秋の箱根1泊旅(1) 箱根ガラスの森美術館にて(1) 庭園① & ヴェネチアン・グラス美術館

 10月25日から1泊で箱根に旅行してきました。温泉に行きたいという妻の希望を叶えたものです。しかし、現在の私(前立腺全摘手術後の副作用による尿漏れ中)は、皆さんと一緒の温泉には入れないので、ホテルの部屋のバスタブで我慢です。
 25日は生憎の曇りなので、箱根湿性花園へ行くのは翌日にして、1日目は箱根にある美術館を2つ見てきました。
 今回は、箱根ガラスの森美術館について投稿します。ここは8年ぶり、3回目です。


入口です。晴れていれば、クリスタルガラスがキラキラ輝くのですが・・・
HKNG_03.JPG

受付を通過すると、建物や庭園が見渡せます(園内マップはこちら=PDF)
左の建物がヴェネチアン・グラス美術館、その右が「光の回廊」
HKNG_06.JPG
HKNG_08.JPG

「光の回廊」はクリスタルガラス(約16万粒)のアーチ
高さ約9m、全長約10m。晴れていればキラキラ光るのだが
HKNG_10.JPG

池の中の「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」は
500以上のガラスパーツの組み合わせ。手前の鳥はマガモ
HKNG_13.JPG

 先ずは、ヴェネチアン・グラス美術館に入って、名品を鑑賞しました。ありがたいことに、ここは、フラッシュを使わなければ、館内の撮影が可能です。

HKNG_14.JPG
HKNG_91.JPG

展示作品の中からいくつか紹介します

花装飾キャンデラブラム
19世紀、ヴェネチア、宙吹き、溶着装飾、モール装飾
HKNG_20.JPG

人物行列文壷
1500年頃、ヴェネチア、宙吹き、エナメル彩、金彩
HKNG_33.JPG

マーブル・グラス・デカンター
16~17世紀、ヴェネチア、宙吹き、マーブル・グラス
HKNG_37.JPG

点彩花文蓋付ゴブレット
1500年頃、ヴェネチア、宙吹き、モール装飾、エナメル彩、金彩
まるで「羽根のように軽い」と表現される、
ヴェネチアン・グラスの特徴を備えた逸品
HKNG_39.JPG

レース・グラス蓋付ゴブレット
16世紀末~17世紀初頭、ヴェネチア、宙吹き、レース・グラス、溶着装飾
16世紀初頭に発明されたレース・グラスは、ガラスの貴婦人と称え
られ、現在もヴェネチアン・グラスの代名詞となっている
HKNG_46.JPG

レース・グラス鷲爪脚ゴブレット
17世紀初頭、ヴェネチア、宙吹き、レース・グラス、モール装飾
HKNG_48.JPG

点彩扁瓶
16世紀、ヴェネチア、宙吹き、エナメル彩、金彩
16世紀、欧州ではまだ制作できなかった中国の白磁を見て、ムラーノ島の
ガラス職人は、錫酸化物などを混ぜることにより乳白色ガラスを作った
HKNG_35.JPG

ガラスの帆船
18世紀、ヴェネチア、ホット・ワーク(注)
注:熔けたガラスを自在に操って様々な形を作る、職人の熟練技術
HKNG_27.JPG

ヴェネチアン・グラス美術館の2階から見た庭園(右の建物はレストラン)
HKNG_99.JPG

ガラスの葡萄
HKNG_115.JPG

窓越しに見た「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」
HKNG_112.JPG
 2022年10月25日撮影。

 次回は、庭園で咲いていた花やガラス細工、同じ敷地内にある現代ガラス美術館の作品などを紹介します。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 99

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    ヴェネチアングラスの名品の数々が凄い!
    目の保養になりますね~。外のガラスも晴れればキラキラ輝くんですか。いいですね~。
    2022年11月01日 12:55
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ここは晴れていると、素晴らしいのです天気はままなりません。
    ヴェネチアン・グラス、間近に見ると、良くこんなものが作れたなーと感心しきりです。
    2022年11月01日 18:47
  • 無名子

    こんばんは!
    クリスタルガラスの「光の回廊」お日様が出たら凄いんでしょうね。
    「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」
    明るい日射しの中で見たら、どんな景色に成るのかな。
    ヴェネチアン・グラスの銘品、目の保養ですね (^o^)
    2022年11月01日 18:49
  • 長さん

    無名子さん、コメントありがとうございます。
    光の回廊は、過去2回は晴れていてキラキラかガヤしていましたが、今回は残念でした。
    パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリアは白ガラスなので、光が当ってもキラキラはしません。中に電球でも組み込んだら切れに見えるかもね。
    ヴェネチアン・グラス、何度見ても素晴らしいです。
    2022年11月01日 19:26
  • nobara

    箱根ガラスの森美術館は、外から見ても魅力的ですね。
    わたしは一度も中に入ったことはないんですよ。
    こうやって見せていただくのはありがたいですね。
    中のガラスの照明などとっても綺麗ですね~
    「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」
    凄い作品ですね。これって外から見える??

    長さん、大変な中、良くお出かけになりますね~
    私も本日、麻酔科の受診で怖い話をいっぱい聞いてきました(笑)
    その後も色々な検査、検査で、足を引きずりながら6000弱、歩いてました。
    日赤は古いからやれ一号館の2階、二号館の3階、あっちだこっちだと
    かなりのウオーキングになりました。途中でここは何処?状態です。
    2022年11月01日 20:31
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    箱根ガラスの森美術館は道路からでも一部のクリスタルガラスが見えますが、入館料が高いだけに中は素晴らしいですよ。
    「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」 はご覧のように池の中ですから、近くでは見る事が出来ません。
    実は、尿漏れ対策グッズ(貯尿式レッグバッグ)を購入し、それを装着して出かけました。他人には装着しているのが分りませんので、普通に振る舞えます。
    病院の説明は万一の場合も想定して説明されますから、まともに聞いていると怖いですよね。大きな病院だと移動するのは大変ですよね。車いすが借りられれば良かったですかね。
    2022年11月01日 21:59
  • eko

    箱根ガラスの森美術館は一度行ってみたい所です。「光の回廊」池の中の「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」は凄いですね。天気が良くてキラキラ輝いたら見事でしょうね。
    ヴェネチアン・グラス美術館はフラッシュ無しで撮影可能なのは良いですね。見事な名品の数々、見応えがあります。ガラスの帆船が素晴らしい。
    2022年11月01日 22:50
  • ミキ

     箱根ガラスの森美術館、とても懐かしいです。
    3回ほど出かけた事があります。
    庭園の様子も変わっていて、楽しみに
    見せていただきます。
     いよいよ私の気持ち玉が無効になりました。
    名前が入らないので、これからは使えません。
    ちょっとびっくりですが、仕方がないですね。(^^♪
    2022年11月02日 00:23
  • yoppy702

    クリスタルガラスの木ですか。
    後で登場する、光の回廊もそうですが、さすが、ガラスの森美術館ですね。
    ここは、クリスマス・イルミがあったようですから、夜の姿も綺麗でしょうね。

    ヴェネチアン・グラス美術館の展示品、素晴らしいですね。
    1500年頃に、こんな芸術作品が創られていたんですね。
    驚きです。
    レース・グラスがメッチャ綺麗。
    ガラスの貴婦人ですか…
    納得の表現ですね。
    2022年11月02日 00:34
  • 信徳

    晴れたらガラスの花がキラキラ輝くのですね。
    ガラスのシャンデリア凄いのが有ります。博物館も色々有って楽しめますね。箱根方面、もう半世紀も行ってません。
    2022年11月02日 06:50
  • mai

    おはようございます
    ガラスの森美術館
    随分昔に訪れた事がありますが
    素敵な作品が並んでいますね
    なぜかガラスが大好きなので
    生で見たいです~
    2022年11月02日 07:11
  • すーちん

    おはようございます
    困難な状態でのお出かけ
    気分的にもとても良いことだと
    思います
    シャンデリアは外にあるんですかー

    2022年11月02日 08:25
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    箱根にはいくつもの美術館がありますから、一つ一つ見ていったら、3日あっても足りません。そんな中で、ここはお勧めの美術館です。晴れていたら尚更です。
    2022年11月02日 09:25
  • 長さん

    ミキさん、コメントありがとうございます。
    ミキさんもここの3回お出でになりましたか。過去2回は夏だったので、花も沢山咲いていました。
    biglobeの気持ち玉、良い制度だったのに、残念ですよね。
    2022年11月02日 09:33
  • 長さん

    yoppy702さん、コメントありがとうございます。
    ここでは明日からクリスマスの企画展が始まりマシが、12月1日から25日までの16時~17時半にイルミネーションが点灯されるようで、その工事が始まっていました。
    展示品はどれも素晴らしいものばかりでした。ブログには載せませんが、現代作家の作品も展示されていました。
    2022年11月02日 09:45
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    箱根は半世紀ご無沙汰ですか。我が家は、箱根湿性花園があるので、2020年代ではこれが4回目です。
    ガラスの森美術館は晴れの日がお勧めなのですが、今回は晴れの予報が外れたので、止むナシです。
    2022年11月02日 09:49
  • 長さん

    maiさん、コメントありがとうございます。
    ガラスの森美術館、いらしたことがおありなんですね。歴史的な逸品なので、殆どがガラス越しの鑑賞になりますが、素晴らしさは充分感じられました。
    2022年11月02日 09:51
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    鬱陶しい毎日ですが、たまにはと言うことで、一泊旅行をしてきました。尿漏れ対策の行ったので、良い旅になりました。
    白ガラスのシャンデリア、屋外ですからね。中に電灯を付けたら綺麗に見えるでしょうね。
    2022年11月02日 09:55
  • ジュン

    ここはお庭も室内も素敵です
    一泊でお出かけ
    美術館もゆっくり見学が出来ますね
    2022年11月02日 10:23
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    箱根にはいくつもの美術館がありますが、ここは気軽に鑑賞することが出来るのが良いです。ただ、曇りで残念でした。
    2022年11月02日 15:33
  • コスモス

    私も来週箱根へ行く予定です。
    湿性花園は決まっていますが、
    他にどこに行くか思案中です。
    やはりガラスの森美術館は行った方がいいですね。
    2022年11月04日 08:12
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    晴れていればガラスの森美術館は最高です。ポーラ美術館も敷地内を散策出来ますが、林の中なので、花はあまり期待できません。
    芸術の秋にしたいのなら、岡田美術館がお勧めです。
    2022年11月04日 14:42