南房総ドライブ旅(1) 館山市・城山公園のツバキ色々、河津桜

 2月3日、春の気配を感じようと、日帰りで南房総までドライブしてきました。
 緊急事態宣言中ですから、取材先には苦労しますが、南房総は県内でも感染者数がダントツに少ない地域ですから、旅行者が現地で新型コロナに感染する可能性は低いと思いました。
 最初の目的地は「館山城・城山公園」です。この公園について、館山市のHPには以下のように書かれています。

 城山公園は館山市街の南側丘陵に位置し、この地にはかつて戦国時代の武将、里見氏の居城がありました。公園内には、椿・梅・桜・ツツジ等の花木が小径をうずめ、季節に合わせて見事に咲き誇ります。
 山頂には天守からの眺めが楽しめる三層四階天守閣様式の館山城(八犬伝博物館)、中腹の館山市立博物館本館と併せて歴史の散策が楽しめます。
 また、頂上付近には万葉集にも詠まれた植物を小径に集めた万葉の径や、桜・楓・松・梅などを配植し、白砂利の枯山水、小流れなどを設けた日本庭園と茶室があり、茶会等に利用することができます。

公園入口(北東側)から見た「館山城」
TSK21_01.JPG
 現在建つ天守は、後に丸岡城を模して1982年(昭和57年)に再建された模擬天守です(当時の天守の概要や外観については不明)。

 案内図を見ると、上の写真の林の中に「つばきの径」があるというので、登ってみました。

TSK21_09.JPG

 登りながら撮ったツバキです。1枚目は乙女椿、4枚目は藪椿でしょうが、残念ながら名札はなく、品種名が分りません。

TSK21_05.JPG
TSK21_07.JPG
TSK21_08.JPG
TSK21_10.JPG
TSK21_11.JPG
TSK21_12.JPG
TSK21_13.JPG
TSK21_15.JPG
TSK21_16.JPG
TSK21_17.JPG
TSK21_18.JPG

 ツバキの木が絶えた頃、1本の桜の木が表れました。河津桜だろうと思います。

TSK21_20.JPG
TSK21_22.JPG
TSK21_26.JPG
 間もなく館山城がある本丸です。
 2月3日撮影。
(つづく)

"南房総ドライブ旅(1) 館山市・城山公園のツバキ色々、河津桜"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]