くらしの植物苑特別企画「伝統の古典菊」(その3) 奥州菊、丁字菊

 11月24日、佐倉市にある国立民族博物館・くらしの植物苑に「伝統の古典菊」(開催期間は11月の2日から28日)という特別企画を見に行ってきました。
 古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類で、今回は奥州菊や丁字菊を取り上げます。

奥州菊(大掴み)とは(苑のリーフレットから引用)
 江戸時代の末頃から、奥州八戸地方で盛んに栽培された大菊の系統です。
 外側の管状の走り弁を周囲に長く伸ばし、内側の花弁は両手できつく掴んだように巻き、何段にも力強く盛り上がって咲きます。
 厚物の変化系で、大掴みとも呼ばれます。


IMG_9058.JPG

極楽殿(ごくらくでん)
IMG_9060.JPG

愛国殿(あいこくでん)
IMG_9062.JPG

永楽殿(えいらくでん)
IMG_9066.JPG
IMG_9076.JPG

冨山の雲(ふざんのくも)
IMG_9072.JPG

紫光殿(しこうでん)
IMG_9074.JPG

丁字菊とは(苑のリーフレットから引用)
 江戸時代に盛んに栽培されていた菊で、外周に平弁の舌状花が伸び、中心の筒状花の花弁が大きく発達して盛り上がって咲きます。この盛り上がった形が、香料の丁字(クローブ。フトモモ科の植物)の花に似ていることから名づけられました。アネモネ咲きとも呼ばれています。


IMG_9019.JPG

白雲丸(はくうんまる)
IMG_9021.JPG

岸の羊蹄(きしのようてい)
IMG_9023.JPG

岸の磐梯(きしのばんだい)
IMG_9027.JPG

岸の赤星(きしのあかぼし)
IMG_9029.JPG

武蔵丸(むさしまる)
IMG_9025.JPG

希望丸(きぼうまる)
IMG_9031.JPG

元禄丸(げんろくまる)
IMG_9033.JPG

 11月24日撮影。
 次回は、江戸菊を紹介します。
(つづく)

日本の菊について(苑のリーフレットから引用)
 菊(イエギク)は、日本本来の伝統的な園芸植物と考えがちですが、中国大陸を原産地としており、古くからさまざまな系統が幾度にもわたって日本に持ち込まれたと考えられています。
 中国では紀元前から霊薬として菊が栽培されていたとされ、唐の時代までには花を観賞するための品種が多数作りだされました。
 鑑賞用の菊の誕生には、ハイシマカンギクとチョウセンノギクの二つの変種が関わったと考えられています。
 日本での古典菊の独自の育成は、平安時代~鎌倉時代にさかのぼるものと考えられ、特に「嵯峨菊」と「伊勢菊」は古い伝統を受け継ぐものとして知られています。その後、古典菊の隆盛に大きく関わったのが江戸時代に育成が始まった「肥後菊」と「江戸菊」です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 143

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 信徳

    奥州菊は二つの菊を重ね合せたような豪快な菊ですね。
    モッテノホカがこんな形で咲いたら大収穫になって宜しいかと(笑)。
    2021年12月09日 13:14
  • river

    古典菊は、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、肥後菊、丁字菊の6種類とありますが丁字菊の代わりに美濃菊を入れる説もあります。公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会の日本の華「キク」です。
    丁字菊は江戸時代には人気が高ったようですが最近は栽培する人が少なくなっているようです。
    2021年12月09日 16:57
  • なおさん

     奥州菊は面白い咲き方ですねえ。八戸の方で盛んに栽培されたものですか。
     古典園芸植物は同じ仲間でも地方により変異がいろいろ見られるのが興味深いですよね。
    2021年12月09日 18:39
  • 秋月夕香

    古典的な菊もいいですね。おとなしい感じです。上品ともいいますね。
    この辺りも菊はさかんですが、種類や名前はほとんどしりません。あきになると駅前で色々イベントもありますが、コロナがあるので最近はイベントもすくなくなりました。
    2021年12月09日 20:34
  • nobara

    奥州菊(大掴み)は風格があるんですね。
    どれもこれも素晴らしい
    厚物の変化系なんですね。
    リバーシブルの花が重厚ですね。
    丁子菊はアネモネ咲きみたいで可愛いですね。
    岸の羊蹄は団子菊を上品にした感じ?((((^Q^)/
    一口に丁子咲きと片付けられませんね。

    2021年12月09日 21:36
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    奥州菊は、菊花展で厚物と呼ばれる菊を更に植えに盛り上げ、両手で横から掴んだような形をしています。
    花弁数が多いので、食用菊としたら多分大味で美味しくないかも。
    2021年12月09日 21:43
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    農林水産・食品産業技術振興協会のHPは見たことがありますが、他には、美濃菊を古典菊6種類に含めているHPは発見出来ませんでした。
    丁字菊は日比谷公園の菊花展で見たことがありますが、普段は目にしませんね。見るとしたら、マーガレットの丁字咲きくらいでしょうか。
    2021年12月09日 22:01
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    寒い八戸地方で菊作りが盛んだったというのはちょっと意外ですね。これら6種類の他に、美濃菊も古典菊とされているようです。
    2021年12月09日 22:03
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    菊は種類が多すぎて、私には苦手な植物ですが、古典菊は花が大きかったり、咲き方に特徴があったりするので、覚えやすいです。
    2021年12月09日 22:05
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    奥州菊はその盛り上がりが半端ではないですね。厚物のうち、厚走りを更にこんもりさせたような感じで、他にこんなに厚くなる菊はありませんからね。リバーシブルの紫光殿はそれほど厚くならないようです。
    丁字菊はいわゆるアネモネ咲きですね。中央がこんもりするタイプと岸の羊蹄のように盛り上がらないタイプがあるようです。
    2021年12月09日 22:12
  • 月奏曲

    紫光殿はちょっと勲章ぽい形状で面白いですね
    白雲丸は清楚でいいなあ

    同じく元禄丸も結構好きw
    2021年12月09日 22:35
  • eko

    古典菊は6種類なんですね。奥州菊は盛り上がった花と筒状の花を周囲に伸ばして、2種類の花が合体したような花で、豪華ですね。丁子菊はほんと可愛いです。花によって少しずつ違うように見えますね。
    日本の古典菊の育成は平安時代~鎌倉時代までさかのぼって長い歴史がありますね。
    2021年12月09日 22:36
  • うふふ

    菊も奥が深いですね。
    古典菊が6種類もあるのですか。
    日本では、平安時代から鎌倉時代までさかのぼるとは恐れ入りました。
    源氏物語にも菊のことが度々出てきますね。
    仇やおろそかにしてはいけません!!
    2021年12月09日 22:48
  • イッシー

    なんかすごいな~!
    御苑のより種類が豊富。
    こんなにあると楽しいでしょう。
    2021年12月10日 00:10
  • すーちん

    おはようございます
    豪華な菊ですねー
    素人でもこんなに育てられ
    ますかしら^^
    2021年12月10日 08:35
  • ジュン

    奥州菊
    手間がかかるのですね
    アネモネ咲き
    余り見たことがないのです
    菊も奥が深いののですね
    2021年12月10日 09:14
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    紫光殿は奥州菊の割には花弁数が少ないですね。
    丁字菊は白がお好みに合いましたか。
    2021年12月10日 09:36
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    古典菊は、一般的にはこの6種類ですが、丁字菊に代えて美濃菊を入れるという説もあるようです。
    盛り上がった奥州菊の中心はどうなっているのかと不思議に思いますね。
    丁字菊は2系統あるように見えますね。
    2021年12月10日 09:41
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    キクは日本のものと思われますが、家菊のルーツは中国や朝鮮半島にあったのですね。呼んだことがなかったので知りませんでしたが、源氏物語にも菊が登場しますか。
    2021年12月10日 09:43
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    新宿御苑の菊も伝統がありますが、古典菊というより、仕立て方の伝統を受け継いだものでしょうね。120種以上展示されていたので、紹介できなかった品種もあります。
    2021年12月10日 09:47
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    古典菊をご家庭で育てられている方もおられるので、多分大丈夫でしょう。
    2021年12月10日 09:48
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    古典菊は、どれも、伝統通りに咲かせようとすると大変なようです。
    アネモネ咲きは、アネモネはもちろんのこと、マーガレットやラナンキュラス、クリスマスローズ、ダリアなどにもそのような咲き方の品種があります。
    2021年12月10日 09:55
  • コスモス

    奥州菊の内側の花弁には力強さがありますね。
    永楽殿の中を覗いてみたい気がします。
    丁字菊は時々見ますが、これをアネモネ咲きともいうんですか。
    菊が中国から持ち込まれたというのは最近知りました。
    それから独自の品種を作り出す日本人の技術力は素晴らしいですね。
    2021年12月11日 08:32
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    奥州菊の花弁は外側の成長が内側に比べてちょっと早いことで、花弁が内側にカールするというしくみのようです。花弁の内側には両性花があり、紫光殿はそれがよく分ります。
    両性花がこんもり盛り上がるのをアネモネ咲きと言うそうです。
    日本に自生する菊もありますが、家菊のルーツは中国や朝鮮半島なのだそうです。
    2021年12月11日 09:49