くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(7) 変化朝顔・出物系統の親木(牡丹咲き=親牡丹)

 8月16日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑で開催中の「伝統の朝顔」展(8/03~9/04)を見に行ってきました。
 前回は出物系統の親木の内、一重の花が咲くものを紹介しましたが、今回は出物系統の親木で牡丹咲き品種の紹介です。変化朝顔の世界では、これを「親牡丹」と呼んでいます。
 牡丹咲きは、雄しべも雌しべも花弁に変化した状態の花のことを言い、雌しべがないため種子はできませんが、「親牡丹」ですから、雄しべや雌しべが一部残っていて、種が出来るのでしょう。

 説明は、銘、葉の特徴、花の特徴の順です。なお、品種の番号は整理のために私が付けたものです。


出物系統・親牡丹1
青/縮緬/立田葉 ・ 白/筒紅/台咲/牡丹
IMG_1639.JPG

出物系統・親牡丹2
青/林風(注)/常葉 ・ 白/丸咲/牡丹
(注)林風とは、』葉の葉脈が白いものを言うらしい
IMG_1646.JPG

出物系統・親牡丹3
青/打込/弱渦葉 ・ 青/丸咲/牡丹
IMG_1648.JPG

出物系統・親牡丹4
青/斑入/抱/常葉 ・ 淡藤鼠色/丸咲/牡丹
IMG_1909.JPG

出物系統・親牡丹5
黄/抱/蜻蛉葉 ・ 紺/吹雪/丸咲/牡丹
(名札を撮り間違えたらしい)
IMG_1919.JPG

出物系統・親牡丹6
黄/抱/蜻蛉葉 ・ 淡紅/覆輪/丸咲/牡丹
IMG_1923.JPG

出物系統・親牡丹7
青/打込/弱渦葉 ・ 青/丸咲/牡丹
IMG_1927.JPG

出物系統・親牡丹8
青/蜻蛉/丸笹葉 ・ 紅/覆輪/切咲/牡丹
IMG_1644.JPG

出物系統・親牡丹9
青/渦葉 ・ 江戸紫/丸咲/牡丹
IMG_9732.JPG

出物系統・親牡丹10
黄/打込/笹葉 ・ 紅/覆輪/切咲/牡丹
IMG_9734.JPG
 2022年8月16日撮影。

変化朝顔の名称について
 変化朝顔には特異な名称が付けられています。第一次ブーム(文化・文政期)の番付表にはその走りが見られますが、第二次ブーム(嘉永・安政期)に基本が出来上がります。それは、葉の色、模様、質+花の色、模様、花弁の形、咲き方、花弁の重ねを順番に記述し、必要に応じて付加していくというものです。
 上の、出物系統・親牡丹1の場合、次の行に「青/縮緬/立田葉・白/筒紅/台咲/牡丹」と、分りやすいように標記しましたが、実際には「青縮緬立田葉白筒紅台咲牡丹」と記述されます。青字の部分が葉についての記述、赤字の部分が花についての記述というわけです。
 (くらしの植物苑のパンフレットからの引用を含む)

変化朝顔の栽培の歴史
 朝顔は古くから多くの人々に親しまれてきました。特に江戸時代以降、文化・文政期、嘉永・安政期、明治・大正期など、繰り返し朝顔ブームが訪れ、変化朝顔とよばれる、朝顔に見えないような多様な形の花と葉を持つ朝顔が創り出されてきました。特に、朝顔は一年草であるにも関わらず、種子を結ばない変異も種子によって維持してきたことは世界的に見ても特異なもので、幕末の嘉永・安政期にはきわめて多くの品種が創り出されていたようです。
 しかし、大正期以降、現在でも広く栽培されている大輪朝顔の栽培が盛んになる一方、変化朝顔の愛好家は次第に減少し、第二次世界大戦後の変化朝顔はわずか数名の愛好家によって維持される状況になりました。幸いなことに、江戸期に起源を持つ変化朝顔の変異の多くは、愛好家や研究者の努力によって現在まで維持されているのです。
 そこで、江戸時代以降の独創的な知識と技術を駆使してつくり上げられた伝統の朝顔を広く知っていただき、人と植物との関わりを見るべく、当苑では1999年以降、歴史資料としてこれらの朝顔を展示してきました。
 (くらしの植物苑のHPから引用)

朝顔の系統保存の歴史
 上記の「歴史」を更に詳しく説明した文書を見つけました。
 ご興味があればお読み下さい。1枚目の画像クリックでPDFが開きますから、印刷も可能です。


rekishi_1.jpg
rekishi_2.jpg


 次回は、出物(種が採れない)の品種を投稿します。
(つづく)

"くらしの植物苑2022年「伝統の朝顔」展にて(7) 変化朝顔・出物系統の親木(牡丹咲き=親牡丹)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]