オオボウシバナ、ハマユウ、フヨウ、エンジュ、クサギ & 夏のつくば植物園にて(ラスト)

 ウォーキング中に見た花です。  町内の愛好家が育てているオオボウシバナが開花し始めました。  新坂川遊歩道では、フヨウやエンジュ、クサギが咲き始めました。 オオボウシバナ(大帽子花) ツユクサ科ツユクサ属の多年草。露草(別名:ボウシバナ)の栽培変種 江戸時代に中国から渡来。別名:アオバナ(青花) ツユクサより草丈があり(~1m)、花が大きい(径4~5cm) 花弁は京友禅の下絵…

続きを読む

夏のつくば植物園にて(10) サバンナ温室で見た花たち

 7月12日に訪れたつくば植物園の温室で見た花です。  今回は、一番大きな温室であるサバンナ温室入ります。 奇想天外(ウェルウィッチア・ミラビリス) ウェルウィッチア科ウェルウィッチア属の常緑裸子植物。一属一種 原産はナミビア、アンゴラ。別名:砂漠万年青 小さな花が咲いていました まさに奇想天外・・・2枚の葉だけで生涯をすごし、高さは45cm以上にもなる。生長点は葉の付け根に…

続きを読む

夏のつくば植物園にて(9) 熱帯資源植物温室でみた花たち

 7月12日に訪れたつくば植物園の温室で見た花たちを紹介しています。  今回は熱帯雨林温室の南側にある熱帯資源植物温室に入りました。先ずは、大好きなアマゾンリリーから。 アマゾンユリ(アマゾンリリー) ヒガンバナ科アマゾンユリ属の多年草(球根植物) 原産はアンデス山地(コロンビア~ペルー)。花径6~8cm 別名:ギボウシスイセン(擬宝珠水仙)。花は良い香りがする バナ…

続きを読む

夏のつくば植物園にて(8) 多目的温室で見た日本の希少植物たち

 7月12日に訪れたつくば植物園の温室で見た花を紹介しています。  今回は多目的温室で見た花です。ここはイベントスペースですが、この日は日本に分布する希少種が展示されていました。 オキナワテイショウソウ(沖縄禎祥草) キク科モミジハグマ属の多年草。奄美群島~八重山群島に自生する固有種 山地の臨床のやや乾燥した環境に育成する。別名:マルパハクマ(丸葉白熊) 今回は綺麗な花に出会え…

続きを読む

夏のつくば植物園にて(7) 熱帯雨林温室で見た花たち(その2)

 7月12日に訪れたつくば植物園の温室で見た花です。  今回は熱帯雨林温室の2階回廊で見た花の続きです。 テコマンテ・デンドロフィラ ノウゼンカズラ科テコマンテ属のつる性常緑小低木 原産はインドネシア~ニューギニア ピンク色の筒状花の先端がクリーム色で美しい デンドロビウム・アンテナタム ニューギニア~オーストラリアに分布する着生種。花の幅は約3cm、長さ約6cm …

続きを読む

夏のつくば植物園にて(6) 熱帯雨林温室で見た花たち(その1)

 7月12日に訪れたつくば植物園で見た花たちです。  今回から温室の花ですが、最初に入ったのは熱帯雨林温室です。ここの2階の廻廊には、開花期を迎えた珍しい植物が鉢植えで展示されています。 スパトグロッティス・ポルツスフィンシイ コウトウシランの仲間で、ニューギニア島に分布する地生ラン 鮮やかなピンクの花です。花茎に蜜が溜まるそうです オウゴンオニユリ(黄金鬼百合) ユ…

続きを読む

夏のつくば植物園にて(5)ヤグルマハッカ、ラバンジン・ラベンダー、ロシアンセージ、マウンテンミント、レプトスペルマム、アップルミント、ホースミント、ドワーフ・コンフリー、ウイキョウなど

 7月12日に訪れたつくば植物園の屋外で見た花を紹介しています。  熱帯資源植物温室とサバンナ温室の南側には多くのハーブ類が咲いていて、「今週の見頃ベストワン」になっていました。 左奥がサバンナ温室、右奥に熱帯資源植物温室、手前はセイヨウニンジンボク ヤグルマハッカ(矢車薄荷) シソ科ヤグルマハッカ属の多年草。原産はアメリカ北東部 別名:ワイルド・ベルガモット、ビーバーム …

続きを読む

夏のつくば植物園にて(4)オカトラノオ、ハンゲショウ、ミズカンナ、ミズアオイの仲間、ヒツジグサ、オゼコウホネ、アサザの一種、ディエラマ・プルケリムム、グロブラリア・サルコフィラ

 7月12日に訪れたつくば植物園の屋外で見た花の紹介を続けています。  園内の北側のエリアを無計画に歩き、池の近くまで戻ってきました。 オカトラノオ(丘虎の尾) サクラソウ科オカトラノオ属の多年草。北海道〜九州に分布 既に実が出来ていました  池の西側では、ハンゲショウがかなり増えています。 ハンゲショウ(半夏生、半化粧) ドクダミ科ハンゲショウ属の落葉性多年草。日…

続きを読む

夏のつくば植物園にて(3)シキンカラマツ、ウツボグサ、ミズヒキ、ヤマホタルブクロ、ノアザミ、コマツナギ、オニドコロ、クサノオウ、フチナシガクアジサイ、ナミキソウなど

 7月12日に訪れた、つくば植物園の屋外展示の花などです。  シキンカラマツがちょうど見ごろで、きれいでした。 シキンカラマツ(紫錦唐松) キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草。長野、群馬、福島の三県に分布 山地の湿った木陰などに自生する。花期は7~9月 ↑ ヒラタアブが2匹写っていました ハギに飛来したツバメシジミ(雌) ウツボグサ(空穂草、靫草) シソ科…

続きを読む

夏のつくば植物園にて(2) キリンソウ、スカシユリ、カワラナデシコ、カワラサイコ、カワラマツバ、タケニグサ、ノコギリソウ、エゾミソハギ、チダケサシ、ヤマユリ、カライトソウ、マツムシソウ、コムラサキ

 7月12日に行ったつくば植物園で見た花を記録しています。  今回は、植物園の中央にある池(下の写真)の北側から更に奥に行って見た花です。 キリンソウ (麒麟草) ベンケイソウ科キリンソウ属の多年草。日本では九州以北に自生 和名は黄輪草と書いたものだったが、いつの間にか麒麟草になったという スカシユリ(透百合) ユリ科ユリ属の多年草。中部地方以北の海岸の砂礫地や崖…

続きを読む

夏のつくば植物園にて(1) ヤマハギ、バージニアイチゴ、チコリ、ゴボウ、ベニバナインゲン、ムラサキカラマツ、ヤブコウジ、ギンバイソウ、キンレイカ、タイワンルリソウ、オトメアオイ

 7月12日、梅雨の晴れ間を狙って、妻とつくば植物園に行ってきました。  受付でおでこの検温を受けて、教育棟の裏手から野菜エリアに向かいます。その後、絶滅危惧植物温室を覗いてみました。 ヤマハギ(山萩) マメ科ハギ属の落葉半低木。アジア原産。葉の先端は円形が多い バージニアイチ バラ科オランダイチゴ属の常緑多年草。北米~アラスカに分布。花期は4~5月 チコリ(…

続きを読む

つくば秋の洋蘭展にて(3)ブルーリボンの作品(その2)

 11月17日から24日まで、つくば植物園で開催された「つくば秋の洋蘭展」(出展:つくば洋蘭会)で見た花を紹介しています。  今回は、ブルーリボン(各部門第一席)の作品(その2)です。 カトレア・リトルマーメイド ‘ジャネット’ C. Little Marmaid 'Janet' 人魚をイメージしたミディカトレアです 岩瀬美千代さん 奨励賞(東京オーキッド・ナーセリー賞) …

続きを読む

つくば植物園の温室にて(3)サクララン、ヤスミヌム・レックス、ツルラン、ホンコンシュスラン、タイワンエビネ、ヘツカランなど

 らん展の花は1回お休みして、つくば植物園の熱帯雨林温室で見た花などを紹介します。この温室には、その時期に咲いているランの原種が展示されていることがあります。 ホヤ・ムルティフロラ ガガイモ科ホヤ属の非耐寒性常緑ツル性低木。マレーシア 原産 別名:サクララン、シューティングスター(流れ星) 「流れ星」という別名がピッタリですね ヤスミヌム・レックス モクセイ科ソケイ属…

続きを読む

つくば秋の洋蘭展にて(2)ブルーリボンの作品(その1)

 11月17日から24日まで、つくば植物園で開催された「つくば秋の洋蘭展」(出展:つくば洋蘭会)で見た花を紹介しています。  今回は、ブルーリボン(各部門第一席)の作品(その1)です。 ブルーリボンの全作品(13点)です ステノグロティス・ロンギフォリア tenoglottis longifolia 南アフリカ原産の岩生・地生ランで、シソ科の花のような感じです 稲葉茂子さ…

続きを読む

つくば秋の洋蘭展にて(1)レリア・アンセプス、フラグミペディウム・カーディナル、カトレア・マキシマ・セルレアなど

 今回から、つくば植物園で開催された「つくば秋の洋蘭展」で見た花を紹介します。ラン好きの私にとっては、ネタ稼ぎの最大の目的だったのです。  いつもは、熱帯資源植物温室が会場で、つくば洋蘭会と水戸市植物公園蘭科協会の作品が展示されるのですが、今回はつくば洋蘭会単独で、会場も受付がある教育棟に変わっていました。  ガラス張りの温室と違って、会場は照明が不足しており、上手く撮れていない写真がありま…

続きを読む

つくば植物園の温室にて(2)マユハケオモト、アルテルナンテラ、ヒメフヨウ、メキシコサワギク、ユーフォルビアなど

 つくば植物園の温室で見た花などを紹介しています。今回は、一番大きな温室・サバンナ温室です。 マユハケオモト(眉刷毛万年青) ヒガンバナ科ハエマンサス属の宿根草。南アフリカ原産 別名:ハエマンサス・アルビフローラ。花期は10~11月 咲いて間もないと思われる花を撮りました アルテルナンテラ・ポリゲンス ヒユ科ツルノゲイトウ属の非耐寒性多年草。原産は熱帯アメリカ 日本…

続きを読む

つくば植物園の温室にて(1)アマゾンユリ、ゲッキツ、ブルーキャッツアイ、イポメア・ホルスファリアエ、スタンホペア、チャイニーズハットなど

 今回から、つくば植物園の大温室で見た花などを紹介します。  写真の左側が一番大きなサバンナ温室、右が熱帯資源植物温室。この二つの温室の背後に熱帯雨林温室があります。  先ずは、熱帯資源植物温室です。最初は、好きな花の一つであるアマゾンリリーから・・・。 アマゾンユリ(アマゾンリリー) ヒガンバナ科アマゾンユリ属の多年草(球根植物) 原産はアンデス山地(コロンビア~ペルー)。花…

続きを読む

つくば植物園にて(3)メタセコイア、ウワミズザクラ、サトウカエデ、エンコウカエデ、ナカガワノギク、カメリア・オレイフェラなど

 つくば植物園でも紅葉(黄葉)が進んでいました。入口から池の周りまでしか歩きませんでしたが、いくつかの樹種の紅葉(黄葉)を記録しました。  また、ツバキなどを紹介します。 メタセコイア ヒノキ科(またはスギ科)メタセコイア属の落葉高木。1属1種。 和名はアケボノスギ曙杉)、イチイヒノキ(一位檜) ↓ 黄葉はまだ部分的   建物は受付がある教育棟 ↑ ウワミズザクラ(上…

続きを読む

つくば植物園にて(2)オキナワテイショウソウ、モミジバセンダイソウ、タイワンツクバネウツギ、カゴメラン、シビイタチシダなど

 前記事の続きで、つくば植物園の多目的温室と絶滅危惧植物温室で見た花などです。 オキナワテイショウソウ(沖縄貞祥草) キク科モミジハグマ属の多年草。奄美群島~八重山群島に自生する固有種 山地の臨床のやや乾燥した環境に育成する。別名:マルパハクマ(丸葉白熊) オキナワハグマ(沖縄白熊) キク科モミジハグマ属の多年草。オキナワテイショウソウの別名とする説が多い 九州(トカ…

続きを読む

つくば植物園にて(1)オキナワノギク、テリハノギク、ホソバワダン、ケサヤバナ、ムニンシャシャンボ、イワユキノシタ、イソマツ

 ネタ切れになりそうなのでつくば植物園に行ってきました。  今回は、展示が再開された多目的温室で見た植物と、絶滅危惧植物温室で見た花などの紹介します。 オキナワギク(沖縄菊) キク科シオン属の多年草。琉球列島と沖縄島のみに自生する固有種 海岸岩場の乾燥した環境に育成する。海岸沿いの道路や 護岸の開発によって減少している。絶滅危惧Ⅱ類(VU) テリハノギク(照葉野菊) キ…

続きを読む

秋のつくば植物園にて(8) シマジタムラソウ、サイヨウシャジン、シマトウヒレン、エキナンツス・スペキオスス、ネリネ・アペンディキュラタ、秋咲きスノーフレーク、ペニセタム、ダンギク、パイナップルリリー

 10月10日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  今回は熱帯雨林温室で見た花の続きです。 シマジタムラソウ(島路田村草) シソ科アキギリ属の多年草。東海地方の固有種。絶滅危惧II類(VU) 島路は伊勢神宮宮域林の島路山で発見されたことに由来 花色は異なるが、ナツノタムラソウ(夏の田村草)の近縁種 サイヨウシャジン(細葉沙参) キキョウ科ツリガネニンジン属の多年…

続きを読む

秋のつくば植物園にて(7) ホヤの一種、サキシマスオウノキ、カキバカンコノキ、グロッバ・シェルウッディアナ、ツルラン、デンドロビウム・ロセイオドルムなど

 10月10日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  今回は熱帯雨林温室で見た花の続きです。 ホヤの一種 キョウチクトウ科サクララン属(ホヤ属)のつる性熱帯植物 和名はサクララン(桜蘭)   サキシマスオウノキ(先島蘇芳木)の種と葉 アオイ科(←アオギリ科)サキシマスオウノキ属の常緑高木 熱帯アジア、台湾、ポリネシア、熱帯アフリカに分布。日本では 奄美大島以南に…

続きを読む

秋のつくば植物園にて(6) エクメア・カウダータ、ハナアナナス、イクソラ(園芸種)、アメリカハマグルマ、エピデンドルム、デンドロビウムなど

 10月10日に訪れたつくば植物園で見た花たちを記録しています。  今回から、3つの大きな温室で見た花などです。 エクメア・カウダータ パイナップル科エクメア属の常緑多年草。ブラジル南部原産 幅20~30cm程度の集散花序に小さな黄色い花を咲かせる ハナアナナス(花アナナス) パイナップル科ハナアナナス属の常緑多年草。エクアドル原産 別名:チランジア・キアネア …

続きを読む

秋のつくば植物園にて(5) イガアザミ、オクトリカブト、ヒツジグサ、ウォーターパコパ、ミズトラノオ、ミズアオイなど

 10月10日に訪れたつくば植物園で見た花などの紹介を続けています。 イガアザミ(毬薊) キク科アザミ属の多年草。関東地方の山野や海岸近くなどに分布 ナンブアザミの変種。名の由来は、蕾のトゲを栗のイガにたとえたもの ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋) タテハチョウ科ドクチョウ亜科ヒョウモンチョウ属 雄(左側)が雌を追いかけ回していたが、雌は嫌がって葉の裏に隠れて しまっ…

続きを読む

秋のつくば植物園にて(4) コムラサキ、ナンテンハギ、ゴンズイ、ニホンハッカ、ハチジョウイタドリ、メイゲツソウ、オオミゾソバなど

 10月10日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  前記事のシモバシラやテンニンソウが咲いていたのは植物園のほぼ中央あたりなのですが、その近くでコムラサキの実が色づき、ナンテンハギがたくさん咲いていました。 コムラサキ(小紫)の実 シソ科ムラサキシキブ属の落葉低木 日本(本升|・四国・九州)、台湾、朝鮮半島、中国に分布 ナンテンハギ(南天萩) マメ科ソラマメ属の多年草…

続きを読む

秋のつくば植物園にて(3) イソマツ、カゴメラン、トキワマンサク、シキミ、シモバシラ、テンニンソウなど

 10月10日に訪れたつくば植物園で見た花などです。  今回は、絶滅危惧植物温室で見た花の続きからです。 イソマツ(磯松) イソマツ科イソマツ属の多年草。別名:イソハナビ(磯花火) 伊豆七島・屋久島以南・小笠原、台湾 に分布。南西諸島では茎や 葉を関節炎に用いるため、減少している。絶滅危惧Ⅱ類 (VU) 海岸の波の当るような所に生え、茎は木質化している カゴメラン…

続きを読む

秋のつくば植物園にて(2) キノクニスズカケ、ミズキンバイ、ツガルミセバヤ、マルヤマシュウカイドウ、ツルウリクサ、ケサヤバナなど

 10月10日に行ったつくば植物園で見た花です。  今回は前記事に続いて、絶滅危惧種の紹介です。 トラノオスズカケ キノクニスズカケ(紀の国鈴懸) オオバコ科クガイソウ属の多年草。紀伊半島南部に分布 絶滅危惧Ⅱ類 (VU)  注)nobaraさんから、キノクニスズカケでは?とのお知らせがありましたので、画像を添えたe-Mailでつくば植物園に問い合わせました。  10月2…

続きを読む

秋のつくば植物園にて(1) アイ、ヘビウリ、アラゲナツハゼ、キバナアキギリ、フジバカマ、タイワンツクバネウツギなど

 10月12日か13日に行こうと思っていたつくば植物園ですが、大風19号が襲来するとのことで、予定を前倒して、10月10日に行ってきました。 アイ(藍) タデ科イヌタデ属の非耐寒性一年草。 奈良時代に中国から渡来 2000年以上前から染料として、またm解熱、殺菌の漢方薬にも使用 葉を傷つけると藍色になるという 水戸市植物園ではピンクの花の品種を見ましたが、これは白花種 …

続きを読む