くらしの植物苑にて(3) 古典菊の色々(その3) 丁字菊、江戸菊

 11月12日、佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に古典菊などを見に行ってきました。今回は、丁字菊や江戸菊の紹介です。 丁字菊とは(苑のリーフレットから引用)  江戸時代に盛んに栽培されていた菊で、外周に平弁の舌状花が伸び、中心の筒状花の花弁が大きく発達して盛り上がって咲きます。この盛り上がった形が、香料の丁字(クローブ。フトモモ科の植物)の花に似ていることから名づけられまし…

続きを読む