つくば植物園にて_2022年5月(6) サバンナ温室でみた花の色々

 5月28日に訪れたつくば植物園の花を記録しています。
 クレマチスが続くと飽きられてしまいそうなので、今回はサバンナ温室で見た花で、初めて見る品種が3種類ありました。


グレビレア・ビピンナティフィダ
ヤマモガシ科グレビレア属の常緑低木。原産は西オーストラリア
世界に約250種あり、殆どがオーストラリアからパプアニューギニアに分布
この原種は初めて見ました
IMG_0718.JPG
右下のものは実らしい
IMG_0719.JPG

モンソニア・ヴェンドレイティ
フウロウソウ科モンソニア属(旧サルコカウロン属)の灌木。南アフリカ原産
細い茎が伸びると、四方に広がり、夏に花を咲かせる
和名:リュウコツセン(竜骨扇)。     初めて見ました
IMG_0739.JPG
IMG_0740.JPG

エリスリナ・ヘルバケア
マメ科デイゴ属の落葉中木。原産はアメリカ~メキシコ。  初めて見ました
4~7月頃、長さ4~6cmほどの紅色の筒状花を放射状に付ける
サンゴシトウは、アメリカデイゴとこの木を交配して作られた園芸種
IMG_0743.JPG
IMG_0742.JPG

ヤトロファ・ハスタータ
トウダイグサ科ヤトロファ属の熱帯性低木。原産はインドやキューバ
和名はテイキンザクラ(提琴桜)。別名:ナンヨウザクラ(南洋桜)など
和名の由来は、戦前、南方に派遣された兵士が桜を偲んで付けたという
IMG_0750.JPG
IMG_0749.JPG

ウンカリナ・グランディディエリ
ゴマ科ウンカリナ属の落葉小高木。原産はマダガスカル島
樹高は1~7m。葉を水に浸して揉むと、トロトロの液体になり、
シャンプーとして使えるので、「シャンプーの木」と呼ばれる
IMG_0737.JPG
IMG_0736.JPG

ユーフォルビア・プニケア(プニセラ)
トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑低木・多肉植物
原産はジャマイカで、別名:ジャマイカポインセチア
IMG_0754.JPG
赤いのは苞。花弁はなく、黄色い部分は蜜腺。花柱の先に雌しべがある
IMG_0752.JPG

ロマンドラ・ロンギフォリア
クサスギカズラ科ロマンドラ属の常緑多年草。原産はオーストラリア。
雌雄異株(写真は雌株らしい)。原住民はこの葉で籠を編んだという
IMG_0722.JPG
長い花序の所々にクリーム色の小さな花を多数咲かせる
IMG_0724.JPG

サザンクロス (クロウエア・サリグナ)
ミカン科クロウエア属の常緑小低木。原産はオーストラリア東部
以前、鉢植えを買ったことがありますが、耐寒性がなく、1年で枯れました
IMG_0725.JPG

フィロテカ・ディフォルミス ‘プロフュージョン’
ミカン科フィロテカ属の常緑低木(樹高1m程度)。オーストラリア原産
屋外での開花期は3~5月。ピンクの花もある。流通名はエリオステモン
花径は2cmほど。上のサザンクロスは3cm位
IMG_0729.JPG

トックリアブラギリ(徳利油桐)
トウダイグサ科タイワンアブラギリ属の非耐寒性落葉低木
原産は西インド諸島、中米。別名:サンゴアブラギリ(珊瑚油桐)
根元が徳利のように膨らむからこの名がある
IMG_0744.JPG
サンゴのような花序の先端にオレンジの花が咲く(右下に1輪)
IMG_0745.JPG

アクティノツス・ヘイアンティ
セリ科アクティノツス属の常緑多年草。原産はオーストラリア東南部
流通名のフランネルフラワーの方が有名
IMG_0733.JPG
 2022年5月628日撮影。

(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 116

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • なおさん

     日本にはサバンナ地帯はないので、馴染みがないものが多いですが、温室で人為的にサバンナの気候を作り出して、いろいろなものが見られると言うのは興味深いですよね。

     テイキンザクラやトックリアブラギリやサザンクロスなら新宿御苑やら神代植物公園でも見たことがあり、比較的お馴染みですよね。
    2022年06月05日 12:41
  • イッシー

    長さんがはじめてっていうんだからよっぽど珍しいのでしょうね~。私も何度かしか行ってないけれどいい加減に見ているから
    これは見たような花だな~とかって感じでいたっていい加減。。
    細かい区別なんてそもそもついて無いです。シャンプーとして使える木があるなんて面白いですね。
    2022年06月05日 13:02
  • 信徳

    テイキンザクラは何時も行く温室に咲いています。一年中咲いているような感じがします。トックリアブラギリは台湾で戸外で咲いているのを見てサンゴの様でびっくりしました。
    他は見た事も無い植物ばかりです。
    2022年06月05日 14:01
  • 秋月夕香

    こんにちは。
    ウンカリナ・グランディディエリ~ご近所にこういう木があるのですが、何の木かしらべたいのですが、スマホではあまり近づけないのでよくわかりませんが、シャンプーーの木ですか。
    サザンクロス~私も以前の家で買いましたが長くもちませんでした。
    2022年06月05日 14:32
  • nobara

    サバンナのお花たち?
    植物園でしかなかなか見られませんね。
    TOPのグレビレア、ご近所で咲いていました。
    2つの角かと思ったら一つには一本らしいですね(^o^)丿
    蕾の時がまた、面白かったです。
    リュウコツセン(竜骨扇)、初めてみました@@
    これでフウロソウ科とは、フヨウみたいに見えますね~
    2022年06月05日 17:12
  • 降魔成道

    見たことのない花ばかりです。サバンナと言えば乾期と雨期のはっきりした時期のある熱帯・亜熱帯地方ですが、そんな極端な環境に生きるだけあって、ちょっと変わった種類が多いようですね。
    2022年06月05日 17:28
  • river

    サバンナに咲く花々ですね。一般の家庭では栽培が難しいものが多いですね。それでもサザンクロスやフランネルフラワーなどはオージープランツとして人気です。私も入手しました長続きしませんでした。その他にも名前だけは聞いたことがあるのですが見たことが無い花が多いです。
    2022年06月05日 17:52
  • eko

    サバンナ温室の花は植物園でしか見られませんね。ほとんど初見かどなたかのブログで拝見した花です。
    モンソニア・ヴェンドレイティは薄い花びらが綺麗ですね。
    サザンクロスは私も可愛かったので買ったことがありますが、同じく一年で枯れました。
    フランネルフラワーはお馴染みですね。
    2022年06月05日 18:17
  • 無名子

    こんばんは!
    この時期に温室に入ったことが無いんですが、
    面白そうですね (^o^)
    品種は違う様ですがグレビレア初めて見ました。
    なんとも珍妙で面白いです。
    ユーフォルビア・プニケア、良いですね~
    トウダイグサ属大好きです、この花も魅力的ですね (∩_∩)
    2022年06月05日 19:22
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    サバンナ気候を実現する温室は他の植物園にもあるのではないかと思いますが、「サバンナ温室」と名が付けられた温室はここだけのようです。
    サザンクロスやフランネルフラワーはたまに街中でも見かけます。
    2022年06月05日 21:36
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    サバンナ温室は珍しい植物が色々あるのですが、花の時期がバラバラなので、初めて見る品種もあるのです。
    シャンプーとして使えるなんて、誰が気がついたんでしょうね。
    2022年06月05日 21:39
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    テイキンザクラの花期は3~9月ですから、半年以上も咲いている勘定ですね。温室ならもっと長いでしょう。
    トックリアブラギリ、見たまんまですが。上手い名前を付けたものです。
    2022年06月05日 21:42
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    ウンカリナ・グランディディエリ、日本ではごく珍しい植物です。ご覧になったのは「他人のそら似」でしょう。
    2022年06月05日 21:44
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    サバンナ植物園、花期が一緒ではないので、今でも初めて花を見る品種に出会います。リュウコツセンも初めてです。
    グレビレアは250種もあるそうですが、日本で出回っているのはロビンゴードンが多いようです。その他も花穂が長いもので、この様な花付きのものは初めて見ました。長いのは雌しべみたいですね。
    2022年06月05日 21:52
  • 長さん

    降魔成道さん、コメントありがとうございます。
    サバンナ温室の展示は、サボテンを除くと、オーストラリア北部に分布する植物が多いようです。この地域には変った植物が多く分布しているからでしょうね。
    2022年06月05日 21:57
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    サザンクロスは我が家にもあったくらいですから、街中散歩でたまに見かけますが、フランネルフラワーの方は、サザンクロスより育てるのが難しいようで、あまり見かけません。
    2022年06月05日 22:03
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    サバンナ温室に展示された植物は、高温多湿で、冬間寒い日本の気候に合わないので、他では見かけません。サザンクロスやフランネルフラワーはその例外みたいなものですね。
    モンソニアの花はフウロソウ科の顔立ちではないですよね。
    2022年06月05日 22:06
  • 長さん

    無名子さん、コメントありがとうございます。
    この植物園は温室が6つもあるおで、でかければ何らかの花が必ず咲いているので、非常にありがたいです。
    グレビレアは250種もあるそうですが、日本で流通している品種はごく僅かです。
    ユーフォルビア・プニケラの花は既に雄しべが脱落し、蜜腺から分泌される蜜も見えずで、ちょっと残念でした。
    2022年06月05日 22:12
  • すーちん

    おはようございます
    サザンクロス購入したこと
    在ります
    消えてしまったような^^
    2022年06月06日 09:31
  • ジュン

    植物園でしかなかなか見られないお花
    色が凄いのやら淡く可愛いのとか
    いろいろ楽しめますね
    2022年06月06日 11:04
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    お宅のサザンクロスも、やはり消えましたか。可愛い花に魅せられて買ったのですが、冬は室内に取り込まなきゃいけなかったようです。
    2022年06月06日 11:18
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    つくば植物園には10数年通い続けていますが、いまだに見たことがない、珍しい花に出会えます。それが、ここの魅力の一つでもあるのです。
    2022年06月06日 11:20
  • ロシアンブルー

    殆ど初めて見るものばかりでした。
    シャンプーの木が面白いですね。
    花からは想像できません。
    トックリ・アブラギリの花は、本当にサンゴそっくりで
    目立ちますね。
    2022年06月06日 11:59
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    シャンプーの木、きっとマダカスカル島の住民が利用方法を考案したんでしょうね、面白いです。
    トックリアブラギリより、別名のサンゴアブラギリの方が分りやすいですね。
    2022年06月06日 21:06