くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その4) 江戸菊

 11月24日、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑の特別展「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)で見てきた菊を紹介しています。
 古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は江戸菊を取り上げます。

江戸菊とは(苑のリーフレットから引用)
 花弁は平弁で、開花するにつれて花が様々に変化(芸をする)のが特徴で、この変化を「狂い」と呼びます。狂いは開花直後から始まり、終わるまでには1か月近くもかかります。江戸菊は江戸時代の初頭から育成されていましたが、現在に受け継がれる花形が成立したのは、江戸時代後期の文化・文政期(1804~1830)とされています


IMG_9079.JPG
IMG_8969.JPG

江戸菊の「花芸」・・・開花直前から開花1か月後くらいまで(ネットより借用)
edo_gei.jpg

江戸絵巻(えどえまき)   かなり狂っています(笑)
IMG_9088.JPG

下谷銀星(したやぎんぼし)
IMG_9082.JPG

下谷藤娘(したやふじむすめ)
IMG_9096.JPG

江戸錦秋(えどきんしゅう)
IMG_9094.JPG

秋偲(あきしのぶ)
IMG_9090.JPG

丘の曙(おかのあけぼの)
IMG_9098.JPG

白駒(しろこま)
IMG_9100.JPG

涛の花霞(なみのはながすみ)
IMG_9104.JPG

瀬田の秋(せたのあき)
IMG_9106.JPG

春日(かすが)
IMG_8988.JPG

新秋の紅(しんしゅうのくれない)
IMG_8966.JPG

江戸宝貴(えどほうき)
IMG_8968.JPG

八幡山(はちまんやま)
IMG_8977.JPG

花曇(はなぐもり)
IMG_8982.JPG

瀬田の月(せたのつき)
IMG_8973.JPG
 11月24日撮影。

 次回は残りの伊勢菊と、サザンカを紹介します。

"くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その4) 江戸菊"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]