コアジサイ、ツリージャーマンダー、ゴデチア、ニゲラ、フレンチマリーゴールド、アブチロン、ドウカンソウ、オキシペタラム、アレナリア・モンタナ

 ウォーキング中に見た花です。
 昨年見つけた樹高20cm位のコアジサイに今年も花が咲きました。一昨年、根元近くで切られしまった木ですが、根元から枝が伸びてきました。


コアジサイ(小紫陽花)
アジサイ科アジサイ属の落葉低木。関東地方以西〜九州に分布
花茎の先にいくつもの花序が枝分かれしています
F2105_169.JPG
↑ 両側の葉はバイカイカリソウ  ↓ ひとつひとつの花径は4mmくらい
F2105_173.JPG

ツリージャーマンダー
シソ科ニガクサ属の耐寒性常緑低木。地中海沿岸西部原産
草のように見えますが、名の通り、木本です
別名:テウクリウム・フルティカンス、ルバージャーマンダー
F2105_163.JPG
雄しべは、カリガネソウのそれと似て、カールしています
F2105_165.JPG
葉はハーブや虫除けの他、生食も可能

ゴデチア
アカバナ科サンジソウ属の耐寒性または半耐寒性一年草
米国の西海岸、特にカリフォルニア州に多く自生している
別名:イロマツヨイグサ、タイリンマツヨイグサ
F2105_179.JPG
F2105_180.JPG

クロタネソウ(黒種草)
キンポウゲ科クロタネソウ属の一年草。地中海沿岸地方原産
一重と八重の園芸種が出回り、一般には ニゲラ と呼ばれる
F2105_181.JPG
花弁に見えるのは萼片で、花弁は退化して蜜腺鱗片になっている
F2105_184.JPG

フレンチマリーゴールド・ホットパック
キク科コウオウソウ属の春蒔き一年草。メキシコ原産の園芸品種
和名はクジャクソウ(孔雀草)。矮性で、小輪(径4cm位)のタイプ
F2105_194.JPG
F2105_192.JPG

アブチロン
アオイ科イチビ属(アブチロン属)の熱帯性常緑小低木。ブラジル原産
橙色の花をよく見かける。黄色や白のほか、赤やピンクもある
F2105_191.JPG
F2105_190.JPG

サポナリア・バッカリア
ナデシコ科バッカリア属の半耐寒性一年草。スペインなどの欧州原産
江戸時代に薬草として渡来。和名はドウカンソウ(道灌山薬草園にちなむ)
別名:サポナリア(旧属名)、ヴァツカリア・ピラミダータ、スズクサなど
F2105_186.JPG
F2105_187.JPG
F2105_188.JPG

オキシペタラム
キョウチクトウ科ルリトウワタ属の蔓性多年草ないし低亜木。ウルグアイ、
ブラジル原産。別名:ルリトウワタ(瑠璃唐綿)、ブルースター
F2105_197.JPG
F2105_196.JPG

アレナリア・モンタナ
ナデシコ科ノミノツヅリ属の多年草。原産はヨーロッパの南西部
別名:ハナフスマ(花衾)、ヤマユキソウ(山雪草)。花径は2cm位
F2105_200.JPG
F2105_202.JPG
 5月10日撮影。

"コアジサイ、ツリージャーマンダー、ゴデチア、ニゲラ、フレンチマリーゴールド、アブチロン、ドウカンソウ、オキシペタラム、アレナリア・モンタナ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]