くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(8) 変化朝顔・一重出物と牡丹出物

 8月16日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展(8/03~9/04)を見に行ってきました。  今回は、シリーズ最終回で、究極の変化朝顔と言っても良い、一重出物と牡丹出物を紹介します。出物は変化する遺伝子を隠し持っている親木から少ない確立で出現するもので、花弁の状態によって、一重出物と牡丹出物に分類され、それぞれに親木があります。  説明は、葉…

続きを読む

くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(7) 変化朝顔・出物系統の親木(牡丹咲き=親牡丹)

 8月16日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展(8/03~9/04)を見に行ってきました。  前回は出物系統の親木の内、一重の花が咲くものを紹介しましたが、今回は出物系統の親木で牡丹咲き品種の紹介です。変化朝顔の世界では、これを「親牡丹」と呼んでいます。  牡丹咲きは、雄しべも雌しべも花弁に変化した状態の花のことを言い、雌しべがないため種子はでき…

続きを読む

くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(6) 変化朝顔・出物系統の親木(牡丹咲き以外)

 8月16日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展(8/03~9/04)を見に行ってきました。  これまで正木系統の変化朝顔を紹介してきましたが、今回からは出物系統の紹介です。  「正木」とは種が採れるタイプのことで、その種を植えたものも同じ変化が起こりますが、あまり激しい変化は起こりません。「出物」とは遺伝子の組み合わせによって、1/4、1/16……

続きを読む

くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(5) 朝顔(北京天壇)、アメリカアサガオ、マルバアサガオ、ホシアサガオ、マメアサガオ、ルコウソウ、サクラオグルマなど

 8月16日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展(8/03~9/04)を見に行ってきました。  今回は、苑内で見た、変化朝顔以外の花や実を取り上げました。 アサガオ(朝顔) ヒルガオ科サツマイモ属のつる性一年草。原産はインドからヒマラヤにかけて 「北京天壇」(日本の朝顔の起源とされる品種)。花径は5cmほど 東京古型標準型(青/常葉・…

続きを読む

くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(4) 正木系統の変化朝顔(その2)

 8月16日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展(8/03~9/04)を見に行ってきました。  今回は、前記事に続き、正木系統の変化朝顔です。後半の品種は変化が大きくなっています。  説明は、銘、葉の特徴、花の特徴の順です。なお、銘のないものの番号は整理のために私が付けたものです。 東屋前の展示風景(主に、正木系統の変化朝顔) 暑さ…

続きを読む

くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(3) 正木系統の変化朝顔(その1)

 8月16日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展(8/03~9/04)を見に行ってきました。  今回は、東屋内部やその正面に展示された、正木系統の変化朝顔です。  ここで、変化朝顔の系統について、以前にここで頂戴したパンフレットから引用しておきます。  朝顔は様々な突然変異を起こす遺伝子を持っています。単独で形に表れることもありますが、多くは突然…

続きを読む

くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(2) 正木系統・大輪朝顔の色々&大輪曜白朝顔(その2)

 8月16日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展(8/03~9/04)を見に行ってきました。  今回は、東屋内部に展示された、正木系統の大輪朝顔の続きです。屋内で風の影響を受けにくいため、綺麗に咲いているものが多かったです。  説明は、銘、葉の特徴、花の特徴の順です。なお、銘の後に「歴黄・歴青」とあるのは、くらしの植物苑で作出された品種です。 …

続きを読む

くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(1) 正木系統・大輪朝顔の色々&大輪曜白朝顔(その1)

 8月16日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展(8/03~9/04)を見に行ってきました。  公的機関としては日本最大規模の朝顔展で、変化朝顔(正木系40系統、出物25系統)、明治時代以降の大輪朝顔25系統程度、ヨーロッパ・北米産の近縁の朝顔10系統程度、計約100系統、約700鉢をが展示されます(苑のHPから)。  今回は、よしず張りの展示…

続きを読む

くらしの植物苑にて(5) ツバキ(明石潟)、ロウバイ、ソシンロウバイなど

 1月29日、佐倉市にある「くらしの植物苑」(国立歴史民俗博物館)の特別企画「冬の華・サザンカ展」(2021年11月30日~ 2022年1月30日)を見に行ってきました。  今回は、サザンカを撮り終わった後、苑内をざっと一周して撮った花などです。 椿・アカシガタ(明石潟) ヤブツバキの園芸品種、江戸椿、明紅色、極大輪、 八重咲き、平開、筒蕊、開花期:3~4月 ロウバイ(蝋梅…

続きを読む

くらしの植物苑にて(4) 特別企画「冬の華・サザンカ展」(その4 ハルサザンカ群②)

 1月29日、佐倉市にある「くらしの植物苑」(国立歴史民俗博物館)の特別企画「冬の華・サザンカ展」(2021年11月30日~ 2022年1月30日)を見に行ってきました。  今回は、ハルサザンカ群の花の紹介、2回目です。 ハルサザンカ群(開花期は12~4月)  サザンカとヤブツバキの自然交雑で生まれたと考えられていて、開花が遅く、初冬から春にかけて、一重や八重、千重咲きまでさまざまな花…

続きを読む

くらしの植物苑にて(3) 特別企画「冬の華・サザンカ展」(その3 ハルサザンカ群①)

 1月29日、佐倉市にある「くらしの植物苑」(国立歴史民俗博物館)の特別企画「冬の華・サザンカ展」(2021年11月30日~ 2022年1月30日)を見に行ってきました。  今回は、ハルサザンカ群の花の紹介です。入苑してすぐ右手のよしず張りのステージと東屋の左手にある温室、温室の奥にあるよしず張りの3ヵ所に鉢植えが並べられていました。 ハルサザンカ群(開花期は12~4月)  サザンカと…

続きを読む

くらしの植物苑にて(2) 特別企画「冬の華・サザンカ展」(その2 カンツバキ群②)

 1月29日、佐倉市にある「くらしの植物苑」(国立歴史民俗博物館)の特別企画「冬の華・サザンカ展」(2021年11月30日~ 2022年1月30日)を見に行ってきました。  今回は、カンツバキ群のサザンカの紹介、2回目です。 カンツバキ群(開花期は11~3月)  中部地方に古木が多い「獅子頭」がもとになってつくられたもので、真冬に、八重や獅子咲きなどの華やかな花を咲かせます。花色は、白…

続きを読む

くらしの植物苑にて(1) 特別企画「冬の華・サザンカ展」(その1 サザンカ群 & カンツバキ群①)

 1月29日、佐倉市にある「くらしの植物苑」(国立歴史民俗博物館)の特別企画「冬の華・サザンカ展」(2021年11月30日~ 2022年1月30日)を見に行ってきました。  一昨年は12月16日に行ったのですが、ハルサザンカ群が咲いていなかったので、今年はハルサザンカ群の花を見るのが主目的でした。  今回は、まだ咲き残っていたサザンカ群やカンツバキ群の花の紹介です。 サザンカ群(開花期…

続きを読む

くらしの植物苑にて サザンカの色々(2) カンツバキ群

 11月24日、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑に行ってきました。  古典菊以外に、東屋の裏側ではサザンカの色々が展示されていたので、今回はサザンカのうち、カンツバキ群に分類された品種を紹介します。 カンツバキ群の特徴(掲出のプレートから引用)  中部地方に古木が多い「獅子頭」(関東地方では「寒椿」と呼ばれます)がもとになって作られたもので、真冬に八重や獅子咲きなどの華や…

続きを読む

くらしの植物苑にて サザンカの色々(1)サザンカ群 & 「伝統の古典菊」(その5) 伊勢菊

 11月24日、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑の特別展「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)を見に行ってきました。  東屋の裏側にはサザンカの色々が展示されていたので、それらを先に紹介します。今回はサザンカのうち、サザンカ群に分類された品種です。 サザンカ群の特徴(掲出のプレートから引用)  秋から冬にかけて、一重~二重の花を咲かせます。大輪花も多く、また…

続きを読む

くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その4) 江戸菊

 11月24日、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑の特別展「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)で見てきた菊を紹介しています。  古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は江戸菊を取り上げます。 江戸菊とは(苑のリーフレットから引用)  花弁は平弁で、開花するにつれて花が様々に変化(芸をする)のが特徴で、この変化を「狂い」と呼びます…

続きを読む

くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その3) 奥州菊、丁字菊

 11月24日、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑に「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)という特別企画を見に行ってきました。  古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は奥州菊や丁字菊を取り上げます。 奥州菊(大掴み)とは(苑のリーフレットから引用)  江戸時代の末頃から、奥州八戸地方で盛んに栽培された大菊の系統です。  外側の…

続きを読む

くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その2) 嵯峨菊の色々 & 食用菊

 11月24日、京成バラ園を訪ねた後、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑に「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)という特別企画を見に行ってきました。  古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は嵯峨菊を取り上げます。 嵯峨菊は東屋の前と、東屋の左手にある温室内で展示されていました 嵯峨菊とは  嵯峨天皇の時代に宮廷に植えら…

続きを読む

くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その1) 肥後菊の色々

 11月24日、京成バラ園を訪ねた後、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑に「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)という特別企画を見に行ってきました。  古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は肥後菊を取り上げます。 くらしの植物苑の入口です 冠木門の前にも、2種類の肥後菊が飾られていました 肥後菊とは(頂戴したリーフレッ…

続きを読む

くらしの植物苑「伝統の朝顔」展にて(8) 北京天壇、マルバアサガオ、ソライロアサガオ、

 8月18日に「くらしの植物苑」で「伝統の朝顔」展を見に行ってきました。これまで変化朝顔などを紹介してきましたが、今回は、アサガオ(ヒルガオ科サツマイモ属)の仲間などを紹介して最終回とします。 北京天壇 日本のアサガオの起源とされる原種アサガオ。花径は5cmほど 葉の様子 マルバアサガオ(丸葉朝顔)‘ミルキーウェイ’ 園芸ではセイヨウアサガオと呼ばれる 我が家でもまだ…

続きを読む

くらしの植物苑「伝統の朝顔」展にて(7) 出物牡丹の色々

 8月18日に見に行った「くらしの植物苑」で開催中の「伝統の朝顔」展で見たアサガオを紹介しています。  今回は、変化朝顔の牡丹出物の紹介です。順番は、花にかかわる要素が少ないものから並べてあります。つまり、後の方に行くにしたがって変化が大きくなっているとも言えるでしょう。 牡丹出物1 葉:青/斑入/州浜葉 花:淡黄/丸咲/牡丹 牡丹出物2 葉:青/打込/弱渦/柳葉 花:白/…

続きを読む

くらしの植物苑「伝統の朝顔」展にて(6) 出物系統・親牡丹 & アサガオの仲間たち

 8月18日に見に行った「くらしの植物苑」で開催中の「伝統の朝顔」展で見たアサガオを紹介しています。  今回は変化朝顔の出物・親木のうち、牡丹咲きの親木(親牡丹)の色々の紹介です。親木ですから種が採れ、翌年も同じ花が咲きますが、その中に更に変化した「出物」が出現する可能性があります。 出物系統・親牡丹1 葉:黄/斑入/常葉 花:紺/覆輪/丸咲/牡丹 出物系統・親牡丹2 葉:…

続きを読む

くらしの植物苑「伝統の朝顔」展にて(5) 一重出物の色々 & 我が家のアサガオ

 8月18日に見に行った「くらしの植物苑」で開催中の「伝統の朝顔」展で見たアサガオを紹介しています。  今回は出物系統の親木から採った種を蒔いて、出現した一重出物の紹介です。最期に、究極の変化朝顔と思えるものが登場します。 一重出物1 葉:黄/抱/柳葉 花:紅/吹雪/撫子/采咲 花弁が深く、ないしは浅く裂け、それぞれの花弁が外側にカールしている 一重出物2 葉:青/渦/柳…

続きを読む

くらしの植物苑「伝統の朝顔」展にて(4) 出物系統の親木

 8月18日に見に行った「くらしの植物苑」で開催中の「伝統の朝顔」展で見たアサガオを紹介しています。  今回は出物系統の親木です。  これまでに変化朝顔には正木系統と出物系統あると紹介しました。「正木」とは種が採れるタイプのことで、次に植えたものも同じ変化が起こりますが、あまり激しい変化は起こりません。「出物」とは遺伝子の組み合わせによって、1/4、1/16…等の確率でおしべやめしべまで激し…

続きを読む

くらしの植物苑「伝統の朝顔」展にて(3) 正木系統の変化朝顔(その2) & 曜白朝顔

 8月18日に見に行った「くらしの植物苑」で開催中の「伝統の朝顔」展で見たアサガオを紹介しています。  今回も正木系統の変化朝顔です。 東屋前の鉢植え展示です 変化朝顔・正木系統10 葉:青/弱渦/蝙蝠南天葉 花:淡青地/藤紫吹雪/筒咲/八重 変化朝顔・正木系統11 葉:青/斑入/桔梗渦葉 花:白地/赤吹掛絞/桔梗咲 変化朝顔・正木系統12 葉:青/桔…

続きを読む

くらしの植物苑「伝統の朝顔」展にて(2) 正木系統の変化朝顔(その1)

 8月18日に見に行った「くらしの植物苑」で開催中の「伝統の朝顔」展で見たアサガオを紹介しています。    朝顔は様々な突然変異を起こす遺伝子を持っています。単独で形に表れることもありますが、多くは突然変異が組み合わさっています。  変化朝顔は、大きく正木系統と出物系統に分けることが出来ます。正木系統は単純な突然変異が見られるもので、どの株からも種子が出来ます。出物系統は比較的変化が単純で…

続きを読む

くらしの植物苑「伝統の朝顔」展にて(1) 大輪朝顔の色々 & サクラオグルマ

 8月18日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展を見に行ってきました。  苑内には多数の大輪朝顔や変化朝顔、朝顔の仲間、マメ科やウリ科の実などが展示されていました。今回から何回かに分けて紹介しようと思います。  1回目はよしず張りの展示台に飾られた大輪朝顔です。 展示風景です  今回展示されていた大輪朝顔は全て正木系統(種が…

続きを読む

くらしの植物苑「2021年伝統の桜草」展にて(3) 現代の桜草新花など & シャクナゲ、ニリンソウ、ガマズミ、クロバナロウバイ

 4月21日、国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催された「伝統の桜草」展で見たサクラソウを紹介しています。今回はその3回目です。  入り口を入って左奥には「現代の桜草新花」が42鉢、展示されていました。これらの作品は伊丹清氏が作出したものです。伊丹氏は約250品をコレクションされ、「さくらそう会」(東京を中心にした全国的な集まり)の世話人をされている方です。 左から三分の一ず…

続きを読む

くらしの植物苑「2021年伝統の桜草」展にて(2) 一重のサクラソウ

 4月21日、国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催された「伝統の桜草」展で見たサクラソウを紹介しています。今回はその2回目です。  東屋の正面左側(写真1枚目)から左側面に掛けては一重のサクラソウが展示されていました。 上段左から、大盃、初音、鋸峰、下段左から、天の羽衣、金田の夕 上段左から、倍王、白鳶、春裳、下段左から、衣通姫、前代未聞、浜千鳥 左から、…

続きを読む

くらしの植物苑「2021年伝統の桜草」展にて(1) 

 4月21日、佐倉草ぶえの丘を訪れた後、国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に「伝統の桜草」展を見に行ってきました(4月13日から5月5日まで開催)。  展示品は、入口背後のよしず張り、東屋の前面と左面、ビニールハウス、ビニールハウス北東側のよしず張り、それに、「桜草花壇(段飾り)」に並べられ、出展の品種数は約400、鉢数は約700とのことでした。 会場で頂戴した資料の表裏です 印刷が薄い…

続きを読む