上三依水生植物園にて_21年7月(7) アケボノフウロ、タチフウロ、白花アポイキキョウ、イヌゴマ、シモツケ、クサキョウチクトウ、ストケシア、チダケサシ、ハコネギク、チユウキンレン、ウツボグサなど

 7月26日に訪れた上三依水生植物園で見た花などを投稿しています。今回はその最終目です。 アケボノフウロ(曙風露) フウロソウ科フウロソウ属の多年草。原産はヨーロッパ~コーカサス 別名:ゲラニウム・サングイネウム。花期は5~10月。花径2.5~4cm タチフウロ(立風露) フウロソウ科フウロソウ属の多年草。日本では本州(中部地方)~九州に分布 花期は7~9月。花径は2~3…

続きを読む

上三依水生植物園にて_21年7月(6) スイレン、アサザ、コウホネ、オミナエシ、ニッコウキスゲ、ヘメロカリス、マツムシソウなど

 7月26日に訪れた上三依水生植物園で見た花などを投稿しています。今回はその6回目で、水生植物池で見た花などからです。 水生植物池ではスイレンがたくさん咲いていた スイレン(睡蓮) スイレン科スイレン属の水生多年草。正式和名はヒツジグサ(未草) 花期は5~10月。日本のスイレンのほとんどは、外来種が野生化したもの アサザ(浅沙、阿佐佐) ミツガシワ科アサザ…

続きを読む

上三依水生植物園にて_21年7月(5) サワギキョウ、クサレダマ、ノリウツギ、ヤマユリ、ノカンゾウ、アナベル、ギンリョウソウ、ユウゼンギク、ムラサキツユクサ、ビロードモウズイカなど

 7月26日に訪れた上三依水生植物園で見た花などを投稿しています。今回はその5回目です。  順路は湿性植物池、水生植物池へと続きます。水生植物園だけに、広いスペースです。しかし、湿性植物池にはサワギキョウくらいで、めぼしい花がなく、今回は遊歩道の山側で見た花がメインになります。 サワギキョウ(沢桔梗) キキョウ科ミゾカクシ属の多年草。花期は8~9月、有毒植物 北海道、本州、四…

続きを読む

上三依水生植物園にて_21年7月(4) キレンゲショウマ、タイマツバナ、セイヨウノコギリソウ、シキンカラマツ、オトギリソウ、オカトラノオ、ヒメクガイソウ、キバナクリンソウなど

 7月26日に訪れた上三依水生植物園で見た花などを投稿しています。今回はその4回目です。  前日の日光植物園では蕾だったキレンゲショウマですが、ここでは咲き始めていました。 キレンゲショウマ(黄蓮華升麻) アジサイ科キレンゲショウマ属の多年草。紀伊半島、四国、九州に自生 花期は8月。花径は0.7~1.3cm 俯いて白に紫の花が咲くレンゲショウマとは別属です タイマ…

続きを読む

上三依水生植物園にて_21年7月(3) ヤシュウハナゼキショウ、ケイビラン、ムサシノキスゲ、ナガボノシロワレモコウ、ホザキシモツケ、トリアシショウマ、モモバギキョウ、ツリガネニンジンなど

 栃木温泉旅行の2日目(7/26)に訪れた上三依水生植物園で見た花などを投稿しています。今回はその3回目です。 ヤシュウハナゼキショウ(野州花石昌) ユリ科チシマゼキショウ属の常緑多年草。栃木県の一部に分布 山中のあまり直射日光が当たらない湿気のある岩場に生える ハナゼキショウは走出枝を出さないが、本種は出して増える 野州は下野国の異称。花期は7~8月。花径は7~8mmくらい …

続きを読む

上三依水生植物園にて_21年7月(2) ガンピセンノウ、オトコエシ、ヤブカンゾウ、オカトラノオ、アジサイ、ヒメケマンソウ、コバギボウシ

 栃木温泉旅行の2日目(7/26)に訪れた上三依水生植物園で見た花などを投稿しています。  上三依水生植物園から北へ、更に8キロほど走れば 福島県に入りますが、ここは2006年から日光市になっています。 撮影を始めたのは中央に池がある和風庭園のあたりから 右上に見える屋根が受付のある建物 ↑ ガンピセンノウ(岩菲仙翁) ナデシコ科センノウ属の多年草。中国原産で、日本には古い…

続きを読む

上三依水生植物園にて_21年7月(1) ハナツリフネソウ、ヒトツバショウマ、カキラン、ヤマホタルブクロ、ヤマアジサイ、ウバユリ、ヨツバヒヨドリ、アオバナギンバイソウ、コシキジマシライトソウ

 7月26日、栃木旅行の2日目です。  鬼怒川温泉のホテルを8時半頃出発して会津西街道(R121)を北上、40分ほどで今回2つめの植物園である「上三依水生植物園」に到着しました。この植物園は3回目の訪問ですが、7月は初めてだったので、初めて見る花がいくつかありました。  入口を入ると、今回も左手に、いつものようにハナツリフネソウがたくさん咲いていました。 ハナツリフネソウ(花釣船草) …

続きを読む

ホトトギス、シロバナホトトギス、キバナノホトトギス、ゲンノショウコ、クロアゲハ、ツリガネニンジン、イワシャジン、ヤマアジサイ‘紅’など

上三依水生植物園にて(6)  秋の栃木県内植物園はしご旅の2日目(9月17日)、上三依(かみみより)水生植物園で見た花を記録しています。今回は、その最終回です。  入口近くでホトトギスが咲いていました。白花の園芸種もあり、キバナノホトトギスが1輪残っていました。黄花は初めてです。 ホトトギス(杜鵑) ユリ科ホトトギス属の多年草。主に関東から西の太平洋側に分布 新潟県南部から西の日本…

続きを読む

シュウメイギク、スイレン、ベニコウホネ、アサザ、ツリフネソウ、サラシナショウマ、ヒガンバナ、ハマナスの実など

上三依水生植物園にて(5)  秋の栃木県内植物園はしご旅の2日目(9月17日)、上三依(かみみより)水生植物園で見た花を記録しています。  シュウメイギクを撮ったあと、1枚目のバックに見える水生植物池に回りました。やはり花の種類は少なく、スイレンやヒツジグサ、ベニコウホネしか見る事が出来ませんでした。 シュウメイギク(秋明菊) キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。原産は中国、台湾 …

続きを読む

ホソバタムラソウ、タムラソウ、オミナエシ、トウテイラン、サワギキョウ、ミゾソバ、シロバナミゾソバ、キレンゲショウマ

上三依水生植物園にて(4)  秋の栃木県内植物園はしご旅の2日目(9月17日)、上三依(かみみより)水生植物園で見た花を記録しています。  ホソバタムラソウという種類があることを初めて知り、タムラソウと比べてみました。 白花のミゾソバを初めて見ました。 ここでもキレンゲショウマは終盤で、実がなっていました。  ホソバタムラソウ(細葉田村草) キク科タムラソウ属の多年草。本州、四国、九…

続きを読む

ジャコウソウ、キクイモモドキ、シオン、シロヨメナ、タチフウロ、キキョウ、白花アポイキキョウ、タマアジサイ、シモツケなど

上三依水生植物園にて(3)  秋の栃木県内植物園はしご旅の2日目(9月17日)、上三依(かみみより)水生植物園で見た花を記録しています。  日光植物園では見られなかったジャコウソウがここでは咲き残っていました。 ジャコウソウ(麝香草) シソ科ジャコウソウ属の多年草。北海道〜九州の山の谷間に生える 花期は8~9月 茎や葉を揺すると麝香のようなほのかな香りがする というのが…

続きを読む

オトコエシ、タニソバ、アキノキリンソウ、ヒダカミセバヤ、ヤシュウハナゼキショウ、オヤマリンドウ、エゾリンドウ、ヤマトリカブト

上三依水生植物園にて(2)  秋の栃木県内植物園はしご旅の2日目(9月17日)、上三依(かみみより)水生植物園で見た花を記録しています。  先ずは植物園のエリアマップをご覧下さい。左が南です。数字は花の見られる場所ですが、秋とは限りません。 オトコエシ(男郎花) オミナエシ科オミナエシ属の多年草。花期は8-10月 日本では北海道から九州までと、それに琉球列島で奄美大島に分布…

続きを読む

カセンソウ、ハコネギク、ハナツリフネソウ、トラフクサアジサイ、ベニバナサワギキョウ、アカソ、イワショウブなど

上三依水生植物園にて(1)  秋の栃木県内植物園はしご旅の2日目(9月17日)です。鬼怒川温泉から国道121号線を北上、車で45分ほどの場所にある「上三依(かみみより)水生植物園」を訪ねました。2014年8月に訪れて以来、6年ぶりです。 駐車場に設置された見頃の花情報(やはり、種類が少ない?) 橋を渡り、男鹿川沿いに100mほど南へ歩くと入口です  上三依水生植物園は日光…

続きを読む