美人歯科衛生士からのおさそい

 歯科医院からクリーニングを勧めるはがきをもらった。なかなか面倒見の良い歯医者だ。はがきの中に、「普段ご自身で磨きづらいところを歯科衛生士・Nがお手伝いをさせて頂きます」とあった。
 あの美人衛生士はNさんと言うんだ。では、美人にお目にかかりに行きましょう、とかなり動機は不純だ。でも、歯の本数は長生きのバロメーターらしいし、芸能人でなくても「歯は命」ですから・・・。
 歯医者さんもクリスマスイルミネーション。
画像

 椅子を倒して、先ずは歯のチェック。虫歯は全くなし(治療済は除く)だったが、磨きにくいところに歯垢があり、歯石予備軍もあるとのことで、掻き取ってもらう。次に、水と粉を高速で吹き付けて細かいところの汚れを落とす・・・・これは初めての経験だった。最後に、回転するブラシで磨いてもらった。また、気になる歯先のとがったところを少し削ってもらう。
 歯科医師によると、歳をとって一番先に抜け落ちるのは、上あごの一番奥の歯だという。だから、左右の奥歯を念入りに磨いてくださいとのこと。

 待合室においてある日経ナショナルジオグラフィック誌・・・かなりアカデミック。また、くだらない漫画などは一切置かないところも気に入っている。
画像

"美人歯科衛生士からのおさそい"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]