都立水元公園にて(5) グリーンプラザの野草園にて(その2)

 9月16日に都立水元公園に行ってきました。
 今回は「グリーンプラザ」の裏側にある野草園で見た花などの続きです。


ナンバンギセル(南蛮煙管)
ハマウツボ科ナンバンギセル属の寄生植物(ここではススキに寄生)
花期は7~8月。万葉集にはオモイグサ(思い草)の名で登場する
IMG_7534.JPG
IMG_7538.JPG
これは、ナンバンギセルが寄生していたススキ
IMG_7563.JPG

セイヨウニンジンボク(西洋人参木)
シソ科ハマゴウ属の耐寒性落葉中木。原産は南ヨーロッパから中央アジア
花期は7~9月。別名:チェストツリー、チェストベリー、バイテックス
IMG_7541.JPG

マルバルコウ(丸葉縷紅)
ヒルガオ科サツマイモ属のつる性一年草。花期は8~10月
熱帯アメリカ原産の帰化植物で、暖地の道端などに生える。花径は2cm
マルバルコウソウとも言う。江戸時代、観賞用として渡来
IMG_7542.JPG
 中央の花はセイヨウニンジンボク
IMG_7543.JPG

ムクゲ(木槿)
アオイ科フヨウ属の落葉低木。インド~中国原産。別名ハチス
薄紫の半八重。まだまだ元気に咲いていた
IMG_7540.JPG
IMG_7539.JPG

ツルレイシ(蔓茘枝、蔓荔枝)
ウリ科ツルレイシ属の一年草。原産は熱帯アジア
一般的には、ニガウリやゴーヤ(ゴーヤー)の方が有名ですね
IMG_7545.JPG
IMG_7544.JPG

サルビア・ガラニチカ
IMG_7546.JPG

ルドベキア・ヒルタ
IMG_7547.JPG
 左後ろはハナトラノオ。ミズヒキも見える

シバザクラ
IMG_7548.JPG

ヒマワリ(品種は不明)
IMG_7552.JPG
野草園の雰囲気が分る写真を撮り忘れたので、これで代用
IMG_7551.JPG

ヒョウタン
IMG_7555.JPG

ケイトウ(白花)
IMG_7562_1.jpg

ローゼル
アオイ科フヨウ属の一年生または多年生の亜灌木(亜低木)
西アフリカ原産、インド~マレーシアにかけた地域が原産(諸説あり)
別名:ハイビスカス・ローゼル、ロゼリ草、レモネードブッシュなど
花期は8~11月で、クリーム色かピンクの花が咲く
IMG_7556.JPG
IMG_7559.JPG
花後に萼と苞の部分が膨らんだもの
IMG_7557.JPG
 タイ王室が国賓をもてなすときに出すというローゼルティーはこの赤い萼を乾燥させたもの。沖縄では萼を使ってリキュールを作っている。

 2022年9月16日撮影。

 次回は、近くの水生植物園に行ってみます。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 95

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 信徳

    昨日私もナンバンギセルを撮ってきました。昨年の秋にそこの種を採って来てミョウガ畑に植えたのですがナンバンギセルは発芽しないで失敗でした。明日は秋分の日、愈々ヒガンバナの開花です、楽しみ!
    2022年09月22日 12:24
  • イッシー

    ナンバンギセルは密集度が高く見応えある個体ですね。
    マルバルコウとセイヨウニンジンボクの組み合わせも面白いですね。ローゼルの花は優しい色合いでいいですよね。
    2022年09月22日 12:55
  •  もこ

    ナンバンギセルは画像では良く拝見するのですが実物は見たことがありません ススキに近寄ると葉に傷つけられるから近くに寄らないので見られないのかな
    2022年09月22日 16:03
  • 無門

    こんにちは

    瓢箪もいろいろ種類があって
    面白い形ですね
    ゴーヤーも夏を彩る花
    棚に涼しさを現してくれます
    2022年09月22日 17:24
  • river

    ナンバンギセル野生でも見ることがありますが以前鉢で栽培したことがあります。宿主はススキです。ケト土に胞子を混ぜるケト玉でススキの根元に植え込む方法です。しかし何年かしたら宿主のススキが全部枯れてしまいナンバンギセルも発芽しなくなりました。ギボウシでも発芽するといわれてやってみましたがうまくいかず栽培をやめました。
    2022年09月22日 17:27
  • nobara

    ナンバンギセル、ラッキーでしたね~
    なかなか、見られませんもんね。
    マルバルコウとセイヨウニンジンボクのコラボ?
    面白いです(^o^)丿
    ゴーヤ、これは雌花?雄花?
    斜め向かいのお宅、二階のベランダ迄伸びていますが
    実がちっともつかないんですぅ~と。
    雌花がないのかなと、お話ししました。
    ガラニチカは我が家の玄関の外で大暴れしています。
    ポキポキ折れるので、ラクチン、いい香りがします。
    ヒマワリ、シロタエヒマワリなのかしら?
    ノゲイトウ(セロシア)ですね。
    ローゼル、アオイ科らしいお花ですね。
    赤い実が、変わってますが魅力的ですね。
    2022年09月22日 17:28
  • eko

    ナンバンギセルが見られて良いですね。一度も見たことがありません。
    セイヨウニンジンボクがまだ咲いているんですね。セイヨウニンジンボクと一緒にマルバルコウも可愛い花を咲かせていますね。
    こちらの堤防にはこの花が繁茂して野生化しています。
    ムクゲやルドベキアは長く咲いてまだ元気ですね。
    ローゼルもアオイ科、綺麗な花が咲きますね。
    2022年09月22日 17:56
  • なおさん

     野草園というからには、もっといろいろ見られるのかと期待したのですが、前回の記事と合わせてもあまり多くの種類は見られないようですね。ナンバンギセルは万葉植物としては人気がある方で、秋の山野草展でもお馴染みですね。

     ローゼルティーは、以前武蔵丘陵森林公園の都市緑化植物園の売店でも乾燥ハーブとして売られていて、買ったことがあります。酸味がありますよね。
    2022年09月22日 18:16
  • 無名子

    こんばんは!
    野草園、在来の野草が多いのかと思ったら、
    園芸種も多いんですね (^o^)
    ナンバンギセル、暫く見ていません、
    ススキの根元、しっかり見ているんですが・・・
    2022年09月22日 19:17
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ナンバンギセルはススキなどのイネ科だけでなく、ミョウガやギボウシにも寄生するそうですが、ミョウガでは失敗でしたか。
    やっとヒガンバナが咲きそうですか、楽しみですね。私は、昨日、たくさん見てきました。
    2022年09月22日 21:10
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ナンバンギセル、ここはススキに寄生させていましたが、沢山咲いていましたよ。
    セイヨウニンジンボクは木ですから、普通、マルバルコウと一緒に咲くことはないのですが、ここは枝が垂れて絡みつかれたようです。
    ローゼルの花は見たことがないですか。
    2022年09月22日 21:14
  • 長さん

     もこさん、コメントありがとうございます。
    ナンバンギセル、ススキなどのイネ科やミョウガやギボウシ、ユッカなどにも寄生します。ススキの場合は、低い姿勢で探したら、見つかるかも。
    2022年09月22日 21:18
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    このヒョウタン、小さいので百成瓢箪らしいです。
    ゴーヤーが好きなお宅は夏の日よけと実の収穫が出来るから一石二鳥ですね。
    2022年09月22日 21:26
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ナンバンギセル、宿主が枯れたら一蓮托生ですね。イネ科だけでなく、イネ科やミョウガ、ギボウシ、ユッカなどでもOKだそうですが、もうあきらめですか。
    2022年09月22日 21:30
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ラッキーなことに、ナンバンギセルが沢山咲いていました。ススキもたくさん生えていましたからね。
    普通、セイヨウニンジンボクにマルバルコウが絡みつくなんてことはないですからね。
    このゴーヤは雄しべが目立ちますね。雌花だったら花の下に実の赤ちゃんが見られるはずです。見たところろ、この株も雄花ばかりのようでした。
    サルビア類はよく増えそうですね。昨年植えた我が家のピンクアメジストも今年はたくさん花が咲きそうです。
    ヒマワリはシロタエヒマワリの可能性ありですね。
    ローゼルの実、面白いですね。おまけに、表面に毛か生えているんですよ。
    2022年09月22日 21:48
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ナンバンギセル、まだ出会えませんか。木曽三川公園ならありそうですがねー。
    セイヨウニンジンボク、残り花ですね。枝が垂れてmマルバルコウに絡みつかれてしまいました。
    マルバルコウが繁茂していますか。我が家の辺りはまだ探すのが困難です。
    ローゼルはクリーム色の花も見たことがありますよ。
    2022年09月22日 21:56
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    野草園とは名ばかりのような感じで、ちょっと期待外れでした。HPには300種類で名札付と書かれていましたが、それは昔の話のようです。
    ナンバンギセル、その名からは渡来植物と思ってしまいますが、古くから日本に自生していたのですね。
    ローゼルティーは酸味がありますか。私は味わったことがないです。
    2022年09月22日 22:05
  • 長さん

    無名子さん、コメントありがとうございます。
    野草園という名だったので期待したのですが、名前倒れでした。HPの謳い文句は昔のことのようでした。
    ナンバンギセル、自生種を探すのは難しそうでね。
    2022年09月22日 22:12
  • yoppy702

    ナンバンギセルって、万葉集で「思い草」で登場するんですね。
    そんな古から知られていたなんてビックリです。(^^ゞ
    「ナンバンギセルが寄生していたススキ」の画像を見ると、この野草園って広そうですね?

    薄紫の半八重のムクゲ、素敵な色ですね。
    半八重というのも、一重より可愛いいですし。

    サルビア・ガラニチカってメド・セージの事ですね?
    これを見ると、いっつも、ヘビが大口を開けてるように見えで、ドキッです。
    色は大好きなんですけどね。(^^ゞ

    ローゼルの赤い顎がローゼルティーになるんですね。
    赤色なんでしょうから、ローズヒップティーみたいな感じなんやろなぁ…
    2022年09月23日 00:46
  • すーちん

    おはようございます
    ヒョウタン
    いろんな形してますねー
    電気スタンドとか利用されてます
    2022年09月23日 09:13
  • 長さん

    yoppy702さん、コメントありがとうございます。
    ナンバンギセルが日本に自生していて、万葉名が思い草だなんて知らない人が大部分でしょうから、南蛮渡来の植物だと思うのが普通ですよね。
    コノ野草園、思ったよりはずっと狭くて、いわゆる野草は少なかったです。
    サルビア・ガラニチカ、仰る通り、別名はメドーセージです。蛇に見えましたか。大丈夫、such色の屁ベはいませんから(笑)。
    2022年09月23日 10:21
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ヒョウタンで電気スタンドですか。ヒョウタンは一番最初に出来る実(元成りヒョウタン)以外は真っ直ぐ座らないそうですよ。
    2022年09月23日 10:24
  • ろこ

    ナンバンギセルが咲いているんですね。
    私も鉢植えでススキを植えてその根元に・・・
    でも今年はまだなんですよ。
    夏が暑すぎたからかな?
    咲いたらブログUPしますね。

    ローゼルの蕾?
    サボテンの蕾に似ていますね。
    2022年09月24日 00:48
  • 長さん

    ろこさん、コメントありがとうございます。
    鉢植えのススキにナンバンギセルを蒔きましたか。それは楽しみですね。今年駄目なら再チャレンジですね。
    最期の写真はローゼルの実です。これを乾燥させてローゼル茶にします。
    2022年09月24日 12:10