ハナエンジュ、ソヨゴ、オリーブ、アジサイ、オーニソガラム・アラビカム、我が家のコチョウラン(ミニ&ミディ)

 ウォーキング中に見た花です。
 珍しいハナエンジュが咲いています。昨年は見に行くのが遅れましたが、今年はバッチリでした。
 ソヨゴやオリーブ、アジサイが咲き始めました。


ハナエンジュ(花槐)
マメ科ハリエンジュ属の落葉低木。北アメリカ南東部原産
ハリエンジュ(ニセアカシア)の花をピンクしたような感じです
別名:ハナアカシア、アカバナニセアカシア、バラアカシア、ロビニア
F2105_287.JPG
F2105_289.JPG

ソヨゴ(冬青)
モチノキ科モチノキ属の常緑低木ないし小高木。雌雄異株
日本では新潟県・宮城県以南に分布、別名:フクラシバ
これは雌花で、2~3の花を咲かせるが、最終的には実が1つ残る
F2105_277.JPG
花径は4mmくらい。普通は5弁だが、6弁の花もあった
F2105_281.JPG

オリーブ
モクセイ科オリーブ属の常緑高木。地中海地方が原産とされる
F2105_285.JPG
花径は3mmくらい。両性花と雄花があるが、写っているのは雄花ばかり
F2105_283.JPG

アジサイ(紫陽花)
アジサイ科アジサイ属の落葉低木
F2105_294.JPG
F2105_349.JPGF2105_351.JPGF2105_341.JPG
 以上、5月14日撮影。


 これまでに見たことがないオーニソガラムが咲いていたので、このお宅のおばあちゃんに花の名前を尋ねました。知らないとのことでしたが、花に近づくと、いきなり爪で花茎の根元から切り取ってしまいました。そして、「持っていきな」と差し出されたのでビックリ。ありがたく頂戴してきました。


オーニソガラム・アラビカム
ヒアシンス科(ユリ科)オオアマナ属の多年草(球根)。地中海沿岸地方原産
雌しべは黒く、太く短くて目立ちます
F2105_233.JPG
F2105_234.JPG
一輪挿しに入れて、出窓に飾ったところ(右手前)
210513_02.JPG
210513_03.JPG

ついでに、出窓に並んだコチョウラン(ミニ2種、ミディ1種)を紹介します

ファレノプシス・ゴールドベイビー
Phal. Gold Baby (Phal. Sogo Goldem x Sogo Berry)
2017年世界ラン展日本大賞でトロフィー賞を獲得した品種
昨年11月25日、椎名洋ラン園から買い求めたもので、まだ咲いています
210505_06.JPG

ファレノプシス チアノング ゴールデン ビビアン 
‘レディーバード’ Phal. Tiannong Golden Vivien 'Ladybird'
( Phal. Sin-Yaun Golden Beauty × Phal. Sogo Vivien )
花径は4.5cm程度。昨年は花茎が2本で15輪でしたが、今年は1本で6輪
210505_10.JPG

ミディコチョウラン
2017年の父の日プレゼントとして、長男夫婦から贈られたもの
品種名は不明。花径は8cmくらい。現在、23輪咲いています
210505_01.JPG
 以上、5月10日撮影。

"ハナエンジュ、ソヨゴ、オリーブ、アジサイ、オーニソガラム・アラビカム、我が家のコチョウラン(ミニ&ミディ)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]