ヒマワリ、イネ、ザリガニ釣り、ツボサンゴ、セイヨウフウチョウソウ、オキシペタルム、トリテレイア、宿根カスミソウ、ヤマグワ

 ウォーキング中に見た花を記録しています。  久しぶりに江戸川近くの田園地帯に足を向けました。途中にシキミの木があって、実が出来ているかと思ったのですが、全て脱落していました。その後、大きなヒマワリの花に出会いました。 ヒマワリ(向日葵) キク科ヒマワリ属の一年草。北アメリカ原産 道路を背にして咲いているので、これが限度 5月初旬に植えられた稲の生育は順調 水はまだ必…

続きを読む

ヒメイワダレソウ、テッポウユリ、ツルバキア & ゆいの花公園にて(2) ハナチダケサシ、アジサイ、アカンサス、タイサンボクなど

 ウォーキング中に見た花です。  鉢植えのヒメイワダレソウを見ました。これまでに見た、道路脇で蔓延っていたのはもっと白っぽい花でしたが、これはピンクです。 ヒメイワダレソウ(姫岩垂草) クマツヅラ科イワダレソウ属の多年草。南米原産。別名:リッピア  ヒメイワダレソウと日本の在来種イワダレソウのハイブリット種で「クラピア」という繁殖力が旺盛な品種が作られており、芝生代わりになると評…

続きを読む

ゆいの花公園にて(1) ホザキナナカマド、シモツケ、キキョウソウ、ヘメロカリス、クレマチス、ハマナスなど

ゆいの花公園にて(1)  ウォーキング中にニワナナカマドが咲き出しているのを見たので、市内のゆいの花公園にホザキナナカマドを見に行ってきました。歩くには遠すぎるので、今回も原チャリです。  ホザキナナカマドが植えてあるのは公園の最奥部。入口からゆるい斜面を登って行きます。 ホザキナナカマド(穂咲七竈) バラ科ホザキナナカマド属の落葉低木。本州以北~東北アジアに分布 ナナカマドに…

続きを読む

ソケイノウゼン、ペンステモン、ペラルゴニウム、ヘメロカリス、ランタナ、ロベリア、コノテガシワ、アジサイ色々

 ウォーキング中に見た花です。  近所でソケイノウゼンが咲き始めました。 ソケイノウゼン(素馨凌霄花) ノウゼンカズラ科パンドレア属の常緑蔓性低木。オーストラリア原産 別名:パンドレア・ヤスミノイデス、ナンテンソケイ(南天素馨) 花径は6cmほど。 ⇑ 鉢植え  ⇓ 地植え ペンステモン ‘ハスカーレッド’ オオバコ科ツリガネヤナギ属の多年草。北アメリカ原産 和名…

続きを読む

キンシバイ、トキワヤマボウシ、宿根ネメシア、ニワナナカマド、八重スカシユリ、フウロソウ、ペルシカリア・ミクロケフェラ、宿根スイートピーなど

 ウォーキング中に見た花です。  キンシバイがやっと見つかりました。それも、1日で3ヵ所も。他のオトギリソウ属より開花が少し遅いようです。  ヤマボウシの開花から遅れて、常緑のトキワヤマボウシが咲き始めました。総苞片が大きくなりながら、色が白へと変わっていきます。 キンシバイ(金糸梅) オトギリソウ科オトギリソウ属の半落葉小低木。中国原産 葉は水平に対生します トキワ…

続きを読む

ヒメシャラ、フェイジョア、ベニバナヒメフウロ、クラッスラ・コッキネア、アメリカオニアザミ、ハイビスカス、ルリヤナギなど

 ウォーキング中に見た花です。  ナツツバキに続いて、ヒメシャラが咲き始めました。ナツツバキより二回りほど小さい花です。  フェイジョアの花を4ヵ所で見ました。3軒お隣さんの木は昨年伐採されてしまい、花弁をつまみ食いすることが出来なくなりました。 ヒメシャラ(姫沙羅) ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木。日本固有種 別名:ヤマチシャ、アカギ、コナツツバキ、サルスベリ、サルタノキ 葉腋…

続きを読む

ギリア・カピタータ、キンロバイ、チョウセンキハギ、フクシア、矮性カスミソウ、カンパニュラ・アルペンブルー、キキョウ、アジサイ

 ウォーキング中に見た花です。  薄い青紫の見慣れない花が咲いていました。Googleレンズで調べると、ギリア・アキレイフォリア(カリフォルニア・ギリア)と出てきました。この名はネットの和文HPでは見当たらず、ギリア・カピタータが近いようです。  2番目はキンロバイですが、市内で花を見たのは10年ぶりくらいです。 ギリア・カピタータ ハナシノブ科ギリア属の多年草。米国カリフォルニア州…

続きを読む

スモークツリー、イソトマ、ヤエドクダミ、アジサイ色々、ウチワサボテンなど

 ウォーキング中に見た花です。  ウォーキング範囲の中では一番大きなスモークツリーの様子を見に行ってきました。  あちこち探していたヤエドクダミがやっと見つかりました。塀の隙間から外に顔を出したのです スモークツリー ウルシ科ハグマキノキ属の落葉広葉低木。中国、ヒマラヤ及び欧州が原産 和名はハグマノキ(白熊の木)、別名:ケムリノキ(煙の木) 昨年剪定されたので、「煙」が少ないよう…

続きを読む

コバノズイナ、センダン、ハニーサックル、ユスラウメ、ルドベキア、ゴデチア

 ウォーキング中に見た花です。  久しぶりにコバノズイナを見ました。久しぶりにセンダンの花に出会いましたが、葉の形がちょっと変わっています。  最後は、派手なゴデチアです。昨年あたりから、目立つようになった花ですが、残念ながら一日花です。 コバノズイナ(小葉の髄菜) ズイナ科ズイナ属の落葉低木。北アメリカ原産 別名:アメリカズイナ、ヒメリョウブ、紅葉木(秋には紅葉が美しい) …

続きを読む

ナツツバキ、フロックス・ドラモンディ、ゼニアオイ、クレマチス

 ウォーキング中に見た花です。  早くもナツツバキが咲き始めました。  2番目の花は、これまでに見たことがないものです。ペチュニアと書かれたタグが挿してあったのですが、該当なしです。こんな時は「googleレンズ」という機能が役立ちます。 ナツツバキ(夏椿) ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木。日本(本州以南)、朝鮮半島に分布 別名;シャラノキ(娑羅樹。娑羅双樹とは別種) これは花弁…

続きを読む

セイヨウバイカウツギ、カシワバアジサイ(一重・八重)、キョウチクトウ、シロタエギク、エケベリア・月影など

 ウォーキング中に見た花です。  今年もセイヨウバイカウツギを見事に咲かせているお宅で、写真を撮ってきました。 セイヨウバイカウツギ(西洋梅花空木) ‘ベル・エトワール’ アジサイ科バイカウツギ属の落葉中木。ヨーロッパで改良された園芸種 花付きが良く、香りが強いのが特徴 咲き進むと、白い花弁の中心にワインレッドの目が入る人気種 カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) …

続きを読む

アスチルベ、セイヨウオダマキ、ビヨウヤナギ、タマサンゴ、ムギクサ、カーネーション、ハナツルソウ、イヌツゲ

 ウォーキング中に見た花です。  ピンクのアスチルベを久しぶりに見ました。以前、我が家で購入したのもこの色。5~6年で消えてしまいました。  麦にそっくりなムギクサも久しぶりです。一重のカーネーションは初めて見たかも。 アスチルベ ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。原産は東アジア~北アメリカ 日本にもチダケサシやアワモリショウマなど六種類が自生 セイヨウオダマキ(西洋苧環…

続きを読む

ベニバナバイカウツギ、ホソバハルシャギク、ハツユキカズラ、ツルハナナス、マツバギク、コボウズオトギリなど & 我が家のカトレア

 ウォーキング中に見た花です。  ちょっと変わったピングのウツギを見ました。ベニバナバイカウツギという園芸種だそうです。  特定外来生物のオオキンケイギクと、そうでは無いホソバハルシャギク、良く似ていますが、これは後者ではないかと思います。如何でしょうか?  ハツユキカズラに花が咲いているのに気付きました。テイカカズラの園芸種で、新葉にピンク色と白の不定形の斑が入るものですが、花は咲かない…

続きを読む

デュランタ・宝塚、タチアオイ、ザクロ、キソケイ、オルラヤ・ホワイトレース、ソヨゴ、オリーブ、ハナエンジュ、バーベナなど

 ウォーキング中に見た花です。  鉢植えですが、デュランタ・宝塚が咲き始めました。タチアオイも咲き始めました。頂点まで咲ききると、梅雨が明けると言われていますが、今年は? デュランタ ‘タカラヅカ(宝塚)’ クマツヅラ科ハリマツリ属の常緑樹(日本では落葉する) デュランタはメキシコや西インド諸島などに30種ほどあるという 和名はタイワンレンギョウ(台湾連翹)、別名ハリマツリ(玻璃茉…

続きを読む

クロタネソウ、ムギワラギク、クレマチス ‘ジングルベル’、メキシコマンネングサ、スカシユリ、オキシペタラム、クリ、オーニソガラム・ダビウム、アマリリス

 ウォーキング中に見た花です。  ニゲラやヘリクリサムが咲いているお宅の玄関にご主人らしき男性がいたので、「花を撮らせてください」とお願いしたら、不機嫌そうに「何で?」と言われました。改めて、「花の写真を撮らせてください」と言ったら、途端に笑顔になりました。「撮らせて」を「採らせて」と勘違いされたのですね。 クロタネソウ(黒種草) キンポウゲ科クロタネソウ属の一年草。地中海沿岸地方原産…

続きを読む

アジサイ、サツキ、ヒメシャガ、斑入りノブドウ、バイカウツギ(半八重)、アッツザクラ、クジャクサボテン、アルストロメリア、モミジバゼラニウム、カリブラコア

 ウォーキング中に見た花です。  最初は色の綺麗なアジサイから。装飾花が八重で、外側の花弁がピンクです。  2枚目から5枚目は近くの中華料理店の店頭に並べられた盆栽です。タイリントキソウが綺麗に咲いていた店ですが、覚えておいででしょうか。 アジサイ(紫陽花) 今までに見たことが無い配色でした サツキ(皐月) ツツジ科ツツジ属の常緑低木。本来はサツキツツジと呼ぶのが正しい …

続きを読む

薔薇の館 & 宿根ネメシア、トキワツユクサ、ヒナギク、ニワフジ、ホタルブクロ、クレマチス、アニスヒソップ、ヒューケラ

 ウォーキング中に見た花です。  我が家から北へ歩いて行った場合、新松戸のダイエー付近で折り返すことが多いのですが、この日は更に北に行ってみました。すると、バラが見事な煉瓦風タイルの洋館を発見しました。東側の入口に「S総合歯科診療所」の看板があり、ご自宅を兼ねた歯科医であることが分りました。  霧雨が降る日にスマホで撮ったもので、色が良くないですが・・・。 北東側から(左奥の高層ビルは…

続きを読む

キキョウラン、ブラシノキ(ピンク)、ネズミモチ、プリペット、アジサイ、ヒペリカム、スカシユリなど

 ウォーキング中に見た花です。  我が家の近くで、見慣れない小さな花が咲いていました。お尋ねサイトに投稿したら、キキョウランと判明しました。  ブラシノキのピンクを発見しました。赤や白は見たことがあるのですが、ピンクは初めてです。 キキョウラン(桔梗蘭) ユリ科キキョウラン属の多年草。日本では、本州(伊豆七島、 和歌山県、兵庫県)、四国~沖縄、小笠原の海岸近くに分布 和名の由来は…

続きを読む

ゆいの花公園にて(2) ベニバナエゴノキ、ユリノキ、ヤマボウシ、ベニバナトチノキ、カラタネオガタマ、ガマズミなど

 前記事に続き、5月17日に訪れた松戸市内の「ゆいの花公園」で見た花です。  今回はバラ以外の花を紹介します。 ベニバナエゴノキ(紅花えごのき) エゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木。園芸品種:‘ピンクチャイム’ 紅花の名ですが、淡紅色ですね。別名:アカバナエゴノキ 今年は、エゴノキ(左下)と紅萼エゴノキ(右下)に続き、3品種目です ユリノキ(百合の木) モクレン科…

続きを読む

ゆいの花公園にて(1) バラ(13種類)、コトネアスターなど

 5月17日、21世紀の森と広場の野草園で思ったほどの収穫がなかったので、八柱霊園近くにある、ゆいの花公園に立ち寄りました。閉園まで、30分少々なので、バラを中心に撮って歩きました。  この公園は、市内の篤志家から敷地と管理棟を寄付されて開園しました。この2日後の19日には開園13年を迎えました。 バラのアーチですが、なかなか上まで到達しません アンジェラ つるバラ、独:コル…

続きを読む

オオニワゼキショウ、ムラサキサギゴケ、チガヤ、イボタノキ、エゴノキなど

 この記事は5月24日に投稿予定でしたが、手違いで23日に投稿されてしまいました。  既にコメントを頂いておりますので、そのままにします。23日付の記事(こちら)もご覧下さい。 21世紀の森と広場にて(2)  市内最大の面積がある表題の公園の「四季の山野辺野草園」で撮った花です。野草園ということで、期待して行ったのですが、草本で花が咲いていたのは前回のシャガとケキツネノボタン、それに今…

続きを読む

キショウブ、クレソン、ケキツネノボタン、ハゼノキ、ウワミズザクラ、オニグルミ

21世紀の森と広場にて(1)  5月17日の週は、月曜日から雨や曇りの日が続くとの天気予報だったので、良く晴れた日曜日に、「21世紀の森と広場」という、松戸市で一番広い市立公園に行ってきました。園の案内図に「四季の山野辺野草園」という区画があることを知ったからです。そこで、ネタをたくさん仕込もうかという魂胆だったのですが・・・。  新型コロナの関係で、5ヵ所ある入口は1ヵ所に制限されていまし…

続きを読む

シレネ・ユニフローラ、ハクチョウゲ、ガウラ & 我が家のファレノプシスなど

 ウォーキング中に見た花です。  膨らんだ苞の先から白い花がさくシレネ・ユニフローラに出会いました。 シレネ・ユニフローラ ‘バリエガータ’ ナデシコ科シレネ属の多年草。西ヨーロッパ原産 花径2cmほど。多少肉厚の葉に白い覆輪が入るタイプです ハクチョウゲ(白丁花) カネ科ハクチョウゲ属の常緑低木。日本、中国、インドなどに分布 花径は1.5cmくらい …

続きを読む

パボニア・インテルメディア、ライスフラワー、ニオイシュロラン、ヤセウツボ、ブラシノキ、イヌマキ、メカルドニアなど

 ウォーキング中に見た花です。  妻のお供で、大型家電店に車で行った帰り、私だけ歩いて家に戻りました。その時、最初に見たのがパボニアです。温室でしか見たことが無かったので、ビックリしました。 パボニア・インテルメディア アオイ科ヤノネボンテンカ属の常緑小低木。原産はブラジル 赤いのは苞。花弁はその中の暗紫色で、花柱が飛び出している ライスフラワー キク科オゾタムヌス属…

続きを読む

ハンカチノキ、クスノキ、スイカズラ、コアジサイ

 ウォーキング中に見た花です。  5月12日、オグリ君さんのブログに「松戸中央公園のハンカチノキ」が投稿されていた(こちら)ので、その翌日見に行ってきました。  ちょっとした広場の中程に3本のハンカチノキがあり、そのうちの1本にたくさんの白い「ハンカチ」が揺れ、地上にも多く落下していました。  ハンカチの正体は白くなった2枚の苞葉で、そのうちの1枚が大きくなっています。 ハンカチノキ…

続きを読む

ナヨクサフジ、ベニバナツメクサ、オオムギ、葱坊主、キショウブ、イチゴ、ブラックベリー

 ウォーキング中に見た花です。  江戸川近くの田園地帯に、ちょっと広い貸し農園があるのですが、何か花がさいていないかな?と思って、最奥部まで歩いて行きました。そこで、ここ数年見かけなかったナヨクサフジを見つけました。それも沢山。 ナヨクサフジ(弱草藤) マメ科ソラマメ属のつる性一年草。ヨーロッパ原産 花穂を上から 花の筒部の長さが、先端の反り返った部分の倍くらいある クサ…

続きを読む

ツメクサ、ヒメハナシノブ、ツキヌキニンドウ、エゴノキ、ベニガクエゴノキ、ラークスパーなど

 ウォーキング中に見た花です。  プランターに苔の花が咲いている、と思って、写真を撮ってきました。葉の色が濃いものと薄いものの2種類が生えていますが、花は同じで、径は4mm位でした。白い5弁花で画像検索すると、ノミノツヅリやツメクサがヒットしましたが、葉の様子からツメクサと分りました。数年前、筑波山でツメクサをみたことがありますが、それはもっと草丈があったので、別のものかと思いましたよ。 ツ…

続きを読む

イワカラクサ、マーガレット、コモチラン、コマユミとマユミ、スイカズラ、田園風景など

 ウォーキング中に見た花です。  あるお宅の塀の前に置かれた鉢の中で小さな5弁花が咲いていました。初めて見るもので、ネット検索では発見出来ず、お尋ねサイトで教えていただきました。こぼれ種でも増えるようですが、寒さには強いものの、高温多湿では枯れてしまうそうです。 イワカラクサ(岩唐草) ゴマノハグサ科(←オオバコ科)イワカラクサ属の多年草(1属1種) ピレネー山脈やヨーロッパアルプス…

続きを読む

テイカカズラ、カルミア、フランネルフラワー、ガーベラ、クラッスラ、シャクヤク、ルピナス、ユキノシタなど

 ウォーキング中に見た花です。 先週あたりからテイカカズラの花を見かけるようになりました。  樹高3mはあろうかという、大きなカルミアに出会いました。 テイカカズラ(定家葛) キョウチクトウ科テイカカズラ属のつる性常緑低木。有毒植物 花が少し捩れていて、子供の頃作った船のスクリューに似ている カルミア・ラティフォリア ツツジ科に属カルミア属の常緑低木。原産は北アメ…

続きを読む

♪バラが咲いた、バラが咲いた、見事に咲いた

 ウォーキング中に見た花です。  5月7日、山野草好きなお宅を後にして帰宅する途中、敷地の南側から東側にかけて、見事にバラを咲かせているお宅が見つかりました。タイル張りの塀の上に粗い格子のフェンスが設けられているのも、バラを這わせるという計画性が伺えます。 敷地の南側、西寄りには清楚な白いバラ 南側の東寄りには白にピンクが加わります 東側に移ると白は消え、淡い…

続きを読む