(続)川口グリーンセンターにて(6) カトレア類の色々 & (続)日本人のお名前(7)

 1月に再訪した川口市立グリーンセンターの鑑賞温室(ラン温室)で見たカトレア類の続きです。
 なお、名札に書かれた品種名は、可能な限り、新属名に変更し、旧属名を( )内に記しています。


リンコレリオカトレヤ・マートル・ビーチ ‘クルルスミス’
Rlc. (Blc.) Myrtle Beach ‘Krull-Smith’HCC/AOS (C. Pacific x Rlc. Oconee)
赤花系の大輪種で、存在感がある。花粉親のオコニーは銘花
IMG_5848.JPG

リンコレリオカトレヤ・シー・スワール ‘ワールプール’
Rlc. (Blc.) Sea Swirl ‘Whirlpool’ HCC/AOS
(Rlc. Greenwich x Rlc. Mount Bemon)
1989年登録のメリクロン・グリーン系の大輪種
ワールプールは北アメリカの大手白物家電メーカーの名でもある
IMG_5850.JPG

リンコレリオカトレヤ・ナコーチ ‘ファンタジア’
Rlc. (Blc.) Nacouchee ‘Fantasia’ AM/AOS (Rlc. Headon x C. Estelle)
1952年登録のパステルピンク系の交配種。親株として利用されている
IMG_5852.JPG

カトレヤとリンコレリオカトレヤの交配種
C. Gaston Bulter x Rlc. (Blc.) Sun Star
IMG_5854.JPG

カトレヤ・ボナンザ ‘ネ・プラス・ウルトラ’
C. (Lc.) Bonanza 'Ne Plus Ultra' AM/ODC
1949年登録の往年の銘花。交配親としても有名
IMG_5862.JPG

リンコレリオカトレヤ・クレ・ビーチ ‘レネット・ナンバーツー’
Rlc. (Blc.) Kure Beach 'Lenette #2' (Rlc. Fortune x Rlc. Iliad)
1983年登録の大輪イエローコンカラー系の代表品種
IMG_5866.JPG

カトレヤ・ドゥビオサ ‘パーフェクション’
C. Dubiosa 'Perfection' AM/AOS  (C. harrisoniana x C. trianae)
フランスで生まれの古い品種(1890年登録)。交配親として多く利用される
IMG_5877.JPG

カトレヤ・ビューメスニル ‘パルメ’
C. (Lc.) Beaumesnil ‘Parme’ AM/RHS (C. Culminant x C. loddigesii)
クラシックの銘花(カルミナント)と原種(ロディゲシー)の交配種
IMG_5879.JPG

リンコレリオカトレヤ・アルビオン
Rlc. (Bc.) Albion (Rlc. Thorntonii x C. trianae)
これも交配種と原種(トリアナエ)の交配種
IMG_5881.JPG

レリオカトレヤ・クレイトン・ワーグレー
Lc. Clayton Waglay (L.anceps×C.Claesiana)
これも交配種と原種の交配種。比較的小振りの花(径7cmくらい)
IMG_5883.JPG

リンコレリオカトレヤ・パストラル ‘イノセンス’
Rlc. (Bc.) Pastoral ‘Innocence’ HCC/AOS
(C. Mademoiselle Louise Pauwels x Rlc. Déesse)
1961年に登録された白花の超有名銘花
IMG_5890.JPG
 1月27日撮影。
(つづく)


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~

(続)日本人のお名前(7)
 ラグビーの五郎丸選手は珍しい名字ですが、五郎畑さんがいらっしゃいました。


苗字_9.jpg

五郎畑さん 読み:ごろはた、ごろばた
 「名字由来net」では、全国順位 31,674位、全国人数 およそ100人の超レア苗字で、「近年、広島県、香川県、奈良県などにみられる」としか書かれておらず、由来は不明です。
 「日本姓氏語源辞典」では、30,947位、約100人で、「広島県。地形。男性の名前の五郎と畑から。広島県尾道市御調町大山田に分布あり」と記載されており、名前と地形を合わせたものでした。
 なお、五郎丸さんは「名字由来net」では、全国順位 8,343位、およそ970人、「日本姓氏語源辞典」では、8,307位、約1,000人だそうです。

志手さん 読み:して、しで
 「名字由来net」では、全国順位 11,915位、全国人数 およそ550人ですが、「大分県、福岡県、大阪府などに多くみられる」とだけあり、由来は不明です。
 「日本姓氏語源辞典」では、10,395位、約700人で、「大分県。大分県杵築市山香町大字野原の小字の志手から発祥。大分県速見郡日出町(その他)が藩庁の日出藩士に江戸時代にあった。大分県大分市三芳志手、大分県津久見市志手町、大分県豊後高田市玉津志手町は江戸時代に記録のある地名」と書かれており、地名由来の苗字であることが分りました。

 記事を作成するにあたり、下記のHPを参考にしています。
「名字由来net」(こちら
  日本人の苗字99%を掲載する(上記番組に出演中の森岡さんのサイト)
「日本姓氏語源辞典」(こちら
  日本最大級の姓氏辞典サイト。110,027個の姓氏を解説
(つづく)

"(続)川口グリーンセンターにて(6) カトレア類の色々 & (続)日本人のお名前(7)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]