サクラ(陽光、染井吉野、江戸彼岸枝垂れ)、ハナズオウ、スモモ‘太陽’、ユスラウメ、ハナカイドウ、ヒサカキ

 3月18日、ウォーキングを兼ねて、近くのサクラの開花状況を見に行きました。
 先ずは、流山街道沿いにある鉄工所のサクラです。ご覧のように赤みが強い花で、多分、「陽光」ではないかと思います。


サクラ ‘陽光’
IMG_7652.JPG
IMG_7645.JPG
許可を得て、敷地内に入らせていただきました。見事に満開です
IMG_7646.JPG
IMG_7647.JPG
IMG_7649.JPG
愛媛県東温市の高岡正明氏により、天城吉野に寒緋桜を交配して
作出された品種。1981年に種苗法に基づいて品種登録された

 続いて、我が家から西へ10分くらいの所を流れる新坂川に行ってみました。遊歩道の桜並木は殆どは咲き始めたところで、1,2分咲きくらいな木もありました。

ソメイヨシノ(染井吉野)
IMG_7637.JPG
IMG_7633.JPG
IMG_7634.JPG

 この遊歩道には1本だ枝垂れ桜があり、これも1,2分咲き程度でした。


エドヒガンシダレ(江戸彼岸枝垂)
IMG_7642.JPG
IMG_7644.JPG

ハナズオウ(花蘇芳)
これも新坂川の遊歩道で。花が咲き始めていました
F2103_225.JPG
F2103_227.JPG

スモモ(李)‘太陽’
新坂川遊歩道の対岸の農家のものです。大きめの赤い実が美味しいとのこと
ですが、老夫妻では剪定が出来ずに高木となり、実がならなくなったそうだ
F2103_233.JPG
F2103_237.JPG

以下は、「陽光」を見に行く途中で

ユスラウメ(梅桃、梅桜、桜桃)
F2103_205.JPG
F2103_207.JPG

ハナカイドウ(花海棠)
上と同じお宅で咲き始めていました
F2103_209.JPG
F2103_208.JPG

ヒサカキ(姫榊、柃)
モッコク科ヒサカキ属の常緑低木~小高木
雄花・雌花・更に両性花も持つらしい(未だに解明されていない)
これは雄花らしい (雌花は杯状に開く)
F2103_186.JPG
F2103_189.JPG
ヒサカキの雌花はゆっくりさんのブログで見ることが出来ます(こちら

 3月18日撮影(ヒサカキのみ3月15日)。

"サクラ(陽光、染井吉野、江戸彼岸枝垂れ)、ハナズオウ、スモモ‘太陽’、ユスラウメ、ハナカイドウ、ヒサカキ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]