くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その4) 江戸菊

 11月24日、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑の特別展「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)で見てきた菊を紹介しています。  古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は江戸菊を取り上げます。 江戸菊とは(苑のリーフレットから引用)  花弁は平弁で、開花するにつれて花が様々に変化(芸をする)のが特徴で、この変化を「狂い」と呼びます…

続きを読む

晩秋の京成バラ園にて(4) 秋バラの色々

 11月24日に、この秋2度目の京成バラ園に行ってきました。  今回も「ベルばらのテラス」から見て左手奥から、入口方向へ戻りながら見た花です。時刻は11時半、撮影開始から1時間以上経過したので、あまり粘ると次の予定に差し支えます。ちょっと急ぎましょう。 ふれ太鼓 CL、半剣弁平咲き、中輪、微香、1974・京成バラ園芸・鈴木省三 シンプリー・ヘブン HT、半剣弁高芯咲き、大輪…

続きを読む

2021年秋つくば蘭展にて(14) ラン愛好団体の出典作品(9) つくば洋蘭会の作品から③

 11月6日に見に行った「つくば蘭展」(会期は10/31~11/7)で見たランの紹介です。  今回もラン愛好団体の出展のうち、つくば洋蘭会の皆さんの作品紹介で、シリーズ最終回です。最期はやはりカトレア類になりました。 カトレア・マキシマ C. maxima 南米大陸太平洋側に分布するカトレアの代表的な原種 伊藤忠夫さん カトレア・マキシマ・セルレア(原種同士の交配種) …

続きを読む

くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その3) 奥州菊、丁字菊

 11月24日、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑に「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)という特別企画を見に行ってきました。  古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は奥州菊や丁字菊を取り上げます。 奥州菊(大掴み)とは(苑のリーフレットから引用)  江戸時代の末頃から、奥州八戸地方で盛んに栽培された大菊の系統です。  外側の…

続きを読む

晩秋の京成バラ園にて(3) 秋バラの色々

 11月24日に、この秋2度目の京成バラ園に行ってきました。  今回も「ベルばらのテラス」から見て左手奥から、入口方向へ戻りながら見た花です。 ラブリー・メイアン S、カップ咲き→半剣弁咲き、中輪、微香、2000・仏・メイアン ポール・リカード HT、半剣弁高芯咲き、大輪、微香、1993・仏・メイアン ブラック・バッカラ HT、剣弁高芯咲き、大輪、微香、2000…

続きを読む

2021年秋つくば蘭展にて(13) ラン愛好団体の出典作品(8) つくば洋蘭会の作品から②

 11月6日に見に行った「つくば蘭展」(会期は10/31~11/7)で見たランの紹介です。  今回もラン愛好団体の出展のうち、つくば洋蘭会の皆さんの作品からで、カトレア属及びその近縁の原種を取り上げました。 展示風景 カトレア・ラビアタ C. labiata ブラジル北西部・アマゾン川河口の南側に分布する着生種 小林貴代さん 倉持見永子さん カトレア・ラビ…

続きを読む

くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その2) 嵯峨菊の色々 & 食用菊

 11月24日、京成バラ園を訪ねた後、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑に「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)という特別企画を見に行ってきました。  古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は嵯峨菊を取り上げます。 嵯峨菊は東屋の前と、東屋の左手にある温室内で展示されていました 嵯峨菊とは  嵯峨天皇の時代に宮廷に植えら…

続きを読む

晩秋の京成バラ園にて(2) 秋バラの色々

 11月24日に、この秋2度目の京成バラ園に行ってきました。  今回も「ベルばらのテラス」から見て左手、「アルテミスの花園」などで見た花です。 アライブステージ アライブという名のバラが植えられた、見晴らしの良い場所 アライブ HT、ロゼット咲き・半剣弁咲き、大輪、強香、2007・仏・メイアン 2009年フランス国立演芸協会新品種バラ国際コンクール金賞など多数  アライブ(…

続きを読む

2021年秋つくば蘭展にて(12) ラン愛好団体の出典作品(7) つくば洋蘭会の作品から①

 11月6日に見に行った「つくば蘭展」(会期は10/31~11/7)で見たランです。  今回はラン愛好団体の出展のうち、つくば洋蘭会の皆さんの作品からですが、カトレア類以外の原種ランです。 エンシクリア・ディクロマ Encyclia dichroma ブラジルに自生する着生種 花径は4cmほど 珍しい 鈴木敏克さん ブラサボラ・ノドサ ‘マス・メジャー’ Brassavo…

続きを読む

旧水戸街道沿いの古刹・東漸寺の紅葉

 12月2日、時期が遅くなったのは承知で、北小金にある東漸寺の紅葉を見に行ってきました。  足が正常であれば歩いて行くところですが、今回は原チャリです。10時頃から撮影を始めました。 旧水戸街道に面した総門前のカエデは日陰 総門の裏手から見た紅葉 参道の高い梢 山門(仁王門) 山門裏のカエデ。やはり、落葉しており、赤い葉が少ない 参道…

続きを読む

くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その1) 肥後菊の色々

 11月24日、京成バラ園を訪ねた後、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑に「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)という特別企画を見に行ってきました。  古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は肥後菊を取り上げます。 くらしの植物苑の入口です 冠木門の前にも、2種類の肥後菊が飾られていました 肥後菊とは(頂戴したリーフレッ…

続きを読む

松戸市内であじさい寺として知られる、本土寺の紅葉

 11月28日、あじさい寺としても知られる本土寺に紅葉を撮りに行ってきました。  昨年は12月7日に行きましたが、まだ見頃には早かったのです。今年は紅葉が早いとは聞いていましたが、既に終盤という感じでした。順光で撮ったのでは葉が赤黒く写るので、透過光で撮ったものが殆どです。 仁王門です(本土寺の山号は「長谷山」です) 門越しに撮った参道の紅葉です こちらは、山門の左手…

続きを読む

晩秋の京成バラ園にて(1) 秋バラの色々

 秋バラがまだ咲いているので、11月24日に、この秋2度目の京成バラ園に行ってきました。  今回は、バラ園の全体が見渡せる「ベルばらのテラス」から見て、左手を中心に見て歩きました。  このゾーンは、昨年の秋にも見て回れなかったところです。1か月前に比べれば花数は減っていますが、まだまだ綺麗に咲いていました。 アルテミスの花園 ヘッドガーデナーの村上 敏さんがプロデュースした癒やしの庭…

続きを読む

第43回湯島天神菊まつり(文京菊まつり)にて(3) 巴錦、ダルマ、こけし、福助、切り花など

 11月19日に、第43回の湯島天神菊まつり(文京菊まつり、会期は11月1日から22日)を見に行ってきました。  今回は、その紹介3回目で、本殿右側の回廊に展示された巴錦やダルマ仕立て、福助などです。 巴錦の千輪咲き、七本仕立て 千輪咲き「北斎巴錦」 優等首席・オオサワ企画賞 豊田敏行氏 七本仕立て「北斎巴錦」 優等首席・東京都知事賞 村山和男氏 巴錦とは ダルマ…

続きを読む

晩秋の箱根湿性花園にて(8)「秋の山野草と木の実・草の実展」(その4) ホトトギスの園芸種など

 11月10日に訪れた箱根湿性花園で見た花や紅葉を投稿しています。  今回も企画展示の「秋の山野草と木の実・草の実展」で見た植物を紹介ですが、ダイモンジソウの園芸種の左手に、ホトトギスの園芸種も展示されていました。 展示の様子と説明文です ‘新高’ ‘紅富士’ ‘青峰’ ‘蒼龍’ ‘松風’ ‘藤娘’ ‘黄金月’ …

続きを読む

第43回湯島天神菊まつり(文京菊まつり)にて(2) 盆養各種、七本仕立て、江戸菊など

 11月19日に、第43回の湯島天神菊まつり(文京菊まつり、会期は11月1日から22日)を見に行ってきました。  今回は、その紹介2回目で、本殿裏側の回廊に展示された盆養や、本殿の左側の菊展示の紹介です。 本堂裏の回廊には 盆養 が部門別に並べられていました 盆養(三本仕立て)には厳しいルールがあるそうです 盆養(細・針管の部) 優等首席・全日本菊花連盟会長賞 …

続きを読む

晩秋の箱根湿性花園にて(7) 「秋の山野草と木の実・草の実展」(その4) ダイモンジソウの園芸種など

 11月10日に訪れた箱根湿性花園で見た花や紅葉を投稿しています。  今回も企画展示の「秋の山野草と木の実・草の実展」で見た植物を紹介ですが、これまでの展示とは通路の反対側に展示してあったダイモンジソウの園芸種です。  ダイモンジソウ(大文字草)はユキノシタ科ユキノシタ属の多年草で、和名は、花が「大」の字に似ることによります。日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、垂直的にも海岸から高山…

続きを読む

第43回湯島天神菊まつり(文京菊まつり)にて(1) 盆庭、千輪咲き、懸崖、菊人形、盆栽

 新型コロナが下火になったので、久しぶりに日比谷公園の菊花展を見に行こうかと思ったのですが、今年も中止になってしまいました。  他に開催するところはないものかと探してみたら、湯島天神の菊まつりが開催中と分りました。11月19日、思い立ったが吉日とばかり、見に行ってきました。地下鉄千代田線湯島駅から徒歩2分というのも、今の私にはありがたい。  なお、会期は11月1日から11月22日でした。 …

続きを読む

2021年秋つくば蘭展にて(11) ラン愛好団体の出典作品(6) らん友会龍ケ崎の作品から②

 11月6日に見に行った「つくば蘭展」(会期は10/31~11/7)で見たランです。  今回もラン愛好団体の出展のうち、らん友会龍ケ崎の皆さんの作品からの紹介です。 エピデンドラム・ディフォルメ Epidendrum difforme 熱帯アメリカの標高3000mまでの地域に分布する着生種 緑色の花で、房咲きは珍しいそうだ 住江絆さん ブラッシア・カウダタ Brassia…

続きを読む

晩秋の箱根湿性花園にて(6) 「秋の山野草と木の実・草の実展」(その3)

 11月10日に訪れた箱根湿性花園で見た花や紅葉を投稿しています。  今回も企画展示の「秋の山野草と木の実・草の実展」で見た植物を紹介します。 トウテイラン(洞庭藍) オオバコ科クワガタソウ属の耐寒性多年草。絶滅危惧Ⅱ類(VU) 中国地方の日本海側、隠岐島などに自生。花期は9~10月 セイヨウカマツカ(西洋鎌柄)の実と紅葉 バラ科アロニア属の落葉低木。北米原産 花期は4~5…

続きを読む

2021年秋つくば蘭展にて(10) ラン愛好団体の出典作品(5) らん友会龍ケ崎の作品から①

 11月6日に見に行った「つくば蘭展」(会期は10/31~11/7)で見たランです。  今回はラン愛好団体の出展のうち、らん友会龍ケ崎の皆さんの作品からの紹介です。  らん友会龍ケ崎は茨城県龍ケ崎市にお住まいの皆さんが中心の愛好会だと思われますが、ホームページをお持ちではなく、詳細は不明です。  出展者のうち、小泉邦夫さんは池袋サンシャインのラン展などでお名前を見かけますので、この方が中心…

続きを読む

晩秋の箱根湿性花園にて(5) 「秋の山野草と木の実・草の実展」(その2)

 11月10日に訪れた箱根湿性花園で見た花や紅葉を投稿しています。  今回も企画展示の「秋の山野草と木の実・草の実展」で見た植物を紹介します。  先日はナカガワノギクやハマギク、アシズリノジギクの偽物を投稿してしまいましたが、今回は本物です。 ナカガワノギク(那賀川野菊) キク科キク属の多年草。徳島県・那賀川の川岸に生える日本固有種 花期は10~11月 ハマギク(浜菊) …

続きを読む

2021年秋つくば蘭展にて(9) ラン愛好団体の出典作品(4) 水戸市植物公園蘭科協会の作品②

 11月6日に見に行った「つくば蘭展」(会期は10/31~11/7)で見たランです。  今回のラン愛好団体の出展のうち、水戸市植物公園蘭科協会の皆さんの作品の続きです。 カトレア・ポーシア 'カニザロ' Cattleya Porcia `Cannizaro' 福田正通さん ブラソカタンセ・ミカワ・ブーケ Bct. Mikawa Bouquet (Brassanthe Ma…

続きを読む

晩秋の箱根湿性花園にて(4) 「秋の山野草と木の実・草の実展」(その1)

 11月10日に訪れた箱根湿性花園で見た花や紅葉を投稿しています。  今回から企画展示の「秋の山野草と木の実・草の実展」で見た植物を紹介します。  この企画展は9月18日から11月14日まで開催されていました。見に行ったのは最終日の4日前ですから、残念ながら、花が終わってしまったものや、実が落ちてしまったものもありました。 展示風景の一部です 以下、順次紹介し…

続きを読む

2021年秋つくば蘭展にて(8) ラン愛好団体の出典作品(3) 水戸市植物公園蘭科協会の作品①

 11月6日に見に行った「つくば蘭展」(会期は10/31~11/7)で見たランです。  今回のラン愛好団体の出展は、つくば洋蘭会、らん友会龍ケ崎、水戸市植物公園蘭科協会の3つでした。まず、昨年はコロナの関係からか、出展がなかった水戸市植物公園蘭科協会の皆さんの作品です。  水戸市植物公園蘭科協会は、水戸市植物公園の洋ラン愛好会と徳川圀斉氏(パフィオペディルムの育種家、水戸徳川家14代当主)が…

続きを読む

晩秋の箱根湿性花園にて(3) キク各種、ワレモコウ、マツムシソウ、カワラナデシコ、ノイバラの実、ノアザミ、タイアザミ、ヤマトリカブトなど

 11月10日に訪れた箱根湿性花園で見た花や紅葉を投稿しています。  前回は紅葉・黄葉特集になってしまいましたが、今回は花を中心にします。  キクの色々ですが、見分けには自信が無く、名札に最も近い花を撮りました。 ハマギク(浜菊) キク科ハマギク属の多年草。一日本固有種日本固有種 茨城~青森の太平洋岸に自生する。花期は9~11月 なおさんから、ノジギク系ではとのご意見を頂きました。感…

続きを読む

2021年秋つくば蘭展にて(7) ラン愛好団体の出典作品(2) 優秀作品その2

 11月6日に見に行った「つくば蘭展」(会期は10/31~11/7)で見たランですが、今回もラン愛好団体の出展した優秀作品の紹介です。 ひな壇の写真を再掲します。今回は最前列と、下から2段目の作品紹介です ハベナリア・レグニエリ ‘イノセンス’ Habenaria Regnieri 'Innosence'  下から2段目中央 (Habenaria carnea × Haben…

続きを読む

晩秋の箱根湿性花園にて(2) カエデなどの紅葉・黄葉の色々

 11月10日に訪れた箱根湿性花園で見た花や紅葉を投稿しています。  今秋は「カエデウォッチングラリー」という企画が開催中でした。  先ずは、紅葉の写真を見ていただきましょう。良くご存じのカエデです。  園内には10数種類のカエデが植えてありますが、それぞれの木には名札がなく、下のような、ヒントが書かれたプレートとラッピングされた葉が付けられていました。 と言うことで、1枚目…

続きを読む

2021年秋つくば蘭展にて(6) ラン愛好団体の出典作品(1) 優秀作品その1

 11月6日に見に行った「つくば蘭展」(会期は10/31~11/7)で見たランですが、今回から、ラン愛好団体の出展した作品の紹介です。今回の出展は、つくば洋蘭会、らん友会龍ケ崎、水戸市植物公園蘭科協会の3団体でした。  展示会場は例年通り、熱帯資源植物温室で、初回は優秀作品からの紹介です。新型コロナの第5波が収まったばかりだからということなのか、今回はリボン審査は行われていませんでした。  …

続きを読む

晩秋の箱根湿性花園にて(1) ゲンチアナ、ホソバタムラソウ、コトネアスター、サラセニア、カラー、シロヨメナ、リンドウなど

 ランの投稿が続きましたので、今回は、11月10日に訪れた箱根湿性花園で見た花や実、紅葉などを投稿します。 門を入ると、受付へと続く道でカエデが真っ赤に紅葉していました 入り口前には大文字草の園芸種が20鉢くらい並んでいました 「秋の山野草展」が開催中で、大文字草の色々は後日投稿予定です 受付棟の裏手、休憩室前から見たサービスガーデン方向です 山並みは箱根の外輪山。…

続きを読む