くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その4) 江戸菊

 11月24日、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑の特別展「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)で見てきた菊を紹介しています。
 古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は江戸菊を取り上げます。

江戸菊とは(苑のリーフレットから引用)
 花弁は平弁で、開花するにつれて花が様々に変化(芸をする)のが特徴で、この変化を「狂い」と呼びます。狂いは開花直後から始まり、終わるまでには1か月近くもかかります。江戸菊は江戸時代の初頭から育成されていましたが、現在に受け継がれる花形が成立したのは、江戸時代後期の文化・文政期(1804~1830)とされています


IMG_9079.JPG
IMG_8969.JPG

江戸菊の「花芸」・・・開花直前から開花1か月後くらいまで(ネットより借用)
edo_gei.jpg

江戸絵巻(えどえまき)   かなり狂っています(笑)
IMG_9088.JPG

下谷銀星(したやぎんぼし)
IMG_9082.JPG

下谷藤娘(したやふじむすめ)
IMG_9096.JPG

江戸錦秋(えどきんしゅう)
IMG_9094.JPG

秋偲(あきしのぶ)
IMG_9090.JPG

丘の曙(おかのあけぼの)
IMG_9098.JPG

白駒(しろこま)
IMG_9100.JPG

涛の花霞(なみのはながすみ)
IMG_9104.JPG

瀬田の秋(せたのあき)
IMG_9106.JPG

春日(かすが)
IMG_8988.JPG

新秋の紅(しんしゅうのくれない)
IMG_8966.JPG

江戸宝貴(えどほうき)
IMG_8968.JPG

八幡山(はちまんやま)
IMG_8977.JPG

花曇(はなぐもり)
IMG_8982.JPG

瀬田の月(せたのつき)
IMG_8973.JPG
 11月24日撮影。

 次回は残りの伊勢菊と、サザンカを紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 141

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • なおさん

     江戸菊は咲き進むにつれて狂いという芸が出てくるのですねえ。ひと月もの間、さまざまに変化してゆく過程を楽しむということですか。面白いものですね。
    2021年12月12日 12:29
  • river

    家の江戸菊は「八幡山」が1種だけです。中輪で江戸菊特有の「狂い」が少ないのが残念です。
    昔、亡父が桃色の江戸菊を作っていましたがこれは大変な「狂い」がありました。
    2021年12月12日 13:11
  • もこ

    江戸菊は開花するにつれて花が様々に変化面白いですね
    「狂った華菊」とでも名付けたい 
    江戸菊さんに これは失礼を申しました
    2021年12月12日 15:00
  • nobara

    エドギクはこんな風に変化させるのですか?
    面白いとは思いますが・・・
    わたしはちょっと引いてしまいます。
    あえて狂わせるんですね。
    奥が深いというか~ちょっと付いていけなそう(^o^)丿
    私は、保守的なんでしょうか。
    基本の江戸菊はないんでしょうか?
    八幡山は狂いがすくないようですね。


    2021年12月12日 17:25
  • eko

    江戸菊は「狂い」といわれる花びらの変化が面白いですね。ひと月も変化し続けるんですね。
    普通のキクとは違う花の表情が見られて楽しいです。花びらの表と裏の色が違う花はなお面白いです。
    2021年12月12日 17:43
  • はるる

    こうして拝見しますと、ずいぶん種類もたくさんあるものですね。普通では見られないものばかりです。おもしろいですね。
    菊見えなかったりします。名前それぞれ立派なものです。
    名前と花姿が合っていますね。
    2021年12月12日 18:48
  • 月奏曲

    江戸菊はかなりすごいですねw
    見事に狂ってますねw綺麗w

    江戸宝貴と八幡山はボンボンみたいで可愛いw
    花曇いいですね
    2021年12月12日 19:58
  • 信徳

    江戸菊は平らに咲いた後狂って行くように毎日変化して行くのだそうですね。狂い咲き、狂い菊、毎日見ていたら一ヵ月はそんなに変化しないでしょうが一週間に一回見て行ったら狂っていますね。頭も狂いそう(笑)!
    2021年12月12日 20:04
  • コスモス

    江戸菊は1か月近くも変化し続けるんですか。
    最初の頃と最後ではかなり違ってきますね。
    狂いと呼ぶのはちょっと可哀想な気がします。
    踊っているような感じでしょうか。
    最近の若者の髪型にも似ているような・・・。
    2021年12月12日 20:21
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    江戸菊は、狂菊の他に、芸菊、舞菊という別名があるそうです。菊の種類によって狂う様子が違うといいますから、面白いです。
    2021年12月12日 21:12
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    江戸菊は品種によって、狂いの形が異なるそうで、狂いの少ないものや大きいものがあるそうですね。面白いものです。
    2021年12月12日 21:14
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    江戸菊は品種によって、狂いに多い少ないや、狂う形に差があるそうで、それを江戸時代の人たちは楽しんだのでしょうね。狂菊という別名があり、芸菊とか、舞菊とも呼んだそうですよ。
    2021年12月12日 21:17
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    人工的に狂わせるのではなく、菊が勝手に狂うそうですよ。狂いの多い少ないは品種にもよるそうで、江戸時代の人たちは色々な品種を集めて、面白がったのでしょう。
    2021年12月12日 21:21
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    江戸菊は咲き進むにつれ、花弁が捩れたり、内側にカールしたりで、それを芸とか狂うと称したそうです。それは一様ではなく、品種によって様々なのだそうです。
    2021年12月12日 21:23
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    江戸菊は咲き進むうちに花弁の様子が変わってくるのが特徴で、それを芸とか狂うと称したそうです。変化は品種によっても異なるそうで、色々咲かせて比べて見るのも楽しみだったのでしょう。
    2021年12月12日 21:26
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    江戸菊は咲き進むにつて、花弁が勝手に動き始める(狂い始める)のだそうで、江戸っ子はそれを面白がったのでしょう。
    2021年12月12日 21:31
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    狂いの出方は品種によって異なるそうで、江戸の人たちは各種揃えて、狂う様子の差や速さなんかを見比べていたのでしょう。冷静に見ないと狂ってしまうかもね(笑)。
    2021年12月12日 21:34
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    江戸菊は狂菊という別名の他に、芸菊とか、舞菊という別名があるそうなので、狂菊と呼びたくない人も多かったのでしょう。
    最近の若者の髪型ですか、そう言えば思い当たる人がいますよ。
    2021年12月12日 21:37
  • うふふ

    江戸菊は一ヶ月も狂い続けるのですか。
    それは大変(笑)
    傷んでしまったと勘違いして、捨てられなくて良かったです。
    ネットのように「花芸」と呼んだ方が穏やかですね。
    それにしても面白いです。
    2021年12月12日 22:18
  • ロシアンブルー

    江戸菊は面白い咲き方をするものですね。
    「狂う」という表現が似合いますね。
    花によってはかなり狂っているものもあり、驚きました。
    好きな方には嵌りそうです。
    2021年12月12日 22:22
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    江戸菊の芸は品種によってそれぞれだそうで、その過程の違いを比べて楽しんだのではないかと想像しています。でも、どうしてこの様な芸をするようになったのかは伝えられていないようです。
    2021年12月12日 22:30
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    いきなりこんな菊を見せられたら、萎れかけ?なんて間違えられそうですよね。狂うと言うより、芸と言った方がお上品でしょうか(笑)。
    2021年12月12日 22:32
  • イッシー

    芸のある菊なんですね!
    色んな事考える人がいるんですね。
    2021年12月13日 07:09
  • すーちん

    おはようございます
    こういう咲き方を
    楽しむ
    初めて知りましたー
    2021年12月13日 08:29
  • オグリ君

    長さん こんにちは
    ことしも残すところ20日を切りましたね。
    コロナ禍での外出自粛等で、”菊花展”は一度も行きませんでしたが、“長さんリタイヤBlog”で楽しませていただきました。ありがとうございました。
    “菊の花”は秋の代名詞ですね!Byオグリ
    2021年12月13日 09:25
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    どのようにして芸が出来るように改良したのか。あるいは突然変異を固定したのか、理由は分らないようです。
    2021年12月13日 09:47
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    開花から日が経つに従って花弁が勝手に変化してしまうようです。面白いですよね。
    2021年12月13日 09:48
  • 長さん

    オグリ君さん、コメントありがとうございます。
    11下旬から新型コロナが沈静化したので、あちこち出かけられるようになりました。菊花展は車でしたが、まだ足の捻挫が完全には治っていないのです。
    2021年12月13日 09:51
  • 秋月夕香

    こんばんは。今まで出始めてですね、こういう感じは見た事がありません。花弁が巻いている?不思議ですが、本当に知らない人が見たらきっとしおれかけにみえるかもしれませんね。
    よくもこんなにこちらへ、あちらへと負けるものですね、不思議です。一度さ来てから徐々にまくのですね。自然のすごさですね~♫
    2021年12月13日 16:52
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    江戸菊は何故こんなに花弁が動いていくのでしょうね。江戸時代の改良法が今となっては分らないので、突然変異の一種かも知れません。
    2021年12月13日 21:23