井頭公園花ちょう遊館の熱帯生態館にて(2) テイキンザクラ、キバナキョウチクトウ、3醜類の蝶 & 夢の島公園で

 栃木県真岡市にある井頭公園花ちょう遊館の高山植物館の撮影を終え、南側にある熱帯生態館に入りました。  今回はシリーズ最終回で、熱帯生態館のチョウゾウーンで見た花や蝶を投稿します。 テイキンザクラ(提琴桜) トウダイグサ科ナンヨウアブラギリ属の熱帯植物。西インド諸島原産 別名:ヤトロファ、ナンヨウザクラ キバナキョウチクトウ(黄花夾竹桃) キョウチクトウ科キバナキョウチクトウ…

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の熱帯生態館にて(1) ベゴニア、コエビソウ、パキスタキス、キャッツテール、トウワタ、スパティフィラム、ベニヒモノキ、ハイビスカス、ササガニユリ

 栃木県真岡市にある井頭公園花ちょう遊館の高山植物館の撮影を終え、南側にある熱帯生態館に入りました。  館内は、案内図のように、トロピカルバードゾーン、サバンナゾーン、チョウゾウーンに分かれています。今回は、主にトロビカルバードゾーンの花や動物を投稿します。 木立性ベゴニア シュウカイドウ科シュウカイドウ属の多年草。四季咲き ベゴニア・マソニアナ シュウカイドウ科シ…

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(11) スカピオサ、エキナセア、エリゲロン、ゲラニウム、エーデルワイス、モモバキキョウ、ベロニカ、シャスターデージー、ジギタリス、ユーパトリウムなど

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。  今回は、花壇などでも見かける園芸種の花が多いですが、目玉は滅多にお目にかかれない、エーデルワイスです。 スカビオサ・アトロプルプレア ‘エース・オブ・スペード’ スイカズラ科マツムシゾウ属の多年草。南ヨーロッパ原産の園芸種 別名: 黒花マツムシソウ、ブラック・スカビオサ など しべの先端が白い…

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(10) セイヨウオダマキ、スカビオサ、シレネ・ブルガリス、イワカラクサ、カラチダケサシ、ゲラニウム(3種)、ベロニカ・ストラム

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。  今回は、前記事からの続きで、海外産の高山植物の紹介をしています。 セイヨウオダマキ(西洋苧環) キンポウゲ科オダマキ属の多年草。原産は中部ヨーロッパ 距が長い、アクレイギア・カエルレア・ハイブリッド ‘マキシ’ (イエロースター)という園芸種。花期は4~6月。距の長さ8~12cm …

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(9) ヤナギラン、オグラセンノウ、エンビセンノウ、メコノプシス、プリムラ・ポイソニー、アメリカシモツケソウ、コリダリス、アジェリカ・シルベストリス

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。  今回は、途中から海外産の高山植物の紹介に移ります。 ヤナギラン(柳蘭) アカバナ科ヤナギラン属の多年草。本州中部地方以北と北海道に分布 花期は7~9月。花径3~4cm。霧ヶ峰や尾瀬の群落が有名 和名の由来は、葉が柳に似ていて、花をランにたとえたことによる オグラセンノウ(小倉仙翁…

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(8) コオニユリ、ヒトツバショウマ、シモツケソウ、アキチョウジ、アキノキリンソウ、ヒメワタスゲ、シラヒゲソウ、ホザキシモツケ & 開花コントロールにつて

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。  今回の高山植物も、コオニユリやシモツケソウ、アキノキリンソウなど良く目にするものが含まれます。ヒメワタスゲは初めて見ました。アキチョウジは岐阜県以西に自生する植物なので、関東ではなかなかお目にかかれません。 コオニユリ(小鬼百合) ユリ科ユリ属の多年草。本州~九州、中国、朝鮮半島、ウスリーに分布 …

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(7) カンゾウ、ユウスゲ、エゾミソハギ、エゾカワラナデシコ、エゾリンドウ、イワギボウシ、タチギボウシ、キレンゲショウマ、ゴマナ、コウゾリナ

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。  今回は、エゾと名の付く植物が3種類の他、郊外や街中でも見られる花が含まれています。 ノカンゾウ(野萱草) ススキノキ科ワスレグサ属の多年草。日本では本州以南の原野などに分布 ヤブカンゾウより小型。花期は7~8月。花径は7cm 背後の花は、ゲラニウム・マデレンセ ‘ガーンジー ホワイト’…

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(6) オゼソウ、タカネビランジ、ヒメシャジン、シコタンソウ、エゾルリソウ、レブンサイコ、シラネジンジン、グンナイフウロ、コハマギク

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。  今回は、珍しいオゼソウからです。初めて見ました。また、次のタカネビランジも初めてです。 オゼソウ(尾瀬草) サクライソウ科オゼソウ属の多年草。1属1種。花期は7~8月 谷川岳、至仏山、北海道の天塩・問寒別に自生。花被片は1.5~2.5mm 名前は、発見地の至仏山のある尾瀬にちなむ …

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(5) ハクサンオミナエシ、ハクサンフウロ、トカチフウロ、ルリトラノオ、エゾトウウチソウ、カライトソウ、ナンブトラノオ、コマクサ

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。  冒頭のハクサンオミナエシは野反湖の付近で見て以来、2度目の出会いでした。記事末には、高山植物の女王と呼ばれるコマクサが登場します。 ハクサンオミナエシ(白山女郎花) オミナエシ科オミナエシ属の多年草。花期は7~8月。花径5mm 東北地方から北陸地方の山地の岩場に生える。別名:コキンレイカ 普通…

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(4) エゾノハナシノブ、タカネマツムシソウ、タカネナデシコ、シナノナデシコ、レブンソウ、ミヤマキンポウゲ、ホウオウシャジン、モイワシャジンなど

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。  何度か見たことがあるエゾノハナシノブ、今回は状態の良い花に出会えました。記事末のモイワシャジンは初めて見ました。 エゾノハナシノブ(蝦夷花忍) ハナシノブ科ハナシノブ属の多年草。花期は6~7月。花径1.1~1.2cm 北海道、青森県(白神山地)に分布。準絶滅危惧種(NT)、日本固有種 ミヤマハ…

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(3) ヨツバヒヨドリ、クロクモソウ、ツルビランジ、ギンロバイ、ミヤマアズマギク、アポイアズマギク、サクラソウモドキなど

 7月20日に訪れた、井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。今回はその3回目です。  花が咲いているかと期待していたレンゲショウマはまだつぼみでした。 ヨツバヒヨドリ(四葉鵯) キク科ヒヨドリバナ属の多年草。北海道・本州の近畿地方以北、四国に分布 葉は、普通4枚が輪生する。ヒヨドリバナの変種とされている。花期は8~9月 レンゲショウマ(蓮華升麻) …

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(2) クサレダマ、ツクシシャジン、モミジカラマツ、クガイソウ、シロヨメナ、シキンカラマツ、イワシャジン、オヤマボクチなど

 7月20日に訪れた、井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。  なお、井頭公園は『日本の都市公園 100選』にも選定された、栃木県を代表する都市公園の一つです。花ちょう遊館のHPはこちらです。 クサレダマ(草連玉) サクラソウ科オカトラノオ属の多年草 日本では、北海道、本州、九州に分布し、山中の湿地に生育する 花期は7~8月。花径12-15mm。別名:イオウソウ…

続きを読む

井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(1) トキワネム、オカトラノオ、ハコネギク、イッスンキンカ、チダケサシ、ツクシカラマツなど

 1週間ぶりの投稿です。二つの病院や二つの町医者通い、前立腺全摘入院以降、溜まっていた雑用や片付け、それに、原チャリを卒業して、中古の軽四輪購入など忙しくしており、外出しようとすると雨がちらつくという天気が続くようなので、思い切って1週間、ブログの更新をお休みしたわけです。  さて、前置きはこのくらいで、7月20日に高山植物館(栃木県井頭公園の花ちょう遊館)に行ってきたので、館内で見た高山植物…

続きを読む

井頭公園の花ちょう遊館にて(5) ヒマラヤの青いケシ、ポレモニウム、ビオラ・カルカラタ、レウイシア・コチレドン、山林ソウ、シラネセンキュウなど

 2月9日に行った、真岡市にある栃木県井頭公園の花ちょう遊館(かちょうゆうかん)の高山植物館で見た花を記録しています。今回はその5回目です。  外国の高山植物が咲いているエリアで「ヒマラヤの青いケシ」の仲間が咲いていました。この花は、高山植物館の目玉展示になっています。 メコノプシス・ベトニキフォリア ケシ科メコノプシス属の多年草。中国雲南省北西部に分布。花期は6月 「ヒマラヤの青い…

続きを読む

井頭公園の花ちょう遊館にて(4) イブキトラノオ、シロウマアサツキ、カラチダケサシ、キバナアズマギク、セイヨウオダマキ、コリダリス、タイリントキソウ

 2月9日に行った、真岡市にある栃木県井頭公園の花ちょう遊館(かちょうゆうかん)の高山植物館で見た花を記録しています。今回はその4回目です。 展示風景 イブキトラノオ(伊吹虎の尾) タデ科イブキトラノオ属の多年草。北海道から九州の山地帯から高山帯に分布 花期は7〜8月。花径は1.5cm。伊吹山に多い シロウマアサツキ(白馬浅葱) ヒガンバナ科ネギ属の多年草。花…

続きを読む

井頭公園の花ちょう遊館にて(3) クロユリ、エゾノハナシノブ、ミヤマキンポウゲ、ミヤマオダマキ、ハヤチネウスユキソウ、エゾルリソウ、ナンブトラノオ、ヒダカミセバヤ、ミヤマキンバイ

 2月9日に行った、真岡市にある栃木県井頭公園の花ちょう遊館(かちょうゆうかん)の高山植物館で見た花を記録しています。今回はその3回目です。 クロユリ(黒百合) ユリ科バイモ属の多年草。中部地方以北、北海道の高山帯の草地に生える 花期は6~8月。花径は3cm。別名:エゾクロユリ 本州中部地方や北海道に自生するミヤマクロユリはクロユリの高山型 エゾノハナシノブ(蝦夷花忍)…

続きを読む

井頭公園の花ちょう遊館にて(2) タカネグンナイフウロ、アワモリショウマ、ハルユキノシタ、タカネナデシコ、ホソバヒナウスユキソウ、ハクサンチドリ、ミチノクコザクラ、レブンコザクラ

 2月9日に行った、真岡市にある栃木県井頭公園の花ちょう遊館(かちょうゆうかん)の高山植物館で見た花を記録しています。 展示風景 壁面が山の風景になっているので、狭くても、奥行きが感じられる タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露) フウロソウ科フウロソウ属の多年草。関東地方北部~中部地方に分布 グンナイフウロの高山型。花期は7~8月。花径3cm アワモリショウマ…

続きを読む

井頭公園の花ちょう遊館にて(1) ゴゼンタチバナ、イワハタザオ、ズダヤクシュ、ヤマブキショウマ、ヤクシマショウマ、マイヅルソウ、シナノナデシコ、ヒダカハナシノブ

 2月9日、真岡市にある栃木県の井頭公園の花ちょう遊館(かちょうゆうかん)の高山植物館に行ってきました。2020年8月、2021年4月、同7月に続いて4回目です。  新型コロナの第6波が中々収束せず、当市でも新規感染者が連日3桁台となっており、取材先が限られてきたので、ちょっとブログネタを溜めておこうかという魂胆もありです。 高山植物館の外観(左手の温室。右手は熱帯生態館) 右手の…

続きを読む

井頭公園の高山植物館にて_21年7月(9) 熱帯生態館の花や実、鳥、そして、蝶

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で数多くの花を見た後、熱帯生態館に移動しました。 熱帯生態館の案内図です。左上の高山植物館より遙かに広いスペースです チャボイランイラン(矮鶏イランイラン) バンレイシ科イランイランノキ属の常緑低木 原産は中国南部~東南アジア。イランイランノキの矮性変種 花径は6~7cm。花期は5~11月。樹高は2~…

続きを読む

井頭公園の高山植物館にて_21年7月(8) キルシウム、アポイキキョウ、ゲラニウム、ビオラ・カルカラタ、ヤナギラン、メコノプシス、キレンゲショウマ、トリアシショウマ、クリンソウ、プリムラ・ポイソニー、サワギキョウ

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその8回目です。  キルシウム・エリオフォルムという、初めて見るアザミの仲間が咲いていました。日本で見ることができるのは多分ここだけでしょう。 キルシウム・エリオフォルム キク科アザミ属の二年草。花期は7~9月 ピレネー山脈、アルプス山脈、アペニン山脈などのヨーロッパに分布 …

続きを読む

井頭公園の高山植物館にて_21年7月(7) ヒマラヤトラノオ、センノウ、ソリダゴ・ウィルガウレア、マルバフジバカマ、タチギボウシ、ミソガワソウ、エゾミソハギ、エキナセア・グリーンツイスター、ゲラニウム・ジョンソンズブルー、コリダリス・ルテア、コリダリス・フレキシオーサ、クレイジーデージー、コウライウスユキソウ

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその7回目です。  今回から、外国産の園芸種なども登場します。 ポリゴヌム・アフィネ(ポリゴナム・アフィネ) タデ科イヌタデ属の多年草。花期は7~10月。花穂は長さが10cmほどになる 原産は中国~ヒマラヤ(標高3000~4500m)。和名はヒマラヤトラノオ 花弁のように見える…

続きを読む

井頭公園の高山植物館にて_21年7月(6) カライトソウ、エゾカワラナデシコ、ゲラニウム、コウリンタンポポ、レウィシア、シラタマソウ、アカバナマツムシソウ、クロバナマツムシソウ、ペンステモン、エーデルワイス、カラチダケサシ、ベロニカストラム

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその6回目です。  前回まで花のアップばかり投稿してきましたが、今回は館内の様子が分る写真をご覧いただきましょう。  決して広いスペースではありませんが、壁面には山の写真パネルが設置されているので、山のお花畑にいるような雰囲気になっています。 もう少し引くと、観賞路や案内板、構造鉄…

続きを読む

井頭公園の高山植物館にて_21年7月(5) コマクサ、ハヤチネウスユキソウ、ナンブトラノオ、ヒダカミセバヤ、ヤマハハコ、シラネニンジン、エゾリンドウ、コハマギク、ピレオギク、ユウスゲ、クルマユリ、カノコユリなど

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその5回目です。  今回は、「高山植物の女王」と称せられるコマクサから紹介します。残念ながら開花は1輪だけでした。 コマクサ(駒草) ケシ科コマクサ属の多年草。花期は5~7月。花の長さは2~3cm 日本では、北海道から中部地方の高山帯の砂礫帯に分布。高山植物の女王 ハヤ…

続きを読む

井頭公園の高山植物館にて_21年7月(4) エゾルリソウ、ミヤマキンポウゲ、ハクサンチドリ、クロユリ、エゾノハナシノブ、キンロバイ、シコタンソウ、エゾフウロ、エゾトウウチソウ、レブンサイコ、レブンソウ、リシリヒナゲシ

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその4回目です。  今回は北海道などに自生する品種を多く並べてみました。その中で、エゾトウウチソウやレブンサイコ、レブンソウは初めて見ました。 エゾルリソウ(蝦夷瑠璃草) ムラサキ科ハマベンケイソウ属の多年草。花期は7~8月。花径1~1.3cm 北海道(大雪、夕張、日高山系)の高…

続きを読む

井頭公園の高山植物館にて_21年7月(3) ミズギク。アキノキリンソウ、ハンゴンソウ、ヨツバヒヨドリ、クサレダマ、キンバイソウ、ツガルミセバヤ、ミヤマアズマギク、タカネマツムシソウ、シロウマアサツキ、タカネナデシコ、ハクサンフウロ、ホウオウシャジン

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその3回目です。  昨年、くらしの植物苑でオグルマとサクラオグルマを初めて見ましたが、今回は、その仲間のミズギクを初めて見ました。 ミズギク(水菊) キク科オグルマ属の多年草。花期は6~10月。花径3~4cm 本州(近畿地方以東)、九州(宮崎県)に分布し、山地の湿原生える 尾瀬…

続きを読む

井頭公園の高山植物館にて_21年7月(2) レンゲショウマ、クガイソウ、シモツケソウ、ツルビランジ、クロクモソウ、ヤマオダマキ、シデシャジン、ウメバチソウ、シラヒゲソウなど

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその2回目です。  前日から植物園を3ヵ所梯子しましたが、ここでやっとレンゲショウマに出会えました。 レンゲショウマ(蓮華升麻) キンポウゲ科レンゲショウマ属の多年草。花期は7月~8月。花径3~4cm 日本特産で、1属1種。本州(東北~近畿地方)の太平洋側の深山に分布。 …

続きを読む

井頭公園の高山植物館にて_21年7月(1) フシグロセンノウ、シライトソウ、ツクシカラマツ、チダケサシ、ヤクシマショウマ、ソバナ、ツクシシャジン、ハナゼキショウ、センジュガンピ、マツモトセンノウ、シキンカラマツなど

 7月26日、鬼怒川温泉一泊の植物園はしご旅ですが、3つめの植物園は栃木県真岡市にある井頭公園花ちょう遊館内の高山植物館で、今回は3回目の訪問です。 花ちょう遊館の入口です。左手のガラス張りの部分が高山植物館です  ここは関東で唯一の高山植物館です。年間を通じて一定の温度を保つ「定温室」で「一年を通して可憐な高山植物が常時約100種類ほど見られる」がうたい文句です。今回も沢山の花を撮って…

続きを読む

ヒマラヤの青いケシ、キバナノクリンソウ、デルフィニウム(八重)、ハナケマンソウ、ゲラニウム(3種)、エーデルワイス、ルピナス & オオゴマダラ、リュウキュウアサギマダラなど

 4月9日に訪れた、栃木県真岡市の井頭(いがしら)公園内にある「花ちょう遊館(かちょうゆうかん)」の高山植物館で見た花たちの続き(5回目)です。今回はヒマラヤの青いケシとして知られるメコノプシスからご紹介します。  今回も、花のアップを隠し画像にしたものがありますので、画像クリックでご覧下さい。 メコノプシス・ベトニキフォリア ケシ科メコノプシス属の多年草。中国雲南省北西部に分布。花期…

続きを読む

花ちょう遊館の高山植物館にて(4) エリヌス・アルピヌス、ドラバ、ゲラニウム、バイカカラマツ、レウイシア、アクイレギア、ドデカテオン、カラチダケサシ、ケマンソウ、タイリントキソウ、バイカイカリソウ、コリダリス、ポレモニウム

 4月9日に訪れた、栃木県真岡市の井頭(いがしら)公園内にある「花ちょう遊館(かちょうゆうかん)」の高山植物館で見た花たちの続き(4回目)です。今回から海外原産の品種が多くなります  今回も、花のアップを隠し画像にしたものがありますので、画像クリックでご覧下さい。 エリヌス・アルピヌス ゴマノハグサ科ワカラクサ属の多年草(1属1種) ピレネー山脈やヨーロッパアルプスの高山帯の岩場や草…

続きを読む

花ちょう遊館の高山植物館にて(3) ハクサンチドリ、ヤマハナソウ、クロユリ、シコタンソウ、ミヤマキンポウゲ、チングルマ、キクバクワガタ、エゾルリソウ、ウメハタザオ、タカネバラ、ハクサンフウロ、ユキモチソウ、ゼンテイカ、リュウキンカ、ヒオウギアヤメ

 4月9日に訪れた、栃木県真岡市の井頭(いがしら)公園内にある「花ちょう遊館(かちょうゆうかん)」の高山植物館で見た花たちの続き(3回目)です。  今回も、花のアップを隠し画像にしたものがありますので、画像クリックでご覧下さい。 ハクサンチドリ(白山千鳥) ラン科ハクサンチドリ属の多年草。本州(中部地方以北)、北海道の 亜高山帯~高山帯の草地に生える。花径は2cm。花期は6~8月 隠し…

続きを読む