山手七福神巡り…その3(瑞聖寺=布袋尊)

 1月6日に山手七福神巡りに参加しました。今回は、二番目のお寺、瑞聖寺(布袋尊)です。
 瑞聖寺は白金台小学校の建物北端の向かい側、路地の奥にあります。途中に山門があり(左下)、更に狭い階段を登っていきます。
画像画像

紫雲山瑞聖寺(しうんざんずいしょうじ)
  宇治萬福寺を本山とする黄檗宗寺院であった。当寺は、「本山の光景を
  模擬する所にして、其経営頗る他に異なり、江戸黄檗宗寺院最初創建
  の伽藍」(『江戸名所図会』)として注目される。 (寺のHPより)
布袋尊
  中国の禅宗の僧侶がモデルで、大きな袋を担いでいます。肥満体で太
  鼓腹でにこやかな顔をして、豊かな暮らしと円満な家庭の守護神です。

 境内は意外に大きく、正面に国の重要文化財である大雄宝殿(だいおうほうでん)があります。参詣の後、大雄宝殿前で記念写真を取りました(石田さん提供)。私は前列左端です。
画像

 ご本尊は木造の釈迦如来坐像です(左下)。布袋尊はご本尊の右側においでになりました(右下)。
画像画像

 大雄宝殿と釈迦如来坐像(港区有形文化財)などの説明板です。
画像画像

 大雄宝殿の手前を右(北)に進むと、目黒通りに出ることが出来ます(左下)。こちらが本来の参詣道のようです。
 三番目のお寺へは目黒通りを西に進みますが、直ぐに東京メトロ白金台駅(右下)で、その北側は東京大学医科学研究所と附属病院(奥の茶色いビル)があります。
画像画像

 目黒通りで見かけたハツコイソウ(初恋草、クサトベラ科レケナウルティア属)を見かけました。紫色の品種は初めて見ました(その奥はプリムラ・マラコイデス)。
画像画像
画像

 三番目のお寺、妙円寺(福禄寿、寿老人)は直ぐ近くです。
(続く)

"山手七福神巡り…その3(瑞聖寺=布袋尊)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]