ナツツバキ、ヒメシャラ、ユウギリソウ、三尺バーベナ、オルラヤ、ペンステモン、モナルダ、ゼンテイカ、えらぶゆり

 ウォーキング中に見た花です。
 ナツツバキやヒメシャラが咲き始めました。どちらもツバキ科ナツツバキ属の落葉高木ですが、ナツツバキに比し、ヒメシャラは花も葉も小振りです。


ナツツバキ(夏椿)
葉腋から出る花柄にひとつの花を咲かせる、花径は5cmほど
ナツツバキの葉は、ヒメシャラよりしわが目立つ
別名:シャラノキ(娑羅樹)
F2105_531.JPG
F2105_534.JPG
落花した花。ナツツバキもヒメシャラも1日花です
F2105_533.JPG

ヒメシャラ(姫沙羅)
葉腋から1つずつ、花径2cmほどの白い花を咲かせる。葉先は尖る
別名:ヤマチシャ、アカギ、コナツツバキ、サルスベリ、サルタノキ
F2105_535.JPG
F2105_536.JPG
 以上、5月28日撮影。

 行き止まりの路地の途中で、初めて見る花に出会いました。調べて見ると、ユウギリソウと分りました。キキョウ科の花には見えません。


ユウギリソウ(夕霧草)
キキョウ科ユウギリソウ属の多年草(春播き二年草)、地中海沿岸地方原産
別名:トラケリウム・カエルレウム。花色は白、桃、青があるそうだ
F2106_18.JPG
先端が5裂した小さな筒花の集合体で、先端が白いしべが飛び出している
F2106_20.JPG
F2106_22.JPG

ヤナギハナガサ(柳花笠)
クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草。南アメリカ原産の帰化植物
別名は三尺バーベナですが、6尺(1.8m)はありそう
F2106_67_1.jpg

オルラヤ・グランディフローラ
セリ科オルレイア属の耐寒性一年草。ヨーロッパ原産
一般的にはオルレイア(オルレア)と呼ばれる
別名:オルレイア(オルレヤ)、ホワイトレースフラワー
F2106_40.JPG
F2106_41.JPG

ペンステモン・ジギタリス ‘ハスカーレッド’
オオバコ科ペンステモン属の耐寒性多年草。原産はアメリカとカナダの一部
和名はツリガネヤナギ(釣鐘柳)
F2106_38.JPG
F2106_39.JPG

モナルダ
シソ科モナルダ属の多年草。原産は北アメリカ
和名はヤグルマハッカ(矢車薄荷)、タイマツバナ(松明花)
別名:ベルガモット、ビーバーム、ホースミント
F2106_43.JPG
F2106_42.JPG
咲き始め
F2106_44.JPG

 高さ160cm位の塀の上からゼンテイカが顔を出していました。こんなに伸びるわけはないので、道路面より庭が高いのでしょうね。

F2106_93.JPG
F2106_95.JPG

先日紹介した ‘えらぶゆり’ のその後です。沢山の花が咲いています
F2106_03.JPG
F2106_04.JPG
 以上、6月1日撮影。

"ナツツバキ、ヒメシャラ、ユウギリソウ、三尺バーベナ、オルラヤ、ペンステモン、モナルダ、ゼンテイカ、えらぶゆり"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]