初冬の新宿御苑にて(3) 温室の花たち(2)

 12月15日に訪れた新宿御苑の温室で見た花などを記録しています。今回は、その2回目です。
ヤトロファ・インテゲリマ
 トウダイグサ科タイワンアブラギリ属の常緑低木。キューバ原産。花径は2.5cmほど。別名:テイキンザクラ(葉の形がバイオリン=提琴=に似るから)、ナンヨウザクラ(ナンヨウザクラ科に同名の別種があり、要注意)
IMG_9733.JPGIMG_9734.JPG
高いところにしか花がなかった。低ければ、こんな花を見る事が出来る

カリアンドラ・ハエマトケファラ(赤花・白花)
マメ科ベニゴウカン属の常緑低木。原産は南北アメリカなど
和名はオオベニゴウカン(大紅合歓)。花径8~10cm
IMG_9751.JPG
IMG_9748.JPG
白花はオオベニゴウカンの園芸種
IMG_9737.JPG

ベニアミメグサ(紅編目草)
キツネノマゴ科フィットニア属の多年草。ペルー原産
写真の品種はフットニア・アルビウェニスの園芸種で‘Verschaffelt’
IMG_9743.JPG
花期は9~12月。花は初めて見ました
IMG_9741.JPG

シロアミメグサ(白編目草)
葉脈が銀白色になった、ベニアミメグサの矮性変種。南アメリカ原産
IMG_9747.JPG

コガタシロアミメグサ(小型白編目草)
シロアミメグサの園芸品種。節から発根してマット状に広がる
IMG_9745.JPG

ルエリア・バルビラナ
キツネノマゴ科ルイラソウ属の常緑多年草。原産はコスタリカ
花径5㎝程度。花弁にしわが目立つ一日花。温室では周年開花
IMG_9764.JPG

シロヒモノキ(白紐の木)
トウダイグサ科エノキグサ属の常緑低木。ベニヒモノキの園芸種
右手前はベニヒモノキ 
IMG_9756.JPG
IMG_9755.JPG

新宿御苑のランコレクションから

ランの展示の様子
IMG_9905.JPG

パフィオペディルム・ロセアテ
Paphiopedilum Roseate (Paph. Cappamagna × Paph. Niobe)
IMG_9685.JPG

パフィオペディルム・ポレッティアナム
Paph. Polletianum (Calophyllum x Oenanthum)
IMG_9689.JPG

パフィオペディルム・アクタエウス
Paphiopedilum Actaeus (Paph. insigne x Paph. Leeanum)
IMG_9694.JPG

パフィオペディルム・アルマ・ゲバート
Paphiopedilum Alma Gevaert (Paph. lawrenceanum × Paph. Maudiae)
IMG_9700.JPG

パフィオペディルム・ロジー・ドーン
Paphiopedilum Rosy Dawn (Paph. Astarte × Paph. Gwen Hannen albm)
IMG_9704.JPG
 12月15日撮影。
(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 140

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • イッシー

    模様のある葉っぱのパターンが面白く味わいありますね。
    ランもたくさんあってよかったですね。
    2021年12月24日 12:51
  • river

    フィットニア(アミメグサ)の紅や白の網目模様が面白いです。花は見たことがありません。
    パフィオペディルムは女神のスリッパ(サンダル)を意味するそうですが見れば見るほど奇妙な花形をしていますね。
    2021年12月24日 15:38
  • nobara

    テイキンザクラも咲いてましたか?
    真っ赤なお花で宮古島のホテルの庭にいっぱい咲いていました。
    2019年の春でした。冬の間も咲いてた感じでしたね~
    オオベニゴウカン、白花も可愛いです。もふもふですね。
    観葉植物にお花が咲くって得した気分になりますね。
    ルエリアも好きな花です。
    ヤナギバルイラソウを小っちゃくした感じです。
    ベニヒモノキにシロヒモノキ、ですか?おめでたい(^o^)丿
    ランの展示コーナー、広々としていますね。

    2021年12月24日 16:51
  • なおさん

     温室定番の花もいろいろありますねえ。カリアンドラ・ハエマトケファラはクリスマスやら、紅白歌合戦やらで大活躍しそうです。
     紅白でぶら下がるベニヒモノキ、シロヒモノキもおめでたい雰囲気ですよねえ。
    2021年12月24日 17:01
  • 信徳

    テイキンザクラはぐんまフラワーパークに大木があり一年中花が咲いているように行くたびに花が見られます。大木で上の方に咲いているので望遠持っていないと不便です。
    オオベニゴウカン、赤は良く見るのですが白は珍しいでしょう?
    2021年12月24日 20:20
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    葉脈がはっきりしているので、どれも観葉植物としては面白いですね。
    やはり冬になると開花するランが多いです。
    2021年12月24日 20:56
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    アミメグサに花が咲くとは思っていなかったので、今回はラッキーでした。
    パフィオペディルムを見ると多くの方が食虫植物?と勘違いされますね。今回も母子連れの方がそう言っていました。
    2021年12月24日 21:00
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    テイキンザクラ、温室では周年開花なので、宮古島なら同様でしょう。
    オオベニゴウカンの白花は純白ですが、ベニヒモノキの白花は赤みが残っていますね。
    ベニアミメグサに花が咲くとは、驚きました。
    ルエリア・バルビラナの花径は、ヤナギバルイラソウと同じか、やや大きいです。
    ランの一部が飾られているところは通路から温室に入ったところで、ちょっとした広場になっています。
    2021年12月24日 21:12
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    オオベニゴウカンの赤白をクリスマスツリーにアレンジしたら面白そうですが、切り花にしたらモフモフが萎れそうですね。その点、シロヒモノキなら少々長持ちしそうです。
    2021年12月24日 21:17
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    テイキンザクラはぐんまフラワーパークにもありますか。温度に日照があれば通年開花です。大木なら枝が高いですね。
    オオシロゴウカンは園芸種なので、展示していない植物園が多いです。
    2021年12月24日 21:24
  • eko

    ヤトロファ・インテゲリマは初見です。木の上の方にしか咲かないのですか。遠いと撮りにくいですね。
    カリアンドラ・ハエマトケファラとシロヒモノキは紅白で咲いておめでたいですね。
    アミメグサも色々ありますね。花が咲いていたとは良かったですね。
    パフィオペディルムも様々ありますね。ユニークな花姿が面白いです。
    2021年12月24日 21:25
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ヤトロファ・インテゲリマは低い枝もあるのですが、今回は高い枝にしか花が咲いていませんでした。カウし画像は低い井谷咲いていたときに撮ったものです。
    オオシロゴウカンやシロヒモノキは園芸種なので、展示していない植物園の方が多いかも。
    アミメグサに植物園では定番ですが、花は初めて見ました。
    パフィオペディルムは人気の品種なのですが、開花株を買って育ててみたら翌年は花が咲きませんでした。難しいものです。
    2021年12月24日 22:07
  • うふふ

    アミメグサもいろいろな色があるのですね。
    お花が咲くとは知りませんでしたよ。
    オオベニゴウカンもたくさん咲いてきれいです。
    白い園芸種、初めて見ました。
    赤白が並ぶとお正月気分ですね。
    2021年12月24日 22:43
  • すーちん

    おはようございます
    家にもある園芸種
    花が咲くといいですねー^^
    2021年12月25日 08:38
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    アミメグサは他でも見ていますが、私も花が咲くとは思っていませんでしたよ。
    オオベニゴウカンとオオシロゴウカン、競い合って咲いていました。紅白揃って華やかですね。
    2021年12月25日 09:31
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    家庭用だと園芸種の方が育て易いでしょうね。
    2021年12月25日 09:34
  • はるる

    温室内の植物は外の植物とは違って、珍しいし、名前も難しいですね。でもきれいなものが多いです。癒されます。
    今年もいろいろお世話になりました。
    拙いわたしのブログを見ていただき、時には教えていただいて、
    ありがとうございました。
    お忙しいと思いますが、よいお年をお迎えになってください。
    2021年12月25日 18:21
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    温室では学名表示が多いので、和名が分るものは併記しました。ただ、ランには和名が殆どありません。
    年内はもう少し投稿を続け、年末最後の記事はコメント欄を開きますが、今年も沢山のコメントや気持ち玉をいただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
    2021年12月26日 09:28