つくば植物園にて_21年6月(18) シコンノボタン、レッドジンジャー、カラテア・ルイザエ、ルリマツリ、コエビソウ、ストレプトカーパス & つくば 夏の洋蘭展にて(13)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯資源植物温室の続きです。 シコンノボタン属の一種 ノボタン科シコンノボタン属の常緑低木。ブラジル原産 温室なので、多い少ないはありますが、いつ行っても花が咲いています アルピニア・プルプラタ ショウガ科アルピニア属の多年草。原産はマレーシアなどの…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(17) ツルイランイラン、クルシア、マイソルヤハズカズラ、コンロンカ & つくば 夏の洋蘭展にて(13)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯資源植物温室の続きです。  大きな葉に隠れるように黄色い花がさいていました。ツルイランイランの花だそうで、初めて見ました。 ツルイランイラン バンレイシ科オウソウカ属の常緑つる性低木。原産はインド、東南アジア等 黄色い細い花弁の花が咲くイランイランノキとは…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(16) ヘリコニア・ロストラタ、原種ランコレクションから  & つくば 夏の洋蘭展にて(12)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯資源植物温室の続きです。 ヘリコニア・ロストラタ(ヘリコニア・ロストラータ) オウムバナ科ヘリコニア属の常緑多年草。熱帯アメリカ原産 温室展示の定番で、ロブスターのはさみのような、赤と黄色の 苞が美しい。花は苞の先端に白っぽく見えるもの 横から見ると…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(15) スカエボラ、クルクマ、サボテンの花、ヒメアリアケカズラ、ツンベルギア & つくば 夏の洋蘭展にて(11)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、サバンナ温室の続きと、熱帯資源植物温室です。 スカエボラ・アエムラ クサトベラ科スカエボラ・アエムラの半耐寒性つる性多年草 原産はオーストラリア南部、東部 流通名はブルーファンフラワー、スカエボラ クルクマ・オーストララシカ ショウガ科ウコン属の多…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(14) バロータ・スペシオサ、ローダンセマム・カタナンケ、ベニマツリ、カエンカズラ、テイキンザクラ & つくば 夏の洋蘭展にて(10)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、今回から熱帯雨林温室の南側にあるサバンナ温室に入りました。 バロータ・スペシオサ ヒガンバナ科バロータ属の常緑多年草(球根)。南アフリカ原産 別名:バロータ、キルタンサス・エラツス 葉はアマリリスに似て、花はクンシランに似ている ローダンセマム・…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(13) ヒッペアストルム・キビステル、一才ザクロ、ツルウリクサ、ウサギゴケなど & つくば 夏の洋蘭展にて(9)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯雨林温室の2階回廊で見た植物の続きです。 ヒッペアストルム・キビステル ヒガンバナ科ヒッペアストルム属(アマリリス属)の多年草 原産はボリビア、アルゼンチン。花はとても不思議な姿をしています アマリリス・チコという名で流通しているようです 一…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(12) ヒポクシス・デクンペンス、イデア・パルビフロラ、チョウセンクルマユリ、トカラアジサイなど & つくば 夏の洋蘭展にて(8)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯雨林温室の2階東側回廊で見た植物です。 ヒポクシス・デクンベンス キンバイザサ科コキンバイザサ属の多年草 原産はメキシコ、西インド諸島、ブラジルなど イテア・パルビフロラ Itea parviflora ズイナ科ズイナ属の常緑低木。原産は台湾…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(11) 原種ランコレクションから & つくば 夏の洋蘭展にて(7)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯雨林温室の続きです。  熱帯雨林温室の1階から2階の廻廊に戻る階段の途中で、ホヤの花が咲いているのに気付きました。階段を上がりきったところにヒスイカズラがあるのですが、残念ながら、花は終わっていました。 ホヤ・ムルティフロラ ガガイモ科ホヤ属の非耐寒性常緑つ…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(10) ブルボフィルムム、サンタンカ、プセウランデマム、フリワケサンゴバナ、ジョウゴバナ、ツルランなど & つくば 夏の洋蘭展にて(6)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、熱帯雨林温室の1階で見たものです。2階は32℃でしたが、1階は23℃でした。 ブルボフィルム・オーソグロッスム フィリピン(ミンダナオ島)、スラウェシ島に分布する着生ラン サンタンカ(山丹花)‘スーパーキング’ アカネ科サンタンカ属の常緑低木。別名:サ…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(9) シマクマタケラン、コウトウシュウカイドウ、ミフクラギ、デンドロビウム・ストラティオテス & つくば 夏の洋蘭展にて(5)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。最初の2品種は多目的温室で見た希少植物ですが、3品種目から熱帯雨林温室に入りました。 シマクマタケラン(島熊竹蘭) ショウガ科ハナミョウガ属の多年草。小笠原諸島固有種(父島・母島) 花径は3cm位。絶滅危惧ⅠB類(EN) ハナミョウガ属ですが、花はランに似ています。3日しか保…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(8) ヤエヤマノボタン、ヒメタムラソウ、アマミタムラソウ、アマミカタバミ & つくば 夏の洋蘭展にて(4)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しています。温室で見た花は、多目的温室の希少植物の続きでが、ヤエヤマノボタンの花は初めて見ました。 ヤエヤマノボタン(八重山野牡丹) ノボタン科タシロノキ属の常緑低木。南琉球固有種(石垣島、西表島) ハシカンボク属とされてきたが、つくば植物園の研究によって タシロノキ属の1種とすることが適切…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(7) オオシラタマカズラ、コクテンギ、ヤエヤマハマゴウ、ハマトラノオ、オキナワヤブムラサキ & つくば 夏の洋蘭展にて(3)

 6月22日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  今回から、温室で見た花とラン展で見た花を平行して紹介しようと思います。温室で見た花は、多目的温室の希少植物からです。 多目的温室の展示の様子 オオシラタマカズラ(大白玉葛) アカネ科ボチョウジ属のつる性常緑低木。小笠原諸島の固有種 付属根を持ち、林縁の樹幹や岩などによじ登る。花期は5~6月 日本各地に分布するシラタマカ…

続きを読む

つくば 夏の洋蘭展にて(2) 優秀作品=各カテゴリー部門1位(後半)など

 6月22日につくば植物園を訪れ、「つくば 夏の洋蘭展」(6月20~6月27日)を鑑賞しました。出展者は、ランの育成では日本トップクラスの実力を誇る「つくば洋蘭会」(斉藤正博会長)の皆さんです。  今回、書くカテゴリー部門で1位となった優秀作品の後半を紹介します 展示の様子です。優秀作品は左奥ですが、夏に咲くランも多いですね 今回紹介する優秀作品です カトレヤ・テネブ…

続きを読む

つくば 夏の洋蘭展にて(1) 優秀作品=各カテゴリー部門1位(前半)

 6月22日につくば植物園を訪れたのは、受付がある教育棟で、6月20日から始まった「つくば 夏の洋蘭展」(6月27日で終了)を見るためでもありました。出展者は、ランの育成では日本トップクラスの実力を誇る「つくば洋蘭会」(斉藤正博会長)の皆さんです。  昨年末から2月頃までのラン展は、コロナの関係で中止になったものが多く、7か月ぶりのラン展見学でした。 ・・・ ウェルカムフラワー ・・・ …

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(6) アスチルベ‘スパルタン’、カレープラント、バーベナ・ハスタータ、ダイアンサス・ナッピイ、フェザートップ、ワスレナグサ、ベルケア・パープレア、グロブラリア・サルコフィラ

 6月22日に訪れたつくば植物園の屋外で見た花などです。今回はその6回目で、サバンナ温室や熱帯資源植物温室の近くで見たものです。 アスチルベ ‘スパルタン’ ユキノシタ科チダケザシ属の多年草。 園芸品種 寒さに強く、やや湿り気のある半日陰でよく育つ  普通、アスチルベと呼ばれるものは、アワモリショウマと中国原産のアスチルベ・キネンシスを交雑育成させ、更に、アカショウマも交雑させた…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(5) シキンカラマツ、フチナシガクアジサイ、ノジトラノオ、ミズキンバイ、ヒュウガタイゲキ、ホザキキカシグサ、ミズアオイの仲間、タイリンオモダカ、ヤグルマハッカ

 6月22日に訪れたつくば植物園の屋外で見た花などですが、今回はその5回目です。  今回も私の好きな花の一つであるシキンカラマツから始めます。  ノジトラノオやヒュウガタイゲキの花は初めて見ました。 シキンカラマツ(紫錦唐松) キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。長野、群馬、福島の三県に分布 山地の湿った木陰などに自生する。花期は7~9月 フチナシガクアジサイ(縁無し…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(4) カライトソウ、ヤナギラン、クサノオウ、キキョウソウ、オオダイコンソウ、コムラサキ、ウワミズザクラ、ウツボグサ、ナナカマド、カンボク

 6月22日に訪れたつくば植物園の屋外で見た花などですが、今回はその4回目です。  好きな花のカライトソウやヤナギランに出会うことが出来ました。 カライトソウ(唐糸草) バラ科ワレモコウ属の耐寒性多年草。本州中部地方の日本海側(飛騨 山脈北部、白山から滋賀県の三国山などにかけて分布 花穂の長さは4~10 cm つぼみです。同属のナガボノシロワレモコウにそっくり …

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(3) ハチジョウショウマ、ノリウツギ、ネムノキ、ノアザミ、タケニグサ、マサキ、ゴンズイ、テリハノイバラ、ハマナス。

 6月22日に訪れたつくば植物園の屋外で見た花、その3回目です。  ハチジョウショウマの花を初めて見ました。 ハチジョウショウマ(八丈升麻) ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。八丈島、御蔵島、三宅島の固有種 アカショウマ(赤升麻)の変種とされている。  花は初めて見た 細長い円錐花序に、花径4mmほどの花を沢山付ける ノリウツギ(糊空木) アジサイ科アジサイ属の落葉…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(2) ナメルギボウシ、サンショウバラ、ヤグルマソウ、ミクリ、ハンゲショウ、ミヤコグサ、オカトラノオ、エチゴトラノオ、スカシユリ、キンギンボク

 6月22日に訪れたつくば植物園の屋外で見た花などの紹介、2回目です。 ナメルギボウシ(滑る偽宝珠) キジカクシ科ギボウシ属の多年草。長野、新潟、富山、隠岐島に分布 日本固有種。花はオオバギボウシと殆ど変わらない オオバギボウシの変種で、葉の裏側が滑らかなことによる名づけ こちらは オオバギボウシ(大葉擬宝珠) 咲き始め サンショウバラ(山椒薔薇)の実 バラ科バ…

続きを読む

つくば植物園にて_21年6月(1) イテア・イリキフォリア、ネジバナ、フサフジウツギ、コガネバナ、大輪レッドクローバー、ディエラマ・プルケリムム、アカンサス・カロリアレクサンドリ

 6月22日につくば植物園に行ってきました。これは通称で、正確には、「国立科学博物館筑波実験植物園」です。来週から雨の日が多くなるようなので、かなり歩きまわって写真を撮り溜めしてきました。  6月20日から27日まで「つくば夏の洋蘭展」が行われており、ここでも写真を沢山撮りました。後日紹介する予定ですが、今回から屋外で咲いていた花などを投稿します。 イテア・イリキフォリア ズイナ科ズイ…

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(10) ナワシロイチゴ、モミジイチゴ、クサイチゴ、ブラックベリー、ブルーベリー、シュンギク、パクチー、カキノキ

 5月12日に訪れたつくば植物園で見た花を紹介しています。  今回は最終回、屋外で見た花に温室で見た花などです。 ナワシロイチゴ(苗代苺) バラ科キイチゴ属の落葉小低木。日本、朝鮮半島、中国などに分布 苗代を作る頃に赤い実が熟すため、この名がある 別名:アシクダシ、サツキイチゴ、ワセイチゴ、サオトメイチゴ 花弁は僅かにしべが見える程度しか開かず、その後、散ってしまう …

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(9) タンジン、ツノゲシ、クロバナロウバイ、キソケイ、ペンステモン、ユーフォルビア、アジュガなど

 5月12日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  今回は屋外で見た花で、その6回目です。 タンジン(丹参) シソ科アキギリ属の多年草。中国原産 根を精製して、鎮静、鎮痛、血管拡張、血圧降下の生薬とする ツノゲシ(角芥子) ケシ科ツノゲシ属の越年草。南ヨーロッパの沿岸地域に分布 名の由来は、種が牛の角のように尖るから、花径は5~8cm 全草にアルカロイドを含む有…

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(8) イオウノボタン、コウトウシュウカイドウ、ケラマツツジ、ヒジハリノキ、ヒメタツナミソウ、マルバハタケムシロ、ヤエヤマスズコウジュ、ホソバフジボグサ、オオシマガンピ

 5月12日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  今回は多目的温室です。ここでは、琉球列島や小笠原諸島などに分布する固有種・絶滅危惧種の展示が行われていました。当ブログで今年3月に紹介済の花は除外しています。 イオウノボタン(硫黄野牡丹) ノボタン科のボタン属の常緑低木。北硫黄島の固有変種。基本種のノボタンとは雄しべの形態が異なる。花は一日花。環境省の絶滅危惧II類(VU) …

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(7) ウツギの色々、チョウジソウ、ホオノキ、ベニバナシキミ、エリカモトキ

 5月12日に訪れたつくば植物園で見た花を紹介しています。  今回も屋外で見た花で、その5回目です。最初はウツギと名の付く植物です。  ウツギ(空木)はアジサイ科ウツギ属の落葉低木ですが、茎が中空の植物やウツギに木の姿が似ている植物も○○ウツギと呼ばれています。つくば植物園にはウツギ属を含め、ウツギと名のつく植物が25種以上植えられています。  なお、世界にはウツギ属だけで50種ほど存在す…

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(6) サラサドウダン、イブキトラノオ、キンポウゲ、ジャケツイバラ、ウグイスカグラ、ゼンテイカ、カイジンドウ、アヤメ、クリンソウ

 5月12日に訪れたつくば植物園で見た花を紹介しています。  今回も屋外で見た花で、その4回目です。 サラサドウダン(更紗灯台、更紗満天星) ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。別名:フウリンツツジ。日本固有種 北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布(深山の岩地) 名の由来は、花の色が更紗模様に似て、形がドウダンツツジに似ているから イブキトラノオ(伊吹虎…

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(5) タチテンノウメ、ツクシムレズズメ、ノイバラ、ハマナス、イボタノキ、アマドコロ、ハマヒルガオ、テイカカズラ、ノアザミ、ナンテンハギなど

 5月12日に訪れたつくば植物園で見た花を紹介しています。  今回も屋外で見た花で、その3回目です。 タチテンノウメ(立ち天の梅) バラ科テンノウメ属の常緑小低木。中国南西部と台湾が原産の シセンテンノウメの仲間で、小笠原諸島に分布する固有種 名の由来は、立ち上がった枝に、梅に似た花を上向きに咲かせるから 小笠原諸島には、這い性のシラゲテンノウメもある。花径は12,3mm …

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(4) オゼコウホネ、カキツバタ、サワオグルマ、ヒツジグサ、トベラ、ヒメトベラ、ツルマサキ、ホザキキカシグサなど

 5月12日に訪れたつくば植物園で見た花を紹介しています。  今回は、屋外で見た花の2回目です。 オゼコウホネ(尾瀨河骨) スイレン科コウホネ属の多年草(水生植物)。日本固有種 北海道の一部と、尾瀬と月山にのみ分布 根室河骨の変種とされている。花径3cm。絶滅危惧Ⅱ類 (VU) 花の中心にある柱頭盤が赤いのが オゼコウホネの特徴 カキツバタ(燕子花、杜若) アヤメ…

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(3) イワシモツケ、サンショウバラ、タカネナデシコ、コマクサ、ユキノシタ、ヤブデマリ、ナツハゼ、ヤグルマソウ、ヤマグルマ

 5月12日につくば植物園で見た花たちです。  今回から屋外で見た花を紹介します。「みごろの植物」案内マップを頼りに探しましたが、5月1日付の情報なので、咲き終わったものもありました。 イワシモツケ(岩下野) バラ科シモツケ属の落葉低木。本州の近畿以東に分布。日本固有種 高い山地の蛇紋岩地や石灰岩地に生育する。花径は7-10mm サンショウバラ(山椒薔薇) バラ科バラ…

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(2) クレマチスの色々(その2) 100年以上前の品種や新しい品種など

 つくば植物園のクレマチス園で見た花たちです。  今回は100年以上前の品種と21世紀に入ってからデビューした品種に注目してみました。 《 100年以上前の品種 》 クレマチスの本格的な育種が始まった100年以上前のヨーロッパで 誕生した園芸品種で、今なお愛され続けている花々です メブラウ・ル・クルトルメブラウ・ル・クルトル’ Clematis 'Mevrouw Le Cou…

続きを読む

つくば植物園にて_2021年5月(1) クレマチスの色々(その1) & カザグルマ、テッセン

 5月12日、運転免許更新の後、つくば植物園に行ってきました。梅雨入りが早そうなので、花の写真を撮り溜めするのが今回の目的の一つです。  また、期間限定で公開されるクレマチス園で花を見る事も目的。クレマチスはキンポウゲ科センニンソウ属 の落葉性つる性多年草です。  愛好家が多い植物なので、平日なのに来園者が多かったです。系統によって開花期が異なるので、期間中、複数回見に来られる方もおられるの…

続きを読む