンドルム、サルスベリ、パンパスグラス、フヨウ、ホザキナナカマド、ゴーヤ、シルバープリペット、ホウセンカ、ショウジョウソウなど

 8月31日に行った「東松戸ゆいの花公園」で見た花や木の実などを投稿しています。  マグノリアハウスの南側で鉢植えのクレロデンドルムが咲いていました。温室外では珍しいことです。  嬉しいことに、公園最奥部でホザキナナカマドがまだ咲いていました。好きな花なのです。 クレロデンドルム・ウガンデンセ シソ科クサギ属の常緑つる性低木。原産は熱帯アフリカ 和名はベンケイクサギ(弁慶臭木)。英…

続きを読む

ゆいの花公園にて(1) ヒペリカム、メランポジウム、ベゴニア、ガウラ、センニチコウ、ヤナギバルイラソウ、ブルーサルビア、マリーゴールド、ヤマハギなど

 ブログネタが底をつきそうで、しかも、週の後半は傘マークが多いので、8月31日に、バイクで20分ほどの「東松戸ゆいの花公園」に行って、花や木の実などを撮ってきました。午前中だったのですが、日焼け止めを塗らなかったら、腕が日に焼けて赤くなってしまいました。  この公園は、市内の篤志家が約1ヘクタールの土地を整備し、管理施設まで作って、松戸市に寄付したものです。管理・運用は、松戸市の公園緑地課が行…

続きを読む

ゆいの花公園にて(1) ホザキナナカマド、タイサンボク、ヤマハギ、アカンサス・モリス、ラベンダー、キキョウソウ、クチナシ

 八柱霊園の近くにある「東松戸ゆいの花公園」に行ってきました。  好きな花の一つ、ホザキナナカマドがまだ咲いているかなと思いついたのです。先ずはその、報告から・・・。  結論から言うと、やはり今年は早く咲いたようで、花は殆どなくなっていましたが、1本の花序だけ蕾が残っていました。 ホザキナナカマド(穂咲七竃) バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木。花期は6~8月 花径5~6mm、雄し…

続きを読む

ゆいの花公園にて(ベニバナトチノキ、ハコネウツギ、コトネアスター、ガマズミ、ウケザキオオヤマレンゲ、バラなど) & ハンカチノキ

 5月8日、原チャリを飛ばして、市内の「ゆいの花公園」に行きました。ベニバナエゴノキとユリノキの花が目当てだったのですが、共に空振りでした。 ベニバナトチノキ(紅花栃の木、紅花橡の木) ムクロジ科トチノキ属の落葉高木 西洋栃の木(マロニエ)とアメリカ赤花栃の木 の交配種 ハコネウツギ(箱根空木) スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木。日本各地の海岸近くに自生 別名:ベニ…

続きを読む

ヒモゲイトウ、オオセンナリ、キバナコスモス、アサガオ、ヤナギバルイラソウ、ゼラニウム、ハイビスカス

初秋の松戸市ゆいの花公園にて(2)  出入り口近くで、今年もヒモゲイトウの花を見る事が出来ました。 ヒモゲイトウ(紐鶏頭) ヒユ科ヒユ属の一年草。原産は熱帯アメリカやアフリカ。花期は8~10月 別名アマランサス、セネンコク(千年穀)、センニンコク(仙人穀)など 観賞用だが、古代から穀物とされており、葉も食用となる 赤い花の中から伸びた雄しべに黄色い葯が付いています …

続きを読む

パンパスグラス、スモークツリー、ポーチュラカ、シュウメイギク、クレマチス、ガマズミの実、シバザクラ、斑入り黄花ランタナなど

初秋の松戸市ゆいの花公園にて(1)  花のネタも尽きてきそうなので、原チャリを飛ばして、市内の「ゆいの花公園」へ行ってきました。ここは市内の篤志家が土地を整備し、立派な管理棟まで建てて、匿名で市内に寄付して出来た公園です。暑いのに、数名のボランティアが雑草除去に励んでおられました。ご苦労さまです。 雲は多いものの、青空が覗いていたのですが・・・ 一番高い最奥部までいって、花を撮…

続きを読む

ヒメイワダレソウ、テッポウユリ、ツルバキア & ゆいの花公園にて(2) ハナチダケサシ、アジサイ、アカンサス、タイサンボクなど

 ウォーキング中に見た花です。  鉢植えのヒメイワダレソウを見ました。これまでに見た、道路脇で蔓延っていたのはもっと白っぽい花でしたが、これはピンクです。 ヒメイワダレソウ(姫岩垂草) クマツヅラ科イワダレソウ属の多年草。南米原産。別名:リッピア  ヒメイワダレソウと日本の在来種イワダレソウのハイブリット種で「クラピア」という繁殖力が旺盛な品種が作られており、芝生代わりになると評…

続きを読む

ゆいの花公園にて(1) ホザキナナカマド、シモツケ、キキョウソウ、ヘメロカリス、クレマチス、ハマナスなど

ゆいの花公園にて(1)  ウォーキング中にニワナナカマドが咲き出しているのを見たので、市内のゆいの花公園にホザキナナカマドを見に行ってきました。歩くには遠すぎるので、今回も原チャリです。  ホザキナナカマドが植えてあるのは公園の最奥部。入口からゆるい斜面を登って行きます。 ホザキナナカマド(穂咲七竈) バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木。本州以北~東北アジアに分布 ナナカマドに…

続きを読む

ゆいの花公園にて(2) ベニバナエゴノキ、ユリノキ、ヤマボウシ、ベニバナトチノキ、カラタネオガタマ、ガマズミなど

 前記事に続き、5月17日に訪れた松戸市内の「ゆいの花公園」で見た花です。  今回はバラ以外の花を紹介します。 ベニバナエゴノキ(紅花えごのき) エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木。園芸品種:‘ピンクチャイム’ 紅花の名ですが、淡紅色ですね。別名:アカバナエゴノキ 今年は、エゴノキ(左下)と紅萼エゴノキ(右下)に続き、3品種目です ユリノキ(百合の木) モクレン科…

続きを読む

ゆいの花公園にて(1) バラ(13種類)、コトネアスターなど

 5月17日、21世紀の森と広場の野草園で思ったほどの収穫がなかったので、八柱霊園近くにある、ゆいの花公園に立ち寄りました。閉園まで、30分少々なので、バラを中心に撮って歩きました。  この公園は、市内の篤志家から敷地と管理棟を寄付されて開園しました。この2日後の19日には開園13年を迎えました。 バラのアーチですが、なかなか上まで到達しません アンジェラ つるバラ、独:コル…

続きを読む