つくば植物園にて_2021年5月(8) イオウノボタン、コウトウシュウカイドウ、ケラマツツジ、ヒジハリノキ、ヒメタツナミソウ、マルバハタケムシロ、ヤエヤマスズコウジュ、ホソバフジボグサ、オオシマガンピ

 5月12日に訪れたつくば植物園で見た花などです。
 今回は多目的温室です。ここでは、琉球列島や小笠原諸島などに分布する固有種・絶滅危惧種の展示が行われていました。当ブログで今年3月に紹介済の花は除外しています。


イオウノボタン(硫黄野牡丹)
 ノボタン科のボタン属の常緑低木。北硫黄島の固有変種。基本種のノボタンとは雄しべの形態が異なる。花は一日花。環境省の絶滅危惧II類(VU)
TKB2105_331.JPG
TKB2105_330.JPG

コウトウシュウカイドウ(紅頭秋海棠)
 シュウカイドウ科シュウカイドウ属の多年草。日本に自生するベゴニア2種の一つ(もう一つは、マルヤマシュウカイドウ)。原産は八重山諸島、台湾、フィリピン。環境省の絶滅危惧II類(VU)
TKB2105_259.JPG
TKB2105_260.JPG

ケラマツツジ(慶良間躑躅)
 ツツジ科ツツジ属の常緑低木、奄美大島以南~沖縄。名は慶良間諸島にちなんでつけられた。かつては普通に見られたが、近年は園芸目的で乱獲され、個体数が少なくなっている。環境省の絶滅危惧II類(VU)
TKB2105_266.JPG
TKB2105_267.JPG

ヒジハリノキ(肱張木)
 アカネ科ミサオノキ属の常緑低木。石垣島、台湾、中国に分布。名の由来は、小枝が直角に横に張り出す様子が、人が肘を張っている様子を思わせることから。石垣島ではもともと数が少ない上、道路整備などによる環境悪化によって絶滅寸前。環境省絶滅危惧IB類(EN)。初めて見ました
TKB2105_270.JPG
TKB2105_271.JPG

ヤクシマスミレ(屋久島菫)
 スミレ科スミレ属の多年草。南西諸島の固有種(屋久島、奄美大島、徳之島、沖縄島北部)。山地や渓流沿いなど湿った環境に分布。沖縄等ではダム建設によって激減している。花弁の長さは1cm程度。鹿児島県:準絶滅危惧(NT)、沖縄県:絶滅危惧II類(VU)。初めて見ました
TKB2105_279.JPG

ヒメタツナミソウ(姫立浪草)
 シソ科タツナミソウ属の多年草。鹿児島県喜界島固有種。喜界町天然記念物。日当たりが良く、やや湿った環境に生育。草丈は5cm程度。環境省の絶滅危惧IB類(EN)。初めて見ました
TKB2105_286.JPG

マルバハタケムシロ(丸葉畑蓆)
 キキョウ科ミゾカクシ属の常緑多年草。琉球列島の固有種。海岸の湿った岩場に生育。沖縄島では絶滅。最近、久米島で再確認。花径は1cmに満たない。環境省の絶滅危惧IB類 (EN)
TKB2105_299.JPG
TKB2105_300.JPG

ヤエヤマスズコウジュ(八重山鈴香需)
 シゾ科シキクンソウ属の多年草。台湾、琉球列島(沖縄島、与那国島)の海岸近くの低地に分布。花期はほぼ周年。花径は10~13mm。環境省の絶滅危惧II類(VU)
TKB2105_302.JPG
TKB2105_314.JPG

ホソバフジボグサ(細葉藤穂草)
 マメ科フジボグサ属の多年草。フジボグサの細葉変種?宮古島(北限)、石垣島、西表島、台湾、中国、東南アジアに分布。花穂の長さは15~25cm。花は2つ対で咲く。沖縄県で絶滅危惧IA類(CR)
TKB2105_307.JPG
TKB2105_315.JPG

オオシマガンピ(大島岩菲)
 ジンチョウゲ科ガンピ属の落葉低木。日本固有種(奄美大島、徳之島)。やや明るいリン塩などに生育する。花期は7~8月だが、もう咲いていた。花径は8mm。花弁に見えるが、4裂した黄色い萼片。環境省の絶滅危惧IA類(CR)
TKB2105_325.JPG
TKB2105_323.JPG
 5月12日撮影。
(つづく)

"つくば植物園にて_2021年5月(8) イオウノボタン、コウトウシュウカイドウ、ケラマツツジ、ヒジハリノキ、ヒメタツナミソウ、マルバハタケムシロ、ヤエヤマスズコウジュ、ホソバフジボグサ、オオシマガンピ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]