つくば植物園にて_2021年5月(5) タチテンノウメ、ツクシムレズズメ、ノイバラ、ハマナス、イボタノキ、アマドコロ、ハマヒルガオ、テイカカズラ、ノアザミ、ナンテンハギなど

 5月12日に訪れたつくば植物園で見た花を紹介しています。
 今回も屋外で見た花で、その3回目です。


タチテンノウメ(立ち天の梅)
バラ科テンノウメ属の常緑小低木。中国南西部と台湾が原産の
シセンテンノウメの仲間で、小笠原諸島に分布する固有種
名の由来は、立ち上がった枝に、梅に似た花を上向きに咲かせるから
小笠原諸島には、這い性のシラゲテンノウメもある。花径は12,3mm
TKB2105_356.JPG
TKB2105_358.JPG

ツクシムレスズメ(筑紫群雀)
マメ科エンジュ属の常緑低木。日本(九州南部)、中国に分布
マメ科のムレスズメの花に似ていることによる命名。絶滅危惧ⅠA類 (CR)
TKB2105_367.JPG
TKB2105_369.JPG

ノイバラ(野茨)
バラ科バラ属の落葉性のつる性低木。日本のノバラの代表的な種
写真の枝にはトゲがない。希にこのようことがあるらしい
TKB2105_370.JPG
TKB2105_382.JPG

ハマナス(浜茄子、浜梨)
バラ科バラ属の落葉低木。東アジアの温帯から冷帯にかけて分布
TKB2105_385.JPG
TKB2105_384.JPG

イボタノキ(水蝋の木)
モクセイ科イボタノキ属の落葉低木。北海道から沖縄に分布
まだ咲き始めだった
TKB2105_386.JPG
TKB2105_387.JPG

アマドコロ(甘野老)
キジカクシ科アマドコロ属の多年草。ヨーロッパ・東アジアに分布
別名:ナルコラン(鳴子蘭)。  実が出来始めていた
TKB2105_389.JPG

ハマヒルガオ(浜昼顔)
ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草。海浜植物
日本では北海道から南西諸島まで分布
TKB2105_394.JPG
↑ 右上隅や中央やや左につぼみが写っている。葉は丸い
TKB2105_395.JPG

テイカカズラ(定家葛)
キョウチクトウ科テイカカズラ属のつる性常緑低木。有毒植物
朝鮮半島、日本(本州 - 四国・九州地方)の温暖な場所に分布
TKB2105_396.JPG
TKB2105_397.JPG

ノアザミ(野薊)
キク科アザミ属の多年草。本州〜九州の山野に生える
TKB2105_403.JPG
TKB2105_402.JPG

ナンテンハギ(南天萩)
マメ科ソラマメ属の多年草。北海道〜九州の山野に生える
花の長さは約1.5cm
TKB2105_405.JPG
TKB2105_404.JPG

ウマノアシガタ(馬の足形)
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。日本では北海道〜南西諸島に分布
TKB2105_408.JPG
TKB2105_407.JPG
 5月12日撮影。
(つづく)

"つくば植物園にて_2021年5月(5) タチテンノウメ、ツクシムレズズメ、ノイバラ、ハマナス、イボタノキ、アマドコロ、ハマヒルガオ、テイカカズラ、ノアザミ、ナンテンハギなど"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]