セイヨウバイカウツギ(ベル・エトワール)、トウネズミモチ、ヒペリカム・ヒドコート、ロータス・ブリムストーン、コモチカイソウ、フウリンソウ、シュッコンスイートピー、テイカカズラ

 ウォーキング中に見た花です。
 5月15日の記事でセイヨウバイカウツギを投稿しましたが、毎年‘ベル・エトワール’が見事に咲くお宅に行ってきました。


セイヨウバイカウツギ(西洋梅花空木)
‘ベル・エトワール’

アジサイ科バイカウツギ属の落葉中木。ヨーロッパで改良された園芸種
これだけ咲いていると良い香りが漂ってきます
F2105_324.JPG
F2105_330.JPG
F2105_329.JPG
咲き進むと、白い花弁の中心にワインレッドの「目」が入る人気種
F2105_327.JPG

トウネズミモチ(唐鼠黐)
モクセイ科イボタノキ属の常緑小高木。中国原産
F2105_295.JPG
花は同属のセイヨウイボタノキに似ています
F2105_297.JPG
裏側から透かしてみると、側脈が見える(見えなければネズミモチ)
F2105_298.JPG

ヒペリカム・ヒドコート
オトギリソウ科オトギリソウ属の常緑低木。キンシバイの園芸種
別名:ヒペリカム・ヒデコート、セイヨウキンシバイ
F2105_308.JPG
F2105_309.JPG

ロータス・ヒルスタス ‘ブリムストーン’
マメ科ドリクニウム属の耐寒性常緑低木。原産は地中海沿岸地方
正しくは、ドリクニウム・ヒルスタス。園芸名はロータス‘ブリムストーン’
F2105_312.JPG
ピンクを帯びた白花で、いかにもマメ科らしい花です
F2105_314.JPG
クリームイエローの新葉が美しく、花が咲いたように見える
F2105_319.JPG

コモチカイソウ(子持海葱)
ヒヤシンス科オオアマナ属の常緑多年草(球根)。南アフリカ原産
別名:コモチラン、二セカイソウ(偽海葱)、シーオニオン
学名:オーニソカラム・コーダツム
根元はネギみたいに膨らんでいて、その表面にムカゴが出来て増える
F2105_302.JPG
F2105_303.JPG

フウリンソウ(風鈴草)
キキョウ科ホタルブクロ属の二年草(秋まき一年草)
北半球の温帯地方が原産。別名:カンパヌラ・メディウム
F2105_301.JPG

宿根スイートピー
マメ科レンリソウ属のつる性多年草。シチリア島原産
和名はヒロハノレンリソウ(広葉連理草)
F2105_307.JPG
F2105_305.JPG

テイカカズラ(定家葛)
キョウチクトウ科テイカカズラ属のつる性常緑低木。有毒植物
おびただしい数の花が咲いています。全体はTの字に見える?
F2105_347.JPG
F2105_348.JPG
 5月14日撮影。

"セイヨウバイカウツギ(ベル・エトワール)、トウネズミモチ、ヒペリカム・ヒドコート、ロータス・ブリムストーン、コモチカイソウ、フウリンソウ、シュッコンスイートピー、テイカカズラ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]