22年夏のつくば植物園にて(3) ハマナデシコ、ハマナス、ノリウツギ、ヒメガマ、ハンノキ、ゴンズイ、ヒオウギ、ヒトツバハギ、コバノガマズミ、シャシャンボ、ムラサキシキブ、マユミ

 8月10日、つくば植物園に行ってきました。
 地植えのレンゲショウマが咲いているのは植物園の敷地の北端近くです。そこに至るまでに見た花などの紹介を続けますが、今回は木の実が多いです。


ハマナデシコ(浜撫子)
ナデシコ科ナデシコ属の多年草。本州中南部、沖縄に分布
花期は6~11月。花径2cm。 我が町内でも咲いています
別名:フジナデシコ(藤撫子)、ベニナデシコ(紅撫子)
IMG_6537.JPG

ハマナス(浜茄子、浜梨)の実
バラ科バラ属の落葉低木。東アジアの温帯から冷帯にかけて分布
日本では北海道に多く、南は茨城県、島根県まで。主に海岸の砂地に自生
花期は6~8月だが、既に咲ききっているようだ
IMG_6533.JPG

ノリウツギ(糊空木)
アジサイ科アジサイ属の落葉低木。北海道、本州、四国、九州に分布
既に花は反転しており、小さな実がたくさん出来ていた
IMG_6569.JPG
IMG_6568.JPG

ヒメガマ(姫蒲)
ガマ科ガマ属の多年草。北海道〜沖縄に分布
ソーセージ状の部分は雌花。その上に間を置いて(1.5~7cm)雄花が付く
のだが、間がないように見える。ガマの可能性ありだが、案内図に従った
IMG_6530.JPG
IMG_6532.JPG

ハンノキ(榛の木)の実
カバノキ科ハンノキ属の落葉高木。日本では北海道から九州・沖縄に自生
花期は11月~翌年4月で、今頃は松かさ状の実が見られる
IMG_6535.JPG

ゴンズイ(権萃)の実
ミツバウツギ科ゴンズイ属の落葉小高木。花は見たことが無い
関東以西の本州・四国・九州に分布。日本固有種
果皮はもっと赤くなり、割れると中から黒い種が顔を出す
IMG_6539.JPG
IMG_6540.JPG

ヒオウギ(檜扇)
アヤメ科アヤメ属の多年草。本州・四国・九州に分布
花期は8月。花径6cm。一日花で、夕方には萎む
既に若い実が出来ている。別名:カラスオウギ(烏扇)
黒い種は「ぬばたま」と呼ばれ、和歌の枕詞として有名
IMG_6541.JPG
IMG_6544.JPG

ヒトツバハギ(一つ葉萩)の実
コミカンソウ科ヒトツバハギ属の落葉低木、雌雄異株
葉がハギに似て単葉だからが名の由来。葉の長さは3~5cm
花期は6~8月だが、小さな実が出来ていた
IMG_6546.JPG
葉を裏返してみた所
IMG_6547.JPG
雌株にはこんな花がさきます(つくば植物園のHPから)

コバノガマズミ(小葉蒲染)の実
レンプクソウ科ガマズミ属の落葉低木。福島県以西〜九州に自生
花期は4~5月。実の直径は5~7mmと小さい
IMG_6549.JPG

シャシャンボ(小小坊)の実
ツツジ科スノキ属の常緑小高木。日本に自生するスノキ属の中では大型
本州西部、四国、九州、朝鮮南部、中国に分布。別名::シャセンボ
5~7月に壷型の白い花が咲く。実は径が5mmほどで、黒く熟し、食用となる
IMG_6552.JPG

ムラサキシキブ(紫式部)の実
シソ科ムラサキシキブ属の落葉低木。日本各地の林などに自生
花期は6月。実の直径は3mm程度。秋に赤くなる
IMG_6555.JPG

マユミ(檀、真弓、檀弓)の蒴果
ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木、または小高木。日本と中国の林に自生
紅葉が綺麗で、別名ヤマニシキギ(山錦)とも呼ばれる。雌雄異株
蒴果は熟すと、4裂して、仮果皮に包まれた赤い種子が現れる(こちら
IMG_6584.JPG
 2022年8月10日撮影。

 次回は、地植えのレンゲショウマの紹介から始まります。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 112

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    いろんな実がありますね!
    植物にとっては花よりもむしろこっちが大事なんですものね。
    ゴンズイの実がおもしろそう、黒い種が顔を出すのも見てみたいですね。
    2022年08月15日 12:48
  • なおさん

     ハマナデシコの白花はうちでも育てたことがあります。花が咲き、種子が出来ると枯れてしまうことが往々にしてあるようですので、1,2年草のつもりで育てないといけないようです。

     武蔵丘陵森林公園でも見られる草木が多いですねえ。でも、ヒトツバハギは見たことがなく、初めて見せていただきました。
    2022年08月15日 13:13
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ハマナデシコに白花があるのですか。知りませんでしたよ。我が町内のものは、根がしっかり残っていて、こぼれ種でも増えているようです。
    ヒトツバハギ、初めてでしたか。私も、実が出来ていたので、初めて気付きました。
    2022年08月15日 16:28
  • river

    今回は植物の実が並びましたね。花には皆さん目を向けるのですが注意して実を見る人は少ないようです。
    ヒメガマは小鳥の餌に入っていたのがスイレン鉢で発芽してガマの穂を付けたのですが今年は日照りで咲きません。
    家のマユミは今年もたくさんの実を付けています。
    2022年08月15日 16:32
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    つくば植物館も今年は暑すぎたのか、花が少ないので、実の色々も撮ってみました。
    ヒメガマがスイレン鉢で発芽しましたか。珍しいことがあるものですね。
    マユミの実は色づいて割れてくる、秋が楽しみですね。
    2022年08月15日 18:55
  • 無名子

    こんばんは!
    草木、花後に出来る実も、それぞれの魅力が有りますね。
    ただ、花を追いかけていると、実ができている、と思っても横目で眺めて素通りしてしまいます (^_^;)
    ゴンズイの実、とても面白くて好きです。
    2022年08月15日 18:59
  • nobara

    ノリウツギ、もう?こんな姿に?
    夏の蓼科ではいい状態で見られますよね。
    道すがらの花を撮るのが楽しみでしたが。
    ハンノキはとても気になります。
    ゴンズイはたてもの園に大きな樹が何本もあり
    わたしのブログでは常連さんです(^o^)丿
    ヒオウギ、実も見られるけれど?お花もまだまだ綺麗です。
    京都の祇園祭のお花ですよね(*^-゚)⌒☆
    ヒトツバハギ、私も撮っています。そのうちに(^o^)丿
    マユミもこの頃は地味目な姿ですよね~

    2022年08月15日 20:45
  • 長さん

    無名子さん、コメントありがとうございます。
    花が咲く植物は実が出来るものが多いですね。花と実と両方を知って置いた方がよいので、季節を変えて植物園に行くようにしています。
    ゴンズイの黒い種が見えたとき、睨まれたような錯覚に陥りました(笑)。
    2022年08月15日 21:39
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    茨城も暑いですから、ノリウツギも早く開花したんですかね。蓼科ですか、標高が高いと涼しさを感じるでしょうね。
    ハンノキの松笠、初めて撮りました。
    ゴンズイの実は中身の黒い部分が見えてくる頃が良いですよね。
    隣のブロックでヒオウギが咲いていたのですが、一昨年辺りから、車の下になってしまい、花も実も見られなくなりました。
    ヒオウギは祇園祭の花ですか。知りませんでした。調べたら厄除けのためなんですってね。
    ヒトツバハギの花は見たことがあるのですが、今回初めて実を知りました。
    マユミもコマユミも、実が綺麗に見えるようになるのは来月ですね。
    2022年08月15日 21:54
  • すーちん

    おはようございます
    マユミの実
    楽しみにしてたら
    皆落ちてしまいましたー
    2022年08月16日 08:19
  • ロシアンブルー

    これから、実物のシーズンになりますね。
    ハマナスも赤くなってきますね。
    ノリウツギって、ブドウみたいに実がつくんですね。
    ヒオウギの実が和歌で読まれる「ヌバタマ」でしたか、知りませんでした。
    シャシャンボの名前が可愛いですね。
    2022年08月16日 10:17
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    マユミの実、落ちてしまいましたか。赤くなる前だったら、残念ですよね。
    2022年08月16日 14:29
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    春から初夏にさいた花から実が出来ていました。ハマナスの赤い実は6月頃咲いたものでしょう。
    ノリウツギ、たくさんの実が出来ていました。大きな花序だったようです。
    ぬばたまは黒や夜にかかる枕詞ですね。
    シャシャンボはどこかの方言じゃないかと思うのですが、はっきり分りません。
    2022年08月16日 14:36