ベニバナバイカウツギ、カシワバアジサイ(一重)、チョウセンキハギ、ヒメキスゲ、スカシユリ、ソケイノウゼン、タチアオイ、ゼニアオイ、フクシア

 ウォーキング中に見た花です。
 ピンクの花が咲くウツギに出会いました。ネットで調べたら、ベニバナバイカウツギだそうで、ウツギ ‘マギシェン’の名で流通しているようです。


ベニバナバイカウツギ(紅花梅花空木)
 アジサイ科ウツギ属の落葉中木。バイカウツギという名前が付いていますが、バイカウツギの仲間ではなく、ウツギ属のロンギフォリアとディスコロールの交雑種だそうです。別名:ウツギ ‘マギシェン’。似た花に、ウツギ ‘珠姫’があります
F2105_360.JPG
F2105_361.JPG

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花・一重)
アジサイ科アジサイ属の落葉低木
F2105_369.JPG
F2105_371.JPG

チョウセンキハギ(朝鮮木萩)
マメ科ハギ属の落葉低木。朝鮮半島、中国東北部原産
ハギの仲間の中では、ダルマハギと共に、開花期が早く、5~7月に咲く
小枝は曲がらず、葉は白っぽい縁取りがあり、先は尖る
F2105_372.JPG
F2105_374.JPG

ヒメキスゲ(姫黄萓)
ツルボラン科(←ワスレグサ科)ワスレグサ属の多年草
ヒメキスゲの名は種名ではなく、園芸種名
ヘメロカリス ‘ステラ・デ・オロ’としても流通しているようだ
F2105_355.JPG
F2105_356.JPG

スカシユリ(透百合)
ユリ科ユリ属の多年草。矮性の園芸種と思われます
F2105_367.JPG
F2105_368.JPG

ソケイノウゼン(素馨凌霄花)
ノウゼンカズラ科パンドレア属の常緑蔓性低木。オーストラリア原産
別名:パンドレア・ヤスミノイデス、ナンテンソケイ(南天素馨)
例年より10日くらい開花が早い
F2105_377.JPG
F2105_376.JPG

タチアオイ(立葵)
アオイ科ビロードアオイ属の多年草。ホリホックと呼ばれる
トルコ原産種と東ヨーロッパ原産種との雑種説が有力
F2105_357.JPG
F2105_359.JPG
F2105_389.JPG
F2105_388.JPG

ゼニアオイ(銭葵)
アオイ科ゼニアオイ属の多年草。ヨーロッパ原産
F2105_392.JPG
F2105_394.JPG

フクシア(矮性園芸種)
アカバナ科フクシア属の低木。南米などの熱帯・亜熱帯原産
古代インカで「女王様の耳飾り」と呼ばれたアンデスの名花
100種ほどの原種があり、栽培品種も多種多様
F2105_378.JPG
F2105_379.JPG
 5月15、17、20、22日撮影。

"ベニバナバイカウツギ、カシワバアジサイ(一重)、チョウセンキハギ、ヒメキスゲ、スカシユリ、ソケイノウゼン、タチアオイ、ゼニアオイ、フクシア"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]