井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(10) セイヨウオダマキ、スカビオサ、シレネ・ブルガリス、イワカラクサ、カラチダケサシ、ゲラニウム(3種)、ベロニカ・ストラム

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。
 今回は、前記事からの続きで、海外産の高山植物の紹介をしています。


セイヨウオダマキ(西洋苧環)
キンポウゲ科オダマキ属の多年草。原産は中部ヨーロッパ
距が長い、アクレイギア・カエルレア・ハイブリッド ‘マキシ’
(イエロースター)という園芸種。花期は4~6月。距の長さ8~12cm
IMG_5966.JPG
IMG_5965.JPG

スカビオサ・コーカシカ
スイカズラ科マツムシソウ属の多年草。ユーラシア原産
別名:コーカサス・マツムシソウ。花期は5~6月
(セイヨウマツムシソウとは別種)
IMG_5970.JPG

シレネ・ブルガリス
ナデシコ科マンテマ属の多年草。原産はヨーロッパ~北アフリカなど
別名:シラタマソウ(白玉草)。戦後、帰化植物となる
花期は6~8月。花径は1.5cm。花は終盤で、ちょっと悲惨
IMG_5971.JPG

イワカラクサ(岩唐草)
ゴマノハグサ科イワカラクサ属の多年草(1属1種)
ピレネー山脈やヨーロッパアルプスの高山帯の岩場や草地に生える
花期は4~7月。花径8mm。花色は他に、淡紅、淡紫色
学名はエリヌス・アルピヌス
IMG_5980.JPG

カラチダケサシ(唐乳茸刺)
ユキノシタ科チダケザシ属の多年草。シベリア、中国、朝鮮半島に分布
別名:アスチルベ・キネンシス。アスチルベの交配親。開花期は5~9月
IMG_5983.JPG
IMG_5985.JPG

ゲラニウム・マクロリズム
フウロソウ科ゼラニウム属の多年草。原産は南東アルプスとバルカン半島
花期は6~7月。花径2~3cm。漢方薬やエッセンシャルオイルに利用
IMG_5994.JPG
IMG_5995.JPG
こちらは白花の園芸種と思われる
IMG_5989.JPG
IMG_5991.JPG

ゲラニウム・プシロステモン
フウロソウ科ゼラニウム属の多年草。原産はコーカサスからトルコ
花期は6~9月。花径4cm。中心部が赤黒いのが特徴。 初見です
IMG_5996.JPG
IMG_5997.JPG

ベロニカストラム・バージニカム
ゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。原産は米国オンタリオ州~テキサス州
花期は6~8月。草丈は100cm以上
IMG_5999.JPG
IMG_6000.JPG

ポリゴヌム・アフィネ(ポリゴナム・アフィネ)
タデ科イヌタデ属の多年草。花期は7~10月。花穂は長さが10cmほどになる
原産は中国~ヒマラヤ(標高3000~4500m)。和名はヒマラヤトラノオ
花弁のように見えるのは萼片
IMG_6002.JPG
IMG_6003.JPG
 2022年7月20日撮影。

(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 114

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    おいおいそんなことも分からないで写真撮ってたのかって呆れられそうですが、日本の花ばかりではなかったんですね~。
    珍しい花っていうくらいの感覚だから。。
    我ながら自分のいい加減さに呆れます。
    2022年08月01日 12:20
  • nobara

    セイヨウオダマキ、後ろの尖がりが火星人みた~い(^o^)丿
    キバナオダマキとは形が違いますね。
    TOPの案内のスカピサオに???学名:Scabiosaだから
    piじゃなくてbiなのかなと思うのですが
    別名がScaPiosaってあるんですかね~
    変な所が気になりました。
    シレネの白玉草は膨らみからきてるのかしら?
    イワカラクサは折れ線がはっきりしてるのが面白いですよね。
    フウロソウもいろいろあって、興味津々です。
    プシロステモン4は中心部が赤黒い?イモカタバミみたいに?
    ポリゴヌムで背が高~くなるのがありますよね。
    トラノオの仲間も多いですね(*^-゚)⌒☆
    2022年08月01日 16:04
  • river

    シレネ・ブルガリスは懐かしい名前です。スイスでこの花を知りました。現地案内人はフクロナデシコと言い道端の雑草だと言いました。その後日本でも売られていることを知り3株取り寄せたのですが更新に失敗して3年で絶えてしまいました。宿根草ですが実生か挿し芽をすれば良かったと思っています。
    2022年08月01日 16:18
  • 信徳

    外国産の高山植物もイメージ的には日本のものと似ていますね。
    気候風土に合わせる為に試行錯誤している植物も有ろうかと思います。隠された苦労は有るのでしょうね。
    2022年08月01日 17:07
  • 無名子

    こんばんは!
    セイヨウオダマキも高山植物なんですね。
    意外と色んな品種の花を見ることが多いから里の花と思ってました。国産の花に比べると、一層特徴的ですよね (^o^)
    シラタマソウ、可愛い花ですね。
    ゲラニウム、フウロの仲間はどれも同じに見えてしまいます。
    どれも可愛らしいですね。
    2022年08月01日 19:39
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    私の場合は名札を先ず撮りますから分りますが、花だけ撮っているとそういうことがありますよね。
    2022年08月01日 21:25
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    セイヨウオダマキの長い距が火星人みたいに見えましたか、面白い。キバナノヤマオダマキの場合は距の先端が内側を向きますね。
    スカピオサは間違いです。初めに間違って覚えてしまったので・・・。
    シラタマソウの名の由来は、膨らんだ萼筒が白みを帯びていることからだそうです。
    イワカラクサは名札が見つからず、googleレンズのお世話になりました。名前が分ったら、今年4月末のウォーキングでピンクの花を見たことを思い出しました。中央の折れ線が特徴ですね。
    フウロソウの仲間はお好きでしたよね。プシロステモンは花弁の色が濃いから、花央から伸びる線も赤黒い。
    ポリゴヌム・アフィネの花茎を伸ばしたら、イブキトラノオに似てきますね。
    2022年08月01日 21:49
  • eko

    海外の高山植物などが見られるのも良いですね。
    黄色のセイヨウオダマキは優しい花色で素敵ですね。
    シレネ・ブルガリスの花も可愛いですね。
    イワカラクサの白い花、とても清楚で綺麗です。
    ゲラニウムも色々ありますね。どの花も可愛いです。
    2022年08月01日 21:55
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございmす。
    スイスでシレネ・ブルガリスをご覧になりましたか。日本でも出回っているので、ウォーキングで出会うことがあります。耐寒性もあり、こぼれ種でもよく増えるとネットにでていましたが・・・。
    2022年08月01日 21:58
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    これらの多くは日本でも園芸種が手に入りますから、業者から入手しているのではないかと・・・。そのような品種は日本でも育て易いのではないでしょうか。
    2022年08月01日 22:01
  • なおさん

     すらりと手足の長い洋装美人の織田麻紀さん、良いですねえ。今だと10頭身のモデルさんのようです。
     8月になり、日本の高原でもぼちぼちマツムシソウが咲き出す頃でしょうか。美ヶ原やら池ノ平で群れ咲くさまを見たのが懐かしいです。
     
    2022年08月01日 22:08
  • 長さん

    無名子さん、コメントありがとうございます。
    海外の高山植物も園芸種が日本で出回っていますから、お馴染みのものが出てきます。
    シラタマソウ、ちょっと状態が悪かったのが残念です。
    フウロソウの仲間は淡い花色が多い中で、この色は強烈ですから目立ちます。
    2022年08月01日 22:12
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    海外の高山植物は日本で園芸種が売られていますから、入手しやすいのでしょう。シレネ・ブルガリスやセイヨウオダマキ、シラタマソウなど、ウォーキングで出会ったことがあります。今年の春、イワカラクサのピンクの花に出会っていました。
    ゲラニウム・プシロステモンの花色は強烈ですね。
    2022年08月01日 22:15
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    このセイヨウオダマキは距が長いですね。距が右買物や、太くて内側にカールしているものも見かけることがあります。
    今年5月末につくば植物園に行ったのですが、屋外でセイヨウマツムシソウが咲いていました。日本固有種のマツムシソウはそろそろ咲き出す頃ですね。
    2022年08月01日 22:24
  • すーちん

    おはようございます
    スカピサは
    マツムシソウと似てますね
    改良したんでしょうか
    2022年08月02日 08:33
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    マツムシソウは日本固有種ですが、セイヨウマツムシソウや、このコーカサス・マツムシソウと同属です。ですから、良く似ていますね。
    2022年08月02日 09:58
  • ロシアンブルー

    日本の高原で見かけそうですね。
    スカビオザとかアスチルベは普通に見かける高山植物で
    外来種だったことわすれていました。
    他のも夫々の国らしいい高山植物、初めてのものばかり
    でした。
    2022年08月02日 10:24
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    高山植物、日本と海外と似たものがありますね。その園芸種も日本で流通していますから、見ただけでは分らないくらいです。
    2022年08月02日 11:15