とちぎ花センターにて(3)スネイルフラワー、カレーバイン、オオミトケイソウ、パッシフローラ・キトリナ、オオバウマノスズクサ、キキョウラン、ビレアなど

 4月9日に訪れたとちぎ花センターで見た花です。  スネイルフラワーという、面白い形の花が咲いていました。カレーのような香りがする花の名は? スネイルフラワー マメ科ササゲ属の常緑つる性多年草。南アメリカ原産 別名:ブルースイートピー スネイルとはカタツムリのこと。つぼみの形がカタツムリ状です ↙ 花径は4~5cm。人間の耳のようにも見えますね カレーバイン …

続きを読む

紅葉の八重桜、御衣黃・その後、大島桜の実、ミズキ、アカメガシワ、ツルバキア・フラグランス、ハナミズキ、カランコエ、ミヤコワスレ

 ウォーキング中に見た花です。  今年も珍しい銅葉の八重桜が咲き始めました。鉢植えのためか、成長が遅いです。  その後、新坂川の遊歩道に御衣黃のその後を見に行きました。オオシマザクラに実が付き、ミズキの花が咲き始めていました。 八重桜 紅葉関山ロイヤルバーガンディ 関山の枝変わりで、米国で育成された紅葉の八重桜 葉色は秋まで変わりません。花色が濃い紅葉関山という品種もある 茎…

続きを読む

とちぎ花センターにて(2) トビカズラ、ヒメアリアケカズラ、クロサンドラ、ニオイバンマツリ、コエビソウ、ベンケイクサギ、ルリハナガサ、ランタナなど

 4月9日に訪れた「とちぎ花センター」の鑑賞大温室で見た花などです。  トビカズラという珍しい植物に、5年ぶりという花が咲いていました。開花すると国家的な事変が起こるなどの言い伝えがあるそうです。 トビカズラ(飛蔓) マメ科トビカズラ属の常緑つる性植物。原産は中国の長江流域 日本では、九州のごく一部に自生するのみ。別名:アイラトビカズラ 花の長さは7~8cmほど 葉の様子…

続きを読む

アメリカハナズオウ、ナナカマド、ニシキギ、サンジソウ、カマツカ、タイリントキソウ、カナダオダマキ、コバノタツナミ、ヒメシャリンバイ、ハタケニラ

 ウォーキング中に見た花です。  江戸川近くにある老人ホームの敷地でちょっと変わったハナズオウが咲いています。アメリカハナズオウの園芸種で、‘フォレスト・パンジー’という品種です。ここでは、ナナカマドやニシキギの花も咲いていました。 アメリカハナズオウ ‘フォレスト・パンジー’ マメ科ハナズオウ属の落葉高木。北米原産。別名:カナダスオウ ↑ ハナズオウの枝は上に伸びるが、これは横…

続きを読む

カメリア・エリナ、ヤマグワ、斑入りアマドコロ、オドリコソウ、ハゴロモジャスミン、ホワイトレースフラワー、スパラキシスなど

 ウォーキング中に見た花です。  椿としてはちょっと変わったカメリア・エリナが咲いていました。  山野草好きなお宅で、今年も、斑入りアマドコロやオドリコソウを見る事が出来ました。 カメリア・エリナ ‘カスケード’ ツバキ科ツバキ属の常緑矮性低木 中国産の野生種の変異株から作出された園芸種とされている 低い生垣なので、毎年強剪定されています 花径は1cm。一重の小さな花の外側はピ…

続きを読む

とちぎ花センターにて(1) ヤエベニシダレ、ベニバナトキワマンサク、洋ラン、ヒスイカズラ、マイソルヤハズカズラ、ペトレアなど

 4月9日、とちぎ花センターに行ってきました。妻がヒスイカズラを見たいというのです。  夢の島熱帯植物館が比較的近いのですが、現在、オリンピックのアーチェリー会場建設工事中なので、臨時休館になっているのです。 駐車場ではヤエベニシダレが満開でした 大温室の西側にある大花壇ではパンジーやビオラが見頃でした 大花壇の上から鑑賞大温室(とちはなちゃんドーム=左奥…

続きを読む

ノダフジ、シロフジ、キンギンボク、斑入りヤマブキ、コロキア・コトネアスター、花リンゴ、オダマキ、セイヨウオダマキ

 ウォーキング中に見た花です。  北松戸の民家に近所で評判のフジの花が咲くお宅があります。そろそろ見頃ではと思って、行ってきました。  敷地の南西隅に植えてあり、1本の木から西面と南面に枝を伸ばしており、樹齢は50年を遙かに超えると思われます。 ノダフジ(野田藤) 敷地の西面(南北に4.5間ほど、枝が伸びている) 敷地の南面(中央の緑の背後に主幹がある) シロ…

続きを読む

トキワマンサク(白花、紅花)、シラユキゲシ、ワスレナグサ、カロライナジャスミン、クレマチス、ハマベマンテマ、ツルハナナス、プシュキニア

 ウォーキング中に見た花です。  ウォーキング範囲内で、やっと白花のトキワマンサクを見つけました。紅花はこれの変種ですが、見かけるのは紅花種の方がずっと多いです。見た目が綺麗だし、銅葉などもあるからでしょうね。 トキワマンサク(常磐万作) マンサク科トキワマンサク属の常緑小高木。本州中部以南から九州、台湾、中国南部、インド東北部に分布。日本での自生は極めて限定的で、静岡県湖西市(80株、…

続きを読む

マルバアオダモ、フォッサギラ、八重コデマリ、チョウジソウ、ヒルザキツキミソウ、キクモモ(紅)、トキワガマズミ、ツリバナ

 ウォーキング中に見た花です。  この日(4月7日)だけで、4本のマルバアオダモに花が咲いているのに出会いました。白くて細い花弁が一斉に開花して、とても美しいです。 マルバアオダモ(丸葉青だも) モクセイ科トネリコ属の落葉高木。北海道〜九州に分布 別名:ホソバアオダモ、トサトネリコ、コガネアオダモ、コガネヤチダモ雄花の方が綺麗なためか、見つかるのは雄株ばかり。葉は丸くないが、アオダモ…

続きを読む

コデマリ、オオデマリ、タンチョウソウ、オオアマナ、ヒメウツギ、シンビジウム、モチツツジ、アメリカフウロ、ハナミズキ(赤)、ボケ(大輪八重咲き)

 ウォーキング中に見た花です。  あちこちで、一斉にコデマリやオオデマリが開花しています。オオデマリはまだ黄緑色が多いですが・・・。  タンチョウソウを探しに行ったのですが、昨年見たお宅では姿がなく、意外に近いところで見つかりました。ラッキー。 コデマリ(小手毬) バラ科シモツケ属の落葉低木。別名:スズカケ。中国原産の帰化植物 オオデマリ (大手毬) スイカズラ科ガマ…

続きを読む

八重桜(関山、手鞠)、カラー、ナツグミ、ライラック、ホワイトローズマリー、ハナミズキなど

 ウォーキング中に見た花です。  我が家から南西に都母20分くらいの所にある小学校のフェンス沿いで八重桜が咲いていました。  この南側に大きなソメイヨシノがあり、それを毎年見に行くのですが、その後は注意していなかったので、ここで八重桜の花を見たのは初めてです。 八重桜・関山 花は赤みが強い八重で、一緒に展開した新葉が赤みを帯びている カラー サトイモ科オランダカイウ属…

続きを読む

イカリソウ、バイカイカリソウ、八重咲きスイセン、シラン、ネメシア & 桜並木

 ウォーキング中に見た花です。  元歯医者さんだったお宅のボーダー花壇で、今年もイカリソウとバイカイカリソウが咲き始めました。 イカリソウ(碇草) メギ科イカリソウ属の落葉性多年草。北海道~九州の山地に自生(裏日本にはトキワイカリソウやキバナイカリソウが分布)。花の形が和船に使われる錨に似ているのでこの名がある イカリソウ ‘紫十字’ 藤紫色のイカリソウの十字咲き選抜品種…

続きを読む

キクモモ、ボタン、シロヤマブキ、ヤエヤマブキ、ヒメウツギ、ルピナス、ヒメフウロ、ノダフジ

 ウォーキング中に見た花です。  今回も4月1日に撮影したもので、最初はキクモモです。昨年は満開時に見に行くのを忘れてしまいましたが、一昨年、撮りに行ったのは4月7日ですから、1週間くらい開花が早かったようです。 キクモモ(菊桃) バラ科サクラ属の落葉小高木(桃の1品種)。中国北部原産 名前は、花弁が細長くキクに似ていることに由来する 濃いピンク八重咲き。別名:ゲンジグルマ(源氏車…

続きを読む

ヒメリンゴ、セイヨウシャクナゲ、カリン、モッコウバラ(黄)、ヒメエニシダ、

 ウォーキング中に見た花です。  春は花の種類が増えますが、今年は早く咲き始めるものがあったりして、投稿が滞っておりまして、今回は4月1日に撮影した写真です。 ヒメリンゴ(姫林檎) バラ科リンゴ属の落葉低木。エゾノコリンゴと中国原産のイヌリンゴとの交雑種との説の他、ズミとリンゴとの雑種とか、イヌリンゴそのものとの説もある 赤いつぼみが残っている頃の花が好きなんです セイヨ…

続きを読む

シラー、レウィシア、ナガミヒナゲシ、ムベ、アイリス、ツツジ、スズランエリカ

 ウォーキング中に見た花です。  様々な花が続々と咲き出しています。ツツジの八重を撮ったのは初めてだと思います。 シラー・カンパニュラタ キジカクシ科ヒアキントイデス属の多年草 原産はヨーロッパ、アジア、アフリカ。花色は、他に白やピンクがある 和名はツリガネズイセン(釣り鐘水仙) レウィシア スベリヒユ科レウィシア属の常緑多年草 原産地は米国オレゴン州からカリフォ…

続きを読む

八重桜(普賢象、関山、御衣黃、一葉)、半八重桜(思川)など

 ウォーキング中に見た花です。  3月下旬に、都内で八重桜が咲き出したとの情報があったので、3月31日に、新松戸の西寄りにある団地(新松戸西パークハウス)に八重桜の様子を見に行ってきました。ご覧頂ければ分るように、かなり咲いていました。  翌日は、新坂川に御衣黃があったことを思い出し、4月3日は坂川沿いの民家の一葉を見に行きました。  サクラの説明は「日本花の会」のHPから引用。 八…

続きを読む

アメリカザイフリボク、ハナミズキ、黃モクレン、ニワザクラ、ナニワイバラ、ブルーベリー、十月桜、染井吉野、リキュウバイ

 ウォーキング中に見た花です。  今年は花木も草本も開花が早いですが、今回は木の花です。 アメリカザイフリボク(亜米利加采振木) バラ科ザイフリボク属の落葉低木。北米原産。別名ジューンベリー 白く細長い花弁をつけた花が采配に似ていることから「采振木」の名がある 在来種のザイフリボクは花に先立って葉が出る ハナミズキ(花水木) ミズキ科ミズキ属の落葉高木。これも早いで…

続きを読む

あじさい寺で有名な本土寺の桜

 3月29日、清瀧院にしだれ桜や染井吉野を見た後、あじさい寺として有名な本土寺の桜を見に行きました。  雲が多かったり、晴れ間が見えたりの、変わりやすい天気で、ぼんやりした写真になったものもありました。 駐車場から見た五重塔と桜。右手前は鐘楼 受付で拝観料(500円)を支払います 鐘楼を背にして 受付の背後で咲き誇る桜 鐘楼前の枝垂れ桜(右手前) …

続きを読む

流山にある清瀧院のしだれ桜と染井吉野 & 民家の染井吉野 & 射干

 千葉県流山市にある運転免許センターの近くにある清瀧院にしだれ桜と染井吉野を見に行ってきました。  清瀧院は1450年代の創建とみられる真言宗のお寺で、関東花の百ヶ寺六十二番霊場札所となっています。境内には樹齢400年と言われる「しだれ桜」があります。前の週に下見に行き、頃は良しと出かけていったのですが、前日の雨が強かったので、かなり花が落ちてしまった状態でした。 しだれ桜です。左手前に…

続きを読む

コウタイサイ、チューリップ、ベニバナトキワマンサク、照手桃、ノムラモミジ、シキザキモクセイ & 早春のつくば植物園にて(13)

 ウォーキング中に見た花などです。 コウサイタイ(紅菜苔) アブラナ科アブラナ属の一年草または二年草。原産は中国の揚子江中流域 食用になる。茎が赤茶色なのが特徴。別名:ベニナバナ(紅菜花) 源爺ちゃんから「ハボタン」ではないかとのご意見がありました コウサイタイの隣で咲いていたチューリップ 別のお宅で ベニバナトキワマンサク(紅花常磐満作) …

続きを読む

坂川遊歩道の桜並木 & シモクレン、カエデの花、アネモネ

 ウォーキング中に見た桜です。  連日、桜の記事で恐縮ですが、今回は我が家から西へ10数分のところを流れる一級河川・坂川の遊歩道に植えられた桜並木です。太陽は出ているのですが、雲が多く、染井吉野の色が冴えません。  1枚目は対岸から見たところです。中に1本、大島桜があるのですが、分かりませんよね、 桜のトンネルが出来た並木の下を南から北に歩きます フェンスから身を…

続きを読む

ソメイヨシノ(松戸市八ヶ崎さくら通りなど)、枝垂れ桜、カネノナルキ

 我が家からJR常磐線と国道6号線(水戸街道)を超えて、「八ヶ崎さくら通り」までソメイヨシノを見に行ってきました。  ここは松戸市内に6ヵ所ある「さくら通り」の一つで、「松戸の桜スポット」10ヵ所の一つになっており、国道6号線の八ヶ崎交差点から東南東へおよそ900mに亘って桜並木が続いています。樹齢は50年を超えるものが多く、所どころに切り株が目立ちますが、まだまだ綺麗です。 水戸街道の…

続きを読む

ドウダンツツジ、八重咲きハナモモ、ハナカイドウ、ヤマブキ、ネメシアなど & 早春のつくば植物園にて(12)

 ウォーキング中に見た花などです。  ドウダンツツジの花を見かけるようになりました。ハナモモやハナカイドウも満開です。 ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星) ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。昨年より5日くらい早いかも ハナモモ(花桃) バラ科モモ属の耐寒性落葉低木。中国原産の園芸種 白の八重咲きでとても綺麗。大きな木でした ハナカイドウ(花海棠) バ…

続きを読む

サラサモクレン、モッコウバラ、ベニカナメモチ、カエデの新葉、柿若葉 & 早春のつくば植物園にて(11)

 ウォーキング中に見た花などです。  サラサモクレンが満開で、早くもモッコウバラが咲き始めていました。 サラサモクレン(更紗木蓮) モクレン科モクレン属の落葉高木(中木) ちょっと見に行くのが遅くなり、既に満開でした  1826年、フランスで、シモクレン(♂) とハクモクレン(♀)の交配による実生から得られたもの。以来各地で同様の実生系統がつくりだされた。交雑種であるため花色、…

続きを読む

新坂川のサクラ(染井吉野、大島桜、江戸彼岸枝垂れ、八重紅枝垂れ)、クヌギの雄花序など

 3月24日、朝から快晴だったので、1週間前に様子を見に行った新坂川の桜を、再度見に行ってきました。  大島桜や江戸彼岸枝垂れは満開、染井吉野は一部で満開、八重紅枝垂は咲き始めでした 5分咲き程度の染井吉野(画面左奥に大島桜) 満開の大島桜 満開の江戸彼岸枝垂れ 咲き始めた八重紅枝垂れ 満開の染井吉野 対岸…

続きを読む

ゲッケイジュ、ミツバアケビ、ムベ、ヒメツゲ、ロータス・プリムストーン & 早春のつくば植物園にて(1)

 ウォーキング中に見た花です。今年は何でも早く咲きますね。 ゲッケイジュ(月桂樹) クスノキ科ゲッケイジュ属の常緑高木。地中海沿岸原産 雌雄異株だが、雄花(写真)の方が見栄えが良く、日本には雌株が少ない 花期は4月。別名:ローレル(英)、ローリエ(仏) 花冠は4枚で、黄色い葯が付いたしべが目立つ ミツバアケビ(三葉通草) アケビ科アケビ属のつる性落葉木本。北海道〜九…

続きを読む

東漸寺のしだれ桜(樹齢330年以上の江戸彼岸桜)

 3月22日、雨が降った翌日ですが、晴れ間が見えたので、東漸寺のしだれ桜を見に行ってきました。  東漸寺はJR常磐線の北小金駅から南へ徒歩6,7分のところにある、540年の歴史をもつ浄土宗のお寺です。 総門です 山門(仁王門)です 総門から山門に至る参道の左手でシモクレンが満開でした 山門と中雀門の間には大きなソメイヨシノが枝を広げています ↑ 山…

続きを読む

ニワウメ、ミツマタ、シレネ・カロリニアナ、開店祝の花、アケボノアセビ、椿・淡八朔 & 早春のつくば植物園にて(9)

 ウォーキング中に見た花です。  あるお宅で、ニワウメが満開でした。ブロック塀の際にニワウメの小さな木があったのに気付かず、倉庫を置いてしまったので、こんなことになったのだとか。幸い、隣は駐車場なので、迷惑がかかっているわけではありません。 ニワウメ(庭梅) バラ科ニワザクラ属の落葉低木。中国原産 このお宅の奥様は、リンショウバイという別名で覚えておられました ミツマタ…

続きを読む

シジミバナ、レンギョウ、ボケ、ムラサキハナナ、キュウリグサ & 早春のつくば植物園にて(8)

 ウォーキング中に見た花です。  ユキヤナギの花を八重にして、大きくしたような感じのシジミバナが咲き始めました。これも、今年は早いように思います。 シジミバナ(蜆花) バラ科シモツケ属の落葉低木。 中国原産。別名:エクボバナ、ハゼバナ レンギョウ(連翹) モクセイ科レンギョウ属の落葉低木。中国原産 シナレンギョウは葉も一緒に出るが、レンギョウは先に花が咲く 花柱…

続きを読む

大勝院の枝垂桜、バイモ、リキュウバイ、ゲンペイモモ、キバナクンシラン、ボケの盆栽など

 今回も近場のサクラを見に行った報告からです。  孫たちが卒園した幼稚園を経営する、市内のお寺(遠矢山普門寺大勝院・真言宗豊山派)の枝垂れ桜です。品種名は不明ですが、ヒガンザクラ系だろうと思います。 大勝院の枝垂れ桜 後数日で満開でしょう 一部に晴れ間が見えるものの、ほぼ曇りで、色はよくありません バイモ(貝母) ユリ科バイモ属の半蔓性多年草。原産は中国 別名:アミ…

続きを読む