初冬の新宿御苑にて(2) 温室の花たち(1)

 12月15日、昼食後、思い立って新宿御苑まで出かけてきました。
 午後2時半頃、温室に到着しました。洋蘭展は12月5日に終了していますが、ここで栽培されているランが展示されているのではないかとの期待して入りました。


温室に入ると、白い苞のブーゲンビリアがお出迎え
IMG_9680.JPG

ウナヅキヒメフヨウは定番展示
IMG_9718.JPG

アシスタシア・ガンゲティカ
キツネノマゴ科アシスタシア属の常緑小低木
マレー半島からインド、アフリカに分布。別名:セキドウサクラソウ
花弁は白~淡い黄色(下側の花弁に紫の斑が入るものもある)、藤色~紫色
IMG_9719.JPG

このコエビソウの花は赤茶色の斑が先端まである
IMG_9720.JPG

オスモキシロン・リネアレ
ウコギ科オスモキシロン属の常緑小低木。マレーシア原産
雌雄異花同株(一つの花序に雄花と雌花が咲く)で、雌性先熟型。つまり、
雌花が先に咲いて、ほかの株の花粉をもらい、実になり始めるころ雄花が咲く
という面白い性質で、オ・モ・シ・ロの文字が属名の中に隠れている
IMG_9722.JPG
↑ 白いのは雄花のつぼみ、黒いのは実   ↓ 開花した雄花を初めて見た
IMG_9723.JPG

ストレプトカーパス・パリティフロルス
イワタバコ 科ストレプトカーパス属の多年草。アフリカ原産
ストレプトカーパスの原種。花径は1cmほど
IMG_9726.JPG

木立チョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)
IMG_9729.JPG

ツンベルギア・フォーゲリアナ
キツネノマゴ科ツンベルギア属のつる性常緑小低木。熱帯アフリカ西部原産
花径は5cm位。コダチヤハズカズラ(木立矢筈葛)に良く似ている
IMG_9730.JPG

新宿御苑のランコレクションから

パフィオペディルム・インシグネ
Paphiopedilum insigne
インド・アッサムに分布する、パフィオペディルムの代表的な原種
この個体はリップが上に反っている
IMG_9687.JPG

パフィオペディルム・インシグネ ‘コマンダー イン チーフ’
Paphiopedilum insigne 'Commander in Chief'
IMG_9692.JPG

パフィオペディルム・インシグネ・サンデレー
Paphiopedilum insigne var. sandera。 インシグネの変種
インド北東部、バングラデシュ、ヒマラヤの標高1000m~2000mの
石灰岩地帯に生える。1914年の同苑の栽培植物目録に掲載されている
IMG_9683.JPG

バルボフィラム・ロンギフロラム
Bulbophyllum longiflorum
アメリカを除く熱帯地方に広く自生する着生種
バルボフィラムの中では見てくれが良い方
IMG_9775.JPG

デンドロキラム・フォルモサヌム
Dendrochilum formosanum 台湾の高地(500~800m)に分布する
和名はホザキヒトツバラン(穂咲一つ葉蘭)
IMG_9777.JPG
IMG_9778.JPG

マキシラリア・ルフェセンス
Maxillaria rufescens
南米の標高200~2000mの熱帯林に着生する。花径は3~4cm
IMG_9782.JPG

デンドロビウム・クレピディフェルム
Dendrobium crepidiferum
原産はインドネシアのスラウェシ島。花径は4.5cm位
IMG_9784.JPG
 12月15日撮影。
(つづく)

"初冬の新宿御苑にて(2) 温室の花たち(1)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]