くらしの植物苑にて(3) 古典菊の色々(その3) 丁字菊、江戸菊

 11月12日、佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に古典菊などを見に行ってきました。今回は、丁字菊や江戸菊の紹介です。

丁字菊とは(苑のリーフレットから引用)
 江戸時代に盛んに栽培されていた菊で、外周に平弁の舌状花が伸び、中心の筒状花の花弁が大きく発達して盛り上がって咲きます。この盛り上がった形が、香料の丁字(クローブ。フトモモ科の植物)の花に似ていることから名づけられました。アネモネ咲きとも呼ばれています。


丁字菊の展示の様子
IMG_0953.JPG

岸の赤星(きしのあかぼし)
IMG_0955.JPG

元禄丸(げんろくまる)
IMG_0958.JPG

希望丸(きぼうまる)
IMG_0961.JPG

岸の磐梯(きしのばんだい)
IMG_0975.JPG

白雲丸(はくうんまる)
IMG_0973.JPG

武蔵丸(むさしまる)
IMG_0971.JPG

江戸菊とは(苑のリーフレットから引用)
 花弁は平弁で、開花するにつれて花が様々に変化(芸をする)のが特徴で、この変化を「狂い」と呼びます。狂いは開花直後から始まり、終わるまでには1か月近くもかかります。江戸菊は江戸時代の初頭から育成されていましたが、現在に受け継がれる花形が成立したのは、江戸時代後期の文化・文政期(1804~1830)とされています。


江戸菊の展示の様子(昨年より開花が遅れている)
IMG_6653.JPG

江戸菊の「狂い」・・・開花直前から開花1か月後くらいまで(ネットより借用)
edo_gei.jpg

新秋の紅(しんしゅうのくれない)
IMG_0991.JPG

薄化粧(うすげしょう)
IMG_0989.JPG

江戸の白桜(えどのしろざくら)
IMG_1014.JPG

達磨山(だるまやま)
IMG_1017.JPG

以下は、くらしの植物苑が開発・育成した品種です

RE-1(実生)
IMG_1020.JPG

RE-3(実生)
IMG_0994.JPG

RE-13(実生)
IMG_0996.JPG

RE-15(実生)
IMG_1010.JPG

RE-16(実生)
IMG_0987.JPG
 2022年11月12日撮影。

 次回は、奥州菊を紹介します。
(つづく)

 都合により、コメント欄を閉じています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 100

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい